ラバとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 加工 > ゴム > ラバの意味・解説 

ラバ【(イタリア)lava】

読み方:らば

流れの意》溶岩流溶岩

「ラバ」に似た言葉

ら‐ば【×騾馬】

読み方:らば

ロバと雌ウマとの交配による一代雑種繁殖力はない。馬のような体格ロバ頑丈さをもち、ヨーロッパアメリカで使役用いる。ミュール


読み方:ラバ(raba)

ウマ科ウマロバ雑種


騾馬

読み方:ラバ(raba)

ウマ科ウマロバ雑種


ラバ

名前 Labat

ラバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/06 22:56 UTC 版)

ラバ騾馬英語: Muleラテン語: Mulus)は、雄のロバと雌のウマ交雑種の家畜である。北米、アジア(特に中国)、メキシコに多く、スペインアルゼンチンでも飼育されている。


  1. ^ Proops, Leanne; Faith Burden; Britta Osthaus (2008-07-18). “Mule cognition: a case of hybrid vigor?”. Animal Cognition 12 (1): 75–84. doi:10.1007/s10071-008-0172-1. PMID 18636282. http://www.springerlink.com/content/c7r42628738ll2h8/fulltext.pdf 2008年8月10日閲覧。. 
  2. ^ 騾馬(らば)の意味”. goo国語辞書. 2020年11月6日閲覧。
  3. ^ Mule’s foal fools genetics with “impossible” birth
  4. ^ a b c History of the Mule
  5. ^ ブライアン・フェイガン『人類と家畜の世界史』東郷えりか訳 河出書房新社 2016年、ISBN 9784309253398 pp.164-165.
  6. ^ Members of the Eastern Sierra Packers”. easternsierrapackers.com. Eastern Sierra Packers (2009年1月18日). 2014年7月16日閲覧。
  7. ^ Mule Pack Section, Angeles Chapter, Sierra Club”. angeles.sierraclub.org. Angeles Chapter Sierra Club (2014年4月18日). 2014年7月16日閲覧。
  8. ^ Bearden, Milt (2003) The Main Enemy, The Inside story of the CIA's Final showdown with the KGB. Presidio Press. ISBN 0345472500
  9. ^ ホース・ソルジャー―米特殊騎馬隊、アフガンの死闘
  10. ^ Navy Stages Raid on West Point to Kidnap Army Mules(AP通信)
  11. ^ mule-meat tridge.com
  12. ^ FAOSTAT”. www.fao.org. 2019年10月25日閲覧。


「ラバ」の続きの解説一覧

ラバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/10 04:12 UTC 版)

忘却の首と姫」の記事における「ラバ」の解説

金髪碧眼眼鏡をかけ、キツネの耳のような葉っぱが頭に付いた、王の側近2人内の1人ラリマーと共にペリドット三姉妹教育係だった。

※この「ラバ」の解説は、「忘却の首と姫」の解説の一部です。
「ラバ」を含む「忘却の首と姫」の記事については、「忘却の首と姫」の概要を参照ください。


ラバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/13 01:06 UTC 版)

賭博師 梟」の記事における「ラバ」の解説

ガミ幼馴染親友本名桜庭浩一朗(さくらば こういちろう)」。ステッドラー6B鉛筆を持っている。戦時中特攻出兵して生還した強運の持ち主。しかし、それ以来博打話ししかせず、不貞腐れ風貌となっていたが、ガミに「賭場が立つ」話を持ちかけられそれに乗り勝つこと前提フクロウ挑むガミ曰く昔から喧嘩滅法強い」。

※この「ラバ」の解説は、「賭博師 梟」の解説の一部です。
「ラバ」を含む「賭博師 梟」の記事については、「賭博師 梟」の概要を参照ください。


ラバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 00:34 UTC 版)

輓獣」の記事における「ラバ」の解説

オスロバメスの馬を掛け合わせてできたのがラバで、雑種強勢により体格大きく粗食耐え耐久性あることから、広く輓獣として利用されてきた。ラバに牽かせた車両を何両も連ねた隊列をミュール・トレイン (mule train) と呼びアメリカ西部開拓などで大きな役割果たしてきた。メスの馬についていく習性あることから、ミュール・トレインの先頭にはメスの馬を行かせる習慣があった。

※この「ラバ」の解説は、「輓獣」の解説の一部です。
「ラバ」を含む「輓獣」の記事については、「輓獣」の概要を参照ください。


ラバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/23 19:58 UTC 版)

新アッシリア帝国における国家通信」の記事における「ラバ」の解説

長距離メッセンジャーもっぱらラバを使用したアッシリアは、この目的のためにラバを使用した最初の文明だった。ラバは雄ロバ雌馬雑種強勢である。馬の強さロバ頑丈さを兼ね備えている。繁殖力持たず手間のかかる訓練必要なことから高価だった。しかしその体力丈夫さ、そして低い維持コストから、新アッシリア帝国気候その他の条件においては長距離旅行理想的な移動手段となった。ラバは、メソポタミア至る所移動阻む小川泳いで渡るのも得意だったアッシリア通信システム騎手通常、2頭のラバで移動したそのため、1頭が故障して立ち往生することはなく、もう1頭に乗り換えることができた 。

※この「ラバ」の解説は、「新アッシリア帝国における国家通信」の解説の一部です。
「ラバ」を含む「新アッシリア帝国における国家通信」の記事については、「新アッシリア帝国における国家通信」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ラバ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ラバ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 05:17 UTC 版)

名詞

ラバ騾馬

  1. おすロバ雌馬めうま交雑種

関連語


「ラバ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ラバと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ラバのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ラバのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラバ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの忘却の首と姫 (改訂履歴)、賭博師 梟 (改訂履歴)、輓獣 (改訂履歴)、新アッシリア帝国における国家通信 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのラバ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS