日本書紀とは?

にほんしょき【日本書紀】


日本書紀 (にほんしょき)

日本最初につくられた国の歴史書です。720年完成しました。神話的な物語歴代の天皇について書かれています。


にほんしょき 【日本書紀】

六国史一書奈良時代完成した日本最古勅撰正史神代から持統天皇までの朝廷に伝わった神話伝説記録などを修飾の多い漢文記述した編年体史書。三〇巻。七二〇(養老四)年舎人親王らの撰。日本紀多く註釈書がある。

日本書紀〈巻第二十二、第二十四/〉

主名称: 日本書紀〈巻第二十二第二十四/〉
指定番号 6
枝番 00
指定年月日 1951.06.09(昭和26.06.09)
国宝重文区分 国宝
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 2巻
時代区分 平安
年代
検索年代
解説文: 平安時代作品

日本書紀〈巻第十一、第十四/第十七、第二十〉

主名称: 日本書紀〈巻第十一、第十四/第十七、第二十〉
指定番号 190
枝番 00
指定年月日 1954.03.20(昭和29.03.20)
国宝重文区分 国宝
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 4巻
時代区分 平安
年代
検索年代
解説文: 平安時代作品

日本書紀(紙背和歌懐紙)


日本書紀


日本書紀〈神代紀下巻/〉

主名称: 日本書紀〈神代下巻/〉
指定番号 1136
枝番 00
指定年月日 1909.04.05(明治42.04.05)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 1冊
時代区分 南北朝
年代
検索年代
解説文: 南北朝時代作品

日本書紀〈自巻第三至第三十/(吉田家本)〉

主名称: 日本書紀〈自巻第三第三十/(吉田家本)〉
指定番号 2364
枝番 00
指定年月日 1979.06.06(昭和54.06.06)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書 天文九年十一月吉曜日ト部兼右書写奥書
員数 28
時代区分 室町
年代 1540
検索年代
解説文:  天文九年(一五四〇)十一月卜部兼右が書写した日本書紀で、巻第三神武天皇紀から第三持統天皇紀に至る二十八巻を完存している。体裁袋綴冊子本で、料紙は斐交り楮紙墨界を半八行に施し首尾題を掲げ、本文一行十五字、註双行に書写し、文中には朱墨書入著しく欄外には註記考証が付されている。各巻末奥書によれは、この兼右本は卜部家諸本によって本文校合し、訓読釈義等の秘説集成註記したものであって、兼右は此本をもって卜部家証本に擬し、その家学を再興しようとしたことが判明する。
重要文化財のほかの用語一覧
書跡・典籍:  日本書紀  日本書紀  日本書紀  日本書紀  日本書紀神代上巻断簡  日本書紀神代上巻断簡  日本書紀神代巻

日本書紀


日本書紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/06 17:15 UTC 版)

日本書紀』(やまとぶみ[1]、やまとふみ[2]、にほんしょき)は、奈良時代に成立した日本歴史書養老4年(720年)に完成したと伝わる[3]。日本に伝存する最古の正史[4]六国史の第一にあたる。神代から持統天皇の時代までを扱い、漢文編年体で記述されている。全30巻。系図1巻が付属したが失われた[5]。同じく奈良時代に編纂されたとされる『古事記』と共に、日本のみならず東アジアの古代史、文学史、言語学における重要史料の一つであり、両者合わせて「記紀」と呼ばれる。




  1. ^ 日本書紀 30巻. [1 - 国立国会図書館デジタルコレクション]”. dl.ndl.go.jp. 2020年12月18日閲覧。
  2. ^ 日本書紀 30巻. [2 - 国立国会図書館デジタルコレクション]”. dl.ndl.go.jp. 2020年12月18日閲覧。
  3. ^ 日本の神話(1):大和王権が語る“歴史の起源””. nippon.com (2019年6月25日). 2021年2月7日閲覧。
  4. ^ 『日本書紀の誕生: 編纂と受容の歴史』(八木書店) - 編集:遠藤 慶太,河内 春人,関根 淳,細井 浩志 - 河内 春人による本文抜粋”. ALL REVIEWS (2020年11月18日). 2021年1月3日閲覧。
  5. ^ 神野志隆光『知っ得 日本の古典 名文名場面100選』國文學編集部編、學燈社(原著2007年9月25日)、初版、p. 11。ISBN 978-4-312-70023-02009年11月13日閲覧。
  6. ^ 数は森 1991 まえがき冒頭部に拠る。
  7. ^ 沖森 2018, p. 173
  8. ^ a b 森 1991
  9. ^ 沖森 2018, p. 175
  10. ^ 沖森 2018, p. 176
  11. ^ 遠藤 2015, p. 75
  12. ^ 遠藤 2015, p. 24
  13. ^ a b 木下 1993, p. 6
  14. ^ 遠藤 2015, p. 192
  15. ^ 坂本 1979, p. 2
  16. ^ 一例として、河内 2019, p. vi, 序
  17. ^ 関根 2002b, p. 10
  18. ^ 遠藤 2015, p. 199
  19. ^ 関根 2002b, p. 13
  20. ^ 矢嶋 2008, p. 94
  21. ^ 関根 2002b, pp. 28-37
  22. ^ a b c 遠藤 2015, p. 197
  23. ^ a b 遠藤 2015, p. 198
  24. ^ a b 遠藤 2015, p. 193
  25. ^ 関根 2002b, p. 62
  26. ^ 坂本 1979, pp. 161-162
  27. ^ 遠藤 2015, p. 194
  28. ^ 遠藤 2015, p. 195
  29. ^ 高句麗の『新集』は古記(留記)を改削したものであるとされる。
  30. ^ a b 遠藤 2015, p. 196
  31. ^ 関根 2002b, p. 64
  32. ^ 遠藤 2012, pp. 6-7
  33. ^ ここに、『日本書紀』ではなく『日本紀』とあることについては書名を参照
  34. ^ 遠藤 2012, pp. 7-8
  35. ^ 坂本 1951
  36. ^ 関根 2020a, p. 175
  37. ^ 栄原 1991, p. 39
  38. ^ 笹川説によれば、建皇子の生母と葬地に関する記述の整合性に問題があり、天武天皇の時代から国家的事業として『日本書紀』の編纂作業が行われたとすれば、天武天皇の皇后(持統天皇)の実弟に関する疑問点は彼女から尋ね得た筈だとする。 また、川島皇子らは「上古の諸事」に関する編纂を命じられたとされているのに、当の天武天皇の時代の出来事(=現代史)を含める『日本書紀』の実態は天武天皇の命と矛盾するとしている、とも指摘している。
  39. ^ 笹川尚紀「『日本書紀』編修論序説」(初出:『史林』第95巻第5号(2012年)/笹川『日本書紀成立史攷』(塙書房、2016年)ISBN 978-4-8273-1281-2
  40. ^ 笹川尚紀「『日本書紀』の編纂者と本書の構成」(笹川『日本書紀成立史攷』(塙書房、2016年)ISBN 978-4-8273-1281-2) 緒論
  41. ^ a b 坂本 1970, p. 44
  42. ^ a b c d 坂本 1970, p. 45
  43. ^ 坂本 1970, pp. 43-44
  44. ^ a b c 荊木 2018, pp. 7-8
  45. ^ a b c d 坂本 1970, pp. 45-46
  46. ^ 神田喜一郎(1965)「『日本書紀』という書名」『日本古典文学大系月報 第二期 第16回配本(日本書紀下)』岩波書店
  47. ^ 坂本 1970, pp. 48-49
  48. ^ 荊木 2018, pp. 8-9
  49. ^ 笹山晴生「続日本紀と古代の史書」『平安初期の王権と文化』(吉川弘文館、2016年) ISBN 978-4-642-04632-9 P113
  50. ^ 坂本 1970, p. 67
  51. ^ 坂本 1970, p. 69
  52. ^ 坂本 1970, p. 70
  53. ^ 坂本 1970, p. 71
  54. ^ 坂本 1970, p. 72
  55. ^ 坂本 1970, p. 73
  56. ^ 坂本 1970, pp. 73-74
  57. ^ 坂本 1970, p. 74
  58. ^ 坂本 1970, p. 75
  59. ^ 坂本 1970, p. 108
  60. ^ 坂本 1970, pp. 76-78
  61. ^ 木下 1993, p. 7
  62. ^ 坂本 1970, p. 78
  63. ^ a b c 坂本 1970, p. 61
  64. ^ a b 森 2011, p. 18
  65. ^ 森 2011, p. 19-21
  66. ^ 坂本 1970, pp. 60-66
  67. ^ a b 森 2011, p. 19
  68. ^ 坂本 1970, p. 62
  69. ^ 藤井信夫による区分。本表は坂本 1970, p. 61のまとめに依った。
  70. ^ 鴻巣隼雄による区分。本表は坂本 1970, p. 62のまとめに依った。
  71. ^ 太田善麿による区分。本表は坂本 1970, p. 62のまとめに依った。
  72. ^ 西村一民による区分。本表は森 1991, p. 16のまとめに依った。
  73. ^ 森 1999, p. 41
  74. ^ 森 1991, 評価・要約については遠藤 2015, p. 24, 笹川 2016, pp. 127-128, 荊木 2018, pp. 13-14, および森 2011にある森本人による学界からの反応のまとめなどを参考にした。
  75. ^ 森 2011, p. 20
  76. ^ a b 森 2011, p. 22
  77. ^ 森 2011
  78. ^ a b 遠藤 2012, p. 31
  79. ^ 遠藤 2012, p. 30
  80. ^ a b c d 小川 1997a(1940)
  81. ^ 太歳甲寅の年、十月一日(月立ち、即ち朔)の干支が丁巳、その月の辛酉の日の意。六十干支の並びは丁巳、戊午、己未、庚申、辛酉...と続くことから、辛酉の日は朔(1日)の4日後である。つまり神武天皇の東征開始は太歳甲寅の年の10月5日であることがわかる。
  82. ^ 辛酉の年の春正月(1月1日)、朔の日の干支は庚辰。
  83. ^ 公転周期ではない。
  84. ^ a b 遠藤 2012, pp. 67-69
  85. ^ a b c d 小川 1997a(1940)p, 246
  86. ^ 小川 1997a(1940)p, 247
  87. ^ 小川 1997a(1940)pp, 282-284 斎藤による解説
  88. ^ 天文学的紀年法に依る。計算上の利便のため、西暦0年を設定するため、-666年は紀元前667年である。以下の年次も同じ。
  89. ^ 小川 1997a(1940)p, 249
  90. ^ なお、小川によれば『日本書紀』で用いられている儀鳳暦は中国で作られた本来の儀鳳暦ではなく、計算を簡便にするために簡略化されたものである。同論文に付された斎藤国治の解説を次に引用する。「儀鳳暦は本来『定朔法』(日月の天球上運動を不等速とする)をとる暦法であるが、『書紀』編纂当時の暦算家は逆算の手間をはぶくため、より簡単な『経朔法』(日月の天球上運動をそれぞれ等速と仮定する)を採用して算定する。」
  91. ^ 倉西 2003, p. 15
  92. ^ a b 倉西 2003, p. 17
  93. ^ 遠藤 2012, pp. 62-63
  94. ^ 倉西 2003, p. 21
  95. ^ 遠藤 2012, p. 61
  96. ^ 井上 2005, pp. 278-279
  97. ^ a b c 遠藤 2012, pp. 63-64
  98. ^ a b c 大津 2017, p. 117
  99. ^ 群書類従』 第貮拾六輯 雜部 所収
  100. ^ 大津 2017, pp. 117-118
  101. ^ なお、平安時代公卿三善清行は、昌泰4年(901年)辛酉の年に、当年が革命の年に当たることから改元すべきことを醍醐天皇に上奏した。この時彼が提出した上申書は「革命勘文[99]という名で知られており、『易緯』の鄭玄注はこの革命勘文の中で引用されているものである。この中では「天道不遠 三五而反 六甲爲一元 四六二六交相乗 七元有三變 三七相乗 廿一元爲一蔀 合千三百廿年」とあり、一蔀は1320年とされている[100]。しかし、「革命勘文」の説明に従えば一蔀は「廿一元」であり1260年であるはずである。那珂通世は三善清行の計算違いを指摘し、推古朝を起点とする説を提唱した大津は、三善清行は昌泰4年の改元を実現するために一蔀を1320年とする作為を加えたようにも見えるとする。一蔀1320年とした場合、神武天皇即位から一蔀後の斉明7年が蔀首となる。三善清行は、そこから4×60(240)年後の901年大変革命の年となると主張した。
  102. ^ 倉西 2003, p. 35
  103. ^ 倉西 2003, p. 38
  104. ^ 倉西 2003, p. 39
  105. ^ 倉西 2003, p. 40
  106. ^ 倉西 2003, p. 23
  107. ^ a b c 倉西 2003, p. 24
  108. ^ 倉西 2003, p. 25
  109. ^ 現存の『三国志』では景初二年とあるが、『日本書紀』始め『梁書』、『翰苑』など古い時代の引用文が景初三年とすることから、誤写として景初三年に修正するのが通説である。
  110. ^ なお、『日本書紀』は越年称元法(前君主の翌年を元年とする)、『三国史記』は当年称元法(前君主の死去の年を元年とする)で記述されているため、『日本書紀』の「百濟王子貴須が王となった」年は『三国史記』では近仇首王二年に相当する(倉西)。
  111. ^ 倉西 2003, p. 26
  112. ^ a b 倉西 2003, p. 29
  113. ^ 神功皇后39年を239年、雄略天皇5年を461年とする。
  114. ^ 允恭天皇と雄略天皇の間は安康天皇であるが、安康天皇の崩御年干支は『古事記』分註に無い。
  115. ^ 実際に遣使があったかは疑問視されている。
  116. ^ a b 倉西 2003, p. 30
  117. ^ 倉西 2003, p. 31
  118. ^ 倉西 2003, p. 31
  119. ^ 倉西 2003, p. 51
  120. ^ 倉西 2003, p. 33
  121. ^ 倉西 2003, p. 52
  122. ^ 倉西は百済の武寧王誕生記事を基準に雄略5年を461年として『日本書紀』記載の歴代在位年数を遡ると、応神天皇元年が270年(計算は461年-4年〈雄略〉-3年〈安康〉-42年〈允恭〉-1年〈空位〉-5年〈反正〉-6年〈履中〉-87年〈仁徳〉-2年〈空位〉-41年〈応神〉=応神元年〈270年〉)となり、阿花王即位記事を基準にして応神天皇元年を390年とした場合と120年の差分が生じることから、干支二運の繰り上げが神功紀だけではなく、応神紀から雄略紀までの間にも存在しているとしている。なお、応神天皇元年を390年として、雄略5年までを逆に積算すると雄略5年は581年となるが、雄略5年を461年とする紀年は『日本書紀』最後の紀年である持統天皇11年(697年)と整合的であるため、これは成立しない。倉西 2003, pp. 46-56
  123. ^ a b 遠藤慶太「『日本書紀』の分註」(初出:『ヒストリア』214号(大阪歴史学会、2009年)/所収:遠藤『日本書紀の形成と諸資料』(塙書房、2015年)) ISBN 978-4-8273-1272-0
  124. ^ 荊木美行「『日本書紀』「系図一巻」再論」『記紀と古代史料の研究』国書刊行会、2008年(平成20年)2月20日、pp. 3-38。ISBN 978-4-336-04998-8
  125. ^ 山下・斎藤 2020, p. viii-ix
  126. ^ 長谷部 2018, p. 358
  127. ^ a b c 坂本 1970, p. 125
  128. ^ a b 長谷部 2018, p. 362
  129. ^ 坂本 1970, p. 126
  130. ^ a b c 長谷部 2018, p. 375
  131. ^ a b 長谷部 2018, p. 361
  132. ^ 弘仁四年(813年)以降、概ね30年毎に講筵が行われているのに対し、時期的に孤立している養老五年(721年)については明確な実施記録が無く、開催自体が虚構であるという説や弘仁以降の講筵とは性質的に異なるとする見解、即ち『日本書紀』完成の翌年に開かれたことから考えて完成披露という意味合いの強いものであったとする意見が有力である。ただしそれでも他の講筵と基本構造を同じくしていると考えられており、「私記」の作成も記録に残されてはいる。詳細は長谷部 2018, pp. 363-368を参照。
  133. ^ a b 長谷部 2018, p. 376
  134. ^ 長谷部 2018, pp. 368-370
  135. ^ 長谷部 2018, p. 370
  136. ^ 山下・斎藤 2020. p. xiii-xiv
  137. ^ a b c d 原 2018, p. 401
  138. ^ a b 山下・斎藤 2020. p. ix
  139. ^ a b 斎藤 2020, p. 79
  140. ^ 木下正史「コラム 藤原京出土の木簡が、郡評論争を決着させる」『藤原京 よみがえる日本最初の都城中央公論新社中公新書〉、2003年1月、64頁。ISBN 4-12-101681-5
  141. ^ むろん、祖先として伝説上の人物を書いた各種系図であって近代的な意味では正確な内容とはいえない。
  142. ^ 以下、山尾(1999)を参照。
  143. ^ 百済三書記事の中には、百済王が天皇の「黎民」と「封」建された領土とを治め、自分たちの国は天皇に「調」を貢いで仕えまつる「官家(みやけ)」の国、元来の天皇の「封」域を侵して「新羅の折れる」加羅諸国を天皇の命令で「本貫に還し属け」てほしい、自分は天皇の「蕃」(藩屏)をなす「臣」であるなどの記述があふれ、地の文には、百済王が、天皇から全羅北道の地を「賜」与されたとある。
  144. ^ 他に、「阿花王立つ、貴国に礼なし」、(木刕満致は)「我が国に来入りて、貴国に往還ふ」
  145. ^ 山尾(1999)注釈、山尾幸久「飛鳥池遺跡出土木簡の考察」『東アジアの古代文化』、1998年(平成10年)、97頁
  146. ^ 山尾(1999)注釈、坂本太郎「継体紀の史料批判」『坂本太郎著作集 二』吉川弘文館、1988年(昭和63年)。久信田喜一「『百済本記』考」『日本歴史』1974年(昭和49年)、309頁。鈴木靖民「いわゆる任那日本府および倭問題」『歴史学研究』1974年(昭和49年)、405頁。山尾幸久「百済三書と日本書紀」『朝鮮史研究会論文集18』龍渓書舎、1978年(昭和53年)
  147. ^ 山尾(1999)注釈、山尾幸久『カバネの成立と天皇』吉川弘文館, 1998
  148. ^ 天皇が百済王に「賜」わったという地は、忠清道の洪城、維鳩、公州付近から全羅道の栄山江、蟾津江流域にまで及んでいる。これは、滅亡時の百済王が独立して、かつ正当に統治していた国家の領土とほぼ一致する。しかし、7、8世紀の交の在日百済王族、貴族はそれを天皇から委任された統治と表現せざるを得ない臣下の立場にあった。このような観念を実体化して、「高麗、百済、新羅、任那」は「海表の蕃屏として」「元より賜はれる封の限」をもつ「官家を置ける国」だった(『継体紀』)などというのは信頼し難い。山尾(1999)
  149. ^ 堀(1998)
  150. ^ 上垣外(2003)
  151. ^ 山内(2003)
  152. ^ 沈(2003)
  153. ^ 鈴木(1991)
  154. ^ 『読売新聞』2004年(平成16年)2月6日
  155. ^ 青木周平「日本書紀の諸本」『古代説話記紀編』おうふう、1988年(昭和63年)4月20日、pp. 20-32。ISBN 4-273-02245-1
  156. ^ 参考:『古事記日本書紀必携』学燈社



日本書紀

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 23:20 UTC 版)

固有名詞

   日本書紀 にほんしょき

  1. 文献》 奈良時代(wp)初期養老4年720年〉)に編纂された日本歴史書(wp)神典(wp)日本伝存する最古正史(『古事記』を歴史書でないとする見解の下では、『日本書紀』が日本伝存最古歴史書)で、六国史(wp)第一あたる中国歴史書編纂目的に、舎人親王ほか数名によって共同編纂された。

関連語




日本書紀と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本書紀」の関連用語

日本書紀のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日本書紀のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2021,Hofu Virtual Site Museum,Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2021 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本書紀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの日本書紀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS