久米邦武とは? わかりやすく解説

くめ‐くにたけ【久米邦武】


くめくにたけ 【久米邦武】

明治期歴史学者佐賀藩の子。号は易堂。江戸昌平坂学問所学び藩校弘道館教授明治になり岩倉具視遣外使節宗教取調係として随行、のち東京帝大教授になったが、「神道祭天古俗」との論文発表保守派攻撃され免官。のち早大日本史教えた。著『日本古代史神道との関係』他。(一八三九~一九三一

久米邦武

読み方くめ くにたけ

史学者。旧肥前佐賀藩士。佐賀生。久米邦郷の三男通称は丈一郎昌平黌学び佐賀藩改革参与弘道館教授した。維新後新政府に仕え、岩具遣外使節随行した。修史館修史局編年史編纂従事し、のち東大教授となり、重野安繹とともに日本史研究近代的歴史学の方法を移植することに努めた。我国の古文書学基礎を築いた人である。文学博士昭和6年1931)歿、93才。

久米邦武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 07:09 UTC 版)

久米 邦武(くめ くにたけ、1839年8月19日天保10年7月11日) - 1931年昭和6年)2月24日)は、日本歴史学者[1]。幼名を泰次郎、のち丈一郎。易堂と号す。岩倉使節団に同行し、大書『特命全権大使 米欧回覧実記』を書き上げ東大教授にもなったが、久米邦武筆禍事件で失脚した。


  1. ^ 朝日日本歴史人物事典「久米邦武」
  2. ^ 岡田俊裕著『日本地理学人物事典 [ 近代編 1 ] 』 原書房 2011年 34ページ
  3. ^ 内容構成は、視察日記文を軸とし、歴訪国と首都の「総説」を付けている。訪問しなかったスペインポルトガルは「略記」を補って全欧州の地理書としている。加えて五巻に及ぶ欧州「総論」を詳述し、それらの自然・人文・社会等の分野にも言及し、充実した欧米地誌に仕上げている。(岡田俊裕著『日本地理学人物事典 [ 近代編 1 ] 』 原書房 2011年 34-35ページ)
  4. ^ 上杉聰 2018, p. 50.
  5. ^ 品川人物伝 第30回
  6. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)11頁
  7. ^ 違和感の日本史 本郷和人
  8. ^ 『官報』第1952号「叙任及辞令」1889年12月28日。


「久米邦武」の続きの解説一覧



久米邦武と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「久米邦武」の関連用語

久米邦武のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



久米邦武のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2022 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの久米邦武 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS