宿泊税とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 宿泊税の意味・解説 

宿泊税

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/30 03:56 UTC 版)

宿泊税(しゅくはくぜい、: accommodation tax)は、各地域の宿泊者または宿泊施設を運営する事業者に対して課される税金である。滞在税 (lodging tax)、客室税 (room tax)、ホテル税 (hotel tax) などの名目で課税されることもある[1]


  1. ^ 宿泊税って何? 自分で回収・納税しなければならないんですか?”. Airbnb. 2018年2月8日閲覧。
  2. ^ a b ESTABLISHMENTS SUBJECT TO THE TAX ON LODGING”. 2018年2月13日閲覧。
  3. ^ CALCULATING AND COLLECTING THE TAX ON LODGING”. Revenu Québec. 2018年2月13日閲覧。
  4. ^ a b 特別地方消費税(日本大百科全書(ニッポニカ)の解説)”. コトバンク. 2018年2月13日閲覧。
  5. ^ a b c “福岡県が「宿泊税」導入を検討へ 今春にも会議発足 観光振興の安定財源に”. 西日本新聞 (西日本新聞社). (2018年2月8日). https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/392427/ 
  6. ^ a b 東京都宿泊税条例”. 東京都. 2018年2月8日閲覧。
  7. ^ “宿泊税、民泊利用も「課税を」 都税調小委で意見”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2017年8月25日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASFB24HAN_U7A820C1L83000/ 2018年2月8日閲覧。 
  8. ^ Q3 宿泊税は宿泊料金とは関係なく課税されるのですか。”. 東京都. 2018年2月8日閲覧。
  9. ^ 小川裕夫「大阪府も導入、全国観光都市が注目 東京が先鞭をつけた“ホテル税”とは」『THE PAGE』、ワードリーフ、2017年2月8日、2018年2月8日閲覧。
  10. ^ Q3 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に伴う宿泊税の課税停止について”. 東京都. 2018年8月28日閲覧。
  11. ^ 宿泊税、7月から21年9月まで課税停止 東京都”. 日本経済新聞社 (2020年4月13日). 2020年4月16日閲覧。
  12. ^ “民泊利用者にも宿泊税課税…改正条例など可決・成立、大阪府議会”. 産経ニュース (産経新聞社). (2016年12月20日). http://www.sankei.com/west/news/161220/wst1612200075-n1.html 2018年2月8日閲覧。 
  13. ^ 大阪府宿泊税条例の一部を改正する条例(条例第2号) (PDF)”. 大阪府. 2018年2月8日閲覧。
  14. ^ 大阪府宿泊税条例”. 大阪府. 2018年2月8日閲覧。
  15. ^ “道、宿泊税導入を検討 観光施策の財源に”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2017年3月3日). https://www.nikkei.com/article/DGXLZO13606230S7A300C1L41000/ 2018年2月13日閲覧。 
  16. ^ “大阪府の宿泊税、1泊7千円以上に拡大 税収倍増見込む”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2018年8月28日). https://www.asahi.com/articles/ASL8W5JJQL8WPTIL013.html 2018年8月28日閲覧。 
  17. ^ 大阪府の宿泊税”. 大阪府 (2019年6月1日). 2019年12月15日閲覧。
  18. ^ a b c d “京都市の宿泊税条例可決 民泊も対象、来秋めど課税”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2017年11月2日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2302837002112017AM1000/ 2018年2月13日閲覧。 
  19. ^ 議第76号 京都市宿泊税条例の制定について (PDF)”. 京都市. 2018年2月13日閲覧。
  20. ^ a b c d “京都市の宿泊税、増収20億円の試算 有識者委が導入答申”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2017年8月8日). https://www.nikkei.com/article/DGXLZO19751760X00C17A8LKA000/ 2018年2月11日閲覧。 
  21. ^ a b c 市川拓也 (2017年10月12日). “自治体の「宿泊税」導入に向けた取り組み (PDF)”. ESGレポート. 大和総研グループ. 2018年2月11日閲覧。
  22. ^ a b “社説 京都市の宿泊税 使途と成果が問われる”. 京都新聞 (京都新聞社). (2017年11月27日). http://www.kyoto-np.co.jp/info/syasetsu/20171127_3.html 2018年2月11日閲覧。 
  23. ^ “京都市宿泊税に総務省同意 東京・大阪に続き3例目、1泊200~1000円”. SankeiBiz (産経新聞社). (2018年2月10日). https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180210/mca1802100500003-n1.htm 2018年2月11日閲覧。 
  24. ^ “京都市宿泊税 10月から徴収”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2018年2月10日). https://www.nikkei.com/article/DGKKZO26774760Z00C18A2LKC000/ 2018年2月11日閲覧。 
  25. ^ 【広報資料】宿泊税条例を平成30年10月1日から施行します!”. 京都市 (2018年2月9日). 2018年2月11日閲覧。
  26. ^ 京都市行財政局税務部税制課 (2019). “京都市宿泊税について” (PDF). 都市とガバナンス (日本都市センター) (31): 157-163. http://www.toshi.or.jp/app-def/wp/wp-content/uploads/2019/04/reportg31_3_4.pdf. 
  27. ^ a b 宿泊税について”. 京都市 (2017年11月2日). 2018年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月11日閲覧。
  28. ^ a b 宿泊税導入の検討について”. 金沢市. 2018年8月28日閲覧。
  29. ^ 宿泊税”. 金沢市. 2018年8月28日閲覧。
  30. ^ “海外スキー客殺到で2%宿泊税徴収スタート 北海道・倶知安町”. 毎日新聞. (2019年11月4日). https://mainichi.jp/articles/20191104/k00/00m/040/006000c 2019年11月19日閲覧。 
  31. ^ “福岡県と福岡市、北九州市 20年4月に宿泊税導入”. 日本経済新聞. (2019年11月15日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52241840V11C19A1LX0000/ 2019年11月19日閲覧。 
  32. ^ 宿泊税の概要について”. 福岡県. 2020年4月16日閲覧。
  33. ^ a b c d “訪日客増えたから「宿泊税」 各地でにわかに導入機運”. 日本経済新聞 朝刊 (日本経済新聞社). (2017年10月18日). https://style.nikkei.com/article/DGXMZO21709380Z20C17A9ML0001?channel=DF220420167262 2018年2月13日閲覧。 
  34. ^ 田所柳子 (2018年2月10日). “北海道観光審:宿泊税導入の検討を答申へ 民泊にも課税”. 毎日新聞 (毎日新聞社). https://mainichi.jp/articles/20180210/k00/00e/010/254000c 2018年2月13日閲覧。 
  35. ^ REVENUE AND TAXATION CODE 7280”. State of California. 2018年2月13日閲覧。
  36. ^ Transient Occupancy Tax (TOT)/Tourism Marketing District (TMD) (PDF)”. City of San Diego. 2018年2月13日閲覧。
  37. ^ Certificate of Authority (COA) to Collect Transient Occupancy Tax General Information and Application Instructions”. Treasurer & Tax Collector City and County of San Francisco. 2018年2月13日閲覧。
  38. ^ a b An Introduction to the Transient Accommodations Tax (PDF)”. State of Hawaii Department of Taxation (2017年7月). 2018年2月13日閲覧。
  39. ^ DEPARTMENT OF TAXATION ANNOUNCEMENT NO. 2017-10”. STATE OF HAWAII DEPARTMENT OF TAXATION (2017年9月19日). 2018年2月13日閲覧。


「宿泊税」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

宿泊税のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



宿泊税のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宿泊税 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS