切手とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 郵便 > 切手 > 切手の意味・解説 

きっ‐て【切手】

読み方:きって

切符手形の意》

郵便切手」の略。

商品切手」の略。

金銭受取の証明として発行する券。手形切符証書の類。

昔、関所の通過乗船などに必要とされた通行証通り切手

「切手」に似た言葉

切手


切手

作者林浩

収載図書フーコー短編小説傑作選 3(下)
出版社フーコー
刊行年月2000.2


切手

読み方:きれて

  1. (一)決断力富みたる人。(二)金銭を惜げ気な使ふ人。(三)はぶりのよき人。

分類 東京

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

切手

読み方
切手きって

切手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/16 15:14 UTC 版)

切手(きって、英語: stamp)は、郵便事業で行われる諸々のサービスの、料金前納を証明する証紙である。郵便物に貼って差し出されることが多いため、「郵便切手」とも呼称する。時に宣伝媒体として用いられたり、古銭紙幣骨董品と同様に趣味の収集対象(切手収集郵便趣味)となったりする。


注釈

  1. ^ 以外に大豆生蝋黒砂糖小麦などもあった。
  2. ^ 商品切手→商品券など、例外的に小切手がある。
  3. ^ 時には別の素材が用いられる。
  4. ^ 日本においては、日本郵政グループの日本郵便株式会社
  5. ^ 独立国家のそれである必要はなく、植民地のものであっても加盟できる。
  6. ^ 現在のイタリア北部およびフランス南東部。
  7. ^ 料金の前納、重量制の導入、全国均一料金制、など。
  8. ^ ブラジルの「牛の目切手」など多数。
  9. ^ 1966年以降はローマ字での表記が義務付けられた。
  10. ^ 官製封筒の一種。デザイナーの名にちなむ
  11. ^ ちなみに同切手は日本初の目打付切手である。
  12. ^ 一部に例外あり。
  13. ^ 「NIPPON」と表記された最初の切手は1966年1月31日発行の魚介シリース・イセエビであり、また「NIPPON」が表記されていない日本切手で最後まで発行されていたものは1963年5月15日から2002年9月30日まで発行されていた「4円普通切手」(ベニオキナエビス)だった。ただし明治時代に発行された日本切手には英語による国名表記(「JAPAN」)がなされていた。
  14. ^ 主に後述するグリーティング切手に数多く見られる。
  15. ^ 2019年以前は1000円まで用意されていた。
  16. ^ 実際には普通切手扱いで書留など他の郵便物にも使用できた。
  17. ^ 当時日本をはじめとする列強は、中国国内に郵便局を権益として保有していた。
  18. ^ 日本郵便株式会社と原著作権者との間に著作物の利用について別途の契約がある場合は、その内容によってはこの限りではないが、そのような契約の存否は明らかでない。

出典

  1. ^ 江後迪子 『隠居大名の江戸暮らし』吉川弘文館、1999年、156頁。ISBN 4-642-05474-X 
  2. ^ “「JPタワー(旧東京中央郵便局敷地再整備計画)」内 商業施設名称は「KITTE」(キッテ)に決定” (PDF) (プレスリリース), 日本郵政, (2012年10月23日), http://jptower.jp/pdf/121023.pdf 
  3. ^ 新デザインの普通切手・通常郵便葉書の発行”. お知らせ. 日本郵便. 2017年5月25日閲覧。
  4. ^ 切手の豆知識 第17回「国名表記」”. 切手の博物館. 2011年4月24日閲覧。
  5. ^ NIPPON字入り切手40年”. 郵便学者・内藤陽介のブログ (2006年11月5日). 2015年8月31日閲覧。
  6. ^ “(文化の扉)奥深い、切手収集 印刷の差や消印の種類、楽しむ”. 朝日新聞. (2017年5月21日). オリジナルの2017年5月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170521071223/http://www.asahi.com/articles/DA3S12948282.html 
  7. ^ 切手 買取ナビ” (日本語). 2018年12月23日閲覧。
  8. ^ “電子郵便合格通知採用10倍増”. 朝日新聞東京本社朝刊. (1987年2月2日) 
  9. ^ 郵便切手類模造等取締法(昭和四十七年六月一日法律第五十号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2009年3月5日閲覧。
  10. ^ 郵便切手類模造等の許可に関する省令(昭和四十七年郵政省令第三十一号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2009年10月11日閲覧。
  11. ^ 郵便切手類模造等の許可の申請”. 電子政府の総合窓口(e-Gov). 総務省行政管理局. 2014年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年3月5日閲覧。
  12. ^ タンタンの切手類 - 資料:郵便切手類の模造に関する法令”. 2009年3月5日閲覧。



切手

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 00:27 UTC 版)

和語の漢字表記

  1. 郵便切手のこと。 きって参照

「切手」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



切手と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「切手」の関連用語

切手のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



切手のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2023 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの切手 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの切手 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS