自動車重量税とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 税金 > > 自動車重量税の意味・解説 

じどう しゃじゅうりょうぜい -ぢゆうりやう- [7] 【自動車重量税】


自動車重量税

英語 automobil weight tax

主として道路そのほか交通社会資本(一般財源)に充当するために、1971年創設された。自動車使用社会にもたらしている社会的コスト着目した国税で、その4分の1自動車重量譲与税法の規定より道に関する費用にあてるため、市町村譲与される。課税自動車重量に応じて決定され、新規または継続などの検査および使用届け出に際して有効期間分を納付する。一例として、自家用乗用車車両重量1~1.5tのクルマ3年間の税額5万6700円である。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

自動車重量税

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/22 02:56 UTC 版)

自動車重量税(じどうしゃじゅうりょうぜい)は検査自動車と届出軽自動車に対して課される日本の租税国税)である。揮発油税とともに田中角栄が提案し、施行された[1][2]


  1. ^ 朝日新聞 2013年1月24日朝刊
  2. ^ 「天才政治家・田中角栄と対比して現民主党の政治力を見抜く 塚本三郎」power lecture
  3. ^ 自動車重量税法第3条
  4. ^ 本則は3分の1だが、2010年の自動車重量税の引き下げの際に譲与税が減少しないように「当分の間」譲与率が引き上げられている(自動車重量譲与税法附則第2項)
  5. ^ 改正前の自動車重量譲与税法第7条
  6. ^ 地方税法等の一部を改正する法律(平成21年法律第9号)第6条による改正
  7. ^ 自動車重量譲与税法第7条
  8. ^ a b 知ってる?クルマの税金”. 日本自動車連盟(JAF). 2015年1月22日閲覧。
  9. ^ a b 私たちは、道路特定財源の「一般財源化」に反対します”. 日本自動車工業会(JAMA). 2015年1月22日閲覧。
  10. ^ 自動車の税金についてJAFと考えよう”. 日本自動車連盟(JAF). 2015年1月22日閲覧。
  11. ^ 平成26年度税制改正の大綱”. 財務省. 2015年1月22日閲覧。
  12. ^ 租税特別措置法等の一部を改正する法律 (平成24年法律第16号)
  13. ^ 平成24年度税制改正に伴う自動車重量税の変更について(H24.5.1~)
  14. ^ 平成29年5月1日からの自動車重量税の税額表
  15. ^ a b c 日本自動車会議所、自動車取得税・重量税の廃止求める。”. Response (2012年6月26日). 2012年11月9日閲覧。
  16. ^ 自動車ユーザーの98%が自動車にかかる税金に負担を感じています。”. 日本自動車連盟(JAF). 2012年10月22日閲覧。
  17. ^ JAMA レポート No.78 自動車関係諸税の国際比較”. 日本自動車工業会. 2012年1月6日閲覧。
  18. ^ JAMA レポート No.91 自動車の税金について”. 日本自動車工業会. 2012年10月29日閲覧。
  19. ^ 自動車リサイクル法附則第15条により租税特別措置法に第90条の12(現第90条の15)が追加されたことによる。


「自動車重量税」の続きの解説一覧



自動車重量税と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「自動車重量税」の関連用語

自動車重量税のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



自動車重量税のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自動車重量税 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS