リトアニアとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 国家 > 共和国 > リトアニアの意味・解説 

リトアニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/26 21:45 UTC 版)

リトアニア共和国(リトアニアきょうわこく、リトアニア語: Lietuvos Respublika)、通称リトアニアリトアニア語: Lietuva)は、ヨーロッパ(欧州)に位置する共和制国家首都ヴィリニュス[5]


注釈

  1. ^ リトアニアの面積65,200km²、九州本島の面積36,749.82km²(九州の面積42,194.75km²から屋久島種子島奄美大島五島列島など離島除く)、四国島の面積18,301.17km²、山口県の面積6,112.30km²、島根県の面積6,708.23km²。

出典

  1. ^ Population in counties and municipalities by age and sex, 2010” (英語). Statistics Lithuania (2010年9月29日). 2010年12月13日閲覧。
  2. ^ Surface water and surface water change”. 経済協力開発機構(OECD). 2021年12月25日閲覧。
  3. ^ a b UNdata”. 国連. 2021年11月4日閲覧。
  4. ^ a b c d World Economic Outlook Database” (英語). IMF. 2021年10月16日閲覧。
  5. ^ a b リトアニア基礎データ” (日本語). Ministry of Foreign Affairs of Japan. 2022年2月25日閲覧。
  6. ^ 国際連合統計局の分類より。地図 および次の「Northern Europe」参照 [1] 2011年2月17日(2011年4月2日閲覧)。
  7. ^ 「東欧の金融・経済」~EU、ユーロ動向の最前線~
  8. ^ FAMILIES IN LITHUANIA : Families in Eastern Europe
  9. ^ YIVO | Lithuania
  10. ^ 中東欧・旧ソ連諸国の選挙データ
  11. ^ 駐日リトアニア共和国大使館(2018年10月19日閲覧)
  12. ^ リトアニア共和国 日本国外務省(2018年10月19日閲覧)
  13. ^ 例えば、ティフ編著, 2006.
  14. ^ 例えば、小野寺, 1992.
  15. ^ 『國際聯盟年鑑 1929年』p.23 青木節一著
  16. ^ a b 山村才助 『訂正増訳采覧異言』 2巻https://www.digital.archives.go.jp/img/44469322022年10月27日閲覧。"波羅泥亞(中略)此國分テ二大部トス一ハ王國波羅泥亞ノ地二ハ大公國里都亜尼亜和蘭呼テ里荅烏文ト云(略)"。  画像30枚目
  17. ^ 柴理子、2007、「江戸時代の「東欧」イメージ−蘭学書と新聞報道を手がかりに (PDF) 」 、『東京情報大学研究論集』10巻2号
  18. ^ 新井白石 『西洋紀聞』https://www.digital.archives.go.jp/img/12493792022年10月27日閲覧。"又ポローニヤノ君死シテ プランデブルコ(漢訳 肥良的亜)、リトアニヤ(礼勿泥亜)、ゼルマニヤノ三囯其囯ヲアラソヒ(略)"。  画像46枚目
  19. ^ Baranauskas, 2009. p. 28.
  20. ^ a b Baranauskas, 2009. p. 29.
  21. ^ Kiaupa, 2005. p.15.
  22. ^ 鈴木, 2000. p.4.
  23. ^ Baranauskas, Tomas (2001年7月7日). “Lietuvos karalystei – 750” (リトアニア語). Voruta. 2010年12月13日閲覧。[リンク切れ]
  24. ^ Magocsi, 1996. p. 128.
  25. ^ Lane, 2001. pp. ix, xxi.
  26. ^ Fawn, 2003. p.186.
  27. ^ Stone, 2001. p.63.
  28. ^ "Roads to Independence."
  29. ^ Herbermann, Charles, ed. (1913). "Lithuanians in the United States" . Catholic Encyclopedia. New York: Robert Appleton Company.
  30. ^ Ready, 1995. p. 191.
  31. ^ Ziemele ed., 2001. p.10.
  32. ^ Dawisha and Parrott, 1997. p. 293.
  33. ^ Bubnys, 2004. pp. 218-219.
  34. ^ Lithuania” (英語). US Department of State (2010年7月2日). 2010年12月13日閲覧。
  35. ^ 1991: Blooshed at Lithuanian TV Station” (英語). BBC. 2010年12月13日閲覧。
  36. ^ a b c Lithuania's accession to the OECD - OECD”. www.oecd.org. 2018年7月8日閲覧。
  37. ^ a b (リトアニア語) Nuo 1991 m. iki šiol paskelbtų referendumų rezultatai. セイマス. 2006年6月4日閲覧.
  38. ^ Lina Kulikauskienė, Lietuvos Respublikos Konstitucija (Constitution of Lithuania), Native History, CD, 2002. ISBN 9986-9216-7-8
  39. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 2021年1月7日時点。
  40. ^ List of countries with which Lithuania has established diplomatic relations” (英語). Vilnius: Lietuvos Respublikos užsienio reikalų ministerija (2021年2月17日). 2021年2月24日閲覧。
  41. ^ 中村裕「台湾、リトアニアに「大使館」を設置へ 中国反発必至」『日本経済新聞』、2021年7月20日。オリジナルの2021年7月20日時点におけるアーカイブ。
  42. ^ 台湾、リトアニアに代表機関開設 名称に「台湾」使用」『AFP』、2021年11月18日。2021年11月21日閲覧。
  43. ^ 中国 リトアニアとの外交関係を格下げ 台湾名の出先機関開設で」『NHK』、2021年11月21日。2021年11月22日閲覧。
  44. ^ 台湾と関係強化のリトアニアへ中国が「報復」本格化/輸入停止 EUに飛び火『毎日新聞』朝刊2022年1月5日(国際面)
  45. ^ Personnel size in 1998-2009 Ministry of National Defence
  46. ^ “Compulsory basic military service discontinued”. Ministry of National Defence. http://www.kam.lt/index.php/en/168627/ 
  47. ^ リトアニア共和国 基礎データ”. 日本国外務省. 2021年1月9日閲覧。
  48. ^ White Paper Lithuanian defence policy” (リトアニア語). Kam.lt. 2010年4月25日閲覧。
  49. ^ 「リトアニア、米軍駐留要請/スクバリネリス首相に聞く/ロシア脅威 サイバーでも」『日本経済新聞』朝刊2018年10月13日(国際面)2018年10月19日閲覧
  50. ^ 米重戦車大隊、リトアニア駐留延長 ロシアの脅威受け”. AFP (2022年10月15日). 2022年10月17日閲覧。
  51. ^ a b ロロ, 1991. p.11.
  52. ^ Ecoregions” (英語). WWF US. 2010年11月15日閲覧。
  53. ^ Assessment of Climate Change for the Baltic Sea Basin - The BACC Project - 22–23 May 2006, Göteborg, Sweden (PDF)”. 2010年4月25日閲覧。
  54. ^ Sakalauskiene and Ignatavicius, 2003.
  55. ^ Ekstremalūs reiškiniai”. Lietuvos hidrometeorologijos tarnyba. 2010年12月15日閲覧。
  56. ^ (リトアニア語) Lietuvos Respublikos apskrities valdymo įstatymas. セイマスデータベース. 1994年12月15日. Law no. I-707. 2006年6月3日閲覧.
  57. ^ (リトアニア語) Žilvytis Bernardas Šaknys. Lietuvos Respublikos administracinio teritorinio suskirstymo perspektyvos: etnografiniai kultūriniai regionai. セイマス民族文化保護協議会. 2002年12月12日. 2006年6月4日閲覧.
  58. ^ (リトアニア語) Antanas Tyla. Pastabos dėl Apskričių valdymo reformos koncepcijos. セイマス民族文化保護協議会. 2001年5月16日. 2006年6月4日閲覧.
  59. ^ (リトアニア語) Lietuvos Respublikos vietos savivaldos įstatymo pakeitimo įstatymas, セイマスデータベース. 2000年10月12日. Law no. VIII-2018. 2006年6月3日閲覧.
  60. ^ (リトアニア語) Indrė Makaraitytė. Europos Sąjungos pinigai kaimo neišgelbės. Atgimimas. Delfi.lt. 2004年12月16日. 2006年6月4日閲覧.
  61. ^ Population at the beginning of the year by town/city. リトアニア統計局. 2010年11月21日閲覧.
  62. ^ Department of Statistics to the Government of the Republic of Lithuania. "National Accounts of Lithuania 2006." p. 20.
  63. ^ Lietuvos Bankas
  64. ^ Exports, imports by country. リトアニア統計局ホームページ. 2010年6月30日(2010年11月17日閲覧)
  65. ^ "Changes in the Unemployment Rate in II Quarter 2010: The Unemployment Rate in II Quarter 2010 Reached 18.3 Per Cent." リトアニア統計局ホームページ. 2010年8月24日. 2010年11月17日閲覧。
  66. ^ Country Profiles of Environmental Burden of Disease: Lithuania. WTO. 2009年(2010年11月17日閲覧)
  67. ^ Ethnic groups”. CIA. 2022年9月8日閲覧。
  68. ^ "The Third Congress of Litvaks." The Baltic Times. 3-9 Sep. 2009.
  69. ^ Kamuntavičius, 2006. p. 55.
  70. ^ 畑中、チェパイティス, 2006. pp.74-88.
  71. ^ People and Society”. CIA. 2022年9月8日閲覧。
  72. ^ Languages”. CIA. 2022年9月8日閲覧。
  73. ^ Zinkevičius, Zigmas; Alexas Stanislovas Girdenis (1966). “Dėl lietuvių kalbos tarmių klasifikacijos”. Kalbotyra (Slavistica Vilnensis) 14. ISSN 1392-1517. 
  74. ^ Pavardės keitimas santuokos atveju
  75. ^ 畑中、チェパイティス, 2006. p.19.
  76. ^ Romos katalikų daugiausia Archived 2009年12月29日, at the Wayback Machine.. (リトアニア語) Department of Statistics to the Government of the Republic of Lithuania. 2002年11月7日. 2009年8月21日閲覧.; Population by Religious Confession. (英語) Department of Statistics to the Government of the Republic of Lithuania. 2005年12月1日. 2009年8月21日閲覧.
  77. ^ "Lithuania" Archived 2008年8月27日, at the Wayback Machine.. Findings on the Worst Forms of Child Labor (2001). Bureau of International Labor Affairs, U.S. Department of Labor (2002). This article incorporates text from this source, which is in the public domain.
  78. ^ a b c Education 2008. リトアニア共和国統計局(2009年7月11日閲覧)
  79. ^ a b Lietuvos Statistikos Metraštis 2008 / Statistical Yearbook of Lithuania 2008. Statistics Lithuania
  80. ^ a b c d Education in Lithuania Facts and Figures 2006 リトアニア共和国文部科学省(2009年4月16日閲覧)
  81. ^ Statistics Lithuania.
  82. ^ Country reports and charts available. World Health Organization. 2009.
  83. ^ リトアニア 安全対策基礎データ「犯罪発生状況、防犯対策」”. 日本国外務省. 2021年12月11日閲覧。
  84. ^ More people are killed in Lithuania than anywhere in the EU”. Delfi.lt. 2010年4月25日閲覧。
  85. ^ キビナイに関しては、日本のメディアでも取り上げられたことがある。テレビ朝日『世界の車窓から』第7695回(トラカイ城). 2008年10月11日放送.
  86. ^ 「酒類広告全面禁止のリトアニア、 外国誌広告の目隠し作業開始」 AFP(2018年1月11日)同日閲覧
  87. ^ a b Institute of Lithuanian Scientific Society.Lithuanian Classic Literature Archived 2005年2月4日, at the Wayback Machine.. 2009年2月16日閲覧.
  88. ^ History of the Lithuanian Art Museum Archived 2011年5月10日, at the Wayback Machine.. Lithuanian Art Museum. 2008年10月10日閲覧.
  89. ^ Most Latvians, Lithuanians and Estonians lived in flats in 2007. The Baltic Course. 2009年6月29日(2009年6月29日閲覧)
  90. ^ FIBA Ranking for Men. FIBA. 2010年11月21日閲覧.
  91. ^ FIBA Ranking for Boys. FIBA(2010年11月21日閲覧)
  92. ^ Singles Rankings. ATP World Tour(2010年11月21日閲覧)
  93. ^ 「リトアニアのゴールボール代表が日本代表と試合」東愛知新聞(2020年4月28日配信)



リトアニア

出典:『Wiktionary』 (2021/06/19 11:25 UTC 版)

固有名詞

リトアニア

  1. ヨーロッパ東部にあるバルト海面しており、エストニアラトビアとともにバルト三国称される正式名称リトアニア共和国首都ヴィリニュス

関連語

翻訳


「リトアニア」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



リトアニアと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「リトアニア」に関係したコラム

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「リトアニア」の関連用語

リトアニアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



リトアニアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリトアニア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのリトアニア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS