司馬遼太郎とは?

司馬遼太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/21 04:22 UTC 版)

司馬 遼󠄁太郎(しば りょうたろう、1923年大正12年)8月7日 - 1996年平成8年)2月12日)は、日本の小説家ノンフィクション作家評論家。本名、福田 定一(ふくだ ていいち)。筆名の由来は「司馬遷(はるか)に及ばざる日本の者(故に太郎)」から来ている。




注釈

  1. ^ 生涯井伏作品を愛読している。『別冊アサヒグラフ 井伏鱒二の世界』(朝日新聞社、1992年)にも井伏論を寄せている。
  2. ^ 終戦時点での司馬の年齢は正確には22歳で、正確な年齢を記述している著作もある。
  3. ^ 青木は後に『中外日報』編集局長、西本願寺の雑誌『大乗』の編集長を歴任。『梟の城』は、青木の伝手で『中外日報』に連載されている。
  4. ^ 多くの選者が無視し、一人がもっともな理由で痛烈に否定し、一人がそれ以上の激しさで推賞した。それが海音寺であった[13]
  5. ^ プロポーズの場所は大阪市電の電停であった[14]
  6. ^ 李登輝は同世代の愛読者であった。この対談は内外の注目を起こした。なお1989年には韓国ソウルで、当時韓国大統領だった盧泰愚と対談した[16]
  7. ^ 日本軍の損失、戦死者7,696人、行方不明者(捕虜も含む)1,021人、負傷者8,647人、合計17,364人。ソ連軍とモンゴル軍の損失、戦死者9,983人、負傷者16,662人、合計26,645人。
  8. ^ 司馬はソ連情報公開直後に書かれた、アルヴィン・D. クックス著『ノモンハン―草原の日ソ戦 1939〈上・下〉』を読み、来日したクックスと対談し「ノモンハン事件はいつも古くて新しいですね」「書くよりも読者の側に回ってよかったと思いました。いい本でした」と感想を述べている。
  9. ^ 司馬もエッセイ集『司馬遼太郎の考えたこと』『軍神・西住戦車長』ではマレー作戦シンガポールの戦いを日本の戦車が武名をあげた唯一の例として、戦車らしいものをもたなかったイギリス軍相手に無人の野をゆくように突進し、島田豊作少佐率いる1個中隊18輌の戦車がイギリス軍2個師団を壊滅させたと記述している。
  10. ^ 司馬は鹿内に「ハイジャッカー」とのニックネームをつけて呼んでいた[97]

出典

  1. ^ 史上初の大調査 著名人100人が最後に頼った病院 あなたの病院選びは間違っていませんか”. 現代ビジネス (2011年8月17日). 2019年12月22日閲覧。
  2. ^ 司馬 1998, p. 250.
  3. ^ M1 Garand Serial Numbers”. Fulton Armory. 2019年4月6日閲覧。
  4. ^ Bruce N. Canfield. “American Rifleman”. National Rifle Association of America. 2019年4月6日閲覧。
  5. ^ Mauser Kar98k Rifle”. World War II Database. Lava Development, LLC. 2019年4月6日閲覧。
  6. ^ The Lee-Enfield Rifle in World War II”. Sovereign Media. 2019年4月6日閲覧。
  7. ^ Russian erection”. Darryl Boyd. 2010年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月6日閲覧。
  8. ^ 司馬 1998, p. 9.
  9. ^ 司馬 1998, pp. 7-8.
  10. ^ 司馬 1998, p. 7.
  11. ^ 司馬 1993, pp. 283-284.
  12. ^ 1994年2月14日日本経済新聞夕刊
  13. ^ 中公文庫 『歴史の世界から 改版』 中央公論新社 ISBN 978-4122021013、211頁。
  14. ^ 中公文庫 『歴史の中の日本 改版』 中央公論新社 ISBN 978-4122021037[要ページ番号]
  15. ^ この時期までは、産経新聞社『新聞記者司馬遼󠄁太郎』(文春文庫、2013年)、後輩の三浦浩『青春の司馬遼󠄁太郎』(朝日文庫、2000年)に詳しい。
  16. ^ 『文藝春秋』1989年8月号。[要ページ番号]
  17. ^ “東京新聞:「司馬史観」といわれる歴史観がある。作家の司馬遼太郎さんが…:社説・コラム”. 東京新聞 TOKYO Web. オリジナルの2012年1月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120109145047/http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2007043002012658.html 2019年4月6日閲覧。 なお、同コラムに書かれている半藤一利は、司馬の遺志を継ぐ意味も込めて、司馬の死後に『ノモンハンの夏』を著した。下記『清張さんと司馬さん』では司馬の心情を推量している。
  18. ^ 渡辺については、『レトリックス—大衆文芸技術論』収録の「神の自意識-司馬遼󠄁太郎」を参照。清水については、彼の初期の短編小説「猿蟹の賦」および「商道をゆく」(講談社文庫の『蕎麦ときしめん』所収)を参照。
  19. ^ 小林 2010, p. 167.
  20. ^ 霍見芳浩「学者が斬る(97)米国の対イラク攻撃と司馬遼󠄁太郎の警告」『エコノミスト』81巻2号(2002年、毎日新聞社養老孟司「没後十年をむかえて 特別寄稿 司馬遼󠄁太郎さんの予言 司馬さんは今の危機を見通していたかのようだ」『文藝春秋』2006年1月号
  21. ^ 2016年3月29日付「朝日新聞」
  22. ^ 小林 2010, p. 147.
  23. ^ a b 司馬 1998, p. 10.
  24. ^ 司馬 1998, p. 51.
  25. ^ 小林 2010, p. 142.
  26. ^ 豊田 1986, p. 114.
  27. ^ 森 2016, p. 280.
  28. ^ a b c 小林 2010, p. 146.
  29. ^ NHK 戦後史証言プロジェクト 日本人は何をめざしてきたのか 2014年度「知の巨人たち」第4回 二十二歳の自分への手紙〜司馬遼太郎〜
  30. ^ 司馬 2004, pp. 179-180.
  31. ^ 司馬 1980, p. Kindle版523.
  32. ^ 司馬 1998, p. 130.
  33. ^ 半藤一利『プレジデント』1996年9月号 「司馬遼太郎とノモンハン事件」
  34. ^ a b NHKスペシャル|ノモンハン 責任なき戦い”. NHK. 2019年4月6日閲覧。
  35. ^ 豊田 1986, p. 118.
  36. ^ a b コロミーエツ, p. 82.
  37. ^ 豊田 1986, p. 115.
  38. ^ コロミーエツ, p. 109.
  39. ^ コロミーエツ, p. 145.
  40. ^ 葛原 2009, p. 69.
  41. ^ 小林 2010, p. 140.
  42. ^ コロミーエツ, p. 151.
  43. ^ 森 2016, p. 287.
  44. ^ 森 2016, p. 290.
  45. ^ 森 2016, p. 291.
  46. ^ 小林 2010, p. 151.
  47. ^ a b 小林 2010, p. 161.
  48. ^ 佐藤優「知を磨く読書 司馬遼太郎の語られざる本音 」週刊ダイヤモンド 2016年3月19日号
  49. ^ 高橋誠一郎. “《風立ちぬ》論Ⅳ――ノモンハンの「風」と司馬遼太郎の志”. 高橋誠一郎 公式ホームページ. 2019年4月6日閲覧。
  50. ^ 『徳王の見果てぬ夢』 2013年 佐々木健悦 社会評論社 ISBN 978-4-7845-1349-9 pp.216-217
  51. ^ 秦 2012, p. Kindle版1448.
  52. ^ 小林 2010, p. 162.
  53. ^ a b 小林 2010, pp. 134-135.
  54. ^ 司馬 1980, pp. Kindle版1152-1162.
  55. ^ 『NHK人間講座.半藤一利 清張さんと司馬さん』NHK出版 2001年10月、改訂版2002年10月/ 文春文庫、2005年10月 111頁
  56. ^ 秦 2012, pp. Kindle版1329-1333.
  57. ^ 司馬 1974, p. 312.
  58. ^ 延吉 2002, p. 298.
  59. ^ 延吉 2002, p. 294.
  60. ^ 司馬 1996, p. 75.
  61. ^ 中央公論『歴史と人物』増刊「太平洋戦争-終戦秘話」、1983年8月(通巻第150号)351頁
  62. ^ 延吉 2002, p. 301.
  63. ^ ギルバート 2016.
  64. ^ 秦 2012, pp. Kindle版1382-1392.
  65. ^ 司馬 1980, p. Kindle版474.
  66. ^ a b 司馬 1980, p. Kindle版487.
  67. ^ 下田 2014, p. 106.
  68. ^ 司馬 2004, pp. 183-184.
  69. ^ 司馬 1980, p. Kindle版560.
  70. ^ 加登川 1974, p. 222.
  71. ^ "The Most Effective Jap Tank" from Intelligence Bulletin, July 1945
  72. ^ 加登川 1974, p. 214.
  73. ^ 新浪公司 「99A式“功臣号”挺进朱日和,五代传承两次跨越」2018年07月15日記事
  74. ^ 司馬 1980, p. Kindle版400.
  75. ^ ホワイト 1971, p. 表紙.
  76. ^ 下田 2014, p. 101.
  77. ^ Pacific Wrecks - U. S. Army Ordnance Museum (Aberdeen Proving Ground)”. Pacific Wrecks Inc.. 2019年4月6日閲覧。
  78. ^ 秦 2012, p. Kindle版1392.
  79. ^ 司馬 1980, p. Kindle版922.
  80. ^ a b 秦 2012, p. Kindle版1409.
  81. ^ 秦 2012, p. Kindle版1384.
  82. ^ 中井勝. “司馬遼太郎の全貌――戦車兵だった司馬さん 「文藝春秋2016年3月特別増刊号 司馬遼太郎の真髄」”. 本の話WEB. 文藝春秋. 2018年9月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月6日閲覧。
  83. ^ 加登川 1974, p. 229.
  84. ^ 秦 2012, pp. Kindle版1392-14001.
  85. ^ 例えば新潮社は自社のウェブサイトにて司馬の講演テープ『司馬遼󠄁太郎が語る 第二集 歴史小説家の視点』を「作家、司馬遼󠄁太郎の歴史に対するスタンスを提示した「司馬史観」の原点ともいえる講演」と宣伝している。
  86. ^ 読売新聞2004年2月21日13面「現代に生きる日露戦争」
  87. ^ 鈴木眞哉「司馬遼󠄁太郎先生、お言葉ですが……」(『戦国「常識・非常識」大論争!―旧説・奇説を信じる方々への最後通牒―』洋泉社、2011年)53-88頁
  88. ^ 大高忠雄は独身であり妻子はいない。(赤穂市史編纂室主幹「赤穂四十七士列伝」)。
  89. ^ a b c d e 江上茂『差別用語を見直す : マスコミ界・差別用語最前線』花伝社/共栄書房、2007年8月、54-57頁。ISBN 9784763404992
  90. ^ 『竜馬がゆく』文庫版第6巻p.265[要文献特定詳細情報]
  91. ^ [1]
  92. ^ 記者時代の司馬遼太郎が「新論語」で描いたロマンと現実
  93. ^ 司馬遼太郎「異常な三島事件に接して」(毎日新聞 1970年11月26日号)。徳岡 1999, p. 290
  94. ^ おじいちゃんと司馬遼太郎さん”. アンガールズ田中卓志オフィシャルブログ. Ameba (2015年8月15日). 2020年5月11日閲覧。
  95. ^ 「地球にひとりだけの人」-『岡本太郎著作集』第5巻月報 講談社(1979年)[要ページ番号]
  96. ^ 日経ビジネス2005年6月6日号「検証 狙われたフジサンケイグループ 資本のねじれ解消暗闘の13年」。
  97. ^ 「週刊ポスト」2009年6月5日号。[要ページ番号]
  98. ^ 『リベラルタイム』2007年5月号「永田町仄聞録 だから民主党はダメなのだ」など参照
  99. ^ 司馬 2011, pp. 9-10.
  100. ^ a b 司馬 2011, p. 10.
  101. ^ 司馬 2011, p. 35.
  102. ^ a b 司馬 2011, p. 11.
  103. ^ 司馬 2011, p. 13.
  104. ^ 番組エピソード 大河ドラマ『竜馬がゆく』-NHKアーカイブス
  105. ^ 番組エピソード 大河ドラマ『国盗り物語』-NHKアーカイブス
  106. ^ 番組エピソード 大河ドラマ『花神』 NHKアーカイブス
  107. ^ 番組エピソード 大河ドラマ『徳川慶喜』 NHKアーカイブス
  108. ^ 番組エピソード 大河ドラマ『功名が辻』NHKアーカイブス
  109. ^ 『朝日新聞』1976年4月6日(東京本社発行)朝刊、22頁。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「司馬遼太郎」の関連用語

司馬遼太郎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



司馬遼太郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2020 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの司馬遼太郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS