1942年とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 学問 > 近世年表 > 1942年の意味・解説 

昭和17年 (みずのえうま 壬午)

昭和17年
年(年号)
1923年 (大正12年) 関東大震災
1928年 (昭和3年) 初の普通選挙実施
1932年 (昭和7年) 五・一五事件
1936年 (昭和11年) 二・二六事件
1941年 (昭和16年) 対英宣戦布告
昭和17年
1945年 (昭和20年) ポツダム宣言受諾
1946年 (昭和21年) 日本国憲法公布
1951年 (昭和26年) サンフランシスコ講和条約
1953年 (昭和28年) テレビ放送開始
1956年 (昭和31年) 国際連合加盟
1960年 (昭和35年) 東京タワー完成
1960年 (昭和35年) 日米新安保条約調印


昭和17年
幸田 露伴 1867年1947年(慶応3年昭和22年) 75
川上 貞奴 1871年1946年(明治4年昭和21年) 71
長谷川 如是閑 1875年1969年(明治8年昭和44年) 67
荒木 貞夫 1877年1966年(明治10年昭和41年) 65
大河内 正敏 1878年1952年(明治11年昭和27年) 64
吉田 茂 1878年1967年(明治11年昭和42年) 64
鏑木 清方 1878年1972年(明治11年昭和47年) 64
永井 荷風 1879年1959年(明治12年昭和34年) 63
石井 柏亭 1882年1958年(明治15年昭和33年) 60
福原 信三 1883年1948年(明治16年昭和23年) 59
高村 光太郎 1883年1956年(明治16年昭和31年) 59
鳩山 一郎 1883年1959年(明治16年昭和34年) 59
石橋 湛山 1884年1973年(明治17年昭和48年) 58
東条 英機 1884年1948年(明治17年昭和23年) 58
安田 靫彦 1884年1978年(明治17年昭和53年) 58
三浦 環 1884年1946年(明治17年昭和21年) 58
武者小路 実篤 1885年1976年(明治18年昭和51年) 57
平塚 らいてう 1886年1971年(明治19年昭和46年) 56
山田 耕筰 1886年1965年(明治19年昭和40年) 56
谷崎 潤一郎 1886年1965年(明治19年昭和40年) 56
松旭斎 天勝 1886年1944年(明治19年昭和19年) 56
柳 宗悦 1889年1961年(明治22年昭和36年) 53
古今亭 志ん生 1890年1973年(明治23年昭和48年) 52
山川 菊栄 1890年1980年(明治23年昭和55年) 52
近衛 文麿 1891年1945年(明治24年昭和20年) 51
河合 栄治郎 1891年1944年(明治24年昭和19年) 51
西条 八十 1892年1970年(明治25年昭和45年) 50
早川 徳次 1893年1980年(明治26年昭和55年) 49
加藤 シヅエ 1897年2001年(明治30年平成13年) 45
淺沼 稲次郎 1898年1960年(明治31年昭和35年) 44
土方 与志 1898年1959年(明治31年昭和34年) 44
溝口 健二 1898年1956年(明治31年昭和31年) 44
近衛 秀麿 1898年1973年(明治31年昭和48年) 44
吉野 源三郎 1899年1981年(明治32年昭和56年) 43
田河 水泡 1899年1989年(明治32年平成元年) 43
阪東 妻三郎 1901年1953年(明治34年昭和28年) 41
小林 秀雄 1902年1983年(明治35年昭和58年) 40
近藤 真柄 1903年1983年(明治36年昭和58年) 39
古川 縁波 1903年1961年(明治36年昭和36年) 39
美濃部 亮吉 1904年1984年(明治37年昭和59年) 38
堀 辰雄 1904年1953年(明治37年昭和28年) 38
榎本 健一 1904年1970年(明治37年昭和45年) 38
朝永 振一郎 1906年1979年(明治39年昭和54年) 36
湯川 秀樹 1907年1981年(明治40年昭和56年) 35
大岡 昇平 1909年1988年(明治42年昭和63年) 33才
黒澤 明 1910年1998年(明治43年平成10年) 32
三島 由紀夫 1925年1970年(大正14年昭和45年) 17才

1942年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 16:50 UTC 版)

1942年(1942 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、木曜日から始まる平年昭和17年。


  1. ^ 歴代内閣ホームページ情報:小泉純一郎 内閣総理大臣(第87代)”. 首相官邸ホームページ. 2020年12月8日閲覧。
  2. ^ "俳優の志賀勝氏死去 脇役俳優集団「ピラニア軍団」". 神戸新聞NEXT. 神戸新聞社. 4 April 2020. 2020年11月17日閲覧
  3. ^ 作詞家・岡本おさみさんが死去 「旅の宿」「襟裳岬」など オリコンスタイル 2020年11月23日閲覧
  4. ^ “「五輪の名花」チャスラフスカさん死去 女子体操で金”. 朝日新聞. (2016年8月31日16時36分). http://www.asahi.com/articles/ASJ8053Y5J80UTQP021.html 2020年12月26日閲覧。 
  5. ^ 地井武男さん死去、70歳…「北の国から」「ちい散歩」”. スポニチ Sponichi Annex 芸能 (2012年6月29日). 2020年11月21日閲覧。
  6. ^ Masa Saito passes away”. WWE.com (2018年7月16日). 2020年12月17日閲覧。
  7. ^ “マサ斎藤さんが死去 アントニオ猪木氏と巌流島で死闘”. 東スポWEB (東京スポーツ新聞社). (2018年7月16日). https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/mens_prores/1065340/ 2020年10月27日閲覧。 
  8. ^ “女優の江波杏子さんが肺気腫のため死去 76歳”. スポーツ報知. (2018年11月2日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181102-OHT1T50118.html 2020年12月12日閲覧。 
  9. ^ 「ミスター社会人」高梨英夫氏が死去、76歳”. SANSPO.COM(サンスポ) (2018年12月29日). 2020年11月21日閲覧。
  10. ^ 山下清海(2014)"斎藤 功先生のご逝去を悼む"地理学評論日本地理学会).87(4):351-352.(351ページより)
  11. ^ 川又千秋 『総統兵団2001 虚空篇』中央公論社、1995年、7-12,151,152,177頁。ISBN 978-4-12-202274-4 
  12. ^ かわぐちかいじ 『ジパング 1』講談社、2001年、23,38-64,76,113頁。ISBN 978-4-06-328731-8 
  13. ^ 矢野徹 『昇天する箱舟の伝説』早川書房、1974年、154,155,162-190,194,195,212-216頁。ISBN 978-4-15-030042-5 
  14. ^ ホルヘ・ルイス・ボルヘス伝奇集岩波書店、1993年、21,22,34-40頁。ISBN 978-4-00-327921-2 



1942年(昭和17年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/01/04 04:33 UTC 版)

第三五航空隊」の記事における「1942年(昭和17年)」の解説

2月1日 第三艦隊隷下比島部隊所属機を捻出し開隊第三艦隊附属。(艦上爆撃機8)。 2月8日 マカッサル上陸作戦決行翌日にはマロス飛行場占領2月16日 フィリピン進出途中の6機が台湾三叉郡にて、高圧線および山腹に激突西岡司令以下全員殉職した。 3月30日 セレベス島防衛のために第二十三特別根拠地隊編制され、その隷下に入る。 6月20日 第二南遣艦隊直率に変更11月1日第九五六海軍航空隊」に改称11月10日 ラバウル進出第六空襲部隊編入12月1日 解隊沿革あるように、地道な対潜哨戒任務延々と続いたため、際立った独自の活動極めて少ないラバウル大規模な艦爆隊の活動があったのは、11月12日からの第三次ソロモン海戦の上支援16日ブナ海岸への対地攻撃であるが、ここでも独自の活動物語資料少ない。ラバウル進出から20日九五六空廃され大部分は五八二空編入された。

※この「1942年(昭和17年)」の解説は、「第三五航空隊」の解説の一部です。
「1942年(昭和17年)」を含む「第三五航空隊」の記事については、「第三五航空隊」の概要を参照ください。


1942年(昭和17年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/13 06:40 UTC 版)

第十九航空隊」の記事における「1942年(昭和17年)」の解説

2月1日 マーシャル諸島機動部隊接近。クェゼリン・ヤルート空襲マロエラップ環礁艦砲射撃。 エビジェ隊・イミエジ隊ともに全機出撃中のため機体被害なし。機動部隊追尾成功するが、攻撃隊接触失敗7月24日 第六根拠地隊第四空襲部隊千歳空第十航空隊)が対潜哨戒協定8月17日 アメリカ海兵隊ギルバート諸島マキン島奇襲上陸。イミエジ隊が偵察攻撃10月28日 ギルバート諸島東方海上水上艦による哨戒打ち切り。エビジェ隊2機をアベママ島派遣し哨戒代行11月1日第九五二海軍航空隊」に改称

※この「1942年(昭和17年)」の解説は、「第十九航空隊」の解説の一部です。
「1942年(昭和17年)」を含む「第十九航空隊」の記事については、「第十九航空隊」の概要を参照ください。


1942年(昭和17年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/14 14:26 UTC 版)

高松市の歴史」の記事における「1942年(昭和17年)」の解説

衣料品総合切符 日本銀行高松支店開店する石清尾八幡宮前で高松市翼賛壮年団結団式が行われる。 翼賛選挙 高松市議会翼賛統一会派結成する大日本婦人会高松支部結成される食糧事業により主要食の消費規制強化される

※この「1942年(昭和17年)」の解説は、「高松市の歴史」の解説の一部です。
「1942年(昭和17年)」を含む「高松市の歴史」の記事については、「高松市の歴史」の概要を参照ください。


1942年(昭和17年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 07:53 UTC 版)

太平洋戦争の年表」の記事における「1942年(昭和17年)」の解説

1月2日 日本軍ルソン島マニラ無血占領1月8日 連合軍タイ攻撃開始1月11日 日本軍マレー半島クアラルンプール占領日本オランダに宣戦布告1月15日 日本軍英領ビルマ(現ミャンマー攻撃部隊タイ集結1月23日 日本軍ニューブリテン島ラバウル占領1月24日 バリクパパン沖海戦1月25日 タイ英米宣戦布告日本軍バリクパパン占領1月27日 エンドウ沖海戦1月31日 日本軍タイからビルマ侵攻開始マレー半島ジョホールバル占領2月 アメリカ人スティルウィルが中国国民党参謀となる。 2月1日 日本軍シンガポール石油施設砲撃米機部隊マーシャル諸島来襲2月4日 ジャワ沖海戦2月7日 日本軍シンガポール北東ウビン島牽制上陸2月8日 日本軍シンガポール北西海岸より上陸(シンガポールの戦い)。 2月14日 日本軍蘭領東インド(現インドネシアスマトラ島パレンバン落下傘部隊占領2月15日 シンガポールの英豪軍降伏2月19日 日本軍オーストラリアポートダーウィン空襲2月20日 バリ島沖海戦ニューギニア沖海戦2月24日 米機部隊ウェーク島来襲日本軍伊17潜、カリフォルニア州サンタバーバラ砲撃2月26日28日 スラバヤ沖海戦3月 フィリピン統一抗日人民軍フク団結成3月 米、中国に5億ドル借款成立3月1日 バタビヤ沖海戦日本軍蘭領東インドジャワ島スラン上陸3月4日 米機部隊南鳥島来襲3月5日 日本軍ジャワ島バタビア(現ジャカルタ)を占領3月7日 東インドオランダ軍降伏3月8日 日本軍、英委任統治領ニューギニア島ラエサラモア上陸占領東部ニューギニアの戦い)。ビルマ(現ミャンマーラングーン(現ヤンゴン占領3月13日 アメリカ軍フィリピン司令官マッカーサーフィリピンから逃亡4月5日-9日 日本軍セイロン(現スリランカコロンボ英軍基地空襲セイロン沖海戦4月18日 米空母から発進したB-25爆撃機によるドーリットル空襲東京初空襲)。 5月1日 日本軍ビルマ中部マンダレー占領5月3日 日本軍ソロモン諸島ツラギ占領MO作戦始まる)。 5月4日 日本軍英領ビルマのアキャプ占領ビルマ制圧完了南方作戦完遂5月7日-8日 米領フィリピン・コレヒドール島の米軍降伏珊瑚海海戦日本軍ポートモレスビー攻略作戦放棄)。 5月10日 日本軍ミンダナオ島占領5月29日 日本軍特殊潜航艇マダガスカル島ディエゴ・スアレスイギリス軍基地攻撃マダガスカルの戦い)。 5月31日 日本軍特殊潜航艇オーストラリアシドニーイギリス軍艦艇攻撃特殊潜航艇によるシドニー港攻撃)。 6月5日-7日 ミッドウェー海戦日本軍赤城加賀蒼龍飛龍4空母と艦載機390機を失う大敗6月7日 日本軍、米アリューシャン列島キスカ島上陸占領6月8日 日本軍アリューシャン列島アッツ島上陸占領6月8日 日本国政府によって、明治以来東京帝国大学頂点として成り立ってきた西欧起源最高学府ではなく東洋文化根源とする初の国策最高学府・「興亜工業大學後の千葉工業大学)」が設立され第1回入学式挙行される。 6月16日 日本軍ニューギニア島ポートモレスビー連合軍基地空襲6月20日 伊26潜、バンクーバーカナダ軍基地砲撃6月21日 伊25潜、オレゴン州アストリア米軍基地砲撃7月 日本軍フィリピン全土占領8月 イギリス領インド反英暴動8月7日 米軍ソロモン諸島ガダルカナル島ツラギ島、ガブツ島、タナンボゴ島に上陸ガダルカナル島の戦い連合軍本格的反攻始まる)。 8月8日 第一次ソロモン海戦 8月17日 アメリカ軍マキン奇襲上陸 8月24日 第二次ソロモン海戦 9月9日 伊25潜より発進した艦載機アメリカ本土オレゴン州空襲9月15日 伊19潜、米空母ワスプ撃沈9月29日 伊25潜より発進した艦載機アメリカ本土オレゴン州再度空襲 10月 英米中国における治外法権撤廃声明不平等条約廃止10月 重慶英米中ソ対日作戦会議10月11日 サボ島沖海戦 10月13日 戦艦金剛と同榛名によるヘンダーソン基地艦砲射撃が行われる 10月26日 南太平洋海戦米軍稼動空母が0隻になる。しかし、日本軍真珠湾攻撃以来熟練搭乗員多数失う。 11月12日 第三次ソロモン海戦始まる。 11月13日 戦艦比叡沈没11月15日 戦艦霧島撃沈される。 11月30日 ルンガ沖夜戦 12月8日 ニューギニア島バサプアの日本軍全滅

※この「1942年(昭和17年)」の解説は、「太平洋戦争の年表」の解説の一部です。
「1942年(昭和17年)」を含む「太平洋戦争の年表」の記事については、「太平洋戦争の年表」の概要を参照ください。


1942年(昭和17年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 02:39 UTC 版)

猛暑」の記事における「1942年(昭和17年)」の解説

7月下旬から8月中旬にかけては全国的に顕著な高温となり、福島市(39.1)、長野県松本市(38.5)、福井県福井市(38.6)、三重県伊賀市上野(38.8)、東京都八丈島(34.8)、高知県室戸岬(35.0)、同土佐清水市(35.5)、富士山(17.8)と、多くの地点この年観測され最高気温が現在でも単独で史上1位記録となっている。名古屋では7月平均最高気温が35.2京都市では35.0達したまた、京都市では35以上の日数36日を数え観測史上最も多い。また区内観測所記録では愛知県豊田市で41.8瀬戸市奈良県御所市(41.0)など東海地方から中国・四国地方内陸部中心に17地点40以上を観測した。しかし8月下旬一転してかなりの低温になった

※この「1942年(昭和17年)」の解説は、「猛暑」の解説の一部です。
「1942年(昭和17年)」を含む「猛暑」の記事については、「猛暑」の概要を参照ください。


1942年(民国31年、昭和17年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/13 09:55 UTC 版)

日中戦争関係年表」の記事における「1942年(民国31年昭和17年)」の解説

1月12日: 重光葵南京赴任汪兆銘国書奉呈

※この「1942年(民国31年、昭和17年)」の解説は、「日中戦争関係年表」の解説の一部です。
「1942年(民国31年、昭和17年)」を含む「日中戦争関係年表」の記事については、「日中戦争関係年表」の概要を参照ください。


1942年(昭和17年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 04:12 UTC 版)

昭和」の記事における「1942年(昭和17年)」の解説

シンガポールの戦いフィリピンの戦い4月18日ドーリットル空襲米陸軍機が東京府東京市神奈川県川崎市横須賀市愛知県名古屋市三重県四日市市兵庫県神戸市初空襲する。第21回衆議院議員総選挙6月4日ミッドウェー海戦関門鉄道トンネル開業戦艦武蔵竣工ガダルカナル島の戦い

※この「1942年(昭和17年)」の解説は、「昭和」の解説の一部です。
「1942年(昭和17年)」を含む「昭和」の記事については、「昭和」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1942年」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「1942年」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

1942年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1942年のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
江戸net江戸net
Copyright (C) 2022 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1942年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの第三五航空隊 (改訂履歴)、第十九航空隊 (改訂履歴)、高松市の歴史 (改訂履歴)、太平洋戦争の年表 (改訂履歴)、猛暑 (改訂履歴)、日中戦争関係年表 (改訂履歴)、昭和 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS