猪肉とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 食品 > > 猪肉の意味・解説 

ちょ‐にく【猪肉】

〔名〕 イノシシの肉。また、豚肉をいうのにも用いる。

*全九集(1566頃)二「合食禁〈略〉黄芩に猪肉(チョニク)ひともじのみ」〔蘇軾‐聞子由痩詩〕


猪肉

読み方:シシニク(shishiniku)

イノシシの肉のこと

季節

分類 動物


猪肉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/09 18:35 UTC 版)

猪肉(いのししにく、ししにく、ちょにく)は、イノシシ食肉とされる。


  1. ^ Agricultural Research Service Basic Report: 17158, Game meat, boar, wild, raw”. アメリカ合衆国農務省. 2015年12月30日閲覧。
  2. ^ 興津要 1981, p. 138.
  3. ^ 岡田哲 1996, p. 31.
  4. ^ 日本国語大辞典第二版編集委員会 2001, p. 123.
  5. ^ 平凡社 2005, p. 503.
  6. ^ 小松寿雄 & 鈴木英夫 2011, p. 837-838.
  7. ^ 牡丹/さくら肉”. コトバンク. 2015年12月31日閲覧。
  8. ^ 望月賢二, 青葉高 & 田中金太郎 1990, p. 154-155.
  9. ^ a b 農山漁村文化協会編集部 1992, p. 277
  10. ^ 鳥居本幸代 2006, p. 243.
  11. ^ 市川健夫 1998, p. 168.
  12. ^ 山鯨”. コトバンク. 2015年12月31日閲覧。
  13. ^ 大阪人権博物館 1998, p. 26-27.
  14. ^ a b c d とっておきのヨーロッパだより”. 辻調グループ校. 2015年12月31日閲覧。
  15. ^ a b c 石垣長健 et al. 2012, p. 27
  16. ^ 水原道子 et al. 2001, p. 202
  17. ^ 朝日稔 1985, p. 28
  18. ^ 環境省自然環境局 2010, p. 25
  19. ^ 環境省自然環境局 2010, p. 26
  20. ^ a b イノシシ(Wild boar)”. 奈良文化財研究所. 2016年1月1日閲覧。
  21. ^ 野林厚志 2005, p. 4
  22. ^ 朝日稔 1985, p. 29
  23. ^ a b 環境省自然環境局 2010, p. 20
  24. ^ a b 朝日稔 1985, p. 27
  25. ^ a b c d e f g 石垣長健 et al. 2012, p. 26
  26. ^ a b c 水原道子 et al. 2001, p. 200
  27. ^ 農林水産省 2009, p. 112
  28. ^ a b c 渡辺隆之、生肉ジビエ料理の危険性 『ペット栄養学会誌』 Vol.18 (2015) No.2 p.121-125, doi:10.11266/jpan.18.2_121
  29. ^ 青木佳代、石川和彦、林賢一ほか、シカ肉中の Sarcosystis が原因として疑われた有症苦情 『日本食品微生物学会雑誌』 Vol.30 (2013) No.1 p.28-32, doi:10.5803/jsfm.30.28
  30. ^ 野生イノシシ肉がE型肝炎感染源に 国立感染症研究所 感染症情報センター
  31. ^ 三好龍也、李天成、武田直和ほか、野生イノシシの肝臓, 血液からE型肝炎ウイルス遺伝子の検出 肝臓 Vol.45 (2004) No.9 P509-510, doi:10.2957/kanzo.45.509
  32. ^ 壁谷英則、佐藤真伍、丸山総一、野生動物の食用利用と人獣共通感染症 『日本獣医師会雑誌』 Vol.69 (2016) No.5 p.277-283, doi:10.12935/jvma.69.277
  33. ^ ジビエ(野生鳥獣の肉)はよく加熱して食べましょう 厚生労働省
  34. ^ ローストしたクマ肉を食べて旋毛虫症に 日経メディカル 記事:2018年11月2日
  35. ^ クマ肉による旋毛虫(トリヒナ)食中毒事案について 生食監発1223第1号 平成28年12月23日 (PDF) 厚生労働省
  36. ^ 「ジビエブーム リスクに/献血にウイルス混入/輸血で感染 対策後手」『毎日新聞』朝刊2018年5月27日(医療・福祉面)2018年5月29日閲覧。
  37. ^ a b 磯部由香 et al. 2011, p. 100
  38. ^ 新垣裕子 et al. 2012, p. 26
  39. ^ a b c d 笠正二郎 et al. 2011, p. 58
  40. ^ a b 環境省自然環境局 2010, p. 21
  41. ^ a b 新垣裕子 et al. 2012, p. 25
  42. ^ a b c 新垣裕子 et al. 2012, p. 28
  43. ^ 大澤啓志 & 清水由紀奈 2013, p. 264
  44. ^ 大澤啓志 & 清水由紀奈 2013, p. 265
  45. ^ 農林水産省 2009, p. 115
  46. ^ 水原道子 et al. 2001, p. 198
  47. ^ 水原道子 et al. 2001, p. 196
  48. ^ 水原道子 et al. 2001, p. 195
  49. ^ 四方康行, 今井辰也 & 鄒金蘭 2008, p. 34
  50. ^ 四方康行, 今井辰也 & 鄒金蘭 2008, p. 35
  51. ^ 四方康行, 今井辰也 & 鄒金蘭 2008, p. 31
  52. ^ a b 四方康行, 今井辰也 & 鄒金蘭 2008, p. 32
  53. ^ 農林水産省 2009, p. 118
  54. ^ 農林水産省 2009, p. 119
  55. ^ a b 石垣長健 et al. 2012, p. 23
  56. ^ 水原道子 et al. 2001, p. 194



猪肉

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 06:41 UTC 版)

名詞

(ししにく、いのししにく)

  1. 食用の)

関連語

翻訳




猪肉と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「猪肉」の関連用語

猪肉のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



猪肉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの猪肉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの猪肉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS