トナカイとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > トナカイの意味・解説 

トナカイ [2]

アイヌ語
シカ科哺乳類頭胴長1.3~2.2メートル、肩高0.8~1.5メートル雌雄とものある大きな角をもつ。体毛は密で褐色コケ主食とする。ヨーロッパ・アジア・北アメリカ寒帯分布し、北欧では古くから家畜化されている。カリブー。 〔「馴鹿」とも書き、「じゅんろく」とも〕
「トナカイ」に似た言葉


馴鹿

読み方:トナカイ(tonakai

偶蹄目


トナカイ

トナカイ
トナカイ
トナカイ
トナカイ
名称
トナカイ
飼育園館
多摩動物公園
生息地
北極圏ツンドラ地帯
体の大きさ
体長1.2~2.2m、体高0.9~1.4m、体重60~300kg
えさ
主にヤナギコケなどを食べています。動物園では、青草(冬は乾草)、ヘイキューブさつまいもにんじん草食獣ペレットのほか、パンやもやしなどをあたえています。
特徴
シカ仲間では、トナカイだけがオスメスともに角をもっています。大きく平らなひづめは、の上沼地を歩くのに適していて、歩くときに「カチカチ」と足音がします。ヨーロッパアジア北アメリカ寒帯分布していて、ラップランドノルウェー一部シベリア一部では古くから家畜にされています。
 
“トナカイ”に関連するニュース・催し物はこちら(3件)

馴鹿

読み方:トナカイ(tonakai

作者 野間宏

初出 昭和8年

ジャンル


トナカイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/03 03:41 UTC 版)

トナカイアイヌ語: tunakkay、学名: Rangifer tarandus)は、哺乳綱鯨偶蹄目シカ科(シカ)トナカイ属の1種である。本種のみでトナカイ属を形成する。別名、馴鹿(じゅんろく)。英語では reindeer という。北アメリカ大陸で生息する個体は、カリブーCaribou)と呼ばれる。


  1. ^ a b Don E. Wilson & DeeAnn M. Reeder. Mammal Species of the World, 3rd edition. Rangifer tarandus
  2. ^ a b IUCN. Red list. Rangifer tarandus
  3. ^ 大石侑香「トナカイは魚がお好き◇ロシア少数民族ハンティの生活を調査しびっくり◇」『日本経済新聞』朝刊2018年12月6日(文化面)2018年12月11日閲覧。
  4. ^ 第八回: トナカイが魚を食べる!?” (2017年11月10日). 2018年12月6日閲覧。
  5. ^ 【大使館の一皿】フィンランドの暖かい食卓/トナカイやベリー 寒い冬越す自然の恵み『日本経済新聞』朝刊2019年3月31日 NIKKEI The STYLE(13面)。
  6. ^ ウィキソースのロゴ 英語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります:A Visit from St. Nicholas


「トナカイ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「トナカイ」の関連用語

トナカイのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



トナカイのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
東京ズーネット東京ズーネット
東京ズーネット」は財団法人東京動物園協会が運営する都立動物園の公式サイトです。
© 2001-2019 Tokyo Zoological Park Society. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトナカイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS