軍法とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 法令 > 法律 > 軍法の意味・解説 

ぐん‐ぽう〔‐パフ〕【軍法】

戦争方法戦術兵法

軍隊法律軍隊刑法軍律


軍法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/09 05:25 UTC 版)

軍法(ぐんぽう、英語:military law)とは軍隊の構成員に対して適用される特別な法体系であり、成文法慣習法により構成されているが、によってその内容は大きく異なる。


  1. ^ 『日本書紀』「士気を励ます鐘鼓の音が乱れ、軍旗が乱れる時には、軍卒が整わず、財を貪り、物を欲しいと思ったり、私事に未練があると、きっと敵に捕まるだろう。敵が少なくとも侮ってはならぬ。敵が多くとも挫けてはならぬ。暴力で婦女を犯すのを許してはならぬ自ら降参する者を殺してはならぬ。戦いに勝てば必ず賞がある。逃げ走る者は処罰される」。


「軍法」の続きの解説一覧



軍法と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「軍法」の関連用語

軍法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



軍法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの軍法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS