クウェートの歴史とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > クウェートの歴史の意味・解説 

クウェート

(クウェートの歴史 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/28 06:40 UTC 版)

クウェート国(クウェートこく、アラビア語: دولة الكويت‎)、通称クウェートは、立憲君主制中東西アジア国家。首都はクウェート市1990年イラクに一時占領された(湾岸危機)。北と西にイラク、南にサウジアラビア、東にペルシャ湾がある。




  1. ^ a b c d IMF Data and Statistics 2009年4月27日閲覧([1]
  2. ^ ヤーギン、p.496
  3. ^ “権利拡大へ女性4人衆奮闘=国民の期待担う初当選議員-クウェート”. 時事通信. (2010年1月25日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2010012500037 
  4. ^ “クウェート議会選、政府派が勝利…投票率は最低”. 読売新聞. (2012年12月2日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20121202-OYT1T00553.htm 2012年12月2日閲覧。 
  5. ^ 「なぜ革命起きないの」で停学=エジプト人児童の父反発-クウェート 時事通信2011年6月4日
  6. ^ クウェート外相が、イランを訪問 Pars Today(2017年1月25日)2017年7月21日閲覧
  7. ^ カタールと断交の4カ国、13項目要求 アルジャジーラ閉鎖など CNN(2017年6月24日)2017年7月22日閲覧
  8. ^ クウェート、イラン外交官らを追放 テロ未遂事件への報復? 東京新聞(2017年7月21日)2017年7月21日閲覧
  9. ^ “東日本大震災海外救援金受付状況 3.クウェート政府からの原油輸入代金相当額”. 日本赤十字社. (2016年2月29日). http://www.jrc.or.jp/contribution/pdf/kaigaikyuenkin_uketuke.pdf 2018年2月11日閲覧。 
  10. ^ 三陸鉄道南リアス線一部再開 盛-吉浜間 2年ぶり運行河北新報(2013年04月03日水曜日)
  11. ^ “クウェート・ふくしま友好記念日本庭園”. アクアマリンふくしま. (2013年). http://www.aquamarine.or.jp/exhibits/exhibit_19_kuwaitgarden.html 2018年2月11日閲覧。 
  12. ^ 宮田律監修・レッカ社編著『日本人が知っておきたい「中東アラブ25カ国」のすべて』PHP研究所、2011年7月 ISBN 978-4-569-67669-2
  13. ^ a b IMF2016年1月2日閲覧。
  14. ^ 県民経済計算内閣府 2016年1月2日閲覧。
  15. ^ 石油の確認埋蔵量は990億バレル。
  16. ^ 輸入品目の第1位は食料品で15.3%。


「クウェート」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「クウェートの歴史」の関連用語

クウェートの歴史のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



クウェートの歴史のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクウェート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS