収入印紙とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 金融 > 証票 > 収入印紙の意味・解説 

しゅう にゅういんし しうにふ- [5] 【収入印紙】

国庫への収納金の徴収のため、政府発行する一定額を表章する証票手数料罰金科料訴訟費用印紙税・登録税などの徴収に用いる。

収入印紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/10 06:23 UTC 版)

収入印紙(しゅうにゅういんし)とは、国庫収入となる租税手数料その他の収納金の徴収のために政府が発行する証票。租税や手数料の支払いの証明となる印刷物(紙片)であり領収書や申請書などの対象書類や対象商品に貼付して用いる[1]。収入印紙は略して印紙と呼ばれる場合が多い。


  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 印紙・証紙 小さなグラフィックデザインの世界 お札と切手の博物館、2018年11月6日閲覧。
  2. ^ a b c 横佩道彦著『知って得する切手の話』日本郵趣出版、2001年、16頁
  3. ^ 収入印紙の形式改正について 国税庁、2018年10月17日閲覧。
  4. ^ 2013年12月1日 お札と切手の博物館ニュースVol. 33 - 独立行政法人 国立印刷局
  5. ^ 消費税法基本通達 6-4-1 国税庁、2018年6月22日閲覧。
  6. ^ 買値は額面の80パーセント、売値は95パーセントというのが一般的


「収入印紙」の続きの解説一覧



収入印紙と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「収入印紙」の関連用語

収入印紙のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



収入印紙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの収入印紙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS