司馬遼太郎 生涯

司馬遼太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/07 03:42 UTC 版)

生涯

生い立ち

1923年大正12年)8月7日大阪府大阪市南区難波西神田町(現在の浪速区塩草)に、薬局を経営する父・福田是定(薬剤師)、母・直枝の次男として生まれた。兄がいたが2歳で早世し、姉、妹が一人ずついる。乳児脚気のために3歳まで奈良県北葛城郡當麻町(現・葛城市)の母の実家に里子に出されていた。

1930年昭和5年)、大阪市難波塩草尋常小学校(現・大阪市立塩草立葉小学校)に入学。性格は明るかったが、学校嫌いで、悪童でもあったようである。母の実家の周りには古墳が多く、土器のかけらや石鏃などを拾い集めていた。また、当時の少年たちには特別ではなかったのであるが、大陸の馬賊に憧れていた。後に戦車隊の小隊長となることでこの夢は結実した。

1936年(昭和11年)、私立上宮中学校に進学。入学後の成績は300名中でビリに近く本人も驚いたらしいが、慌てて勉強をしたら二学期には上位20位に入ったという。井伏鱒二の『岩田君のクロ』に感銘を受ける[注釈 1]。3年生から松坂屋の横の御蔵跡町の図書館に通うようになり、大阪外国語学校卒業まで本を乱読するようになる。古今東西のあらゆる分野の書物を読破し、しまいには釣りや将棋などの本まで読んだという。阿倍野のデパートでは吉川英治宮本武蔵全集を立ち読みで読破した。いつも立ち読みばかりするので頭にきた売り場の主任が「うちは図書館やあらへん!」と文句を言うと、「そのうちここらの本をぎょうさん買うたりますから…」と言ったそうである。また、半ば趣味として山登りを好み、大阪周辺の名山は大抵踏破している。高等学校への受験に際して、家計の都合で私立学校への進学は許されず、官立のみと父親から釘を刺されていた。

1939年(昭和14年)、中学生だった司馬にも日中戦争第二次世界大戦が影を落としており、上宮中学の配属将校から学校教練を受けている。ある日の教練の、配属将校による当時の日本軍の主力小銃三八式歩兵銃の説明で、「よその国の小銃は機関銃のように連発式になっているが、日本軍の三八式歩兵銃ボルトアクション式のライフルであり、一発ずつしか撃てない、しかし、よその国はバラバラと撃てるが、これでは心が入らない。わが国のほうが心に念じ、一発必中になって狙えるからいい」との説明があったと著作に記述し[2]、これが司馬少年の心に強く印象付けられたとされている。しかし、1939年に「機関銃のように連発式」の自動小銃が正式採用されていたのはアメリカ軍M1ガーランドだけで、これも1939年の初めにはまだ7,715丁しか生産されておらず[3]、数の面では製造開始年は三八式歩兵銃と変わらないボルトアクションライフルのスプリングフィールドM1903小銃が主力小銃であり、1941年12月の真珠湾攻撃による日本とアメリカの開戦時には、508,000丁(日産2,000丁)の大量発注も行われていた[4]。また、ドイツ国防軍Kar98k[5]、イギリス軍のリー・エンフィールド[6]ソ連労農赤軍モシン・ナガン M1891/30[7]など、当時の列強国の主力小銃は三八式歩兵銃と同じボルトアクションライフルで、これらの小銃は第二次世界大戦が終わるまで各国歩兵の主力装備として運用されており、日本軍の小銃だけが時代遅れのボルトアクションだったというのは事実誤認である。

司馬少年は学校が嫌いで、図書館と本屋さえあれば人間はそれでいいと考えていたが、仕方なく通学し学校で社会訓練を受けているうちに、中国人朝鮮人に好感を抱くようになった。好きになった理由は、「彼らは非常に人間というものを感じさせた」からであったとしている。やがて、司馬にとっての恩人である中国と戦争をしている日本が嫌いであるという感情が芽生えることになった。しかし、それは実際は日本も大好きという感情の裏返しであるアンビバレンスな状態であったと自己分析している[8]

1940年(昭和15年)に旧制大阪高校、翌年には旧制弘前高校を受験するも不合格。1942年(昭和17年)4月に旧制大阪外国語学校(現在の大阪大学外国語学部モンゴル語専攻)に入学[9]。入学時に校内食堂で上級生が新入生に催す歓迎会では、上級生が木刀、竹刀を振り回し下駄を踏み鳴らして『こらーっ!』と怒鳴りながら入り、訓辞や軍歌指導を行なった。その際に司馬は見事なガマの油売りを一席やったが、これは彼の性格の明るさを表す一端である。当時の学生の大半がそうであったように語学は嫌いであったが読書は依然として好み、ロシア文学や、司馬遷の『史記』を愛読。2年上に庄野潤三(英語学科)、1年上に陳舜臣(印度語学科)、同期に赤尾兜子(中国語学科)らの「創作グループ」がいたが、その輪には加われなかった。当時の司馬は、色白でふっくらした童顔であったが、旧制高校に憧れて下駄履きで登下校したという。教室へは「オース、オース」と声をかけながら入り、生徒間で人気があり人が集まる中心にいた。授業でもよく発言をした。食事はよく食べ朝飯を5杯おかわりするのが常であった。「中庸の徳」が座右の銘であったという。

軍歴

1943年(昭和18年)11月に、学徒出陣により大阪外国語学校を仮卒業(翌年9月に正式卒業となる)。兵庫県加東郡河合村(現:小野市青野が原の戦車第十九連隊に入隊した。軍隊内ではかなり珍しい「俳句の会」を興し、集合の合図には一番遅れて来た。翌44年4月に、満州四平四平陸軍戦車学校に入校し、12月に卒業。戦車学校では文系であったために機械に弱く、ある時に戦車を動かそうとあちこちいじっているとエンジンが起動したが、中から白煙が出て「助けてくれー」と悲鳴が聞こえたので駆けつけると、コードが戦車に触れて電流が流れていた。手斧でコードを断ち切り、事なきを得たという。司馬は、軍隊生活になかなか馴染めず、訓練の動作にも遅れが目立ち、同期生のなかでも戦車の操縦はとびきり下手であったが、「俺は将来、戦車1個小隊をもらって蒙古馬賊の大将になるつもりだ」などと冗談を言うなど、笑みを絶やさない明るい性格で同期生たちの癒しになっていた[10]

部隊で一緒だったのが石濱恒夫であり、石濱と司馬はこの時以来、司馬が亡くなるまで親交が深かった。

戦車学校で成績の良かった者は内地や外地へ転属したが、成績の悪かった者はそのまま中国に配属になり、これが生死を分けた。卒業後、満州国牡丹江に展開していた久留米戦車第一連隊第三中隊第五小隊に小隊長として配属される。翌1945年に本土決戦のため、新潟県を経て栃木県佐野市に移り、ここで陸軍少尉として終戦を迎えた。

敗戦にショックを受けた司馬は「なんとくだらない戦争をしてきたのか」「なんとくだらないことをいろいろしてきた国に生まれたのだろう」との数日考えこみ、「昔の日本人は、もう少しましだったのではないか」という思いが、後の司馬の日本史に対する関心の原点となり[11]、趣味として始めた小説執筆を、綿密な調査をして執筆するようになったのは「昔というのは、鎌倉のことやら、室町、戦国のころのことである。やがて、ごく新しい江戸期や明治時代のことも考えた。いくら考えても昭和の軍人たちのように、国家そのものを賭けものにして賭場にほうりこむようなことをやったひとびとがいたようには思えなかった」と考えた終戦時の司馬自身に対する「いわば、23歳の自分への手紙を書き送るようにして小説を書いた」[注釈 2][12]からであると述懐している[13]復員後は直ちに図書館通いを再開する。

記者時代

戦地からの復員後、生野区猪飼野東五丁目8にあった在日朝鮮人経営の新世界新聞社に大竹照彦とともに入社。1946年(昭和21年)、ふたたび大竹とともに新日本新聞京都本社に入社。同僚に青木幸次郎がいた[注釈 3]。このころから30歳を過ぎたら小説を書こうと考えるようになる。大学、宗教記事を書いたが、社は2年後に倒産、産経新聞社から「外語大卒だから英語くらいできるだろう」と誘われ、英語がまったくできないにもかかわらず「できます」と応じて京都支局に入る。入社して1か月も経たない1948年(昭和23年)6月28日午後、福井地震が発生し、その日のうちに福井の取材に行く。同年11月、歌人川田順失踪事件を取材[14]

翌年大阪本社に異動。1950年(昭和25年)の初夏に京都の岩屋不動志明院に宿泊し奇っ怪な体験をする。同年に金閣寺放火事件の記事を書いた(真っ先に取材に訪れた記者の一人とされる)。このころ京都の寺社周り・京都大学を担当し、その結果京都の密教寺院で不思議な僧侶らと出会ったり、石山合戦のときの本願寺側の兵糧方の子孫の和菓子屋と話したり、京都大学で桑原武夫貝塚茂樹らの京都学派の学者たちに取材したりするなど、後年の歴史小説やエッセイを執筆する種となる出会いがあった。このことは後年の自筆の回想記(多く『司馬遼󠄁太郎が考えたこと』に所収)に記されている。その後文化部長、出版局次長を務めた。文化部時代の同僚に廓正子がいる。

同年に大阪大学医局の薬剤師と見合いにより最初の結婚。1952年(昭和27年)に長男が誕生するが、1954年(昭和29年)に離婚。長男は実家の福田家に預けられ祖父母に養育される。この結婚及び、誕生した息子のことは、当時は一切公表されなかったが、司馬の死後の新聞報道により明らかになっている[15]

1955年(昭和30年)、『名言随筆・サラリーマン』(六月社)を発表。この作品は本名で発表したが、このほかにも「饅頭伝来記」など数作本名で発表した作品があるといわれる。さらに、当時親しくなっていた成田有恒寺内大吉)に勧められて小説を書くようになる。1956年(昭和31年)5月、「ペルシャの幻術師」が第8回講談倶楽部賞に応募(「司馬遼󠄁太郎」の名で投稿)、海音寺潮五郎の絶賛を受け同賞を受賞し、出世作となる[注釈 4]。また、寺内とともに雑誌『近代説話』を創刊した。『近代説話』『面白倶楽部』『小説倶楽部』に作品を発表し続け、1958年(昭和33年)7月、「司馬遼󠄁太郎」としての初めての著書『白い歓喜天』が出版される。当時は山田風太郎と並ぶ、伝奇小説の担い手として注目され、本格歴史小説の大家になろうとは予想だにされていなかった。さらに「梟のいる都城」(のち『梟の城』に改題)の連載を開始。

1959年(昭和34年)1月、同じ産経新聞記者の松見みどりと再婚[注釈 5]。12月に大阪市西区西長堀のアパートに転居。同じアパートに南海ホークス時代の野村克也がいた。『大坂侍』『梟の城』を発表。1960年(昭和35年)、『梟の城』で第42回直木賞を受賞、翌年に産経新聞社を退職して、作家生活に入る[18]

小説家時代

暗殺』(1964年)を監督した篠田正浩とともに

初期は直木賞を受賞した『梟の城』や『大坂侍』『風の武士』『風神の門』などの長編や、短編「ペルシャの幻術師」「果心居士の幻術」「飛び加藤」など、時代・伝奇小説が多い。忍者を主人公にした作品が多く「忍豪作家」(五味康祐ら「剣豪作家」にちなむ呼び名)とも呼ばれた。また、初期数編が西アジアを主要舞台としている点も(当時としてはなおのこと)異色でありながら、後年の創作へは(エッセイ等では同地への強い関心を維持しつつも)引き継がれなかった。推理小説も書き、『豚と薔薇』『古寺炎上』があるがあまり得意ではなくこの2作にとどまっている。

だが、1962年(昭和37年)より『竜馬がゆく』『燃えよ剣』、1963年(昭和38年)より『国盗り物語』を連載し、歴史小説家として旺盛な活動を本格化させた。この辺りの作品より、作者自ら、作中で随筆風に折込解説する手法が完成している。1964年(昭和39年)には、終のすみかとなる布施市下小阪(現在の東大阪市)に転居した。近所には付近の大地主であり上宮中学からの同級生の山澤茂雄がおり終生交流が続いたの(「近所の記」)ちに「猥雑な土地でなければ住む気がしない」と記している。1966年(昭和41年)、菊池寛賞を受ける。その後も『国盗り物語』に続き、『新史太閤記』『関ヶ原』『城塞』の戦国四部作を上梓した。

1971年(昭和46年)から、紀行随筆『街道をゆく』を週刊朝日で連載開始した。1972年(昭和47年)には明治の群像を描いた『坂の上の雲』の産経新聞での連載が終了。また、幕末を扱った『世に棲む日日』で吉川英治文学賞。初期のころから示していた密教的なものへの関心は『空海の風景』(日本芸術院恩賜賞)に結実されている。「国民的作家」の名が定着し始めるようになり、歴史を俯瞰して一つの物語と見る「司馬史観」と呼ばれる独自の歴史観を築いて人気を博した。1970年代中期から80年代にかけ、明治初期の『翔ぶが如く』や、『胡蝶の夢』、江戸後期の『菜の花の沖』、戦国期の『箱根の坂』などを著し、清朝興隆の時代を題材にした『韃靼疾風録』を最後に小説執筆を止める。「街道をゆく」や、月一回連載のエッセイ『風塵抄』、『この国のかたち』に絞り、日本とは、日本人とは何かを問うた文明批評を行った。

李登輝と対談する司馬

1981年(昭和56年)に日本芸術院会員1991年(平成3年)には文化功労者となり、1993年(平成5年)に文化勲章を受章した。このころから腰に痛みを覚えるようになる。坐骨神経痛と思われていたが、実際は直接の死因となる腹部大動脈瘤であった。それでも「街道を行く 台湾紀行」取材の折に、当時台北台湾総統だった李登輝との会談「場所の悲哀」[注釈 6]を行ったり、「街道を行く」取材で青森の三内丸山遺跡を訪れるなど精力的な活動を続ける。また、晩年にはノモンハン事件の作品化を構想していたといわれているが、着手されずに終わった[20]

1996年(平成8年)1月、「街道をゆく 濃尾参州記」の取材を終え、連載中の2月10日深夜に吐血して倒れ、大阪市中央区の国立大阪病院(現:国立病院機構大阪医療センター)に入院、2日後の2月12日午後8時50分、腹部大動脈瘤破裂のため死去した、72歳。同日は「菜の花忌」と呼ばれている[21]。死去した国立大阪病院は、奇しくも『花神』で書いた大村益次郎が死去した場所であった。絶筆「濃尾参州記」は未完となった。親族・関係者による密葬を経て、3月10日に大阪市内のホテルで「司馬遼󠄁太郎さんを送る会」が行われ、約3,000人が参列した。法名は、「遼󠄁望院釋淨定」。政府から従三位を追賜された。

翌年に司馬遼󠄁太郎記念財団が発足し、司馬遼󠄁太郎賞が創設された。2001年(平成13年)に、東大阪市の自宅隣に司馬遼󠄁太郎記念館が開館。司馬遼󠄁太郎記念室がある姫路文学館では毎年8月7日の生誕日に、ゆかりのゲストを迎えて「司馬遼󠄁太郎メモリアル・デー」を開催している。また、NHK大河ドラマ原作となった作品数は最も多く、「21世紀スペシャル大河ドラマ」(後にNHKスペシャルドラマと変更)と称する『坂の上の雲』を含めると7作品である。


注釈

  1. ^ 生涯井伏作品を愛読している。『別冊アサヒグラフ 井伏鱒二の世界』(朝日新聞社、1992年)にも井伏論を寄せている。
  2. ^ 第二次世界大戦終戦時点での司馬の年齢は正確には22歳で、正確な年齢を記述している著作もある。
  3. ^ 青木は後に『中外日報』編集局長、西本願寺の雑誌『大乗』の編集長を歴任。『梟の城』は、青木の伝手で『中外日報』に連載されている。
  4. ^ 多くの選者が無視し、一人がもっともな理由で痛烈に否定し、一人がそれ以上の激しさで推賞した。それが海音寺であった[16]
  5. ^ プロポーズの場所は大阪市電の電停であった[17]
  6. ^ 李登輝は同世代の愛読者であった。この対談は内外の注目を起こした。なお1989年には韓国ソウルで、当時韓国大統領だった盧泰愚と対談した[19]
  7. ^ 日本軍の損失、戦死者7,696人、行方不明者(捕虜も含む)1,021人、負傷者8,647人、合計17,364人。ソ連軍とモンゴル軍の損失、戦死者9,983人、負傷者16,662人、合計26,645人。
  8. ^ 司馬はソ連情報公開直後に書かれた、アルヴィン・D. クックス『ノモンハン―草原の日ソ戦 1939』朝日新聞社〈上・下〉、1989年。を読み、来日したクックスとも対談「ノモンハン事件はいつも古くて新しいですね」「書くよりも読者の側に回ってよかったと思いました。いい本でした」と見解を述べている。のち『東と西 対談集』朝日新聞社に収録。
  9. ^ 司馬もエッセイ集『司馬遼太郎の考えたこと』『軍神・西住戦車長』ではマレー作戦シンガポールの戦いを日本の戦車が武名をあげた唯一の例として、戦車らしいものをもたなかったイギリス軍相手に無人の野をゆくように突進し、島田豊作少佐率いる1個中隊18輌の戦車がイギリス軍2個師団を壊滅させたと記述している。
  10. ^ いわゆる下駄履きアパートではなく、現在で言う最新の高層マンションのような高級物件である。
  11. ^ 司馬は鹿内に「ハイジャッカー」とのニックネームをつけて呼んでいた[111]

出典

  1. ^ 史上初の大調査 著名人100人が最後に頼った病院 あなたの病院選びは間違っていませんか”. 現代ビジネス (2011年8月17日). 2019年12月22日閲覧。
  2. ^ 司馬 1998, p. 250.
  3. ^ M1 Garand Serial Numbers”. Fulton Armory. 2019年4月6日閲覧。
  4. ^ Bruce N. Canfield. “American Rifleman”. National Rifle Association of America. 2019年4月6日閲覧。
  5. ^ Mauser Kar98k Rifle”. World War II Database. Lava Development, LLC. 2019年4月6日閲覧。
  6. ^ The Lee-Enfield Rifle in World War II”. Sovereign Media. 2019年4月6日閲覧。
  7. ^ Russian erection”. Darryl Boyd. 2010年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月6日閲覧。
  8. ^ 司馬 1998, p. 9.
  9. ^ 司馬遼太郎『出身県別 現代人物事典 西日本版』p898 サン・データ・システム 1980年
  10. ^ “戦友が見た「戦車兵・司馬遼太郎」 苦難の中でも冗談や笑み「軍人らしくなかった”. 産経新聞. (2015年8月8日). https://www.sankei.com/article/20150808-PAZBPVF3SFMILPJGWWU6FRBOM4/2/ 2021年1月10日閲覧。 
  11. ^ 司馬 1998, pp. 7–8.
  12. ^ 司馬 1998, p. 7.
  13. ^ 司馬 1993, pp. 283–284.
  14. ^ 司馬は自身が「老いらくの恋」という見出しを付け流行語になったとしているが、それが記憶違いであることは当時を知る報道関係者らに否定されている(『新聞記者・司馬遼太郎』文春文庫、2013、p104)。司馬は事件のあとに川田から「老いらくの恋」の語が入っている詩を見せてもらったと「自伝的断章集成」に書いているが、その詩は川田が家出前に懇意にしていた朝日新聞編集局長に送られており、「老いらくの恋」は同紙の第1報から見出しに使われている。
  15. ^ 1994年2月14日日本経済新聞夕刊
  16. ^ 中公文庫 『歴史の世界から 改版』 中央公論新社 ISBN 978-4122021013、211頁。
  17. ^ 中公文庫 『歴史の中の日本 改版』 中央公論新社 ISBN 978-4122021037[要ページ番号]
  18. ^ この時期までは、産経新聞社『新聞記者司馬遼󠄁太郎』(文春文庫、2013年)、後輩の三浦浩『青春の司馬遼󠄁太郎』(朝日文庫、2000年)に詳しい。
  19. ^ 『文藝春秋』1989年8月号。[要ページ番号]
  20. ^ “東京新聞:「司馬史観」といわれる歴史観がある。作家の司馬遼太郎さんが…:社説・コラム”. 東京新聞 TOKYO Web. オリジナルの2012年1月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120109145047/http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2007043002012658.html 2019年4月6日閲覧。 なお、同コラムに書かれている半藤一利は、司馬の遺志を継ぐ意味も込めて、司馬の死後に『ノモンハンの夏』を著した。下記『清張さんと司馬さん』では司馬の心情を推量している。
  21. ^ 第25回菜の花忌シンポ、来年2月12日に東京で開催”. 産経ニュース (2021年12月3日). 2021年12月3日閲覧。
  22. ^ 名誉高知県人”. 高知県. 2022年7月25日閲覧。
  23. ^ 名誉市民”. 東大阪市. 2022年8月11日閲覧。
  24. ^ 渡辺については、『レトリックス—大衆文芸技術論』収録の「神の自意識-司馬遼󠄁太郎」を参照。清水については、彼の初期の短編小説「猿蟹の賦」および「商道をゆく」(講談社文庫の『蕎麦ときしめん』所収)を参照。
  25. ^ 小林 2010, p. 167.
  26. ^ 霍見芳浩「学者が斬る(97)米国の対イラク攻撃と司馬遼󠄁太郎の警告」『エコノミスト』81巻2号(2002年、毎日新聞社養老孟司「没後十年をむかえて 特別寄稿 司馬遼󠄁太郎さんの予言 司馬さんは今の危機を見通していたかのようだ」『文藝春秋』2006年1月号
  27. ^ 2016年3月29日付「朝日新聞」
  28. ^ 小林 2010, p. 147.
  29. ^ a b 司馬 1998, p. 10.
  30. ^ 司馬 1998, p. 51.
  31. ^ 小林 2010, p. 142.
  32. ^ 豊田 1986, p. 114.
  33. ^ 森 2016, p. 280.
  34. ^ a b c 小林 2010, p. 146.
  35. ^ NHK 戦後史証言プロジェクト 日本人は何をめざしてきたのか 2014年度「知の巨人たち」第4回 二十二歳の自分への手紙〜司馬遼太郎〜
  36. ^ 司馬 2004, pp. 179–180.
  37. ^ 司馬 1980, p. Kindle版523.
  38. ^ 司馬 1998, p. 130.
  39. ^ 半藤一利『プレジデント』1996年9月号 「司馬遼太郎とノモンハン事件」
  40. ^ a b NHKスペシャル|ノモンハン 責任なき戦い”. NHK. 2019年4月6日閲覧。
  41. ^ 豊田 1986, p. 118.
  42. ^ a b コロミーエツ, p. 82.
  43. ^ 豊田 1986, p. 115.
  44. ^ 加登川 1974, p. 186.
  45. ^ コロミーエツ, pp. 101, 125.
  46. ^ コロミーエツ, p. 109.
  47. ^ コロミーエツ, p. 145.
  48. ^ 葛原 2009, p. 69.
  49. ^ 小林 2010, p. 140.
  50. ^ コロミーエツ, p. 151.
  51. ^ 森 2016, p. 287.
  52. ^ 森 2016, p. 290.
  53. ^ 森 2016, p. 291.
  54. ^ 小林 2010, p. 151.
  55. ^ a b 小林 2010, p. 161.
  56. ^ 佐藤優「知を磨く読書 司馬遼太郎の語られざる本音 」週刊ダイヤモンド 2016年3月19日号
  57. ^ 高橋誠一郎. “《風立ちぬ》論Ⅳ――ノモンハンの「風」と司馬遼太郎の志”. 高橋誠一郎 公式ホームページ. 2019年4月6日閲覧。
  58. ^ 佐々木健悦『徳王の見果てぬ夢』社会評論社 2013年ISBN 978-4-7845-1349-9 pp.216-217
  59. ^ 秦 2012, p. Kindle版1448.
  60. ^ 小林 2010, p. 162.
  61. ^ a b 小林 2010, pp. 134–135.
  62. ^ 司馬 1980, pp. Kindle版1152-1162.
  63. ^ 『NHK人間講座.半藤一利 清張さんと司馬さん』NHK出版 2001年10月、改訂版2002年10月/ 文春文庫、2005年10月 111頁
  64. ^ 秦 2012, pp. Kindle版1329-1333.
  65. ^ 司馬 1974, p. 312.
  66. ^ 延吉 2002, p. 298.
  67. ^ 延吉 2002, p. 294.
  68. ^ 司馬 1996, p. 75.
  69. ^ 中央公論『歴史と人物』増刊「太平洋戦争-終戦秘話」、1983年8月(通巻第150号)351頁
  70. ^ 延吉 2002, p. 301.
  71. ^ ギルバート 2016.
  72. ^ 秦 2012, pp. Kindle版1382-1392.
  73. ^ 司馬 1980, p. Kindle版474.
  74. ^ a b 司馬 1980, p. Kindle版487.
  75. ^ 下田 2014, p. 106.
  76. ^ 司馬 2004, pp. 183–184.
  77. ^ 司馬 1980, p. Kindle版560.
  78. ^ 加登川 1974, p. 222.
  79. ^ "The Most Effective Jap Tank" from Intelligence Bulletin, July 1945
  80. ^ 加登川 1974, p. 214.
  81. ^ 新浪公司 「99A式“功臣号”挺进朱日和,五代传承两次跨越」2018年07月15日記事
  82. ^ 司馬 1980, p. Kindle版400.
  83. ^ ホワイト 1971, p. 表紙.
  84. ^ 下田 2014, p. 101.
  85. ^ Pacific Wrecks - U. S. Army Ordnance Museum (Aberdeen Proving Ground)”. Pacific Wrecks Inc.. 2019年4月6日閲覧。
  86. ^ 秦 2012, p. Kindle版1392.
  87. ^ 司馬 1980, p. Kindle版922.
  88. ^ a b 秦 2012, p. Kindle版1409.
  89. ^ “戦友が見た「戦車兵・司馬遼太郎」 苦難の中でも冗談や笑み「軍人らしくなかった”. 産経新聞. (2015年8月8日). https://www.sankei.com/article/20150808-PAZBPVF3SFMILPJGWWU6FRBOM4/3/ 2021年1月10日閲覧。 
  90. ^ 秦 2012, p. Kindle版1384.
  91. ^ 中井勝. “司馬遼太郎の全貌――戦車兵だった司馬さん 「文藝春秋2016年3月特別増刊号 司馬遼太郎の真髄」”. 本の話WEB. 文藝春秋. 2018年9月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月6日閲覧。
  92. ^ 加登川 1974, p. 229.
  93. ^ 秦 2012, pp. Kindle版1392-14001.
  94. ^ 例えば新潮社は自社のウェブサイトにて司馬の講演テープ『司馬遼󠄁太郎が語る 第二集 歴史小説家の視点』を「作家、司馬遼󠄁太郎の歴史に対するスタンスを提示した「司馬史観」の原点ともいえる講演」と宣伝している。
  95. ^ 読売新聞2004年2月21日13面「現代に生きる日露戦争」
  96. ^ a b 司馬遼太郎を「過去」にできない日本人(インタビュー) - honto+
  97. ^ なぜ司馬遼太郎作品は、「昭和のビジネスパーソン」に愛読されたのか? | ダ・ヴィンチWeb
  98. ^ 井桁幹人 塾主の戦争観に垣間見る司馬史観へのアンチテーゼ(塾生レポート) | 松下政経塾
  99. ^ 山田朗自由主義史観の克服と歴史教育の課題
  100. ^ 池田博男 司馬史観の犯罪性
  101. ^ 鈴木眞哉「司馬遼󠄁太郎先生、お言葉ですが……」(『戦国「常識・非常識」大論争!―旧説・奇説を信じる方々への最後通牒―』洋泉社、2011年)53-88頁
  102. ^ 大高忠雄は独身であり妻子はいない。(赤穂市史編纂室主幹「赤穂四十七士列伝」)。
  103. ^ a b c d e 江上茂『差別用語を見直す : マスコミ界・差別用語最前線』花伝社/共栄書房、2007年8月、54-57頁。ISBN 9784763404992 
  104. ^ 『竜馬がゆく』文庫版第6巻p.265[要文献特定詳細情報]
  105. ^ [1]
  106. ^ 記者時代の司馬遼太郎が「新論語」で描いたロマンと現実
  107. ^ 司馬遼太郎「異常な三島事件に接して」(毎日新聞 1970年11月26日朝刊)。徳岡 1999, p. 290
  108. ^ おじいちゃんと司馬遼太郎さん”. アンガールズ田中卓志オフィシャルブログ. Ameba (2015年8月15日). 2020年5月11日閲覧。
  109. ^ 「地球にひとりだけの人」-『岡本太郎著作集』第5巻月報 講談社(1979年)[要ページ番号]
  110. ^ 日経ビジネス2005年6月6日号「検証 狙われたフジサンケイグループ 資本のねじれ解消暗闘の13年」。
  111. ^ 「週刊ポスト」2009年6月5日号。[要ページ番号]
  112. ^ 『リベラルタイム』2007年5月号「永田町仄聞録 だから民主党はダメなのだ」など参照
  113. ^ 司馬 2011, pp. 9–10.
  114. ^ a b 司馬 2011, p. 10.
  115. ^ 司馬 2011, p. 35.
  116. ^ a b 司馬 2011, p. 11.
  117. ^ 司馬 2011, p. 13.
  118. ^ 好きな司馬作品ランキング”. 2023年1月11日閲覧。
  119. ^ 番組エピソード 大河ドラマ『竜馬がゆく』-NHKアーカイブス
  120. ^ 番組エピソード 大河ドラマ『国盗り物語』-NHKアーカイブス
  121. ^ 番組エピソード 大河ドラマ『花神』 NHKアーカイブス
  122. ^ 番組エピソード 大河ドラマ『徳川慶喜』 NHKアーカイブス
  123. ^ 番組エピソード 大河ドラマ『功名が辻』NHKアーカイブス
  124. ^ 『朝日新聞』1976年4月6日(東京本社発行)朝刊、22頁。
  125. ^ 朝日賞 1971-2000年度”. 朝日新聞社. 2022年9月2日閲覧。
  126. ^ 文藝春秋・1996年5月臨時増刊号を改訂。
  127. ^ 色川大吉・佐高信「対談 司馬遼󠄁太郎批判」を収録 - 岩波書店『世界』〈1998年1月号〉。
  128. ^ 東谷暁によるインタビュー 福井雄三「司馬遼󠄁太郎という悪しき戦後」『表現者』(2005年、西部邁事務所)






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「司馬遼太郎」の関連用語

司馬遼太郎のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



司馬遼太郎のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの司馬遼太郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS