皇国史観とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 皇国史観の意味・解説 

こう こくしかん くわう -くわん [5][6] 【皇国史観】

日本の歴史万世一系天皇中心として展開されてきたと考え歴史観日中戦争から太平洋戦争期に国民統合戦争動員大きな役割を果たしたが、敗戦により凋落ちようら)。

皇国史観

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/16 08:12 UTC 版)

皇国史観(こうこくしかん)とは、日本の歴史天皇を中心に形成されてきたことに着目し、「日本民族」の統合の中心を「万世一系の皇室」に求める思想である。


  1. ^ 現在の神社本庁系グループの各社。
  2. ^ 出雲大社や現在の出雲大社教出雲教系グループの各社。

出典

  1. ^ 永原慶二皇国史観』 岩波書店〈岩波ブックレット20〉、1983年、63頁。ISBN 4000049607


「皇国史観」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「皇国史観」の関連用語

皇国史観のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



皇国史観のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの皇国史観 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS