網野善彦とは?

あみのよしひこ 【網野善彦】 ○

1928~2004歴史学者山梨県生まれ東大卒神奈川大教授日本中世専攻職人海民など非農業民や地方地域焦点をあて独自の歴史論を展開。著「無縁公界・楽」「日本中世の非農業民と天皇」「異形王権」など多数

網野善彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/02 01:37 UTC 版)

網野 善彦(あみの よしひこ、1928年昭和3年)1月22日[1] - 2004年平成16年)2月27日[1])は、日本歴史学者。専攻は中世日本史


  1. ^ a b 稲葉伸道 2004
  2. ^ a b c d 杉本仁 2009, p. 15
  3. ^ 『官報』第3988号、昭和15年4月24日、p.1126
  4. ^ a b 神奈川大学日本常民文化研究所 2007, p. 2
  5. ^ 中沢家は下神内村(山梨市)の豪農で、真智子は山梨市議・共産党員で在野の民俗学者である中沢厚の妹。中沢家は曾祖父の徳兵衛がキリスト教に受洗し民俗研究を行っているが、厚の弟・護人は共産党員として活動する一方で民俗学研究も行い、厚は護人の影響で共産党員となり、網野にも影響を与えていると考えられている。中沢家と網野の知的交流については杉本仁 2009、中沢新一『僕の叔父さん』(2004)。
  6. ^ 『阿部謹也自伝』(p.198-199、新潮社)より
  7. ^ 弓立社 2004年洋泉社MC新書 2008年
  8. ^ 同第六章「中世の自由とは何か」
  9. ^ 丸島和洋さんのツイート: "いわゆる「網野史学」が一世を風靡したことは記憶に新しく、僕が大学生の頃は大学生協に専用のコーナーがあったほど。しかしあれは網野さんが若狭太良庄における実証研究の蓄積の末に辿り着いたものだから、網野さんなりのバランスが辛うじてあったもので、それを無批判に継承するのは極めて危険。”. 丸島和洋(Twitterアカウント) (2016年11月17日). 2016年11月19日閲覧。 [信頼性要検証]
  10. ^ 沈 2003, p. 363.
  11. ^ a b 沈 2003, p. 367.
  12. ^ 沈 2003, p. 364.
  13. ^ a b 沈 2003, p. 389.
  14. ^ 網野善彦『「忘れられた日本人」を読む』(岩波書店2003年)p.31 - 34。
  15. ^ 『折り返し点』(網野と梅原猛による対談、京都精華大学)


「網野善彦」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「網野善彦」の関連用語

網野善彦のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



網野善彦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの網野善彦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS