歴史学とは? わかりやすく解説

れきし‐がく【歴史学】

読み方:れきしがく

歴史研究の対象とする学問

「歴史学」に似た言葉

歴史学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/10 11:56 UTC 版)

歴史学(れきしがく)とは、過去史料評価検証する過程を通して歴史事実、及びそれらの関連を追究する学問である。


注釈

  1. ^ 絵画伝承壁画フィールドワーク地理学考古学など。
  2. ^ 詳しくは史料の項を参照。
  3. ^ : École des Annales

出典

  1. ^ 佐藤進一 『古文書学入門』法政大学出版局。 
  2. ^ a b c d 神山四郎. “日本大百科全書(ニッポニカ) - 歴史観”. Kotobank. 小学館・朝日新聞・VOYAGE GROUP. 2018年11月20日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 石川晃弘. “日本大百科全書(ニッポニカ) - 技術史観”. Kotobank. 小学館・朝日新聞・VOYAGE GROUP. 2018年11月20日閲覧。
  4. ^ 井野瀬久美惠『ヴィクトリア朝における歴史学と文学:伝記という叙述スタイルから考える』 - 日本ヴィクトリア朝文化研究学会、2017年6月8日閲覧。
  5. ^ マット・リドレー『進化は万能である: 人類・テクノロジー・宇宙の未来』大田 直子, 鍛原 多惠子, 柴田 裕之, 吉田 三知世訳 早川書房 2016 ISBN 9784152096371 pp.285-287.
  6. ^ 系・分野・分科・細目表:文部科学省”. www.mext.go.jp. 2022年8月15日閲覧。


「歴史学」の続きの解説一覧

歴史学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/13 09:43 UTC 版)

資料」の記事における「歴史学」の解説

歴史学においては「史料」という用語が使われる同時代人間による生の史料一次史料呼び後世編纂物などを二次史料と呼ぶ例えば、上杉謙信残した書状感状などは一次史料であり、米沢藩一次史料を元にまとめた上杉年譜』は二次史料である。これは史料オリジナル性(当事者によるその当時のものかどうか)を基準にした場合区分である。 詳細「史料」および「史料批判を参照

※この「歴史学」の解説は、「資料」の解説の一部です。
「歴史学」を含む「資料」の記事については、「資料」の概要を参照ください。


歴史学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/11 10:11 UTC 版)

アメリカ合衆国の保守主義」の記事における「歴史学」の解説

近年の歴史家は、アメリカ近代史における保守主義役割再考する必要がある論じている。重要な新しい考え方は、自由主義支配的な精神であるという古い常識拒否している。労働史学者のジェファーソン・コーウィやニック・サルバトーレは、ニュー・ディール政策不況に対する短期間の対応であり、福祉に対する恒久的な関わりはなっていないと論じいかなる長期間でも自由主義体現するためには、アメリカは常に個人主義であり、労働組合に対して敵対的だったと主張している。この新し解釈1920年代以降保守主義アメリカ政治をほとんど支配してきており、ニュー・ディール時代1933年-1936年)と偉大な社会時代1963年-1966年)が数少ない例外だとするものである。しかし、ゼリザーは「保守主義一貫性過大に言われている。その動きニュー・ディール連衡同じくらい壊れやすい政策の変更保守派期待した以上に難しものであることが分かってきた。」と論じている。ゼリザーは保守派が行った主要変化領域4つ見出した。すなわち、国内政策縮小税金削減規制緩和、および労働組合への反対である。「実を言えば自由主義保守主義興隆にも生き残った」と結論付けている。

※この「歴史学」の解説は、「アメリカ合衆国の保守主義」の解説の一部です。
「歴史学」を含む「アメリカ合衆国の保守主義」の記事については、「アメリカ合衆国の保守主義」の概要を参照ください。


歴史学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/21 16:35 UTC 版)

リディーマー」の記事における「歴史学」の解説

レコンストラクション直後時代大半黒人や元奴隷制度廃止運動家は黒人に対する暴力白人共和党員に対する脅しのために、レコンストラクション黒人のための公民権闘争滅ぼした考えたフレデリック・ダグラスレコンストラクション下院議員ジョン・R・リンチは、南部から連邦軍引き上げることで、1877年以後アフリカ系アメリカ人選挙権他の公民権を失う主要因となったと言った世紀の変わり目までに、ダニング学派率いられ白人歴史家達は、レコンストラクションがその政治的財政的腐敗戦争憎しみ癒せなかったこと、およびグラント大統領廻りの人々の様利己的北部政治家に支配されたことのために失敗だったと見ていた。歴史家のクロード・ボーワーズは、彼の言う「悲劇時代」でも最も悪いことはアフリカ系アメリカ人解放された人々選挙権拡張したことであり、失政腐敗導いた主張する政策と言ったダニング学派歴史家は、解放された人々が州の財産私し権力に留まることにのみ興味のある腐敗した白人カーペットバッガー操作されていたので、責任無いと主張した。彼らは南部腐敗の敵によって「浄化」されるべきことに同意した要するレコンストラクションは「共和制」の価値貶め急進的共和党員は「過激派であったできごとこのような解釈は、1900年から1960年代まで歴史教科書大半支配したダニング学派お家芸であった1930年代始まり、C・ヴァン・ウッドウォードやハワード・K・ビールのような歴史家レコンストラクションの「贖罪主義者」的解釈攻撃し自分達は「修正主義者」と呼んで本当の問題は経済であると主張した北部急進派鉄道道具であり、南部共和党員はその命令実行するように操作されていた。さらにリディーマー鉄道道具であり彼ら自身腐敗していたと主張した1935年W・E・B・デュボイスマルクス主義分析『ブラック・レコンストラクション:黒人アメリカ民主主義立て直す試みの中で演じた役割歴史に関する随想1860年-1880年』を出版した。この書籍ではレコンストラクション中にアフリカ系アメリカ人果たした役割強調した1960年代までに、ケネス・スタンプやエリック・フォーナーが指導する奴隷制度廃止論(neo-abolitionist)の歴史家が解放され人々闘争舞台中心に据えたレコンストラクション時代腐敗認め一方でダニング学派はそれを過剰に強調しており、共和制原則の最悪の侵害、すなわちアフリカ系アメリカ人選挙権を含む公民権否定無視していると主張した

※この「歴史学」の解説は、「リディーマー」の解説の一部です。
「歴史学」を含む「リディーマー」の記事については、「リディーマー」の概要を参照ください。


歴史学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/13 05:17 UTC 版)

カーペットバッガー」の記事における「歴史学」の解説

アメリカ史家のダニング学派 (1900-1950)はカーペットバッガー好ましくない見ており、彼らは政治実業文化の質を下げたと言った1930年代改革派学派は彼らを北部実業利益引き立て役だと呼んだ1960年以降ネオアボリショニスト学派は彼らの道徳的勇気強調した

※この「歴史学」の解説は、「カーペットバッガー」の解説の一部です。
「歴史学」を含む「カーペットバッガー」の記事については、「カーペットバッガー」の概要を参照ください。


歴史学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/15 04:29 UTC 版)

コンスタンティン・ブルンコヴェアヌ」の記事における「歴史学」の解説

ソース コンスタンティン・ブルンコヴェアヌ領主に関しては、ルーマニア宇宙領主大多数比較して多数情報源保存されています。 一次情報源の中で治世彼の年に特化2つクロニクル(ある年代記ラドゥGreceanuとのクロニクルAnonimulBrâncovenesc )、の2つのクロニクルワラキア、彼は完全に在位期間カバーしラドゥポペスク、との( Cantacuzinクロニクル-部分的に)、ディミトリー・カンテミール(象形文字歴史ワラキアカンタクジノとブランコヴェンの出来事)への執筆と、ヴォイヴォダベネチア秘書、アントン・マリア・デル・キアーロ(ワラキア現代革命歴史)の年代記また、コンスタンティン・ブルンコヴェアヌ個人的なメモカレンダー上、歴史家エミル・ヴィルトスが編集)、通信偉大な演説記録財務省、アナテフターと大惨事記録など内部文書、および外部文書追加されています「印象的な多様性」の文書歴史家のアンドレイ・ブスイオセアヌが観察したように。 現代の歴史ファナリオティス時代歴史執筆衰退した時期)には、コンスタンティン・ブルンコヴェアヌ治世扱われませんでした歴史的過去利用して国家解放推進したパソプティスト時代でも、新たな悪い時代への移行敷居として考えられていた死のエピソードだけが主題化された。 ブランコヴェアヌとディミトリエ・カンテミール間の誤解オスマン帝国の支配取り除くことに失敗した原因であるという考え先駆者であるミハイル・コガルニセアヌは、年代記(Fragmentstirésdeschroniques[…])からの断片コレクション編集することによって貢献しましたが、厳密な研究は、世紀の後半から、アレクサンダーD.ゼノポールの罪から始まりましたXenopol作品(より正確には、トラヤヌスダチアからのルーマニア人歴史の第VIII巻)は、主にこの理由で扱われる分野である外交政策情報源優勢の印を持ってます。アンドレイ・ブスイオセアヌは、歴史家がブランコヴェアヌの外交スキル誇張していると考えており、彼女からは異常に長い統治推測しましたが、彼はこの考え外交官イメージを歴史学に押し付けることができました重要なステップは、コンスタンティン・ブルンコヴェアヌに関する本の文書摂政のコンスタンティン・ジュレスクとニコラエ・ドブレスクによる編集でした。 N.ヨルガは、彼のキャリアを通じて紳士いくつかの分析研究捧げましたその中には、ブランコーベンの殉教以来2世紀機会に一連の出版物ありました。時が経つにつれて彼は見方変え、たとえば1918年統一記念日の後、紳士ルーマニア国全体個性として提示することをあきらめました共産主義時代 歴史家のルシアン・ボイアによれば共産主義政権下第一段階階級闘争パラダイムさらされ厳し財政措置農民抑圧について批判された後、コンスタンティン・ブルンコヴェアヌチャウシェスク時代完全にリハビリされました共産主義時代歴史家は、スターリン主義時代にも、共産主義の歴史学のランドマークであるミハイル・ローラーの教科書で、ブランコヴェアヌとシェテファン・セル・マーレの場合、ルーマニア諸国ロシアの関係は、ルーマニア諸国間の関係よりも強く強調されていたと述べた共産主義時代を通して数冊の本が登場しましたが、モノグラフはまだ最後に書かれてませんでした利用可能すべての資料批判的に処理し学術的議論によって提起され問題に対処しました神話側面 ルーマニア国民的パンテオン作成に関して、ボイアは、ブランコヴェアヌ、アレクサンドル・セル・ブン、ネアゴエ・バサラブなどの平和な紳士が彼らの場所を見つけたことに気づきました。 共産主義政権最後の段階では、イデオロギー関係者ミルチャMuşatとヨアン・PătroiuがBrâncoveanuのエポックは、いくつかの統治によって決定されたものの中でその場所を持つ、ルーマニアの歴史偉大なエポックリスト生成ブレビスタ、 Decebal 、ミルチャ独裁者ニコラエチャウシェスクによって戴冠された、テファン、ミハイヴィテアズル、クザ。 しかし、領主の姿は君主制(1881-1947)の下でも使用されいました:ミハイ・ヴィテアズルの行為共鳴がある場所であるアルバ・ユリアでは、フェルディナンド王の戴冠式ブカレスト行われ歴史的なものがたくさんありました数字では、コンスタンティン・ブルンコヴェアヌは、ホーエンツォレルン・シグマリンゲン王朝ルーマニア国家の運命との連続性象徴的に示すために、膨大な割合行列使用されました。

※この「歴史学」の解説は、「コンスタンティン・ブルンコヴェアヌ」の解説の一部です。
「歴史学」を含む「コンスタンティン・ブルンコヴェアヌ」の記事については、「コンスタンティン・ブルンコヴェアヌ」の概要を参照ください。


歴史学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 04:29 UTC 版)

ジョナサン・スペンス」の記事における「歴史学」の解説

スペンス中国史研究の第一人者として広く知られており、2004年から2005年にかけてアメリカ歴史学会(英語版)の会長務めた。主に清朝時代研究しているが、毛沢東伝記や、20世紀知識人革命との関係を研究した"The Gate of Heavenly Peace"なども執筆している。スペンスは、イェール大学学部近代中国史講義担当しており、その内容を元に"The Search for Modern China"を執筆した。この本の献辞は"For My Students"(学生たちに捧ぐとなっている。 スペンス史 景遷(し けいせん)という中国名を持つ。この名前はスペンス歴史家司馬遷敬愛していることから付けられた(「史」は歴史の「史」であり、「景」は「仰ぎ慕う」という意味の「景仰」から取られた)。

※この「歴史学」の解説は、「ジョナサン・スペンス」の解説の一部です。
「歴史学」を含む「ジョナサン・スペンス」の記事については、「ジョナサン・スペンス」の概要を参照ください。


歴史学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/06 09:13 UTC 版)

ダオ・ズイ・アイン」の記事における「歴史学」の解説

歴史学においては自身の長年蓄積に加えて海外科学的研究を参照し、ベトナム史に関する基礎的な諸問題研究行った前近代史における時代区分民族淵源奴隷所有制度、封建制問題ベトナム民族形成史などである。

※この「歴史学」の解説は、「ダオ・ズイ・アイン」の解説の一部です。
「歴史学」を含む「ダオ・ズイ・アイン」の記事については、「ダオ・ズイ・アイン」の概要を参照ください。


歴史学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 23:39 UTC 版)

ソビエト連邦における強制移送」の記事における「歴史学」の解説

ロシアの歴史家のパーヴェル・ポリャン(英語版)やエール大学の准研究員Violeta Davoliūtėらの歴史家民間人大規模な強制移送人道に対する罪にあたるとしている。また、ソビエトによる民族浄化にあたるとみなす歴史家もいる。 さらに、クリミア・タタール人チェチェン人イングーシ人追放ジェノサイドとみなす動き見せる国や学者もいる。ポーランド系ユダヤ人弁護士で、「ジェノサイド」の語を発案したラファエル・レムキン(英語版)はチェチェン人イングーシ人ヴォルガ・ドイツ人クリミア・タタール人カルムイク人カラチャイ人大規模な移送によってジェノサイド実行されたと考えたLyman H. Legters教授主張するには、「再移住制度結びついたソビエト刑罰制度は特に特定の民族重い刑罰科されたためにジェノサイドとみなすべきで、特定の故郷生死左右されるようなこれらの民族移住させることは故郷へ帰還でしか修復不可能なジェノサイド的な効果を持っていた。」という。ソビエト反体制派Ilya Gabayとピョートル・グリゴレンコ(英語版)は共に、クリミア・タタール人追放ジェノサイドとしている。 歴史家ティモシー・スナイダー強制移送を「ジェノサイド基準を満たすソビエト政策の一覧に含めている。共産主義研究家フランス人歴史家のニコラ・ヴェルト(英語版)、ドイツ人歴史家Philipp TherAnthony James Joes教授アメリカ人ジャーナリストEric Margolis英語版)、カナダ人政治学者Adam Jones英語版)、マサチューセッツ大学ダートマス校(英語版)のイスラム歴史学者Brian Glyn Williams学者Michael FredholmFanny E. Bryanチェチェン人イングーシ人追放ジェノサイドの罪であるとしている。ドイツ人調査報道官のLutz Kleveman(英語版)はチェチェン人イングーシ人追放を「鈍重なジェノサイド」となぞらえたアメリカ合衆国ホロコースト記念博物館学者1944年一連の出来事引き合いに出してジェノサイド可能性があるとし、大量殺戮ウォッチリストチェチェン人追放含めたチェチェン共和国分離主義者チェチェン人追放ジェノサイドとみなしている。 一方一連の追放ジェノサイドとみなすのに否定的な学者もいる。学者Alexander Statievはスターリン政権強制移送様々な民族絶滅させる意図無かったが、ソ連政治文化貧弱な計画性急さ、戦時物資欠乏によって追放者死亡率大量殺戮的のようになった主張する彼はまたソビエトにとって強移送望ましくない民族同化する一手であったとしている。 学者Amir Weinerによれば、 "政府根絶しようと試みたのは(少数民族の)領域的なアイデンティティであり、物理的な存在画然民族意識ではなかった。"という。 学者Francine Hirschによれば、"ソビエト政権差別社会的排除目的とした政策実行したが、同時期考えられていた人種政治英語版)を実践したのではなかった。"とし、大規模な追放民族を"意識共有する社会史的な集団であり、人種生物学的な集団ではない"という概念に基づいていたという。その視点とは対照的にJon K. Chang強制移送事実として民族に基づいて行われおり、西欧の「社会史家」はソ連軽んじられ民族権利擁護できなかったと主張している。

※この「歴史学」の解説は、「ソビエト連邦における強制移送」の解説の一部です。
「歴史学」を含む「ソビエト連邦における強制移送」の記事については、「ソビエト連邦における強制移送」の概要を参照ください。


歴史学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 20:48 UTC 版)

ポニー・エクスプレス」の記事における「歴史学」の解説

ポニー・エクスプレス歴史に関することは、記録文書手紙郵便歴史的に有効な証拠となる幾つかの具体的な分野基礎置いている。短命に終わったポニー・エクスプレスについて知られていることの大半は1950年代まで幾つかの証言伝聞および民間伝承産物であり、その全体的な諸相については概して真実だったが、設立者様々な騎手駅亭周辺の歴史探索する者たち、あるいはポニー・エクスプレス経路自体に沿ってあった駅や砦に興味がある者たちにとって多くの分野実証性に欠けていた。 ポニー・エクスプレスに関する完成度の高い著作は、レイモンド・セトルとメアリー・セトルおよびロイ・ブロスの著したポニー・エクスプレスの話』と『鞍と拍車』である。セトル証言ポニー・エクスプレス創設者一人ウィリアム・B・ワッデル文書使った最初の著者であり歴史研究者だったので特徴がある。現在そ文書カリフォルニア州サンマリノハンティントン図書館収められている。セトル1950年代にこれを書いたブロスポニー・エクスプレス100周年のときの著者だった。セトル作品概して注釈注記無しに出版されたに対し著者経歴特徴あり、セトル優れた自叙伝残したセトルがその研究出版する準備行ったとき、実際にはかなりの量の脚注引用準備していたが、編集者がそのほとんど全て使わないことにしたその代わりに印刷出版費用掛からない方法選択し正確だ単純化され証言世に出した。しかし、セトル書いた証言当時今も決定的なものであり、多くの歴史家作品と比べてポニー・エクスプレス歴史に関するものとして最良のものと考えられている。

※この「歴史学」の解説は、「ポニー・エクスプレス」の解説の一部です。
「歴史学」を含む「ポニー・エクスプレス」の記事については、「ポニー・エクスプレス」の概要を参照ください。


歴史学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/03 15:11 UTC 版)

一次資料」の記事における「歴史学」の解説

学術的な文書執筆するにあたり情報源分類する際に特に目標とするのは、その独立性信頼性見極めることである。歴史関係論文執筆するような場合は、一次資料用いることがほぼ常に賢明なことであり、「それらが手に入らない場合は、細心の注意を払った上でならば、二次資料を使うことがあり得る。」インド土木技師E・スリーダラン(英語版)は、一次資料過去に最も直接的な関係を持っており、二次資料フィルタ捕らわれない形で自分の言葉で語っている」と述べている。

※この「歴史学」の解説は、「一次資料」の解説の一部です。
「歴史学」を含む「一次資料」の記事については、「一次資料」の概要を参照ください。


歴史学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 17:45 UTC 版)

死と文化」の記事における「歴史学」の解説

歴史学者かつホロコースト研究者ティモシー・スナイダーの『ブラッドランド』によれば、死や殺害価値・意味を見出すことには危険が伴う。一つは価値・意味といったものが、死や殺害同一視される危険であるもう一つは、そのような価値や意味を求めることで、死亡数殺害数がさらに増加する危険であると言う現代の記念文化は、記憶が必ず殺人を防ぐものと思い込んでいる。これほど多くの人々命を落としたのなら、何か途方もない価値のあることのために死んだはずだと思いたくなるのが人情だ。公開して発展させて、適切な形で政治的な記憶として残していけるはずだと。そうすると途方もない価値民族ないし国家価値へと変わる。何百万人もの犠牲者は、ソ連が「大祖国戦争」に勝つため、アメリカが「よい戦争」に勝つために死んだにちがいない。ヨーロッパ平和主義的教訓学んだはずだ。ポーランドは自由の伝説を、ウクライナ英雄を持つ必要があったのだ。ベラルーシはその美徳証明しなければならず、ユダヤ人シオニストとしての使命果たさなければならなかった。 しかしあとからこのように正当化することは、国政国民心理民族心理にまつわる重要な真実伝えはするが、記憶そのものとはほとんど関係がない死者記憶されるが、死者覚えていない。ほかの人間が力を持ち、彼らの死に方決めた後世もやはりほかの者が彼らの死の原因決めている。殺害から意味が引き出されれば、さらなる殺害さらなる意味を生み出す危険性出てくる。

※この「歴史学」の解説は、「死と文化」の解説の一部です。
「歴史学」を含む「死と文化」の記事については、「死と文化」の概要を参照ください。


歴史学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 17:15 UTC 版)

広島大学の人物一覧」の記事における「歴史学」の解説

貴志俊彦 - 歴史学。京都大学教授東京大学大学院情報学環客員教授 西内雅 - 歴史学。元総力戦研究所教官 舟越康寿 - 歴史学。元横浜市立大学教授 秋田茂 - 西洋史大阪大学教授大平正芳記念賞読売・吉野作造賞 鹿毛敏夫 - 日本史名古屋学院大学教授福田清人賞 高橋啓 - 歴史学。元鳴門教育大学学長 谷口澄夫 - 日本史岡山大学第7代学長兵庫教育大学初代学長(1978-86)。岡山県名誉県民 田中泉 - 歴史学。広島経済大学教授 木本浩一 - 歴史学。関西学院大学教授 吉村豊雄 - 日本近世史熊本大学名誉教授 外山幹夫 - 日本史、元県立長崎シーボルト大学教授

※この「歴史学」の解説は、「広島大学の人物一覧」の解説の一部です。
「歴史学」を含む「広島大学の人物一覧」の記事については、「広島大学の人物一覧」の概要を参照ください。


歴史学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 09:58 UTC 版)

西村眞次」の記事における「歴史学」の解説

歴史学においてもなかんずく古代日本列島における民族移動について、文化人類学展開したような「文化移動説」を根拠として論を展開している。 例えアイヌは元々現在のロシア沿海地方逗留していた民族で、食料供給の必要とアニミズム理由北上し日本海経て列島到達した推論列島エスキモー存在したかどうか議論に関しては、アイヌ残した説話を引きながら「アイヌよりも前に、既に群島他の民衆住んでいたということは想像出来る」として、坪井正五郎と同様肯定的な立場とっている。 また、苗族紀元前6世紀漢民族圧迫から逃れるため中国大陸中部から海を越えて北進日本列島到達した九州地方西海岸、特に筑後川菊池川白川沖積層に稲や麻、中心とする農耕生活展開した述べたこの他隼人族をインドネシア族と同定平安時代まで日本人との同化拒んだ結論付けている。 漢民族日本への帰化に関しては、秦氏漢氏名字種々の説話に基づき九州地方北端中国地方沿岸部居住地として、農業稀に商業携わり日本文化形成する上で重要な役割果たした説明した。このことは、古代日本語中に漢語が日本化したもの極めて多いことから分かる論じている。

※この「歴史学」の解説は、「西村眞次」の解説の一部です。
「歴史学」を含む「西村眞次」の記事については、「西村眞次」の概要を参照ください。


歴史学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/14 03:33 UTC 版)

インディアン戦争」の記事における「歴史学」の解説

アメリカの歴史書では、インディアン戦争アメリカ合衆国の軍事史比較小さな部分としてしか取り扱われていない20世紀最後の数十年間に相当数歴史家がこの戦争に関する著書の中でインディアン見解紹介し始めインディアンとその文化における戦争影響強調するようになった良く知られ影響力有る著書1970年のディ・ブラウンの「ウーンデッドニー私の心を埋めて」(Bury My Heart at Wounded Knee) である。学術的歴史では、フランシス・ジェニングスの「アメリカ侵略インディアン植民地主義、および征服」(The Invasion of America: Indians, Colonialism, and the Cant of Conquestニューヨークノートン1975年)が、インディアン白人の関係について伝的な見方逆転させていることで著名であるインディアン兵士について両方観点から最近重要な著作ジェローム・A・グリーンの「インディアン戦争古参兵軍隊生活記憶西部の実行作戦1864年-1898年」(INDIAN WAR VETERANS: Memories of Army Life and Campaigns in the West, 1864-1898、ニューヨーク2007年)が出版されたインディアン側から反論として歴史的なものには、ヴァイン・デロリア・ジュニアスー族)による「インディアン宣言書カスターはその罪ゆえに死んだ」(Custer Died For Your Sins: An Indian Manifesto1969年)がある。 歴史家中にはインディアン戦争インディアンアメリカ白人との間の民族戦争見て闘争複雑な現実単純化する者がいる。インディアン白人はしばし共闘した。インディアン他のインディアン戦うこともあった。例えホースシュー・ベンドの戦いクリーク族インディアンに対するアメリカ軍勝利とされているが、勝者アンドリュー・ジャクソン協力したチェロキー族クリーク族およびテネシー州民兵共同であった。広い観点から見ればインディアン戦争アメリカ合衆国による先住民族征服戦争であるが、個々の戦闘細かく見るとそれほど単純化する事はできない。 またそのような観点から白人協力したインディアンを「裏切り者」とみなす解釈存在する例えばパイン・リッジ作戦においては多数ポーニー族正規軍参加してスー族戦闘行っており、現代でもスー族英雄視する一方でポーニー族悪役扱いされている従来西部劇違いインディアンへの差別無いとされる映画ダンス・ウィズ・ウルブズ」においても、この見方踏襲されている)。しかしインディアン全て同族見なすのは白人の側の勝手な解釈であり、ポーニー族にとってみれば白人スー族異民族である。当時ポーニー族スー族圧迫されており、そのため白人手を結んだのであるウィリアム王戦争で、アメリカ入植したイギリス人フランス人という異民族戦いを「同じ民族戦った」とは言わないと同様である。「インディアンたちが団結していれば白人侵略防げた」との論調は、典型的なステレオタイプである。 最も苛烈西部におけるインディアン戦争で、米軍に対してインディアン部族結束するということはついになかった。彼らはそれぞれ独立国家であり、この領土防衛線に対する考え方部族それぞれがまったく違っていたからである。ネ・ペルセ族やショーショーニー族白人友好最後まで続け入植白人を他部族から保護してみせた。しかしその報いは、保留地度重なる縮小僻地への幽閉であった真の意味でインディアン部族結束し合衆国戦いを挑むのは、1960年代以降の「レッドパワー運動」まで待たねばならなかった。

※この「歴史学」の解説は、「インディアン戦争」の解説の一部です。
「歴史学」を含む「インディアン戦争」の記事については、「インディアン戦争」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「歴史学」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

歴史学

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 11:30 UTC 版)

名詞

歴史 れきしがく

  1. 歴史研究する学問

発音(?)

れ↗きし↘がく

類義語


「歴史学」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



歴史学と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「歴史学」の関連用語

歴史学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



歴史学のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの歴史学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの資料 (改訂履歴)、アメリカ合衆国の保守主義 (改訂履歴)、リディーマー (改訂履歴)、カーペットバッガー (改訂履歴)、コンスタンティン・ブルンコヴェアヌ (改訂履歴)、ジョナサン・スペンス (改訂履歴)、ダオ・ズイ・アイン (改訂履歴)、ソビエト連邦における強制移送 (改訂履歴)、ポニー・エクスプレス (改訂履歴)、一次資料 (改訂履歴)、死と文化 (改訂履歴)、広島大学の人物一覧 (改訂履歴)、西村眞次 (改訂履歴)、インディアン戦争 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの歴史学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS