飛鳥とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > 飛ぶ鳥 > 飛鳥の意味・解説 

あすか【ASCA】


あすか【飛鳥/明日香】

読み方:あすか

奈良県高市郡明日香村のこと。また、その付近一帯の称。推古朝以来余年、都が置かれ橘寺(たちばなでら)・石舞台古墳高松塚古墳など史跡が多い。

[補説] 「飛鳥」の表記は、「あすか」にかかる枕詞とぶとりの」の「とぶとり」を当てたもの。書名別項。→明日香


ひ‐ちょう〔‐テウ〕【飛鳥】

読み方:ひちょう

空を飛んでいるまた、非常に動作速いさまをたとえていう。「—の早業(はやわざ)」


飛鳥

作者中里恒子

収載図書昭和文学全集 19
出版社小学館
刊行年月1987.12


飛鳥

読み方:アスカasuka

作者 平戸廉吉

初出 大正10年

ジャンル


飛鳥

読み方:ヒチョウ(hichou)

作者 中勘助

初出 昭和17年

ジャンル 詩集


飛鳥

読み方:アスカasuka

所在 青森県青森市


飛鳥

読み方:アスカasuka

所在 山形県酒田市


飛鳥


飛鳥

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

飛鳥

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

飛鳥

読み方
飛鳥あすか
飛鳥とびしま
飛鳥ひちょう

飛鳥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/14 22:56 UTC 版)

飛鳥(あすか)は、かつて大和国高市郡にあった地域である。現在の奈良県高市郡明日香村大字飛鳥周辺を指した。


  1. ^ a b 犬養孝 『改訂新版 万葉の旅』 上(初版)、平凡社平凡社ライブラリー〉 (原著2003年11月10日)、p. 66頁。ISBN 9784582764833 
  2. ^ a b c d e f g h i j 明日香と飛鳥あすかの由来|あすかの「よもやま話」
  3. ^ コトバンク 「飛ぶ鳥の」
  4. ^ 北村優季『平城京成立史論』吉川弘文館、2013年、ISBN 978-4-642-04610-7 pp.18-20
  5. ^ 網伸也『平安京造営と古代律令国家』塙書房、2011年、ISBN 978-4-8273-1244-7 pp.28-35
  6. ^ 明日香の風土保存へ - 自民党議連が再出発”. 奈良新聞 (2013年4月19日). 2022年5月6日閲覧。


「飛鳥」の続きの解説一覧

飛鳥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/29 00:55 UTC 版)

炎のニンジャマン」の記事における「飛鳥」の解説

戦国時代くノ一伊賀忍者であり仲間あだ討ちのため信長を狙うが二代目ニンジャマン妨害される最終回再登場安土城火を放った初代ニンジャマンから二代目との交際薦められまんざらでもない反応をした。

※この「飛鳥」の解説は、「炎のニンジャマン」の解説の一部です。
「飛鳥」を含む「炎のニンジャマン」の記事については、「炎のニンジャマン」の概要を参照ください。


飛鳥(あすか)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/27 04:15 UTC 版)

サムライうさぎ」の記事における「飛鳥(あすか)」の解説

玩具屋を営む盲目の若者

※この「飛鳥(あすか)」の解説は、「サムライうさぎ」の解説の一部です。
「飛鳥(あすか)」を含む「サムライうさぎ」の記事については、「サムライうさぎ」の概要を参照ください。


飛鳥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/24 03:34 UTC 版)

篠瀬三十七」の記事における「飛鳥」の解説

飛鳥(あすか)は、日本の会社東京都中心に活動しているプロレス興行「飛鳥プロレス(あすかプロレス)」の運営を行っているかつては東京都中心に活動していたプロレス団体ASUKA PROJECT(アスカ・プロジェクト)」の運営行っていた。

※この「飛鳥」の解説は、「篠瀬三十七」の解説の一部です。
「飛鳥」を含む「篠瀬三十七」の記事については、「篠瀬三十七」の概要を参照ください。


飛鳥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/18 03:41 UTC 版)

FJR710 (エンジン)」の記事における「飛鳥」の解説

1982年昭和57年12月プロジェクト終了しその後の研究は旧航空宇宙技術研究所 (NAL) に引き継がれたNALFJR710 / 600 をさらにブラッシュアップしたFJR710 / 600S を6基製作し航空自衛隊所属試験用C-1FTB に同エンジン搭載してエンジン空中試験1984年昭和59年))等を実施した後、STOL実験機「飛鳥」に搭載し1985年昭和60年10月28日初飛行以降100近く飛行試験供された(最終試験1989年平成元年3月)。エンジン運転時間は7,100時間達している。

※この「飛鳥」の解説は、「FJR710 (エンジン)」の解説の一部です。
「飛鳥」を含む「FJR710 (エンジン)」の記事については、「FJR710 (エンジン)」の概要を参照ください。


飛鳥 (ひどり)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 00:58 UTC 版)

CHŌKOビースト!!」の記事における「飛鳥 (ひどり)」の解説

天狗双子の弟。真っ直ぐな性格の熱血漢蝶子の事を誰よりも思っている天狗としての能力羽鳥と同じ。

※この「飛鳥 (ひどり)」の解説は、「CHŌKOビースト!!」の解説の一部です。
「飛鳥 (ひどり)」を含む「CHŌKOビースト!!」の記事については、「CHŌKOビースト!!」の概要を参照ください。


飛鳥(あすか)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 04:17 UTC 版)

デビルマンG」の記事における「飛鳥(あすか)」の解説

沼の親友だった科学者ツバサ起こ怪現象調査した際に致命傷負い、彼女のことを沼に託して息を引き取る

※この「飛鳥(あすか)」の解説は、「デビルマンG」の解説の一部です。
「飛鳥(あすか)」を含む「デビルマンG」の記事については、「デビルマンG」の概要を参照ください。


飛鳥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/23 13:54 UTC 版)

かけた月は戻らない」の記事における「飛鳥」の解説

健次親友で、琴音の兄。

※この「飛鳥」の解説は、「かけた月は戻らない」の解説の一部です。
「飛鳥」を含む「かけた月は戻らない」の記事については、「かけた月は戻らない」の概要を参照ください。


飛鳥(あすか)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/05 15:15 UTC 版)

東京難民」の記事における「飛鳥(あすか)」の解説

トワイライト」のナンバー2ホスト。修より1つ年上18歳からホストとして働いている

※この「飛鳥(あすか)」の解説は、「東京難民」の解説の一部です。
「飛鳥(あすか)」を含む「東京難民」の記事については、「東京難民」の概要を参照ください。


飛鳥 (ひどり)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/04 18:46 UTC 版)

CHOKOビースト!!」の記事における「飛鳥 (ひどり)」の解説

天狗双子の弟。真っ直ぐな性格の熱血漢蝶子の事を誰よりも思っている天狗としての能力羽鳥と同じ。

※この「飛鳥 (ひどり)」の解説は、「CHOKOビースト!!」の解説の一部です。
「飛鳥 (ひどり)」を含む「CHOKOビースト!!」の記事については、「CHOKOビースト!!」の概要を参照ください。


飛鳥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/14 14:27 UTC 版)

飛鳥 (旅客船)」の記事における「飛鳥」の解説

三菱重工業長崎造船所建造され1991年10月28日竣工した2006年3月に「飛鳥II」が就航するまでは、日本船籍最大の客船であった当初は日本郵船が所有し郵船クルーズ運航する形を取っていたが、2000年3月所有権郵船クルーズ移った日本人乗客を主対象とした日本最大最高級のクルーズ客船として計画され氷川丸以来断絶していた客船伝統復活すべくファイブスター級の豪華船目指した船名一般公募決定され日本文化黎明期である飛鳥時代因み「人と人」「人と自然」の交流を通じ新し洋上文化創造目指す意味が込められた。また、日本郵船内では客船事業検討時に船体サイズ毎に愛称を「松竹梅」に分けており、本船クラスは「竹」としていた。 外観日本郵船系の客船「クリスタル・ハーモニー」との同一性出しつつ、背高感を引き締めるべく日本の伝統色である濃縹色ジャパンブルー)と日本船伝統引き継ぐイメージを持つ金色ライン胴体引かれ前方マストをクリスタルハーモニーよりも倒した角度とし船尾部戦前の客船ゆったりした感覚をイメージし広く取られた。 当初はお金持ち乗り物」のイメージ先行したが、その後集客順調に伸び2000年代以降、特に夏期ハイシーズンにおいて満船が続く状態となり、キャパシティ増大求められる状況となった第二船の投入や、大型化した新造船建造等が検討されたが、同じく日本郵船グループクリスタルクルーズ社が運航する「クリスタル・ハーモニー」を日本向け改造し飛鳥IIとして代替投入本船は売船されることとなったその後2006年2月最終航海となるアジアグランドクルーズを行い2月11日横浜港帰港をもって運航終了した

※この「飛鳥」の解説は、「飛鳥 (旅客船)」の解説の一部です。
「飛鳥」を含む「飛鳥 (旅客船)」の記事については、「飛鳥 (旅客船)」の概要を参照ください。


飛鳥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/14 14:27 UTC 版)

飛鳥 (旅客船)」の記事における「飛鳥」の解説

モノクラス客船で、客室異なる以外は全ての乗客食事内容なども含めて同等のサービス提供していた。ただし、上級客室乗客向けには、専用ラウンジなど設置されていなかったが、「ソーシャル・オフィサー」がコンシェルジュ役目を果たしたり、ショーイベント際に優先席設けるなど、一定の便宜図られていた。 夕食はメインダイニングの席数旅客定員半数強にとどまるため、二回となっていた。乗客数ダイニング席数下回る場合一回制とされた。朝食および昼食ダイニング和食が、リドカフェでビュッフェ形式洋食提供されていた。また、三食以外にも夕刻にはビスタラウンジで軽食が、23時からは夜食提供されていた。船内提供される飲食物基本的に無料であるが、寿司「海彦」ルームサービスお酒炭酸飲料別料金となっていた。 船内上演されるショー映画観覧無料である。 ショー食事の時間に合わせ、二回制で開催された。ラスベガス風のショーや、専属マジシャンによるマジックショー中心であるが、クルーズによっては外部より芸能人演奏家落語家招いてイベント開催された。

※この「飛鳥」の解説は、「飛鳥 (旅客船)」の解説の一部です。
「飛鳥」を含む「飛鳥 (旅客船)」の記事については、「飛鳥 (旅客船)」の概要を参照ください。


飛鳥(あすか)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 17:36 UTC 版)

狂四郎2030」の記事における「飛鳥(あすか)」の解説

中央政府電子管センターにあるバーチャルSEXマシン管理コンピューター狂四郎たちの仮想世界内における生活に感情移入し、バベンスキーと共に狂四郎たちのブレーン役として協力をするようになった本体超大型スーパーコンピューターだが、画面を通して狂四郎たちと会話をする時には江戸時代町人風に和装した男性の姿で登場する作者によると、「彼」外見東映時代スターだった中村錦之助若い頃モデルにしたらしい)。コンピューターながら人間並み機微に富み時折ジョーク飛ばすなどのお茶目さも見せる。反面狂四郎インポ治る可能性についてVサインをしているように見せかけて可能性2%です」と無神経に言ったりバーチャルSEX愛し合う狂四郎と志の様子を「現実に会ってるわけじゃないのに滑稽」と発言してバベンスキーから怒られたりと、人間味欠ける面もある。

※この「飛鳥(あすか)」の解説は、「狂四郎2030」の解説の一部です。
「飛鳥(あすか)」を含む「狂四郎2030」の記事については、「狂四郎2030」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「飛鳥」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

飛鳥

出典:『Wiktionary』 (2015/09/04 21:11 UTC 版)

名詞

ひちょう

  1. 漢語表現飛ぶ鳥

成句

固有名詞

飛鳥(あすか)

  1. 熟字訓日本の地名大和国(現.奈良県南部のものが著名明日香とも表記古代において、天皇王宮多くおかれ、592年推古天皇豊浦宮での即位してから、694年藤原京への移転までの、約100年間を飛鳥時代称している。

由来


「飛鳥」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



飛鳥と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



飛鳥のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの飛鳥 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの炎のニンジャマン (改訂履歴)、サムライうさぎ (改訂履歴)、篠瀬三十七 (改訂履歴)、FJR710 (エンジン) (改訂履歴)、CHŌKOビースト!! (改訂履歴)、デビルマンG (改訂履歴)、かけた月は戻らない (改訂履歴)、東京難民 (改訂履歴)、CHOKOビースト!! (改訂履歴)、飛鳥 (旅客船) (改訂履歴)、狂四郎2030 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの飛鳥 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS