計量とは? わかりやすく解説

けい‐りょう〔‐リヤウ〕【計量】

読み方:けいりょう

[名](スル)重量分量をはかること。「選手の体重を―する」

「計量」に似た言葉

計量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/19 08:58 UTC 版)

計量(けいりょう、measuring, measurement)とは、一般には、容器などの計量器を用いて、質量体積時間圧力といった物理量の具体的な数量を計ることをいう。


注釈

  1. ^ 「物象」とは森羅万象を指す

出典

  1. ^ 第1章 計量法の目的 新計量法とSI化の進め方、p.1、通商産業省SI単位等普及推進委員会、1999年3月
  2. ^ 計量法 第2条
  3. ^ 計量法 第2条第1項第2号
  4. ^ 計量単位令 第1条


「計量」の続きの解説一覧

計量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 10:19 UTC 版)

「飯」の記事における「計量」の解説

4人分として米3合が目安とされるが、状況により様々である

※この「計量」の解説は、「飯」の解説の一部です。
「計量」を含む「飯」の記事については、「飯」の概要を参照ください。


計量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 22:26 UTC 版)

フロイド・メイウェザー・ジュニア 対 ローガン・ポール戦」の記事における「計量」の解説

2021年6月5日試合前日の公開計量を行いローガンには190ポンド体重制限がかけられメイウェザーには体重制限がかけられていない契約で、メイウェザー155ポンド(70.3キロ)、ローガンは189.5ポンド(85.9キロ)で計量。体重差は約15キロとなり身長ローガン15センチ上回ったが、メイウェザーは、これまでに試合当日までに対戦相手大幅に増量をした体重差のある試合何度も経験しており、ボクシング経験アマ1戦(0勝0敗1引分)、プロ1戦(0勝1敗)しかないローガンとはボクシングスキル経験でかなり差があるので体重差は問題にならない語った

※この「計量」の解説は、「フロイド・メイウェザー・ジュニア 対 ローガン・ポール戦」の解説の一部です。
「計量」を含む「フロイド・メイウェザー・ジュニア 対 ローガン・ポール戦」の記事については、「フロイド・メイウェザー・ジュニア 対 ローガン・ポール戦」の概要を参照ください。


計量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/02 20:54 UTC 版)

フロイド・メイウェザー・ジュニア 対 コナー・マクレガー戦」の記事における「計量」の解説

2017年8月25日試合前日の公開計量を行いメイウェザーは149.5ポンド(67.8キロ)、マクレガー153ポンド(69.3キロ)で計量。契約体重スーパーウェルター級リミット154ポンドなので、メイウェザー4.5ポンドマクレガーは1ポンドリミットより軽い計量となったメイウェザー過去にスーパーウェルター級契約で2試合行っているが、オスカー・デ・ラ・ホーヤ戦は150ポンドミゲール・コット戦は151ポンドと、いずれも154ポンドリミットよりも軽い体重仕上げている。

※この「計量」の解説は、「フロイド・メイウェザー・ジュニア 対 コナー・マクレガー戦」の解説の一部です。
「計量」を含む「フロイド・メイウェザー・ジュニア 対 コナー・マクレガー戦」の記事については、「フロイド・メイウェザー・ジュニア 対 コナー・マクレガー戦」の概要を参照ください。


計量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 02:00 UTC 版)

等長写像」の記事における「計量」の解説

以下では X をノルム空間とする。X の部分集合 W に対して、f(W):= {f(x) | x∈W} とする。X 内の二つ部分集合 C, C' に対し等長写像 f が存在して f( C' ) = C が言えるとき、C と C' は合同であるという。また、aC:= {ax | x∈C} としたとき、ある正数 k が存在して f( C' ) = kC がいえれば、C と C' は相似であるという。 X がさらに計量ベクトル空間であって、||x|| = 1/2 であり、f が線形変換ならば、f は内積変えない。これは次のようにして分かる。X の元 x, y に対し内積実部に関して ℜ ⟨ f ( x ) , f ( y ) ⟩ {\displaystyle \Re \langle f(x),f(y)\rangle } = 1 2 ( | | f ( x ) + f ( y ) | | 2 − | | f ( x ) | | 2 − | | f ( y ) | | 2 ) {\displaystyle ={\frac {1}{2}}(||f(x)+f(y)||^{2}-||f(x)||^{2}-||f(y)||^{2})} = 1 2 ( | | x + y | | 2 − | | x | | 2 − | | y | | 2 ) {\displaystyle ={\frac {1}{2}}(||x+y||^{2}-||x||^{2}-||y||^{2})} = ℜ ⟨ x , y ⟩ {\displaystyle =\Re \langle x,y\rangle } となる。虚部等しいことは、x を -ix置き換えると <-ix, y> の実部虚部に等しいことから確かめられる逆に内積保てばもちろん等長写像になる。

※この「計量」の解説は、「等長写像」の解説の一部です。
「計量」を含む「等長写像」の記事については、「等長写像」の概要を参照ください。


計量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/17 08:52 UTC 版)

正五胞体」の記事における「計量」の解説

辺の長さを a {\displaystyle a\,} とする。 超体積: 5 96 a 4 ≈ 0.023292375 a 4 {\displaystyle {\frac {\sqrt {5}}{96}}a^{4}\approx 0.023292375a^{4}} 超表面積: 5 2 12 a 3 ≈ 0.589255659 a 3 {\displaystyle {\frac {5{\sqrt {2}}}{12}}a^{3}\approx 0.589255659a^{3}} 表 話 編 歴 多胞体 正五胞体 正八胞体 正十六胞体 正二十四胞体 正百二十胞体 正六百胞体 {3,3,3} {4,3,3} {3,3,4} {3,4,3} {5,3,3} {3,3,5}

※この「計量」の解説は、「正五胞体」の解説の一部です。
「計量」を含む「正五胞体」の記事については、「正五胞体」の概要を参照ください。


計量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/27 16:23 UTC 版)

クルスカル・スゼッケル座標系」の記事における「計量」の解説

これらの座標系の計量は d s 2 = 32 G 3 M 3 r e − r / 2 G M ( − d T 2 + d R 2 ) + r 2 d Ω 2 {\displaystyle ds^{2}={\frac {32G^{3}M^{3}}{r}}e^{-r/2GM}(-dT^{2}+dR^{2})+r^{2}d\Omega ^{2}} となる。ここでのr は次の方程式により陰的に定義されるT 2R 2 = ( 1 − r 2 G M ) e r / 2 G M {\displaystyle T^{2}-R^{2}=\left(1-{\frac {r}{2GM}}\right)e^{r/2GM}} またはランベルトのW関数W を用いて的に書き下すr 2 G M = 1 + W ( R 2T 2 e ) {\displaystyle {\frac {r}{2GM}}=1+W\left({\frac {R^{2}-T^{2}}{e}}\right)} である。 事象の地平線位置 (r = 2GM ) でこれらの座標系次のようになる。 U = T − R {\displaystyle U=T-R} V = T + R , {\displaystyle V=T+R,} 事象の地平線において計量は良い振る舞いをしていて特異点持たないことが分かる

※この「計量」の解説は、「クルスカル・スゼッケル座標系」の解説の一部です。
「計量」を含む「クルスカル・スゼッケル座標系」の記事については、「クルスカル・スゼッケル座標系」の概要を参照ください。


計量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/05 07:55 UTC 版)

ポワンカレの円板モデル」の記事における「計量」の解説

u, v を通常のユークリッドノルムを備えたn-次元ベクトル空間 Rn二つベクトルで、そのノルムがともに 1 より小さいものとすると、 δ ( u , v ) = 2 ‖ u − v ‖ 2 ( 1 − ‖ u ‖ 2 ) ( 1 − ‖ v ‖ 2 ) {\displaystyle \delta (u,v)=2{\frac {\lVert u-v\rVert ^{2}}{(1-\lVert u\rVert ^{2})(1-\lVert v\rVert ^{2})}}} と置いて等距不変量定義できる。ここで ǁ⋅ǁ は通常のユークリッドノルムである。故にこの距離函数は d ( u , v ) = a r cosh ⁡ ( 1 + δ ( u , v ) ) {\displaystyle d(u,v)=\operatorname {ar\,\cosh } (1+\delta (u,v))} と書ける。この距離函数ノルムが 1 より小さい任意のベクトルに対して定義されそのようなベクトル全体の成す集合を定曲率 −1 の双曲空間モデルとするような距離空間構造定める。このモデルは、双曲空間内の交叉する二直線のなす角が、このモデルにおける角と等しいという共形性(等角性)を持つ。 ポワンカレ円板模型に付随する計量テンソルd s 2 = 4 ∑ i d x i 2 ( 1 − ∑ i x i 2 ) 2 {\displaystyle ds^{2}=4{\frac {\sum _{i}dx_{i}^{2}}{(1-\sum _{i}x_{i}^{2})^{2}}}} で与えられる。ここに xi全体空間における直交座標意味する円板模型における測地線境界球面 Sn−1 に直交する円によって与えられる

※この「計量」の解説は、「ポワンカレの円板モデル」の解説の一部です。
「計量」を含む「ポワンカレの円板モデル」の記事については、「ポワンカレの円板モデル」の概要を参照ください。


計量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/23 06:58 UTC 版)

ゲーデル解」の記事における「計量」の解説

ゲーデルの解は、次の計量 (metric) で表されるd s 2 = 1 2 ω 2 ( − ( d t + e x d z ) 2 + d x 2 + d y 2 + 1 2 e 2 x d z 2 ) , − ∞ < t , x , y , z < ∞ {\displaystyle ds^{2}={\frac {1}{2\omega ^{2}}}\,\left(-\left(dt+e^{x}\,dz\right)^{2}+dx^{2}+dy^{2}+{\frac {1}{2}}e^{2x}\,dz^{2}\right),\quad -\infty <t,x,y,z<\infty } ここでωは、ゼロではない実定数で、角速度を表す。

※この「計量」の解説は、「ゲーデル解」の解説の一部です。
「計量」を含む「ゲーデル解」の記事については、「ゲーデル解」の概要を参照ください。


計量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 03:25 UTC 版)

正四面体」の記事における「計量」の解説

辺の長さを a {\displaystyle a\,} とする。 面の面積 A = 3 4 a 2 {\displaystyle A={{\sqrt {3}} \over 4}a^{2}} ≈ 0.433012702 a 2 {\displaystyle \approx 0.433012702a^{2}} 表面積 S = 4 A = 3 a 2 {\displaystyle S=4A={\sqrt {3}}a^{2}} ≈ 1.732050808 a 2 {\displaystyle \approx 1.732050808a^{2}} 高さ h = 6 3 a {\displaystyle h={\frac {\sqrt {6}}{3}}a} ≈ 0.816496581 a {\displaystyle \approx 0.816496581a} 体積 V = 1 3 A h = 2 12 a 3 {\displaystyle V={\frac {1}{3}}Ah={{\sqrt {2}} \over 12}a^{3}} ≈ 0.117851130 a 3 {\displaystyle \approx 0.117851130a^{3}} 辺と面のなす角 tan − 1 ⁡ 2 {\displaystyle \tan ^{-1}{\sqrt {2}}} ≈ 54.735610 ∘ {\displaystyle \approx 54.735610^{\circ }} 二面角 cos − 1 ⁡ 1 3 = tan − 1 ⁡ 8 {\displaystyle \cos ^{-1}{\frac {1}{3}}=\tan ^{-1}{\sqrt {8}}} ≈ 70.528779 ∘ {\displaystyle \approx 70.528779^{\circ }} 中心頂点を結ぶ直線なす角 π 2 + sin − 1 ⁡ 1 3 = 2 tan − 1 ⁡ 2 {\displaystyle {\frac {\pi }{2}}+\sin ^{-1}{\frac {1}{3}}=2\tan ^{-1}{\sqrt {2}}} ≈ 109.471221 ∘ {\displaystyle \approx 109.471221^{\circ }} 頂点立体角 3 cos − 1 ⁡ 1 3 − π = cos − 1 ⁡ 23 27 {\displaystyle 3\cos ^{-1}{\frac {1}{3}}-\pi =\cos ^{-1}{\frac {23}{27}}} ≈ 0.551285598   s r {\displaystyle \approx 0.551285598\ \mathrm {sr} } 外接球頂点を通る球)の半径 R = 3 8 a {\displaystyle R={\sqrt {\frac {3}{8}}}a} ≈ 0.612372436 a {\displaystyle \approx 0.612372436a} 内接球(面と接する球)の半径 r = 1 3 R = 1 24 a {\displaystyle r={1 \over 3}R={1 \over {\sqrt {24}}}a} ≈ 0.204124145 a {\displaystyle \approx 0.204124145a} 中接球(辺と接する球)の半径 r M = r R = 1 8 a {\displaystyle r_{\mathrm {M} }={\sqrt {rR}}={1 \over {\sqrt {8}}}a} ≈ 0.353553391 a {\displaystyle \approx 0.353553391a} 傍接球の半径 r E = 1 6 a {\displaystyle r_{\mathrm {E} }={1 \over {\sqrt {6}}}a} ≈ 0.408248290 a {\displaystyle \approx 0.408248290a} 頂点から傍心(傍接球の中心)までの距離 3 2 a {\displaystyle {\sqrt {\frac {3}{2}}}a} ≈ 1.224744871 a {\displaystyle \approx 1.224744871a}

※この「計量」の解説は、「正四面体」の解説の一部です。
「計量」を含む「正四面体」の記事については、「正四面体」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「計量」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「計量」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「計量」の関連用語

計量のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



計量のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの計量 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの飯 (改訂履歴)、フロイド・メイウェザー・ジュニア 対 ローガン・ポール戦 (改訂履歴)、フロイド・メイウェザー・ジュニア 対 コナー・マクレガー戦 (改訂履歴)、等長写像 (改訂履歴)、正五胞体 (改訂履歴)、クルスカル・スゼッケル座標系 (改訂履歴)、ポワンカレの円板モデル (改訂履歴)、ゲーデル解 (改訂履歴)、正四面体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS