アンコウとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > アンコウ > アンコウの意味・解説 

鮟鱇

読み方:アンコウ(ankou)

アンコウ目アンコウ科海魚総称


あんこう

「軒どい」と「竪(たて)どい」の接合部分に設けられた金具。「呼びどい」ともいう。

按行

読み方:アンコウ(ankou)

古代天皇行事に先だってその順路状況調査すること。

別名 案行


案行

読み方:アンコウ(ankou)

古代天皇行事に先だってその順路状況調査すること。

別名 按行


アンコウ

学名Lophiomus setigerus 英名:Angler
地方名ハタアンゴアファー 
脊椎動物門硬骨魚綱アンコウ目アンコウ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ

特徴
水深500m以浅の砂泥底域にすむ。キアンコウによく似るが口の中が暗色で、白い点が多くあるのに対し、キアンコウ一様に暗色である。砂の中に潜る習性があり、隠れたまま誘引突起などを使ってエサをおびき寄せ大きな口を膨らませてごと丸呑みする。漁獲されたものは1m以下が多く茨城県沖漁獲されるものは「水戸あんこう」と呼ばれ高値取引させる。産卵期は3〜4月ゼラチン質の帯状卵塊を産む。

分布:北海道以南東シナ海インド西太平洋 大きさ:1m
漁法:底引き網刺し網 食べ方:鍋物

イザリウオ

学名Antennarius striatus 英名:Toadfish
地方名:アンコウ、トラアラカキ 
脊椎動物門硬骨魚綱アンコウ目−イザリウオ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ

特徴
沿岸水深200mぐらい以浅の砂底に生息する。アンコウと同様に誘引突起先端疑似餌備え小魚おびきよせて食べる。疑似餌白っぽくゴカイ類似せている。体色黄褐色青灰色など変異多く全身糸状突起におおわれるものがいる。

分布:南日本東部太平洋を除く全世界温・熱帯域 大きさ:16cm
漁法:  食べ方: 

阿五

読み方:アンコウ(ankou)

アンコウ科海水魚

学名 Lophiomus setigerus


阿牟古宇

読み方:アンコウ(ankou)

アンコウ科海水魚

学名 Lophiomus setigerus


鮟鱇

読み方:アンコウ(ankou)

アンコウ科海水魚

学名 Lophiomus setigerus


アンコウ

読み方:あんこう

  1. 小便器

分類 ルンペン大阪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

鮟鱇

読み方:アンコウ(ankou)

アンコウ科属す海産底魚

季節

分類 動物


鮟鱇

読み方:アンコウ(ankou)

作者 香山滋

初出 昭和22年

ジャンル 小説


鮟鱇

読み方:アンコウ(ankou)

作者 山本健吉

初出 昭和55年

ジャンル 随筆


アンコウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/03 04:17 UTC 版)

'アンコウ鮟鱇[1])とは、第1義には、アンコウ目中の、アンコウ科に分類される日本語における総称である。しかし、アンコウ目全体をも指す。また、アンコウ科の中でも特に食用とするものだけを指す場合もある[注 1]。※本項は、古来の日本語でいう「あんこう」と、分類上の「アンコウ科」について解説する。


注釈

  1. ^ 誤解の生じない正確な解説を試みるならば、日本人が古来「あんこう」と呼んできた「口が極めて大きく、大体にして平べったい、海の底や深い所にいる魚」の一群は、分類学が科学的に分類する「アンコウ科」という一群と結果的同義であったので、近現代の日本人はそれを日本語の第1義としている、ということ。加えて、日本語「あんこう」は、より大きな分類群である「アンコウ目」とも結果的同義であったので、近現代の日本人はそれを日本語の第2義としている。その一方で、“食用”という完全な人為分類による括りである日本語第3義は、分類学による科学的分類と一致する道理が無い(一致するなら、それは単なる偶然でしかない)。
  2. ^ 2012年(平成24年)における青森県のアンコウ水揚げ量は約500トンであり、そのうち約80トンが風間浦村にある下風呂・易国間・蛇浦の漁港で水揚げされる[13]

出典

  1. ^ 講談社 2002, p. 34.
  2. ^ 上野・坂本 2004, p. 120.
  3. ^ 上野・坂本 2004, p. 121.
  4. ^ a b c d e f g h i j k 講談社 2002, p. 35.
  5. ^ a b c d 上野・坂本 2004, p. 122.
  6. ^ a b c d e f 上野・坂本 2004, p. 124.
  7. ^ 上野・坂本 2004, p. 125.
  8. ^ a b c おさかな瓦版 No.39 シリーズ:三陸のさかなたち 第6回 キアンコウ (PDF) - 独立行政法人水産総合研究センター
  9. ^ 『深海生物ファイル』北村雄一著 2005年 ネコ・パブリッシング発行 p.184
  10. ^ 12月7日に観察されたキアンコウの産卵について”. 名古屋港水族館 (2010年1月3日). 2013年1月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月1日閲覧。
  11. ^ a b フリーランス雑学ライダーズ編『あて字のおもしろ雑学』 p.47 1988年 永岡書店
  12. ^ a b c d テレビ東京『食彩の王国』第664回「鍋の定番! 津軽海峡あんこう物語」2017年1月28日放送回中「食材のリスト」。
  13. ^ 特集:あおもりの旬2014年1月号 風間浦村「風間浦鮟鱇(かざまうらあんこう)」”. 青森のうまいものたち. 青森県農林水産部総合販売戦略課. 2015年5月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月2日閲覧。
  14. ^ a b c 風間浦鮟鱇”. 風間浦村. 2017年1月28日閲覧。
  15. ^ 風間浦鮟鱇まつり(2017年12月21日閲覧)
  16. ^ 【食 旬な産地】山口・下関漁港/冬のアンコウ 大きな肝/水揚げ量日本一、ブランド化でPR『読売新聞』朝刊2017年12月20日(くらし面)
  17. ^ あんこう下関市ホームページ(2017年12月21日閲覧)
  18. ^ 文部科学省 「日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  19. ^ 厚生労働省 「日本人の食事摂取基準(2015年版)
  20. ^ 五訂増補日本食品標準成分表
  21. ^ 五訂増補日本食品標準成分表 脂肪酸成分表編
  22. ^ a b 本山 1958, p. 23.
  23. ^ 東京都中央卸売市場築地市場東都水産株式会社 2013年1月
  24. ^ a b c d e f g h おさかな雑学研究会 『頭がよくなる おさかな雑学大事典』 p.202 幻冬舎文庫 2002年
  25. ^ 市場における輸入アンキモのアニサキス亜科線虫の感染状況 - 国立感染症研究所
  26. ^ 食の情報館 〜魚のさばき方〜 あんこう(鍋物)”. 東京都中央卸売市場. 2012年10月27日閲覧。
  27. ^ 「雪中切り」に大歓声/ゆかい村鮟鱇まつり”. デーリー東北 (2012年2月7日). 2012年2月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月27日閲覧。
  28. ^ 『ゆかい村鮟鱇まつり』最新情報 (PDF)”. 風間浦村. 2016年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月27日閲覧。
  29. ^ 鮟鱇(あんこう) 常陸路冬の風物詩”. よかっぺ大洗. 大洗観光協会. 2016年11月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月2日閲覧。


「アンコウ」の続きの解説一覧



アンコウと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アンコウ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

アンコウのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アンコウのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2019 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアンコウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS