セーシェルとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 地域・地名 > 国家・自治体 > 国名 > 島国 > セーシェルの意味・解説 

セーシェル【Seychelles】


セーシェル

名前 Séchelles

セーシェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/01 23:06 UTC 版)

座標: 南緯4度37分0秒 東経55度27分0秒 / 南緯4.61667度 東経55.45000度 / -4.61667; 55.45000




  1. ^ a b c IMF (2019年10月). “GDP (current US$)”. 2020年5月4日閲覧。
  2. ^ 一人当たりPPPは、2015年のデータである。
  3. ^ 『アフリカを知る事典』、平凡社、ISBN 4-582-12623-5 1989年2月6日 初版第1刷 p.243
  4. ^ フランスの蔵相の名にちなんで諸島全体にセイシェルと付けられた。『クロニック世界全史 CHRONICLE OF THE WORLD』講談社 1994年 1173ページのセイシェル共和国の項 ISBN 4-06-206891-5
  5. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.312、朝倉書店 ISBN 4254166621
  6. ^ 「ビジュアル データ・アトラス」p384 同朋舎出版 1995年4月26日初版第1刷
  7. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.312、朝倉書店 ISBN 4254166621
  8. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.311、朝倉書店 ISBN 4254166621
  9. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.312、朝倉書店 ISBN 4254166621
  10. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.313、朝倉書店 ISBN 4254166621
  11. ^ 片山正人「現代アフリカ・クーデター全史」叢文社 2005年、357-359ページ ISBN 4-7947-0523-9
  12. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.313-314、朝倉書店 ISBN 4254166621
  13. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版 世界各国要覧と最新統計」p286 二宮書店 平成28年1月10日発行
  14. ^ a b 「セーシェル共和国」『世界年鑑2016』(共同通信社、2016年)314頁。
  15. ^ 野党が初勝利=セーシェル総選挙 時事通信、2016年9月11日。2016年10月23日閲覧。
  16. ^ 大統領が辞意表明=セーシェル 時事通信、2016年9月28日。2016年10月23日閲覧。
  17. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/seychelles/data.html 「セーシェル基礎データ」日本国外務省 令和元年10月10日 2019年10月10日閲覧
  18. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/2525636?cx_part=search 『「サハラ以南のアフリカ諸国の大半でガバナンス向上」、モ・イブラヒム基金』AFPBB 2008年10月7日 2019年10月10日閲覧
  19. ^ 片山正人「現代アフリカ・クーデター全史」叢文社 2005年、357ページ ISBN 4-7947-0523-9
  20. ^ 片山正人「現代アフリカ・クーデター全史」叢文社 2005年、358ページ ISBN 4-7947-0523-9
  21. ^ 片山正人「現代アフリカ・クーデター全史」叢文社 2005年、359ページ ISBN 4-7947-0523-9
  22. ^ http://www.nids.mod.go.jp/publication/commentary/pdf/commentary084.pdf 「セーシェルに対するインドの関与」(NIDS コメンタリー第 84 号) p1-2 伊豆山真理 防衛研究所 2018年9月5日 2019年10月12日閲覧
  23. ^ “China writes off $ 5.5 million loan to reduce Seychelles' debt load”. Seychelles News Agency. (2018年8月18日). http://www.seychellesnewsagency.com/articles/9599/China+writes+off++.+million+loan+to+reduce+Seychelles%27++debt+load 2018年9月9日閲覧。 
  24. ^ “中国、セーシェルでの海軍プレゼンスを検討”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2011年12月14日). http://jp.wsj.com/public/page/0_0_WJPP_7000-360162.html 2018年8月21日閲覧。 
  25. ^ “中国海軍、インド洋に足場 セーシェルと協力”. 日本経済新聞. (2011年12月12日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASGM1203X_S1A211C1FF1000/ 2018年8月21日閲覧。 
  26. ^ “インド、軍事拠点探しで苦戦、インド洋の島国で”. 日本経済新聞. (2018年6月22日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32129660S8A620C1FF8000/ 2018年8月21日閲覧。 
  27. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版 世界各国要覧と最新統計」p286 二宮書店 平成28年1月10日発行
  28. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版 世界各国要覧と最新統計」p286 二宮書店 平成28年1月10日発行
  29. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.311、朝倉書店 ISBN 4254166621
  30. ^ 「マダガスカル島 西インド洋地域研究入門」p12 小山直樹 東海大学出版会 2009年11月5日第1版第1刷
  31. ^ 「マダガスカル島 西インド洋地域研究入門」p4 小山直樹 東海大学出版会 2009年11月5日第1版第1刷
  32. ^ 「マダガスカル島 西インド洋地域研究入門」p12 小山直樹 東海大学出版会 2009年11月5日第1版第1刷
  33. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.310、朝倉書店 ISBN 4254166621
  34. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版 世界各国要覧と最新統計」p286 二宮書店 平成28年1月10日発行
  35. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.310、朝倉書店 ISBN 4254166621
  36. ^ World Weather Information Service – Victoria”. World Meteorological Organization. 2012年11月16日閲覧。
  37. ^ Template:NOAA normals
  38. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.311、朝倉書店 ISBN 4254166621
  39. ^ 「よみがえるセーシェル」p88 ナショナルジオグラフィック日本版 2016年5月号 日経ナショナルジオグラフィック社
  40. ^ https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/022300084/ 「本州の9割強相当の海洋保護区を設立、セーシェル」ナショナルジオグラフィック日本版サイト 2018.02.26 2019年10月10日閲覧
  41. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/2895523?cx_part=search 「世界の海の「健康度」インデックス、米カナダ調査」AFPBB 2012年8月17日2019年10月10日閲覧
  42. ^ 「よみがえるセーシェル」p84-94 ナショナルジオグラフィック日本版 2016年5月号 日経ナショナルジオグラフィック社
  43. ^ North Korean agents given passports by Kiribati and the Seychelles』 South China Morning Post 22 August 2012
  44. ^ 「スクープ! 北朝鮮工作員がセーシェル旅券悪用!」アジア調査機構代表加藤健
  45. ^ 「東部・南部アフリカ」(ベラン世界地理体系10)p190 田辺裕・竹内信夫監訳 朝倉書店 2019年6月10日初版第1刷
  46. ^ 大規模観光より自然保護、西インド洋の島国セーシェル”. AFP (2020年3月15日). 2020年3月15日閲覧。
  47. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版 世界各国要覧と最新統計」p286 二宮書店 平成28年1月10日発行
  48. ^ Gross national income per capita 2019, Atlas method and PPP
  49. ^ 2019 Human Development Index Ranking”. 国際連合開発計画 (2019年). 2020年5月4日閲覧。
  50. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版 世界各国要覧と最新統計」p286 二宮書店 平成28年1月10日発行
  51. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/seychelles/data.html 「セーシェル基礎データ」日本国外務省 令和元年10月10日 2019年10月12日閲覧
  52. ^ 外務省 セーシェル基礎データ
  53. ^ 外務省 セーシェル基礎データ
  54. ^ 知らない間にインターネットを通して利用していた国際電話”. 独立行政法人国民生活センター. 2018年12月5日閲覧。
  55. ^ “国際情報提供サービスに係る特定対地への国際電話サービスの一部取扱い再開等について” (プレスリリース), KDDI株式会社, (2010年4月2日), http://www.kddi.com/corporate/news_release/2010/0402/ 2018年12月5日閲覧。 
  56. ^ 電話等サービス契約約款(PDF)”. エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社. p. 131. 2018年12月5日閲覧。
  57. ^ 「ビジュアル データ・アトラス」p384-385 同朋舎出版 1995年4月26日初版第1刷
  58. ^ 「各国別 世界の現勢Ⅰ」(岩波講座 現代 別巻Ⅰ)p402 1964年9月14日第1刷 岩波書店
  59. ^ 『アフリカを知る事典』、平凡社、ISBN 4-582-12623-5 1989年2月6日 初版第1刷 p.242
  60. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2018年版 世界各国要覧と最新統計」p286 二宮書店 平成30年1月10日発行
  61. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.311、朝倉書店 ISBN 4254166621
  62. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版 世界各国要覧と最新統計」p286 二宮書店 平成28年1月10日発行
  63. ^ 田辺裕、島田周平、柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』p.311、朝倉書店 ISBN 4254166621
  64. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版 世界各国要覧と最新統計」p286 二宮書店 平成28年1月10日発行
  65. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/world_school/07africa/infoC72600.html 「諸外国・地域の学校情報 セーシェル共和国」日本国外務省 平成29年2月 2019年10月10日閲覧


「セーシェル」の続きの解説一覧

セーシェル

出典:『Wiktionary』 (2020/03/17 14:07 UTC 版)

固有名詞

セーシェル

  1. インド洋に浮かぶ島国アフリカ大陸東岸沖にある115の島で構成される。正式名称セーシェル共和国首都マヘ島にあるヴィクトリア公用語セーシェル・クレオール語英語フランス語

翻訳




セーシェルと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「セーシェル」の関連用語

セーシェルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



セーシェルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのセーシェル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのセーシェル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS