2000年とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 学問 > 近世年表 > 2000年の意味・解説 

2000年

作者江戸美保

収載図書薔薇の函
出版社乃村工藝社MEDIA2u
刊行年月2002.6


2000年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/08 08:48 UTC 版)

2000年(2000 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、土曜日から始まる閏年平成12年。


注釈

  1. ^ 100で割り切れるが、400でも割り切れる年であるため、閏年のままとなる(グレゴリオ暦の規定による)。
  2. ^ 投手を含めると村上雅則野茂英雄に次ぐ3人目。
  3. ^ 同じ2000年オフに新庄剛志ニューヨーク・メッツと契約しているが、イチローの方が先に正式契約している。翌2001年のシーズン開幕戦に両者共に出場しているが、イチローの公式戦初出場の方が1日早い。

出典

  1. ^ 2000年問題は空騒ぎだったのか(WIRED.jp, 2000年1月5日)
  2. ^ 今さらだけど「コンピュータの2000年問題」って結局どうだったの? 飛行機の墜落まで噂されたミレニアム前夜の真相(日刊SPA! 2017年1月16日)
  3. ^ Eyres, Harry (2009年9月10日). “Coming soon: the future”. Financial Times. 2021年5月12日閲覧。
  4. ^ ミレニアム開発目標(MDGs)の達成状況/MDGsの概要と8つの目標 - 独立行政法人国際協力機構 (JICA)
  5. ^ 活動指針:ミレニアム開発目標/ミレニアム開発目標(MDGs) - 公益財団法人日本ユニセフ協会
  6. ^ ODA(政府開発援助):ミレニアム開発目標(MDGs) - 外務省 (2019年7月25日)
  7. ^ imoko_____のツイート(946372842207174656)
  8. ^ グレッグ・ベア『永劫〔上〕』早川書房、1987年、13-20頁。ISBN 978-4-15-010726-0 
  9. ^ レイ・ブラッドベリ『火星年代記』早川書房、1976年、77-107頁。ISBN 978-4-15-040114-6 
  10. ^ 平野耕太『HELLSING 10』少年画報社、2009年、156-162頁。ISBN 978-4-7859-3131-5 
  11. ^ チャールズ・シェフィールド『マッカンドルー航宙記』東京創元社、1991年、268・269頁。ISBN 978-4-488-69303-9 
  12. ^ 竹田裕一郎覇界王 〜ガオガイガー対ベターマン〜 上巻』新紀元社、2017年、205・220・221・330・335・339頁。ISBN 978-4-7753-1504-0 
  13. ^ ベターマン年表 - 『勇者王ガオガイガー』公式サイト。2018年3月10日閲覧。



2000年(3歳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/31 09:50 UTC 版)

ディスタントミュージック」の記事における「2000年(3歳)」の解説

休養終えて4月復帰となったグリーナムステークス (G2) に出走したが、2着となりデビュー戦以来連勝止まり、続く2000ギニーは8着という結果終わった。秋は休養挟み9月にホワイトローズパークステークス (G2) を制し10月チャンピオンステークスカラニシ敗れて3着だった。その後アメリカ合衆国へ遠征し鞍上コーリー・ナカタニ迎えてブリーダーズカップ・マイル出走したがウォーチャントに敗れて10着という結果終わり帰国後は休養入った

※この「2000年(3歳)」の解説は、「ディスタントミュージック」の解説の一部です。
「2000年(3歳)」を含む「ディスタントミュージック」の記事については、「ディスタントミュージック」の概要を参照ください。


2000年(J1)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 14:09 UTC 版)

京都サンガF.C.」の記事における「2000年(J1)」の解説

加茂体制2年目黒部光昭松井大輔朴智星入団リーグ戦当初より不振6月加茂解任ゲルト・エンゲルス後任監督就任したが、年間成績15位に終わりJ2降格した

※この「2000年(J1)」の解説は、「京都サンガF.C.」の解説の一部です。
「2000年(J1)」を含む「京都サンガF.C.」の記事については、「京都サンガF.C.」の概要を参照ください。


2000年(プロスト時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/22 03:36 UTC 版)

ニック・ハイドフェルド」の記事における「2000年(プロスト時代)」の解説

2000年よりメルセデス契約下、国際F3000選手権タイトル引っさげてプロスト・グランプリからF1デビューメルセデス秘蔵っ子として期待されたがチーム混迷期にあり、ハイドフェルドチームメイトジャン・アレジとの接触など精彩欠き、全く目立つことなく無得点終わったイギリスF3選手権から飛び級でグランプリデビューした同期新人ジェンソン・バトンに完全に話題さらわれたとなってしまった。

※この「2000年(プロスト時代)」の解説は、「ニック・ハイドフェルド」の解説の一部です。
「2000年(プロスト時代)」を含む「ニック・ハイドフェルド」の記事については、「ニック・ハイドフェルド」の概要を参照ください。


2000年(全北現代モータースに改称)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/07 01:21 UTC 版)

全北現代モータース」の記事における「2000年(全北現代モータース改称)」の解説

2000年 5月全北現代モータース改称当時クラブ自体リーグ戦だと上位進出少なく韓国FAカップアジアカップウィナーズカップさらにはAFCチャンピオンズリーグといったカップ戦に強いことで知られるチームであった

※この「2000年(全北現代モータースに改称)」の解説は、「全北現代モータース」の解説の一部です。
「2000年(全北現代モータースに改称)」を含む「全北現代モータース」の記事については、「全北現代モータース」の概要を参照ください。


2000年 (J1)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 17:45 UTC 版)

川崎フロンターレ」の記事における「2000年 (J1)」の解説

松本監督退いて社長となり、後任としてヘッドコーチゼッカ監督就任鹿島から奥野僚右鈴木隆行マジーニョ鬼木達(再移籍)などを獲得パラグアイ代表MFアルバレンガ、元日本代FW森山泰行等が加入したシーズン途中ヘッドコーチ今井敏明後任監督就任。第15節(最終節)のC大阪戦では我那覇和樹得点浦田尚希延長Vゴール決め2 - 1勝利してC大阪優勝阻止した 1stステージ16チーム15位で終えたシーズン2度目の監督交代小林寛就任したナビスコ杯決勝では鹿島敗れて準優勝リーグJ2降格決定したシーズン後には、監督小林の他、ゼネラルアドバイザー・杉本社長松本副社長小浜奥野僚右中西などがクラブ退団した

※この「2000年 (J1)」の解説は、「川崎フロンターレ」の解説の一部です。
「2000年 (J1)」を含む「川崎フロンターレ」の記事については、「川崎フロンターレ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「2000年」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「2000年」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「2000年」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「2000年」の関連用語

2000年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



2000年のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
江戸net江戸net
Copyright (C) 2024 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの2000年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのディスタントミュージック (改訂履歴)、京都サンガF.C. (改訂履歴)、ニック・ハイドフェルド (改訂履歴)、全北現代モータース (改訂履歴)、川崎フロンターレ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS