エビとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 魚介 > エビ > エビの意味・解説 

えび【×衣/×被】

「裛衣香(えいこう)」に同じ。


えび【海老/×蝦】

十脚目長尾亜目甲殻類総称海水または淡水にすむ。体は頭胸部腹部区別される。頭胸部は1甲殻で覆われ、二対の触角、五対の歩脚をもつ。腹部は7節からなり、五対の遊泳脚がある。歩行するイセエビ・ザリガニ、遊泳するクルマエビ・サクラエビ・シバエビなどがある。食用魚類のえさとして重要。

海老錠(じょう)」の略。

海老/蝦の画像
海老した紋所一つ海老の丸」
海老/蝦の画像

えび【葡萄】

葡萄色(えびいろ)」の略。

葡萄染め」の略。

ブドウエビヅルなどの別名。


葡萄

読み方:エビ(ebi

ブドウ科つる性落葉低木


衷被

読み方:エビ(ebi

空薫として室内衣服たきこめて香を発散させる薫衣香の名。


読み方:エビ(ebi

エビ類の総称


海老

読み方:エビ(ebi

エビ類の総称


読み方:エビ(ebi

エビ類の総称


読み方:エビ(ebi

エビ類の総称


読み方:エビ(ebi

エビ類の総称


エビ

名前 Ebi

江尾

読み方:エビ(ebi

所在 鳥取県日野郡江府町


海老

読み方:エビ(ebi

所在 愛知県新城市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

江尾

読み方:エビ(ebi

所在 鳥取県(JR伯備線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

エビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/08 06:47 UTC 版)

エビ(海老・蝦・魵)は、節足動物門甲殻亜門軟甲綱十脚目(エビ目)のうち、カニ下目(短尾類)とヤドカリ下目(異尾類)以外の全ての種の総称である。すなわち、かつての長尾類(長尾亜目 Macrura)にあたる。現在、長尾亜目という分類群は廃止されており、学術的な分類ではなく便宜上の区分である。


  1. ^ Guinot, Danièle; Tavares, Marcos (2003), “A new subfamilial arrangement for the Dromiidae de Haan, 1833, with diagnoses and descriptions of new genera and species (Crustacea, Decapoda, Brachyura)”, Zoosystema 25 (1), http://www.mnhn.fr/publication/zoosyst/z03n1a3.pdf [リンク切れ]
  2. ^ a b 『あて字のおもしろ雑学』フリーランス雑学ライターズ、永岡書店、1988年、50頁。ISBN 4522011601
  3. ^ Lobster definition and meaning | Collins English Dictionary” (英語). www.collinsdictionary.com. 2020年9月8日閲覧。
  4. ^ a b c 富川光、鳥越兼治. “食卓で学ぶ甲殻類のからだのつくり”. 広島大学. 2020年1月21日閲覧。
  5. ^ 食のスタジオ『まいにちの中高生のお弁当250』学研プラス、2015年2月、44頁。ISBN 9784058003831
  6. ^ 食品のアレルギー物質として「えび」「かに」の表示が 義務づけられ、平成 22 年 6 月 4 日から完全施行されます! (PDF)”. 消費者庁. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月7日閲覧。
  7. ^ 1水産防疫疾病(エビ類)について”. 富田薬品株式会社. 2013年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月7日閲覧。
  8. ^ イエローヘッド病 Yellowhead Disease (PDF)”. 日本水産資源保護協会. 2019年6月7日閲覧。
  9. ^ 伝染性皮下造血器壊死症 (PDF)”. 日本水産資源保護協会. 2019年6月7日閲覧。
  10. ^ タウラ症候群 (PDF)”. 農林水産省. 2019年6月7日閲覧。
  11. ^ バキュロウイルス・ペナエイによる感染症 (PDF)”. 農林水産省. 2019年6月7日閲覧。
  12. ^ バキュロウイルス・ペナエイ感染症 (PDF)”. 日本水産資源保護協会. 2019年6月7日閲覧。
  13. ^ モノドン型バキュロウイルス感染症 (PDF)”. 日本水産資源保護協会. 2019年6月7日閲覧。
  14. ^ De Grave, Sammy; Pentcheff, N. Dean; Ahyong, Shane T.; et al. (2009), “A classification of living and fossil genera of decapod crustaceans”, Raffles Bulletin of Zoology Suppl. 21: 1–109, http://rmbr.nus.edu.sg/rbz/biblio/s21/s21rbz1-109.pdf [リンク切れ]
  15. ^ Ignác Richter(スロバキアの昆虫学者) or Vera Andreevna Richter(ロシアの昆虫学者) or Martha Richter(古生物学者) or Hans-Joachim Richter(魚類学者)
  16. ^ Ignác Richter(スロバキアの昆虫学者) or Vera Andreevna Richter(ロシアの昆虫学者) or Martha Richter(古生物学者) or Hans-Joachim Richter(魚類学者)


「エビ」の続きの解説一覧

エビ

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 20:38 UTC 版)

名詞

エビ海老

  1. 甲殻綱十脚目の中でヤドカリ下目ならびに短尾下目以外に属す甲殻類海老えび学術的表記



エビと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エビ」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

エビのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エビのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエビ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのエビ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS