生肉とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 食品 > > 生肉の意味・解説 

せい にく [0] 【生肉】

なまの肉。鮮度の高い肉。

なま にく [0][2] 【生肉】

火を通していない、なまの肉。

生肉

読み方:せいにくなまにく

加熱ていない肉。生の肉。生食用の肉。加熱処理して食べる肉は「加熱用肉」という。

食肉

(生肉 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/23 05:04 UTC 版)

食肉(しょくにく)とは




  1. ^ a b 広辞苑【食肉】
  2. ^ 三橋貴明 『経済ニュースの裏を読め!』 TAC出版、2009年、213頁。
  3. ^ 長澤治子 編著 『食べ物と健康 食品学・食品機能学・食品加工学』医歯薬出版株式会社、2005年、p.172〜173、ISBN 4-263-70448-7
  4. ^ 『現代の食品科学(第2版)』三共出版、1992年、p.260〜261、ISBN 978-4-7827-0277-2
  5. ^ 「肉の機能と科学」(食物と健康の科学シリーズ)p71 松石昌典・西邑隆徳・山本克博編 朝倉書店 2015年4月5日初版第1刷
  6. ^ 肉の生食に注意!埼玉県ホームページ(2018年3月17日閲覧)
  7. ^ 食肉の特性と利用、千国 幸一、日本調理科学会誌、Vol. 40 (2007) No. 1
  8. ^ 日本食肉格付協会により規格化および運用されている。
  9. ^ USDA yield gradeとUSDA quality gradeがある。USDA quality standards
  10. ^ ジビエ(野生鳥獣の肉)はよく加熱して食べましょう 厚生労働省
  11. ^ E型肝炎ウイルスに対する安全対策へのご協力のお願いについて 日本赤十字社 2018年3月9日告知
  12. ^ エルセビア・サイエンス社 Meat Science誌
  13. ^ International Congress of Meat Science and Technology
  14. ^ 日本食肉研究会
  15. ^ Meat Atlas 2014 – Facts and figures about the animals we eat , page 46, download as pdf
  16. ^ Meat Atlas 2014 – Facts and figures about the animals we eat , page 48, download as pdf
  17. ^ 「ニワトリの動物学」(アニマルサイエンス5)p123 岡本新 東京大学出版会 2001年11月6日初版
  18. ^ 「肉の機能と科学」(食物と健康の科学シリーズ)p19 松石昌典・西邑隆徳・山本克博編 朝倉書店 2015年4月5日初版第1刷
  19. ^ 「世界の食肉生産はどうなるか 2018年の展望」p4 ハンス・ヴィルヘルム・ヴィントフォルスト著 杉山道雄・大島俊三編訳著 平光美津子・鷲見孝子訳著 筑波書房 2011年6月20日第1版第1刷発行
  20. ^ 「食肉・鶏卵生産のグローバル化 2021年までの展望」p1 ハンス・ヴィルヘルム・ヴィントフォルスト、アンナ・ヴィルケ著 杉山道雄・大島俊三編訳著 平光美津子・鷲見孝子・棚橋亜矢子・松野希恵・高山侑樹共訳 筑波書房 2011年6月20日第1版第1刷発行
  21. ^ 「肉の機能と科学」(食物と健康の科学シリーズ)p19 松石昌典・西邑隆徳・山本克博編 朝倉書店 2015年4月5日初版第1刷
  22. ^ 「肉の機能と科学」(食物と健康の科学シリーズ)p24 松石昌典・西邑隆徳・山本克博編 朝倉書店 2015年4月5日初版第1刷
  23. ^ 「肉の機能と科学」(食物と健康の科学シリーズ)p25 松石昌典・西邑隆徳・山本克博編 朝倉書店 2015年4月5日初版第1刷
  24. ^ FAO (2009): FAOSTAT. Rom.
  25. ^ https://www.alic.go.jp/koho/kikaku03_000814.html 「食肉の消費動向について」独立行政法人農畜産業振興機構 2015年7月6日 2016年4月29日閲覧
  26. ^ https://www.alic.go.jp/koho/kikaku03_000814.html 「食肉の消費動向について」独立行政法人農畜産業振興機構 2015年7月6日 2016年4月29日閲覧
  27. ^ 牛肉取引禁止令差し止め インド最高裁日本経済新聞ニュースサイト(2017年7月13日)2018年3月17日閲覧
  28. ^ 「肉の機能と科学」(食物と健康の科学シリーズ)p25 松石昌典・西邑隆徳・山本克博編 朝倉書店 2015年4月5日初版第1刷
  29. ^ 「肉の機能と科学」(食物と健康の科学シリーズ)p9-10 松石昌典・西邑隆徳・山本克博編 朝倉書店 2015年4月5日初版第1刷
  30. ^ 動物はごはんじゃないデモ行進2016レポート」『』、2016年6月14日。2018年6月14日閲覧。
  31. ^ 植物性たんぱくに脚光 三井物産、エンドウ豆で食肉風日本経済新聞・電子版(2017年10月30日)
  32. ^ 「植物肉」は“ほぼ”肉の味だった日経ビジネスオンライン(2017年5月17日)2018年3月17日閲覧





生肉と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「生肉」の関連用語

生肉のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



生肉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの食肉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS