沿革とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 工芸 > > 沿革の意味・解説 

沿革

読み方:えんかく

沿革(えんかく)とは、ある組織制度事物時間と共にどのように変遷してきたかを示す言葉である。特に、企業学校地域国家などの成立から現在に至るまで歴史的な経緯を指すことが多い。沿革は、その組織制度背景理解するための重要な情報源となり、その特性価値観方針などを把握する手がかりとなる。 沿革は、公式ウェブサイトパンフレット記念誌などに記載され、その組織制度の歴史伝え役割果たしている。また、沿革を調査することで、その組織制度直面した課題解決策成果などを知ることができ、その組織制度現在の状況理解する上で有用である。

えん‐かく【沿革】

読み方:えんかく

《「沿」は前に因って変わらない、「革」は旧を改め新しくする意》物事移り変わり今日までの歴史変遷。「町の—」


歴史

(沿革 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/12/24 04:39 UTC 版)

歴史れきしギリシア語: ιστορία: historia、: history)は、何らかの事物が時間的に変遷したありさま[1]、あるいはそれに関する文書記録のことをいう。主に国家文明など人間社会対象とする[2][3]。記述されたことを念頭に置いている。


  1. ^ 「【歴史】」『日本語大辞典』(第一版)講談社、1989年、2102頁。 
  2. ^ 広辞苑「人類社会の過去における変遷・興亡のありさま」
  3. ^ 大辞林「人間社会が時間の経過とともに移り変わってきた過程と、その中でのできごと。また、それをある秩序・観点のもとにまとめた記録・文書」
  4. ^ 「【歴史科学】」『広辞苑』(第五版第一刷)岩波書店、2832頁。 
  5. ^ 「【歴史】」『広辞苑』(第五版第一刷)岩波書店、2832頁。 
  6. ^ a b c d 椿井 真也 (2019). 歴史的時間の固有性について. 立命館大学大学院 先端総合学術研究科. https://www.r-gscefs.jp/wp-content/uploads/2019/04/%E3%82%B3%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B915%E5%8F%B7_10_%E6%A4%BF%E4%BA%95%EF%BC%88%E8%AB%96%E6%96%87%EF%BC%89.pdf. 
  7. ^ a b c d e 溝井 裕一 (2009). 伝説と集合的記憶. 関西大学. https://www.kansai-u.ac.jp/Tozaiken/publication/asset/bulletin/42/61mizoi.pdf. 
  8. ^ 佐藤正幸『歴史認識の時空』pp4-5,知泉書館,2004年
  9. ^ 佐藤正幸『歴史認識の時空』pp8-10,知泉書館,2004年
  10. ^ E・H・カー『歴史とは何か』”. 塩川伸明. 2009年6月5日閲覧。[リンク切れ]
  11. ^ 陳舜臣『中国五千年(下)』講談社、1989年、49頁。ISBN 4-06-184562-4 
  12. ^ イースターが日本領土に? 外交“公”文書が歴史を作る - NHK
  13. ^ 岡崎勝世『世界史とヨーロッパ』講談社現代新書、2003年、020-024頁。ISBN 4-06-149687-5 


「歴史」の続きの解説一覧

沿革(マッターホルン・ゴッタルド鉄道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/05 05:57 UTC 版)

マッターホルン・ゴッタルド鉄道」の記事における「沿革(マッターホルン・ゴッタルド鉄道)」の解説

2003年1月1日 BVZツェルマット鉄道フルカ・オーバーアルプ鉄道統合マッターホルン・ゴッタルド鉄道となる。 2007年7月31日ブリーク-フィスプ-ツェルマット鉄道のカルペトラン - キッペルヴァルト間のキッペン付近新線切換 2007年12月4日フルカ・オーバーアルプ鉄道線のブリーク - ビッシ間路線変更、ナテルス駅廃止

※この「沿革(マッターホルン・ゴッタルド鉄道)」の解説は、「マッターホルン・ゴッタルド鉄道」の解説の一部です。
「沿革(マッターホルン・ゴッタルド鉄道)」を含む「マッターホルン・ゴッタルド鉄道」の記事については、「マッターホルン・ゴッタルド鉄道」の概要を参照ください。


沿革(笹子隧道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/27 10:44 UTC 版)

笹子隧道」の記事における「沿革(笹子隧道)」の解説

1936年昭和11年6月1日 - 起工 1937年昭和12年8月5日 - 竣工 1938年昭和13年)- 開通1952年昭和27年)- 一級国道20号指定1971年昭和46年4月24日 - 笹子トンネル有料道路無料開放に伴い国道指定解除され山梨県道212号日影笹子線移管される。 1998年平成10年1月8日 - 文化庁登録有形文化財(第19-0022号)に登録。 大月市坑口扁額 甲州市坑口 甲州市側の扁額

※この「沿革(笹子隧道)」の解説は、「笹子隧道」の解説の一部です。
「沿革(笹子隧道)」を含む「笹子隧道」の記事については、「笹子隧道」の概要を参照ください。


沿革(改修)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/20 01:07 UTC 版)

田柄川 (東京都)」の記事における「沿革(改修)」の解説

1871年明治4年) - 田柄用水田無用水から分水)が開削された。 1964年昭和39年) - 護岸工事実施1965年昭和40年4月1日 - 一級水系荒川水系および、同水系一級河川指定される1967年昭和42年) - 大正橋練馬区北町5か8丁目1974年廃橋)- 湿化味氷川台石神井川)間の地下鉄管埋め排水路として水量調整をする。一方、『練馬区現勢編』では「昭和42年北町二丁目旧2丁目?)富士見橋から分水して暗渠石神井川の湿化味所へ落とす工事完成」とある。 1971年昭和46年9月 - 下水道幹線とする目的で、暗渠化が始まる。 1973年昭和48年) - 北町2丁目河川跡で、最初緑道工事が始まる。3丁目、5丁目8丁目などで順次工事進捗1978年昭和53年6月21日 - 田柄川跡地緑道工事完成完成前まで北町小学校の裏は川で、正門並び現在のグリーンベルト入り口金網があり、その先は錦方面向かって川の流れ見えたグリーンベルト正門前の通り挟んで反対側=北町2丁目までしか完成していなかった)。 1981年昭和56年) - 上記練馬区年表』では「昭和53年田柄川跡地緑道工事完成と書かれているが、『練馬区現勢編』では川越街道渡ったエリアでは昭和55年56年緑道工事終えたとなっている。 菅原健二『川の地図辞典』にある「1981年水路姿を消す」と年が一致する1981年昭和56年) - 水路姿を消す1981年昭和56年4月3日 - 一級水系一級河川指定廃止される

※この「沿革(改修)」の解説は、「田柄川 (東京都)」の解説の一部です。
「沿革(改修)」を含む「田柄川 (東京都)」の記事については、「田柄川 (東京都)」の概要を参照ください。


沿革(中央本線)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/08 14:42 UTC 版)

小仏トンネル」の記事における「沿革(中央本線)」の解説

1901年明治34年8月1日 - 八王子 - 上野原開通小仏トンネル供用開始1964年昭和39年9月29日 - 高尾 - 相模湖複線化新小仏トンネル供用開始それに伴い既設小仏トンネル上り列車専用新小仏トンネル下り列車専用として供用開始1987年昭和62年4月1日 - 国鉄分割民営化に伴いJR東日本継承

※この「沿革(中央本線)」の解説は、「小仏トンネル」の解説の一部です。
「沿革(中央本線)」を含む「小仏トンネル」の記事については、「小仏トンネル」の概要を参照ください。


沿革(中央自動車道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/08 14:42 UTC 版)

小仏トンネル」の記事における「沿革(中央自動車道)」の解説

1968年昭和43年12月20日 - 八王子IC - 相模湖IC開通に伴い供用開始2001年平成13年11月 - 上り線天井撤去2003年平成15年11月 - 下り線天井撤去2005年平成17年10月1日 - 日本道路公団民営化に伴い中日本高速道路継承

※この「沿革(中央自動車道)」の解説は、「小仏トンネル」の解説の一部です。
「沿革(中央自動車道)」を含む「小仏トンネル」の記事については、「小仏トンネル」の概要を参照ください。


沿革(有限会社スタック)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 03:38 UTC 版)

オーバーフロー (ブランド)」の記事における「沿革(有限会社スタック)」の解説

1997年3月 東京都目黒区青葉台3-21-1に有限会社スタック設立1997年5月 東京都千代田区神田神保町1-29 山村ビル移転1998年1月 TV放映デジタルアニメーション彩色開始2001年5月 東京都千代田区神田小川町2-4-5 ビル移転2008年2月 モーションキャプチャースタジオ開設 2008年4月 川口第二開発開設

※この「沿革(有限会社スタック)」の解説は、「オーバーフロー (ブランド)」の解説の一部です。
「沿革(有限会社スタック)」を含む「オーバーフロー (ブランド)」の記事については、「オーバーフロー (ブランド)」の概要を参照ください。


沿革(ニューアート・ラ・パルレ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 04:41 UTC 版)

NEW ART HOLDINGS」の記事における「沿革(ニューアート・ラ・パルレ)」の解説

ラ・パルレ 1978年昭和53年4月 - 創業当時店名は「総合美容パルコ」。 1990年平成2年9月 - 株式会社アクティブとして法人化1995年平成7年10月 - 「ラ・パルレ」に店名変更1999年平成11年8月 - 株式会社ラ・パルレ社名変更2002年平成14年5月1日 - 大阪証券取引所ヘラクレス上場2008年平成20年3月 - 悪質な勧誘行っていたとして、東京都から行政処分を受ける(行政処分の項)。行政処分後は50店舗以上が閉店になり、52店舗縮小2008年平成20年3月 - 継続企業の前提に関する疑義経営破綻するリスク)が生じた発表2008年平成20年7月 - 第三者割当増資美容研究家たかの友梨個人として引き受け同社筆頭株主となる。「業界唯一の上場企業である同社業績悪化によって、エステティック業全体地盤沈下防ぎたいという高野氏の意向と、美容家としてのプロデュース力に期待して迅速な業績回復図りたい同社考え合致したため」としている。本社を、東京都港区赤坂8-4-14 青山タワープレイス4Fから、東京都渋谷区代々木5-58-3 に移転2009年平成21年4月23日 - 借入返済資金運転資金調達のため、株式会社インデックス・コミュニケーションズ(後のジャック・メディア・キャピタル)、株式会社東京テレビランド2017年同名企業事業譲渡)、NISグループ株式会社2012年倒産)の3社に対して第三者割当増資実施2009年平成21年5月 - 渋谷区代々木本社新宿区新宿3丁目本店いずれも東京都千代田区外神田1-2-12移転2010年平成22年2月 - たかの友梨保有していた株式14のうち13を、ネオラインホールディングス株式会社2012年解散消費者金融ネオラインキャピタル株式会社(現:クロスシード2013年倒産)の親会社)に譲渡し同社筆頭株主になる。 2010年平成22年10月5日 - 民事再生手続開始申し立て負債額は27億円。経営再建のために日本振興銀行保有し中小企業振興ネットワーク加入したが、日本振興銀行倒産融資受けられなくなったほか特別損失発生し連鎖倒産となった。これを受けて大阪証券取引所5日ラ・パルレ <4357.OJ> 株式11月6日付で上場廃止にすると発表した10月5日から11月5日までは整理銘柄指定されるその後企業再生事業を行う株式会社スピードパートナーズ(現:八丁堀投資2014年倒産)の支援を受け、「ラ・パルレ」の事業商標権含めて2010年9月設立され株式会社ビューティーパートナーズに移された。2013年白石新たに設立した株式会社レッドウォールジャパンが新たな親会社となった2012年平成24年10月10日 - 旧ラ・パルレ解散清算会社となる。 ニューアート・ラ・パルレ 2014年平成26年7月 - 設立同時にビューティーパートナーズからエステティック事業承継

※この「沿革(ニューアート・ラ・パルレ)」の解説は、「NEW ART HOLDINGS」の解説の一部です。
「沿革(ニューアート・ラ・パルレ)」を含む「NEW ART HOLDINGS」の記事については、「NEW ART HOLDINGS」の概要を参照ください。


沿革(映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 09:30 UTC 版)

モンスターストライク (アニメ)」の記事における「沿革(映画)」の解説

2020年3月26日 - 公開発表2020年4月28日 - 新型コロナウイルス感染拡大防止考慮して公開延期発表2020年5月28日 - 新たな公開時期同年11月発表され同時にスペシャル編集版オンライン試写会開催発表2020年6月13日14日 - スペシャル編集版オンライン試写会が2夜連続開催2020年9月7日 - 正式な公開日11月6日発表同時に劇場予告映像解禁2020年9月11日 - XFLAG STOREローソン・ミニストップ本作の上映劇場で前売券ムビチケ)の発売開始2020年10月2日 - 完成披露オンライン試写会開催告知2020年10月4日 - 同日開催の『XFLAG PARK 2020 DAY2』アニメスペシャルステージで「緊急発表」として完成披露オンライン試写会詳細本編映像新規カット追加する事が発表2020年10月22日 - 同日配信の『モンストニュース』で鑑賞特典詳細発表2020年10月24日 - 完成披露オンライン試写会開催都内劇場監督の静野、脚本担当本田主題歌担当オーイシオラゴン役の福島サプライズルシファー役の日笠登壇2020年11月19日 - 同日配信の『モンストニュース』で鑑賞特典追加発表2021年2月18日 - NBCユニバーサル・エンターテイメントからBlu-ray/DVD同年5月28日発売する事が決定し同日予約開始2021年4月29日 - Amazonプライム・ビデオなどの一部動画配信サービスデジタルセル配信開始

※この「沿革(映画)」の解説は、「モンスターストライク (アニメ)」の解説の一部です。
「沿革(映画)」を含む「モンスターストライク (アニメ)」の記事については、「モンスターストライク (アニメ)」の概要を参照ください。


沿革(ベイコムチャンネル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 15:23 UTC 版)

ベイ・コミュニケーションズ」の記事における「沿革(ベイコムチャンネル)」の解説

2007年4月1日 - デジタル放送向けの『Baycomチャンネル』を111chで放送開始関西ケーブルテレビ初)。 2008年9月1日 - サブチャンネルとして112・113chで『Baycomチャンネル2』・『Baycomチャンネル3』の放送マルチ編成開始2011年7月1日 - 111112・113chのチャンネル名称を『ベイコム11ch』とし、ハイビジョン放送データ放送開始画面比率4:3画角情報設定がなくなる。 8月1日 - 『ベイコム12ch』の放送開始当初121・123chのみ使用)。

※この「沿革(ベイコムチャンネル)」の解説は、「ベイ・コミュニケーションズ」の解説の一部です。
「沿革(ベイコムチャンネル)」を含む「ベイ・コミュニケーションズ」の記事については、「ベイ・コミュニケーションズ」の概要を参照ください。


沿革(スマートEX)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 22:33 UTC 版)

エクスプレス予約」の記事における「沿革(スマートEX)」の解説

2017年9月30日 - スマートEXサービス群開始2021年3月6日 - 交通系ICカード最大6まで追加登録可能になる

※この「沿革(スマートEX)」の解説は、「エクスプレス予約」の解説の一部です。
「沿革(スマートEX)」を含む「エクスプレス予約」の記事については、「エクスプレス予約」の概要を参照ください。


沿革 (日本)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 18:46 UTC 版)

意思決定支援法制」の記事における「沿革 (日本)」の解説

日本意思決定支援法制大きく変わるきっかけになった出来事二つある。一つ目2000年4月1日成年後見制度施行されたことであり、二つ目2017年平成29年3月24日内閣が「成年後見制度利用促進基本計画」を決定したことである。 1898年明治31年)に施行され民法旧民法)は、「心神喪失常況ニ在ル者」を禁治産者とし(7条)、「心神耗弱者及ヒ浪費者」を準禁治産者としていた(11条)。禁治産者保護者後見人こうけんにん)と呼ばれ準禁治産者保護者保佐人ほさにん)と呼ばれていた(840条、841条、11条)。 本人配偶者がいるときは、配偶者当然に後見人又は保佐人になっていた(840条、847条1項)。後見人又は保佐人複数選任することはできず(843条、847条1項)、法人後見人になることを想定した規定置かれなかった。また、禁治産者法律行為どのようなものでも原則として取り消すことができるものとされ(9条)、禁治産者自身意思決定に関する条文は、禁治産者法律行為相手方に対して詐術用いて禁治産者でないと誤解させようとしたときは、禁治産者法律行為取り消し得ないものとなる(20条)という、制裁的なものしかなかった。他方で、保佐人には同意権があるだけで(12条)、取消権があるか否か学説でも争いがあり、代理権はなかった。このように準禁治産者に関する保護禁治産者に関する保護大きく異なっており、準禁治産者判断能力程度に応じて段階的に保護するという発想希薄であったまた、浪費者準禁治産者としていたことからも分かるとおり、支援の基準は「客観的に本人利益適うか否かであり、な本人意思選好といった「主観的な本人利益軽視されていた。 つまり、旧民法禁治産準禁治産制度想定する本人保護」とは「本人不合理な意思決定による財産流出家族食い止める」というものであり、家産保護重視されていた。そこには、本人自律的な意思決定支援するという発想希薄であったこのような旧制度設計思想が、成年後見制度新設後も、制度の運用大きな影響及ぼした1999年平成11年12月1日に「民法一部改正する法律」(平成11年法律149号)、「任意後見に関する法律」(同第150号)、「民法一部改正する法律の施行に伴う関係法律の整備に関する法律」(同第151号)、「後見登記等に関する法律」(同第152号)が成立し2000年平成12年4月1日施行された。新法補助制度新設した。補助は、本人被補助人)が自らの意思で、保護者補助人)に与え同意権取消権代理権の範囲ある程度調整できる制度である。 準禁治産保佐改正した新法は、判断能力低下伴わない単なる浪費者対象から外し保佐人同意権対象行為取り消す権限与え本人被保佐人)の意思に基づき保護者保佐人)に代理権与えることを可能にした。 禁治産成年後見改正した新法は、日用品購入その他日常生活に関する行為取消権対象から外した配偶者当然に保護者とする制度廃止した新法は、複数保護者及び法人保護者認めることを明示するとともに保護者選任する際の考慮事情として、保護者本人との利害関係有無及び本人意見挙げた保護者本人意思尊重する義務及び本人身上配慮する義務課した任意後見制度新設した。任意後見は、本人契約により保護者任意後見人)を選択できる制度である。 市町村長法定後見開始申立権限与えた禁治産者準禁治産者一律に課されていた各種資格制限見直した禁治産宣告準禁治産宣告戸籍記載廃止し成年後見登記制度新設した。 このように新法本人自己決定尊重残存能力活用ノーマライゼーション等の理念従来本人保護理念との調和目指し柔軟利用しやすい制度作ることを目指していた。 新法施行後成年後見制度利用件数推移は、次のとおりである。「成年後見」、「保佐」、「補助」はそれぞれ年間2007年平成19年以前4月から3月までの年度、2008年平成20年以降暦年)の開始申立件数、「任意監督」は年間任意後見監督人選任申立件数、「後見合計」はこれらの合計、「管理継続」は年間末日現在で家庭裁判所管理継続中本人数を意味する西暦 2000 2003 2006 2009 2012 2015 2017 成年後見 7,451 14,482 29,380 22,983 28,472 27,521 27,798 保佐 884 1,627 2,030 2,837 4,268 5,085 5,758 補助 621 805 859 1,043 1,264 1,360 1,377 任意監督 51 192 360 534 685 816 804 後見合計 9,007 17,086 32,629 27,397 34,689 34,782 35,737 管理継続 N.A. N.A. N.A. N.A. 166,289 191,335 210,290 新法制定同時期に日本社会福祉制度全体で、提供主体を行政機関から民間事業者移していく動き本格化し、福祉事業者契約をする必要に迫られ利用者成年後見開始申し立てるようになった例えば、2006年平成18年4月障害者自立支援法施行伴って病院入所施設から診療契約等の締結求められ利用者家族が、日本各地一斉に成年後見開始申し立てたこのような背景もあって、新法施行当初は、成年後見制度順調に利用されているとの評価があった。 しかし、成年後見年間申立件数28,000程度伸び止まっている。保佐及び補助申立件数増加傾向にあるが、元々申立件数自体少ない。任意後見監督人選任件数少ないままである。ドイツでは年間100万件を超える世話申立件数累計100万件をはるかに超える任意代理委任登録があることと比較すると、日本成年後見制度利用低調なままである。 その大きな要因は、制度設計及び家庭裁判所運用硬直的で、制度利用者メリット感じられないことにあった考えられている。その一端明らかにしたのが成年後見制度利用促進委員会における審議である。

※この「沿革 (日本)」の解説は、「意思決定支援法制」の解説の一部です。
「沿革 (日本)」を含む「意思決定支援法制」の記事については、「意思決定支援法制」の概要を参照ください。


沿革(豊水小学校)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/02 04:56 UTC 版)

札幌市公文書館」の記事における「沿革(豊水小学校)」の解説

1882年明治15年6月20日 - 藻岩学校第一分校開校校舎南1条西2丁目の豊振夜学校間借りしていた。 1884年明治17年12月27日 - 藻岩学校第一分校廃止し新たな学校設置する認可下りるその後直ち豊水学校設立南2条2丁目に仮校舎を置く(推定)。 1885年明治18年2月10日 - 南5条2丁目本校舎移転し開校式を挙行1886年明治19年4月1日 - 創成小学校第二分校となる。 1893年明治26年4月1日 - 豊水小学校となる。 1895年明治28年4月1日 - 豊水尋常小学校となる。 1900年明治33年11月24日 - 南8条西2丁目新校舎落成移転。この日を開校記念日とする。 1907年明治40年4月1日 - 豊水尋常高等小学校となる。 1931年昭和6年4月1日 - 豊水尋常小学校となる。 1941年昭和16年4月1日 - 豊水国民学校となる。 1947年昭和22年4月1日 - 豊水小学校となる。 1985年昭和60年11月24日 - 開校百周年記念式典挙行2004年平成16年) - 札幌市立資生館小学校統合され廃校

※この「沿革(豊水小学校)」の解説は、「札幌市公文書館」の解説の一部です。
「沿革(豊水小学校)」を含む「札幌市公文書館」の記事については、「札幌市公文書館」の概要を参照ください。


沿革(消防本部含む)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/20 00:09 UTC 版)

直方・鞍手広域市町村圏事務組合」の記事における「沿革(消防本部含む)」の解説

出典よる。 1952年昭和27年11月1日 - 宮田町消防本部宮田消防署設置 1975年昭和50年3月1日 - 宮田町鞍手町小竹町若宮町で、直方・鞍手広域市町村圏事務組合消防本部宮田消防署発足1976年昭和51年9月1日 - 鞍手出張所設置 10月1日 - 小竹出張所設置 1977年昭和52年3月1日 - 若宮出張所設置 7月21日 - 九州自動車道若宮古賀)の開設により当該区間の上下線における救急業務開始1979年昭和54年3月8日 - 九州自動車道八幡若宮)の開通により当該区間の上り線における救急業務開始2006年平成18年2月11日 - 宮田町若宮町合併し宮若市となる。

※この「沿革(消防本部含む)」の解説は、「直方・鞍手広域市町村圏事務組合」の解説の一部です。
「沿革(消防本部含む)」を含む「直方・鞍手広域市町村圏事務組合」の記事については、「直方・鞍手広域市町村圏事務組合」の概要を参照ください。


沿革(主に学科・コースの変遷)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/27 17:06 UTC 版)

東海大学付属熊本星翔高等学校」の記事における「沿革(主に学科・コース変遷)」の解説

1961年4月10日 - 「東海大学第二高等学校」、普通科電気科機械科開校 1985年 - 電子情報科を新設 1987年 - 普通科体育コース機械科電子機械コース生産機コース改編 1990年 - 学科普通科電子情報科に統合電気科機械科募集停止1992年 - 普通科体育コース募集停止 1999年 - 電子情報募集停止普通科を4コース制改編(特別進学コース・コミュニケーションコース・サイエンスコース・一般進学コース2003年12月 - 新校舎竣工式 2004年4月 - 東海大学第二高等学校から東海大学付属第二高等学校校名変更 2010年 - 普通科コミュニケーションコース募集停止 2012年 - 普通科コース制廃止特進クラス・サイエンスクラス・総合進学クラス2012年 - 東海大学付属第二高等学校から東海大学付属熊本星翔高等学校校名変更松前記念サッカー場人工芝竣工式

※この「沿革(主に学科・コースの変遷)」の解説は、「東海大学付属熊本星翔高等学校」の解説の一部です。
「沿革(主に学科・コースの変遷)」を含む「東海大学付属熊本星翔高等学校」の記事については、「東海大学付属熊本星翔高等学校」の概要を参照ください。


沿革(陸上自衛隊時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/24 01:20 UTC 版)

木更津駐屯地」の記事における「沿革(陸上自衛隊時代)」の解説

1968年昭和43年3月25日木更津駐屯地新設第1ヘリコプター団霞ヶ浦駐屯地より移駐1976年昭和51年9月12日台風17号9.12水害)による長良川決壊現場木更津駐屯地所属ヘリコプター11出動このうち1機が移動中に三河湾墜落して隊員3人が重軽傷1986年昭和61年12月19日:特別輸送飛行隊第1ヘリコプター団隷下新編1992年平成04年)3月27日:第4対戦車ヘリコプター隊新編配置

※この「沿革(陸上自衛隊時代)」の解説は、「木更津駐屯地」の解説の一部です。
「沿革(陸上自衛隊時代)」を含む「木更津駐屯地」の記事については、「木更津駐屯地」の概要を参照ください。


沿革(赤潮研究所・栽培漁業センターも含む)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/10/28 22:33 UTC 版)

香川県水産試験場」の記事における「沿革(赤潮研究所栽培漁業センターも含む)」の解説

1900年明治33年)- 6月15日香川県庁内に仮事務所設置翌年9月1日香川郡中笠居村(現:高松市香西本町)に移転遠洋漁業調査船・狭貫丸(さぬきまる)を建造 1901年明治34年)- 12月同所新庁舎完成1904年明治37年)- 製塩業対す試験機関坂出に、苦汁利用に関する試験場木田郡潟元村(現:高松市屋島西町)に設置1908年明治41年)- 3月製塩試験場苦汁試験場廃止1910年明治43年) - 県庁内務勧業課(現:農政水産部水産課)に移転1912年大正元年)- 調査船讃岐丸(26.35t・帆船)を建造1925年大正14年)- 県警所有船八栗丸を持って試験調査実施讃岐丸廃止)。 1928年昭和3年)- 9月漁業指導船・壽丸ことぶきまる。64.77t・帆船)を建造1929年昭和4年)- 高松市新港町(現:高松市浜ノ町)に移転1938年昭和13年)- 大川郡志度町(現:さぬき市)に新築移転1947年昭和22年) - 12月調査船「珠島丸」(たましままる。3.32t)を建造1954年昭和29年) - 3月調査船調査船「第2珠島丸」(2だいめ・たましままる。6.59t)を購入初代珠島丸は廃止1959年昭和34年) - 3月大型調査船香川丸」(かがわまる。211.09t)を建造。後に同船香川県立多度津水産高等学校移管1962年昭和37年)- 3月調査船第3珠島丸」(3だいめ・たましままる。10.66t)を建造。第2珠島丸は廃止1970年昭和45年)- 6月高松市屋島東町現在地)に庁舎完成移転1974年昭和13年)- 6月調査船・やくり(19.97t・FRP製)を建造第3珠島丸は廃止1980年昭和55年) - 4月赤潮研究部門開設1982年昭和57年) - 4月香川県栽培漁業センター水産試験場内に開設1983年昭和58年) - 4月水産試験場から赤潮研究部門独立し赤潮研究所発足1985年昭和60年)- 6月魚病検査完成1989年平成元年)- 6月調査船「第2やくり」(19t、軽合金製)を建造初代やくりは廃止2000年平成12年)- 6月水産試験場創立100周年記念式典開催 2006年平成16年)- 4月調査船第3やくり」(19t、軽合金製)を建造2代やくりは廃止同年10月第24回全国豊かな作り大会開催

※この「沿革(赤潮研究所・栽培漁業センターも含む)」の解説は、「香川県水産試験場」の解説の一部です。
「沿革(赤潮研究所・栽培漁業センターも含む)」を含む「香川県水産試験場」の記事については、「香川県水産試験場」の概要を参照ください。


沿革(歴史伝承を含む)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/12 07:02 UTC 版)

官軍」の記事における「沿革(歴史伝承を含む)」の解説

『日本書紀』の記す日本の歴史においては神武天皇即位前に現在の宮崎県から東征各地豪族鎮撫平定し、あるいは戦地切り抜けて大和国入り橿原に都を定めて日本建国したと説明され天皇親しく軍隊指揮した記述されている。その後崇神天皇時代四道将軍遣わされた。

※この「沿革(歴史伝承を含む)」の解説は、「官軍」の解説の一部です。
「沿革(歴史伝承を含む)」を含む「官軍」の記事については、「官軍」の概要を参照ください。


沿革(前史含む)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/05 03:18 UTC 版)

片桐機械」の記事における「沿革(前史含む)」の解説

1935年昭和10年4月 - 片桐繁次郎創立者として「片桐機械店」創立 1940年昭和15年5月 - 札市中央区南1条東3丁目に会社移転し工作機械取扱開始 1952年昭和27年3月 - 「片桐機械金属株式会社組織変更する。 1955年昭和30年4月 - 建設機械販売開始する 1972年昭和47年8月 - 日建リース工業との共同出資により日建片桐リース株式会社設立 1972年昭和47年1月 - 金属部門分離して片桐機械株式会社組織変更する。 1978年昭和53年5月 - 片桐社長就任社是社訓制定 1980年昭和55年8月 - レンタコムとの共同出資によりレンタリース片桐株式会社現・株会社レンタコム北海道)を設立 1985年昭和60年1月 - グァムにて創業50周年記念式典挙行 8月 - 札市中央区南1条東3丁目に片桐ビル完成 1990年平成2年) - 日本オフィス・システムとの共同出資により北海道オフィス・システム株式会社設立 1996年平成8年3月 - 北京にて創業60周年記念式典挙行 2003年平成15年6月 - 持株会社カタギリ・コーポレーション株式会社設立 2005年平成17年4月 - 創業70周年記念式典挙行 2011年平成23年4月 - 片桐機械株式会社セフテックス(兄弟企業)と合併する

※この「沿革(前史含む)」の解説は、「片桐機械」の解説の一部です。
「沿革(前史含む)」を含む「片桐機械」の記事については、「片桐機械」の概要を参照ください。


沿革(日本語版)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/09 10:10 UTC 版)

Level-R」の記事における「沿革(日本語版)」の解説

2006年12月15日から12月17日まで通信機能などのチェックのため技術テスト 2007年2月2日から2月16日までクローズドβテスト 2007年4月27日よりオープンβテスト長らくオープンβテスト期間が続く。 2008年10月21日より正式サービス開始2010年2月1日サービス終了告知が行われた 2010年3月15日正午を以て日本におけるサービス終了した

※この「沿革(日本語版)」の解説は、「Level-R」の解説の一部です。
「沿革(日本語版)」を含む「Level-R」の記事については、「Level-R」の概要を参照ください。


沿革(施設)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/01 21:33 UTC 版)

愛知県水産試験場」の記事における「沿革(施設)」の解説

1894年明治27年)- 5月幡豆郡一色町設置1936年昭和11年)- 1月本場宝飯郡三谷町(現:蒲郡市三谷町水神町通)に設置 1940年昭和15年)- 4月水産講習所(現:愛知県立三谷水産高等学校)を本場構内設置 1943年昭和18年)- 3月水産講習所廃止 1955年昭和30年) - 3月尾張分場知多郡横須賀町(現:愛知県東海市)に、内水面増殖指導所を西加茂郡猿投町(現:豊田市)に設置 1963年昭和38年)- 4月本場蒲郡市三谷町若宮移転同月尾張分場知多郡南知多町豊浜移転 1964年昭和39年)- 5月内水面分場鳳来養魚場南設楽郡鳳来町設置同年7月水産種苗供給施設尾張分場構内設置 1966年昭和41年)- 3月漁民研修所本場構内設置 1969年昭和44年)- 4月内水面分場幡豆郡一色町移転1974年昭和49年)- 5月内水面分場弥富指導所を海部郡弥富町(現:弥富市)に設置 1987年昭和62年)- 3月淡水魚研修棟ミニ水族館)を内水面分場弥富指導構内設置 1989年平成元年)- 3月尾張分場改築 1993年平成5年) - 3月内水面分場ウナギ養成施設等を設置 1994年平成6年) - 4月内水面研究所三河一宮指導所(旧:鳳来養魚場)を宝飯郡一宮町移転同年7月創立100周年記念式典挙行 1999年平成11年)- 12月エコシステム実験棟本場構内設置 2000年平成12年)- 4月本場改築

※この「沿革(施設)」の解説は、「愛知県水産試験場」の解説の一部です。
「沿革(施設)」を含む「愛知県水産試験場」の記事については、「愛知県水産試験場」の概要を参照ください。


沿革(ノボノルディスク社)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/25 14:41 UTC 版)

ノボノルディスク」の記事における「沿革(ノボノルディスク社)」の解説

1989年ノボ インダストリとノルディスク ゲントフテ統合ノボ ノルディスク設立1992年: ステノメモリアル病院とヴィドーレ病院統合ステノ糖尿病センター開設1994年北欧企業として初めて、年次環境報告書刊行1996年血友病患者向け血液製剤『ノボセブン』発売1999年世界で初めての専用ペンシステムで投与するリキッドタイプ成長ホルモン製剤『ノルディトロピンS注』発売経営体制再編実施ノボ ノルディスク財団新たに設立した投資会社Novo Holdings A/S(ノボ グループ)の傘下位置付け変更2000年産業用酵素事業ノボザイムズとして分社化2001年世界糖尿病財団設立2002年: 二相性インスリンアナログ製剤『ノボラピッド30ミックス発売2003年ペン型リキッドタイプ プレフィルド ヒト成長ホルモン製剤『ノルディトロピン ノルディフレックス』発売2004年: 持効型溶解インスリンアナログ製剤『レベミル』発売2005年ノボ ノルディスク血友病財団設立2006年世界自然保護基金WWF)と地球温暖化対策協定調印2009年ヒトGLP-1アナログ製剤ビクトーザ発売2013年:2剤目の持効型溶解インスリンアナログ製剤トレシーバ発売2014年遺伝子組換え血液凝固第VIII因子製剤『ノボエイト』静注発売2017年持続ヒトGLP-1アナログ製剤オゼンピック皮下注をアメリカ合衆国発売

※この「沿革(ノボノルディスク社)」の解説は、「ノボノルディスク」の解説の一部です。
「沿革(ノボノルディスク社)」を含む「ノボノルディスク」の記事については、「ノボノルディスク」の概要を参照ください。


沿革(長岡西高等学校)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 00:45 UTC 版)

新潟県立長岡明徳高等学校」の記事における「沿革(長岡西高等学校)」の解説

1967年1月1日 - 新潟県条例60号により定時制課程夜間設立認可される暫定的に校舎長岡商業高等学校長岡市水道町3丁目5番1号)と共有することに決定。第1学年生徒募集普通科2学級商業科1学級編成当時長岡商業高等学校長が長岡西高等学校長として兼務発令1967年3月19日 - 校章制定される1967年4月1日 - 新潟県立長岡西高等学校として開校する1967年4月7日 - 第1回入学式挙行される。 1967年4月12日 - 管理棟校長室事務室)が竣工する 1967年6月1日 - PTA結成され初代会長着任する1967年10月26 - ETA結成され初代会長着任する1969年4月14日 - 技能連携教育開始する1969年5月15日 - 校歌制定される1970年9月13日 - 校旗樹立される1971年3月14日 - 第1回卒業式挙行され初代卒業生65名が卒業する1974年4月1日 - 技能連携教育中断する1976年11月12日 - 商業科募集停止する1977年10月27日 - 創立10周年記念式典挙行され創立10周年記念誌を刊行する1977年11月18日 - 普通科1学級募集停止する1979年11月12日 - 長岡商業高校移転し完全独立となる。(創立記念日) 1980年3月31日 - グラウンド夜間照明施設設置する1983年5月25日 - 普通教室特別教室管理室棟(鉄筋コンクリート4階建)を竣工する1984年9月1日 - テニスコート2面完成する1985年4月1日 - 体育館竣工する1985年12月16日 - 駐車場舗装工事消雪施設一部完成する1986年11月9日 - 創立20周年記念並びに校舎竣工記念式典挙行され創立20周年記念誌を刊行する1987年3月28日 - グラウンド排水施設新設する1987年4月7日 - 米飯給食切替えを行う。 1987年9月30日 - 部室新築する1988年9月30日 - 自転車小屋新築する1992年1月24日 - コンピュータ施設設置する1993年5月11日 - 18日 - 新潟県学校環境衛生努力校として表彰を受ける。

※この「沿革(長岡西高等学校)」の解説は、「新潟県立長岡明徳高等学校」の解説の一部です。
「沿革(長岡西高等学校)」を含む「新潟県立長岡明徳高等学校」の記事については、「新潟県立長岡明徳高等学校」の概要を参照ください。


沿革(ロッテ・韓国ロッテリア運営期)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 07:07 UTC 版)

バーガーキング (日本)」の記事における「沿革(ロッテ・韓国ロッテリア運営期)」の解説

2006年11月29日 - ロッテリヴァンプ共同出資会社株式会社バーガーキングジャパン設立12月15日 - 株式会社バーガーキングジャパン米国バーガーキング社より日本における店舗展開権利取得する2007年6月8日 - 再上陸1号店となる「新宿アイランドイッツ店」を、新宿アイランドタワー低層部飲食店街「新宿アイランドIt's地下1階オープン8月17日 - アメリカ・バーガーキング社のサイドメニューオニオンリングOnion Rings)を商品化販売開始2008年10月20日 - 10号店「本厚木ミロード店」がオープン2010年8月21日 - ロッテリア韓国法人)がロッテらから経営権取得2011年5月29日 - 西武新宿店が閉店7月21日 - 関西エリア初出店となる「なんばセンター街店」がオープン8月16日 - 京都市に「河原町三条店」がオープン関西エリア2号店京都府初出店。 8月31日 - 1号店新宿アイランドイッツ店」が閉店8月31日 - 川越駅クレアモール商店街にあった川越クレアモール店」が閉店9月8日 - 大阪市に「アメリカ村店」がオープン関西エリア3号店。店舗数30店を超える9月25日 - 京成船橋駅北口船橋駅南口にあった京成船橋店」が閉店11月20日 - 「キュポ・ラ3階に「川口キュポ・ラ店」が開店カウンター越し直火焼き調理様子見られる小型店舗「BKグリルデザインコンセプト」として初出店。 11月29日 - 京都市四条河原町店がオープン。「BKグリルデザインコンセプト」店舗11月30日 - みなとみらいセンタービル1階にあったみなとみらい店」が閉店12月7日 - この日開業した小田急マルシェ町田店2階に「小田急マルシェ町田店」を出店2012年1月15日 - 千葉県我孫子市の「あびこショッピングプラザ」にあった「あびこショッピングプラザ店」が閉店1月15日 - 「小田原ダイナシティ店」が閉店2月28日 - 大阪市京橋駅地下街コムズガーデンにあった京橋コムズガーデン店」が閉店3月24日 - 「アクアシティお台場店」がオープン4月25日 - 北海道エリア初出店の「JR小樽駅店」がオープン4月27日 - 「北心斎橋店」がオープン5月6日 - 西新宿1丁目の「新宿西口店」が閉店5月16日 - 四谷三丁目駅前に四谷三丁目店」がオープン24時間営業6月27日 - 「新高円寺駅前店」がオープン7月6日東海エリア初出店の「イオンタウン千種店」がオープン7月13日 - 「札幌白石店」が開店。同店舗は、北海道エリア2店舗目にして、日本国内では初のドライブスルー店舗である。 7月25日 - 八王子市に「野猿街道東中野店」がオープン東京都内初のドライブスルー店舗8月11日沖縄エリア初出店の「沖映通り店」がオープン10月4日 - 「キュービックプラザ新横浜店」がオープン新横浜駅ビル・キュービックプラザ新横浜リニューアルにより、新幹線高架下別館飲食店街「ぐるめストリート」とした際に出店11月21日 - 「エミオ保谷店」がオープン12月14日 - 「阪急三宮駅前店」がオープン12月21日 - 静岡市に「静岡呉服町店」がオープン2013年7月26日 - 茨城県に「6号石岡店」がオープン2014年2月1日 - 岐阜県に「岐阜中鶉店」がオープン4月2日 - 静岡県に「島田店」がオープン11月1日 - 島根県に「松江南店」がオープン2015年5月 - 一部店舗のみで実施していたデリバリーサービスBK宅配サービス終了10月15日 - 鳥取県に「米子店」がオープン

※この「沿革(ロッテ・韓国ロッテリア運営期)」の解説は、「バーガーキング (日本)」の解説の一部です。
「沿革(ロッテ・韓国ロッテリア運営期)」を含む「バーガーキング (日本)」の記事については、「バーガーキング (日本)」の概要を参照ください。


沿革(長岡明徳高校)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 00:45 UTC 版)

新潟県立長岡明徳高等学校」の記事における「沿革(長岡明徳高校)」の解説

1997年4月1日 - 新潟県条例により新潟県立長岡明徳高等学校改称する。これに併せて校章制定校旗樹立新校歌制定し平成9年度入学生から単位制による定時制課程として、午前部3学級夜間部1学級編成する1997年7月15日 - 単位制改組し、学級増に伴う普通教室特別教室体育館竣工する1998年3月20日 - 第1回卒業式挙行する1998年11月15日 - 創立30周年記念式典記念講演会挙行する2007年10月27日 - 創立40周年記念式典記念講演会挙行し、創立40周年記念誌刊行する

※この「沿革(長岡明徳高校)」の解説は、「新潟県立長岡明徳高等学校」の解説の一部です。
「沿革(長岡明徳高校)」を含む「新潟県立長岡明徳高等学校」の記事については、「新潟県立長岡明徳高等学校」の概要を参照ください。


沿革(前史含む)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 23:34 UTC 版)

小林本店」の記事における「沿革(前史含む)」の解説

1878年明治11年9月 - 初代小林米三郎札幌市内において清酒製造販売創立 1916年大正5年2月 - 旧浅野セメント株式会社(現太平洋セメント株式会社特約店として全国特約販売開始 1927年昭和2年4月 - 旧日本石株式会社(現ENEOS株式会社)と石油特約営業販売開始 1964年昭和39年3月 - 個人営業改組し、「株式会社小林本店」を設立二代目小林米三郎社長に就任札幌営業所開設 1965年昭和40年8月 - 最初サービスステーション栗山開設 1969年昭和44年2月 - 三代目小林米三郎社長に就任 1984年昭和59年6月 - 札本社札幌市白石区南郷通新設移転 1994年平成5年) - 体制見直し企業全体推進小林酒造中核から小林本店中核へと漸次移行 2001年平成13年6月 - 現社長就任 2003年平成15年9月 - 外食事業部門新設により外食店舗まる田七番開店 2006年平成18年3月 - 年商高が100億円を超える 2008年平成20年4月 - 酒類販売業免許取得し小林本店でも酒の販売出来ようになった 2012年平成24年2月 - 全サービスステーションにて車両販売、及びウィング南郷サービスステーションにてレンタカー事業開始

※この「沿革(前史含む)」の解説は、「小林本店」の解説の一部です。
「沿革(前史含む)」を含む「小林本店」の記事については、「小林本店」の概要を参照ください。


沿革(小林分場も含む)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/04 00:24 UTC 版)

宮崎県水産試験場」の記事における「沿革(小林分場も含む)」の解説

1903年明治36年)- 4月宮崎県水産試験場現在地設置 1911年明治44年)- 4月県庁内に移転 1937年昭和12年)- 8月日南市油津分場延岡市土々呂出張所設置 1941年昭和16年)- 4月水産試験場日南市油津移転し土々呂出張所分場昇格 1947年昭和22年) - 10月水産試験場廃止し遠洋日南市油津)・沿岸延岡市土々呂)・淡水宮崎市恒久)の3漁業指導所を設置 1956年昭和31年)- 3月淡水漁業指導小林総合養魚場を、小林市南西方設置 1970年昭和45年)- 4月・各漁業指導所を廃止・分化し、再び現在地水産試験場設置 1980年昭和55年)- 5月水産試験場本場魚病指導総合センター設置 1981年昭和56年)- 4月延岡分場延岡市熊野江町移転栽培漁業センター設置 1982年昭和57年)- 3月小林分場出先機関、綾(東諸県郡綾町試験地廃止 1987年昭和62年)- 3月日南分場廃止 1988年昭和63年)- 2月水産試験場本場内に水産加工指導センターオープンラボ)を設置 1990年平成2年) - 4月水産試験場内の養殖研究施設増改築 1992年平成4年) - 3月延岡分場栽培漁業センター廃止。(財)宮崎県栽培漁業協会設立し同法人に移管1995年平成7年) - 3月小林分場施設更新 2003年平成15年)- 4月創立100周年同年5月第15代漁業調査船みやざき丸」竣工 2005年平成17年)- 4月2部6課制を3部制に再編 2008年平成20年)- 7月小林分場出先機関米良児湯郡西米良村試験地廃止

※この「沿革(小林分場も含む)」の解説は、「宮崎県水産試験場」の解説の一部です。
「沿革(小林分場も含む)」を含む「宮崎県水産試験場」の記事については、「宮崎県水産試験場」の概要を参照ください。


沿革(立命館宇治高校時代のものも含む。)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/19 13:47 UTC 版)

宇治高等学校」の記事における「沿革(立命館宇治高校時代のものも含む。)」の解説

1965年4月 学校法人宇治学園認可全日制家庭科女子高校として、宇治高等学校開校1966年4月 商業科女子)を併設する1967年 普通科女子設置商業科女子)から共学設置変更を行う。 1968年 普通科共学併設する家庭科第1回卒業式を行う。 1984年 商業科廃止1990年4月 制服変更を行う。(ブレザーとなる。) 1991年 普通科特別進学コース英数英国国際コース制定家庭科廃止普通科のみとなる。 1994年3月 宇治高校として最後卒業式を行う。 1994年4月 宇治高校として最後入学式を行う。(文理コース新設する。(注1)) 9月1日 立命館宇治高等学校となる。(三室戸キャンパス名づけられる。) FIRITS HOUSE生徒寮)の建設開始する。(以前竹林があり遺跡があった。) 1995年3月 立命館宇治高校として最初卒業式を行う。(1期生注2)) 立命館宇治高校として最初入学式を行う。制服変更を行う。 1997年3月 宇治高校入学した最後学年生徒卒業する。(3期生注2)) 1998年3月 立命館宇治高校入学した生徒最初卒業式を行う。(4期生注2)) 2002年3月 三室戸キャンパス閉校。現キャンパス宇治市広野町八軒屋谷へ移転。 (注1文理コース1994年新設されたが同年立命館宇治高校となったため、1度のみの募集となった。 (注2合併により、宇治高校入学した生徒立命館宇治高校入学した生徒2年混在した形となった。(95年 - 96年度)これにより、1期生合併した94年度から卒業した生徒からとする、あるいは合併後95年度から入学した生徒からとするのかは意見分かれている。OB会である鳳凰機関紙では、同窓会実施報告に関するページにおいて95年以前以後生徒ではその数字異なっている。

※この「沿革(立命館宇治高校時代のものも含む。)」の解説は、「宇治高等学校」の解説の一部です。
「沿革(立命館宇治高校時代のものも含む。)」を含む「宇治高等学校」の記事については、「宇治高等学校」の概要を参照ください。


沿革(クリムゾンインタラクティブ・ジャパンおよびインド本社)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/19 01:05 UTC 版)

クリムゾンインタラクティブ」の記事における「沿革(クリムゾンインタラクティブ・ジャパンおよびインド本社)」の解説

2005年11月25日 インドムンバイにてシャラド・ミッタルが創業現地法人Crimson Interactive Pvt. Ltd 2008年10月 出版大手丸善印刷大手DNP業務提携 2009年3月 クリムゾンインタラクティブ・ジャパンが営業開始 2009年3月 養老孟司竹中平蔵上野千鶴子日本代表する研究者専門家の英語に対す心構えエピソードについて取材構成した書籍『英語のバカヤロー!』(古屋裕子著、アース・スターエンターテイメント出版)を刊行 2009年4月 日本法人クリムゾンインタラクティブ・ジャパン設立CEO古屋裕子2009年9月 中国台湾で、エナゴが英文校正サービス開始 2009年11月 グローバル30大学業務提携 2010年2月 英文アブストラクト特化したサービス本格的に開始 2010年7月語論文の執筆投稿に関する情報提供するブログ(エナゴ学術情報アカデミー前身)を開始 2010年8月 国際品質認証ISO9001:2015取得 2010年11月 Red Herring社の Top 100 Asia Award受賞 2011年1月 Red Herring Top 100 Global Award受賞 2011年11月 アメリカ事務所開設2012年7月 ブラジルトルコ英文校正サービス開始 2012年8月 「エナゴ学術英語アカデミーホームページ公開 2012年10月 国際品質アワードInternational World Quality Commitment金賞受賞 2013年7月 SMEヒーローズチャレンジ最優秀賞受賞 2013年12月 国内最大級の学術データベースJDream上で翻訳校正サービス開始 2015年7月 ShareLaTeX提携し英文校正サービスポータルサイト開始 2016年1月 フューチャー・サイエンス・グループと業務提携 2017年1月 翻訳ユレイタスがインド国取引所INX)の開設協力 2017年3月 リサーチ・アドミニストレーター団体National Council of University Research Administrators (NCURA)とサービス提携 2017年3月 国際カトリック大学連盟サービス提携 2017年4月 国際大学評価機関クアクアレリ・シモンズ社とサービス提携 2017年4月 アメリカ科学振興協会サービス提携 2017年6月 英国学術出版Policy Pressサービス提携 2017年7月 学術出版Thiemeサービス提携 2018年1月 オープンアクセス・ジャーナルファインダー(Open Access Journal Finder:OAJF)提供開始 2018年2月 「n+iコンソーシアム」と論文作成著者支援連携 2018年4月 学術出版Wageningen Academic Publishersとサービス提携 2018年7月 SAEインターナショナル論文投稿支援サービス提携 2018年7月 フランス学術出版EDP Sciencesと論文投稿支援サービス提携 2019年2月 アメリカ電気化学会論文投稿支援サービス提携 2019年4月 オープンアクセス出版社IntechOpenと書籍の校正翻訳サービス提携 2019年4月 エナゴの経営陣STM出版専門家2名が参画 2019年9月 AI用いた原稿評価編集サービスAuthorONEの無料提供を開始

※この「沿革(クリムゾンインタラクティブ・ジャパンおよびインド本社)」の解説は、「クリムゾンインタラクティブ」の解説の一部です。
「沿革(クリムゾンインタラクティブ・ジャパンおよびインド本社)」を含む「クリムゾンインタラクティブ」の記事については、「クリムゾンインタラクティブ」の概要を参照ください。


沿革(合併後・両館共通項目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/11 17:16 UTC 版)

光市立図書館」の記事における「沿革(合併後・両館共通項目)」の解説

2004年(平成16年)10月4日光市旧大和町合併新光誕生 2007年(平成19年)4月23日 子どもの読書活動優秀実践図書館として文部科学大臣表彰を受ける 2014年(平成26年) 図書館まつり2014開催 2015年(平成27年) 図書館まつり2015開催 2016年(平成28年)3月1日 新図書館システム運用開始クラウドSaaS型システム移行。カーリルタッチの導入本館に子ども用図書検索端末導入 合併前の沿革及び合併後各館個別の沿革は、各館の節を参照

※この「沿革(合併後・両館共通項目)」の解説は、「光市立図書館」の解説の一部です。
「沿革(合併後・両館共通項目)」を含む「光市立図書館」の記事については、「光市立図書館」の概要を参照ください。


沿革(消防本部含む)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/07 19:42 UTC 版)

京築広域市町村圏事務組合」の記事における「沿革(消防本部含む)」の解説

出典よる。 1966年昭和41年1月1日 - 豊前市消防本部設置 1970年昭和45年10月31日 - 京築広域市町村圏事務組合設置組合管轄は2市7町21973年昭和48年4月1日 -豊前市消防本部廃止し京築広域圏消防本部設置消防本部管轄は1市6町212月10日 - 京都分遣設置 1974年昭和49年3月10日 - 西部分遣設置(仮庁舎3月18日 - 西部分遣設置(仮庁舎1978年昭和53年10月1日 - 分遣所を分署昇格勝山出張所設置2005年平成17年10月11日 - 新吉富村大平村合併し上毛町となる。組合管轄は2市8町(消防本部管轄は1市7町)。 2006年平成18年1月10日 - 椎田町築城町合併し築上町となる。管轄は1市6町。 3月20日 - 豊津町勝山町犀川町合併しみやこ町となる。(消防本部管轄は1市4町)。

※この「沿革(消防本部含む)」の解説は、「京築広域市町村圏事務組合」の解説の一部です。
「沿革(消防本部含む)」を含む「京築広域市町村圏事務組合」の記事については、「京築広域市町村圏事務組合」の概要を参照ください。


沿革(メンバー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 15:38 UTC 版)

グランダートユニオン」の記事における「沿革(メンバー)」の解説

2013年10月 - 発足2014年4月 - 運営開始。 《初期メンバー中村基礎工業 浪速試錐工業奈良重機工事 出雲建 アートフォースジャパン 土木管理総合試験2014年5月 - ケンシンテクノ

※この「沿革(メンバー)」の解説は、「グランダートユニオン」の解説の一部です。
「沿革(メンバー)」を含む「グランダートユニオン」の記事については、「グランダートユニオン」の概要を参照ください。


沿革(地盤技術)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 15:38 UTC 版)

グランダートユニオン」の記事における「沿革(地盤技術)」の解説

2014年4月 - 設計支援開始地盤調査設計・施工トータル支援システム開始深層混合処理工法 ファインパイル工法eco建築技術性能証明 GBRC12-25改 更二) ストレート型小口鋼管 スーパーNP-PACK工法eco建築技術性能証明 GBRC12-21) 丸太打設対策 LP-LiC工法一財 先端建設技術センター 技審証第2504) 地盤保証 GrounSfafe50 地盤調査設計・施工トータル支援システム e-soil 現場管理支援システム デジタルフォアマン 2014年11月 - 簡易土壌汚染調査グリーンテスト開始2015年10月 - 拡底翼型鋼管杭 ALKTOP工法国土交通大臣認定 TACP-0384、0385、建築技術性能証明 GBRC11-15、11-16、17-16) 2018年3月 - 深層混合処理工法 ファインパイル工法Civ.(建設技術性証明 BL 審査証明-032) 2020年4月 - 深層混合処理工法 ファインパイル工法Civ. NETIS国土交通省新技術情報提供システム)登録(KT-200042-A)

※この「沿革(地盤技術)」の解説は、「グランダートユニオン」の解説の一部です。
「沿革(地盤技術)」を含む「グランダートユニオン」の記事については、「グランダートユニオン」の概要を参照ください。


沿革(会社)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/05 05:44 UTC 版)

大成交通」の記事における「沿革(会社)」の解説

1970年昭和45年会社設立1998年平成10年4月1日 路線バスの運行開始路線バスの詳しい沿革について後述

※この「沿革(会社)」の解説は、「大成交通」の解説の一部です。
「沿革(会社)」を含む「大成交通」の記事については、「大成交通」の概要を参照ください。


沿革(アフィニティ・エクイティ・パートナーズ運営期)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 07:07 UTC 版)

バーガーキング (日本)」の記事における「沿革(アフィニティ・エクイティ・パートナーズ運営期)」の解説

2017年9月5日 - 株式会社ビーケージャパンホールディングスを設立2018年12月27日 - 津田沼駅南口店をオープン 2019年5月 - ロッテリア韓国法人)系の22店舗閉店7月7日 - 「イオンモール成田店」をオープン7月19日 - この日開業したキュープラザ池袋に「キュープラザ池袋店」を出店7月25日 - 「イオンモール土浦店」をオープン8月8日 - 「川崎ゼロゲート店」「ペリエ稲毛海岸店」がオープン8月29日 - 綱島駅前店がオープン横浜市港北区ではキュービックプラザ新横浜店に続き2店舗目。 10月3日 - 西大島駅前店がオープン11月11日 - 仙川駅南口のハーモニータウンせんがわ商店街に「仙川店」がオープン2020年1月13日 - キュービックプラザ新横浜店が閉店9月30日 - 「新宿京王モール店」が閉店11月5日 - 「イオン葛西店」をオープン11月12日 - 「イオン藤井寺ショッピングセンター店」をオープン11月21日 - この日開業したイオンタウンふじみ野1階に「イオンタウンふじみ野店」を出店11月27日 - この日開業したイオンタウン岡崎美合1階に「イオンタウン岡崎美合店」を出店愛知県では名古屋市外に初出店。 12月3日 - 「ニューポートひたちなか店」をオープン12月4日 - この日開業したイオンモール上尾1階に「イオンモール上尾」を出店12月7日 - 「アリオ鳳店」をオープン12月10日 - 「蕨駅東口店」をオープン12月15日 - 「ゆめタウン東広島店」をオープン12月15日 - 国立駅南口に「国立店」をオープン12月17日 - 「リノアス八尾店」をオープン12月23日 - 「イオンモール浜松市野店」をオープン12月25日 - 「イオンタウン富士南店」をオープン2021年1月25日 - 「祖師ヶ谷大蔵店」をオープン1月27日 - 「千歳烏山店」をオープン2月1日 - 「アトレ信濃町店」をオープン2月25日 - 「イオンモール幕張新都心店」をオープン12月24日 - 「アリオ加古川店」をオープン12月28日 - 「与野駅前店」をオープン2022年1月25日 - 「イオンタウン宇多津店」をオープン四国地方初出店。 4月20日 - 「大阪ベイタワー店」をオープン

※この「沿革(アフィニティ・エクイティ・パートナーズ運営期)」の解説は、「バーガーキング (日本)」の解説の一部です。
「沿革(アフィニティ・エクイティ・パートナーズ運営期)」を含む「バーガーキング (日本)」の記事については、「バーガーキング (日本)」の概要を参照ください。


沿革(路線バス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/05 05:44 UTC 版)

大成交通」の記事における「沿革(路線バス)」の解説

系統を示す停留所一部抜粋表記とする。 1998年平成10年4月1日 前年阪東自動車臼井線廃止を受け、旧印から委託を受け、印西牧の原駅 - 大廻道 - 岩戸 - 京成臼井駅 間(宗像路線)を運行開始2000年平成12年):印旛日本医大駅 - 鎌苅 - 古谷 - 岩戸 - 京成臼井駅間の運行及び、宗像循環運行開始北総線印旛日本医大駅開業に伴うもの。 2006年平成18年):印西牧の原駅 - 大廻道 - 岩戸 - 京成臼井駅及び宗像循環廃止京成臼井駅岩戸造谷印旛日本医大駅開通。これにより京成臼井駅印旛日本医大駅を2ルート造谷経由鎌苅経由)で結ぶ路線となり、2018年再編まで続いた2006年平成18年4月1日吉田地区への乗り入れ開始1日5便のみ。 2018年平成30年12月1日路線再編印旛日本医大駅 - 鎌苅 - 古谷 - 岩戸 - 京成臼井駅路線において、印旛日本医大駅から停留所新設の上印西牧の原駅まで延伸(赤ルート)。少数設定があった大成交通前行きの系統消滅京成臼井駅岩戸造谷印旛日本医大駅廃止し新たに日本医大 - 印西牧の原駅 - 造谷 - 師戸北 - 京臼井駅開通(青ルート)。 この再編より新たに師戸地区中心部乗り入れ印西牧の原駅への乗り入れ復活吉田地区への便も増便された他、角田地区への入口に「角田入口停留所設置された。

※この「沿革(路線バス)」の解説は、「大成交通」の解説の一部です。
「沿革(路線バス)」を含む「大成交通」の記事については、「大成交通」の概要を参照ください。


沿革(前史含む)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/07 14:12 UTC 版)

学校法人新墾藤学園」の記事における「沿革(前史含む)」の解説

1941年 学校法人藤学園土地購入 1945年 裁縫学校設置 1952年 学校法人設置養護学校設置 1954年 中学校設置 1958年 高等学校設置 1970年 廃止

※この「沿革(前史含む)」の解説は、「学校法人新墾藤学園」の解説の一部です。
「沿革(前史含む)」を含む「学校法人新墾藤学園」の記事については、「学校法人新墾藤学園」の概要を参照ください。


沿革(醒井養鱒場は除く)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/10 01:02 UTC 版)

滋賀県水産試験場」の記事における「沿革(醒井養鱒場は除く)」の解説

1900年明治33年)- 犬上郡福満村大字平田滋賀県水産試験場として開場する1906年明治39年)- 彦根城外堀養鯉試験実施する1917年大正6年)- 本場庁舎改築する1926年大正15年)- 栗太郡常盤村大字下物地先養魚場設置する1945年昭和20年) - 彦根市松原町本場移転するまた、本場平田試験池と改名する1966年昭和41年)- 彦根養魚場廃止する1971年昭和46年)- 現在地移転し試験研究施設拡充整備する1980年昭和55年)- 琵琶湖総合開発所業に伴う補償工事として、琵琶湖取水施設および係船場等の機能維持施設完成1981年昭和56年)- 魚病指導総合センターと、飼育実験棟設置する1987年昭和62年)- 付属施設として生物工学実験棟加工実験室を含む)を設置する1991年平成3年) - 飼育実験棟倉庫棟を増設試験池の全面補修工事を行う 1992年平成4年) - 調査船・第9琵琶湖丸が就航する1997年平成9年) - 県立大学設置に伴い関連環境整備実施する2000年平成12年)- 醒井養鱒場を、内水面分場扱いとする。 2007年平成19年)- 淡水漁業県としては初めての、全国豊かな作り大会主催社団法人全国豊かな作り推進協会)が開催される。(テーマは、この湖(うみ)を守る約束未来のために

※この「沿革(醒井養鱒場は除く)」の解説は、「滋賀県水産試験場」の解説の一部です。
「沿革(醒井養鱒場は除く)」を含む「滋賀県水産試験場」の記事については、「滋賀県水産試験場」の概要を参照ください。


沿革(明治以降)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 14:31 UTC 版)

香我美町岸本」の記事における「沿革(明治以降)」の解説

^ “無人島長平の墓・像|一般情報香南市役所”. 香南市役所. 2016年8月3日閲覧

※この「沿革(明治以降)」の解説は、「香我美町岸本」の解説の一部です。
「沿革(明治以降)」を含む「香我美町岸本」の記事については、「香我美町岸本」の概要を参照ください。


沿革(グループ会社も含む)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 07:41 UTC 版)

セントラル自動車技研」の記事における「沿革(グループ会社も含む)」の解説

セントラルグループ公式HPより一部抜粋 1964年末広 (川口市)に「川口セントラル自動車教習所」を設立運営法人の「株式会社川口セントラル自動車教習所」が源流となる。 1966年:「セントラルオート株式会社」を設立BMW・アルファロメオ・クライスラー車の販売開始1968年:「株式会社埼玉セントラルマツダ」を設立川口市マツダオート店の営業開始1975年株式会社川口セントラル自動車教習所を「セントラル自動車技研株式会社」に名称変更し、 セントラルオートの事業引き継ぐ1980年ハーレーダビットソンBMWモトラッド販売開始1981年BMW日本法人BMW JAPAN設立に伴いBMW正規ディーラー網参加1990年マツダ販売5チャネル体制に伴い埼玉セントラルマツダを「株式会社アンフィニセントラル」に社名変更アンフィニ店として営業する同時に「ユーノスセントラル」も設立しユーノス店営業する1996年ユーノス店終了に伴い株式会社マツダアンフィニセントラル」としてマツダ車の販売継続する2005年頃:川口セントラル自動車教習所およびマツダアンフィニセントラルの営業終了する川口末広店の営業を「埼玉マツダ(現:関東マツダ)」に引き継ぐ2010年東京日産自動車販売よりジャガー東京譲受受け皿会社として「セブンフィールズ株式会社」を設立しジャガー・ランドローバー車の販売開始2011年マセラティ正規ディーラー取得し運営会社として「セブンアベニュー株式会社」を設立2018年福田モーター商会の全株式取得ルノー正規ディーラー取得し運営会社として「インプレッションズ株式会社」を設立経営危機にあった名古屋市輸入車ディーラー渡辺自動車」に資本参加首都圏以外への初進出となる。 しかし、2020年買収した渡辺自動車自力再生できず債務超過に陥り民事再生法の適用申請したことで、逆風吹き始める。 2020年11月1日BMW事業終了ジーライオングループが全事業譲受新会社株式会社モトーレン埼玉」を設立し事業当該会社移管する2021年3月1日福田モーター商会の全事業川越市BMWモトラッド正規ディーラー運営の「テクノコシダ」に事業譲渡する。 6月1日ジャガー・ランドローバー事業終了世田谷区等々力独立系輸入中古車ディーラー「グラーツ・オートモビール株式会社」が全事業譲受グラーツ社が新会社BC Japan株式会社」を設立しジャガー東京の全事業当該会社移管する7月1日マセラティ事業終了各店舗閉店の上全閉もしくは他社移管実施10月1日ハーレーダビットソン事業終了ジーライオングループ会社「レピオグループ」が全事業譲受。レピオグループ内のオートバイ部門株式会社オートピア」に全事業移管する2022年4月1日法人新旧交替実施。別資本関連会社株式会社東京テクニカル・リサーチ」と合併し解散消滅とする。合併の上東京テクニカル・リサーチの社名を「セントラル自動車技研株式会社」(新社)に変更しスタートする

※この「沿革(グループ会社も含む)」の解説は、「セントラル自動車技研」の解説の一部です。
「沿革(グループ会社も含む)」を含む「セントラル自動車技研」の記事については、「セントラル自動車技研」の概要を参照ください。


沿革(初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 08:04 UTC 版)

豊橋海軍航空隊」の記事における「沿革(初代)」の解説

陸上攻撃機部隊の増強を図るために、④計画盛り込まれた4個航空隊一つとして補充要員練成部隊として開隊した。横須賀鎮守府呉鎮守府中間点にある東海地方計画され気象地形補給の面で優れた豊橋沖の海を埋立て5年かけて正八角形人工島造成し、そこに飛行場建設した海上空港として名高い長崎空港関西国際空港の先を行く海上飛行場である。 昭和18年1943年4月1日 開隊。第十一航空艦隊陸上攻撃機60配備7月1日 厚木海軍航空隊練成戦隊第五航空戦隊」を編成第一航空艦隊編入昭和19年1944年2月20日 実施部隊変更陸攻48機に削減千歳飛行場進出千島列島哨戒従事9月18日 香取飛行場進出艦上攻撃機48機と艦上爆撃機飛行隊追加し台湾へ進出9月 艦攻隊と艦爆隊が台湾沖航空戦参戦10月21日 本隊フィリピン進出以後空襲激化により消耗11月15日 国分飛行場撤退第三航空艦隊第二航空戦隊に転籍偵察機24機を追加以後国分拠点沖縄方面哨戒任務従事昭和20年1945年2月11日 第五航空艦隊附属転籍偵察機隊を削除以後国分終戦まで沖縄・九州方面哨戒対機部隊攻撃特攻攻撃従事するが、燃料払底空襲撃破により末期行動不能状態。

※この「沿革(初代)」の解説は、「豊橋海軍航空隊」の解説の一部です。
「沿革(初代)」を含む「豊橋海軍航空隊」の記事については、「豊橋海軍航空隊」の概要を参照ください。


沿革(二代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 08:04 UTC 版)

豊橋海軍航空隊」の記事における「沿革(二代)」の解説

初代豊橋空が七〇一空改称し千歳進出したが、豊橋飛行場滑走路5本を擁する広大な施設だったため、最前線疲弊した陸攻部隊再編絶好施設として存分に活用された。絶対国防圏設定後、陸攻要員練成部隊をさらに増強すべく、豊橋二代目練成部隊開いた昭和19年1944年7月10日 開隊。第11練習連合航空隊所属陸攻93配備33機ずつに分離 以後陸上攻撃機および陸上爆撃機実機練成従事昭和20年1945年5月5日 第三航空艦隊第五航空戦隊に転籍空襲激化により、陸攻・陸爆の機体小松飛行場はじめ各地分散疎開、または実施部隊補充逐次初歩練習機訓練変更8月3日 第十航空艦隊直轄転籍。完全に初歩練習機訓練部隊移行

※この「沿革(二代)」の解説は、「豊橋海軍航空隊」の解説の一部です。
「沿革(二代)」を含む「豊橋海軍航空隊」の記事については、「豊橋海軍航空隊」の概要を参照ください。


沿革(AC・KITA:1991年5月〜2017年3月)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 18:11 UTC 版)

塩家吹雪」の記事における「沿革(ACKITA1991年5月2017年3月)」の解説

1990年(平成2年) 5月北区陸上競技協会北区AC若手チーム(現ACKITA)を立ち上げる1992年(平成4年) 2月北区陸上競技協会から脱退しアスレチッククラブKITA設立1997年(平成9年) 3月チーム名アスレチックKITA変更するこの年から20名を越え短距離から長距離フィールド競技全般まで、活動が非常に活発になる2000年(平成12年) 4月チーム名現在のACKITAとする。 7月視覚障がい者選手入部(2名)。健常者障がい者合同チーム目指し新たな活動開始10月新体スポーツ祭典(国立競技場)パラリンピック調整試合として視覚障がい選手のみで4x100mRに出場(高田・斉星野矢野)。 また、当時所属斉藤晃司100m出場し視覚障がい選手として初の一般大会出場となった2001年(平成13年) 4月IAAF世界陸上選手権(エドモントン)エキシビションレースT11(全盲クラス)において、齋藤晃司(伴走者塩家吹雪)が100m出場し銅メダル獲得 2004年(平成16年) 9月アテネパラリンピック(ギリシャ)T11(全盲クラス)において、矢野(伴走者塩家吹雪)が100m出場し、8位入賞 2007年(平成19年) 7月:IBSA世界陸上選手権(サンパウロ)T11(全盲クラス)において、佐藤誠喜(伴走者塩家吹雪)が4×400mR出場し銅メダル獲得 2012年(平成24年) 9月ロンドンパラリンピック(イギリス)チーム所属選手出場(100m4×100mR) 2016年(平成28年) 9月 - 10月リオデジャネイロパラリンピック(ブラジル)チーム所属選手メダル獲得により、文部科学大臣(指導者)功労賞受賞 2017年(平成29年) 1月リオデジャネイロパラリンピック(ブラジル)文部科学大臣スポーツ(支援団体)功労賞受賞 3月末:25年間代表を務めたACKITAチーム新代表に引き継ぎ辞任

※この「沿革(AC・KITA:1991年5月〜2017年3月)」の解説は、「塩家吹雪」の解説の一部です。
「沿革(AC・KITA:1991年5月〜2017年3月)」を含む「塩家吹雪」の記事については、「塩家吹雪」の概要を参照ください。


沿革(遠賀郡消防本部含む)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/20 02:30 UTC 版)

遠賀・中間地域広域行政事務組合」の記事における「沿革(遠賀郡消防本部含む)」の解説

出典よる。特筆なければ構成市町中間市遠賀郡水巻町岡垣町芦屋町遠賀町の1市4町として省略する1961年昭和36年4月1日 - 「中間市遠賀郡養老施設組合設立。(老人福祉施設1963年昭和38年5月18日 - 「中間市遠賀郡4ヶ町環境衛生施設組合設立。(し尿処理施設1966年昭和41年5月23日 - 「遠賀郡岡垣町ほか三ヶ町伝染病院組合設立。(伝染病隔離病舎)(構成市町遠賀郡水巻町岡垣町芦屋町遠賀町 1968年昭和43年6月17日 - 「芦屋町ほか三ヶ町環境衛生施設組合設立。(ごみ処理施設)(構成市町遠賀郡水巻町岡垣町芦屋町遠賀町1971年昭和46年4月1日 - 「遠賀郡消防組合設立。(消防)(構成市町遠賀郡水巻町岡垣町芦屋町遠賀町9月1日 -「遠賀郡遠賀町ほか三町火葬場組合設立。(火葬施設)(構成市町遠賀郡水巻町岡垣町芦屋町遠賀町1972年昭和47年5月1日 - 「遠賀郡遠賀町ほか三町火葬場組合」に中間市加入し、名称を「遠賀郡遠賀町ほか四市町火葬場組合」(1市4町)に変更1976年昭和51年4月1日 - 「遠賀郡岡垣町ほか三ヶ町伝染病院組合」に中間市宗像郡玄海町加入し、名称を「遠賀郡岡垣町ほか一市四ヶ町伝染病院組合」(1市5町)に変更1977年昭和52年)~1978年昭和53年一部事務組合統合気運が高まる。 「小委員会設置。(遠賀郡内4町議会議長構成)(統合アウトライン作成遠賀郡4町人事、衛生担当課長)一部事務組合調査連合委員会設置。(遠賀郡内4町議会より議長1名を含む3名の議員12名で構成遠賀郡議長会から町長会へ意見書提出1978年昭和53年9月24日 - 「統合準備事務局設置。(郡内4町より1名の派遣職員構成1979年昭和54年4月1日 - 「遠賀・中間地域広域行政事務組合設立組合事務所事務局)を遠賀町役場庁舎内に設置。(構成市町中間市遠賀郡水巻町岡垣町芦屋町遠賀町宗像郡玄海町1市5町) 1980年昭和55年4月1日 - 休日急病センター開設事務追加)。 5月31日 - 老人福祉施設更新移転1982年昭和57年10月1日 - 組合事務所の仮事務所遠賀町元に建設1987年昭和62年5月1日 - 議員定数27名(中間市遠賀郡4町各5名、宗像郡玄海町2名)から16名(中間市遠賀郡4町各3名、宗像郡玄海町1名)に変更1988年昭和63年4月1日 - 宗像郡玄海町組合脱退し構成市町が1市5町から1市4町に、また、議員定数16名から15名に変更1989年平成元年4月1日 - ごみ処理施設更新移転1990年平成2年4月1日 - 伝染病患者診療業務北九州市委託伝染病院閉鎖し事務を「患者搬送伝染病院維持管理」に変更1991年平成3年4月1日 - 農業共済事業共同処理を開始する1992年平成4年1月20日 - 組合事務所新庁舎完成移転12月1日 - 遠賀郡消防・岡垣出張所開設1994年平成6年3月31日 - 伝染病院解体4月1日 - 伝染病院事務を「患者搬送」に変更1996年平成8年4月1日ごみ処理に関する事務 中間市加入。(可燃ごみし尿処理施設更新し、名称を「曲水苑」とする。 1997年平成9年3月25日 - 遠賀郡消防芦屋分署更新移転1999年平成11年4月1日 - 伝染病患者搬送に関する事務廃止。(感染症の予防及び感染症患者医療に関する法律施行伴って伝染病予防法廃止され、この事務が県の事務移行したため。) 2001年平成13年4月1日ごみ処理に関する事務 中間市全面加入廃棄物再生資源化処理施設新設し、名称を「中間遠賀リサイクルプラザ」とする。 2007年平成19年4月1日ごみ処理施設更新移転し、名称を「遠賀中間リレーセンター」とする。 中間遠賀リサイクルプラザにプラスチック製容器包装ストックヤード新設2009年平成21年3月31日 - 遠賀中間休日急病センター運営廃止2010年平成22年3月31日 - 農業共済事業に関する事務廃止。(京築北九州農業共済組合再編したため。)(農作物共済平成22年産麦及び畑作共済平成21年大豆については、1年間事務継続。) 2011年平成23年3月31日 - 農業共済事業一部継続事務終了。これにより農業共済事業に関する事務全て終了2012年平成24年4月1日 - 休日急病センターに関する事務廃止。(財産処分完了よる。2013年平成25年2月19日 - 遠賀郡消防・本部、署更新3月31日 - 老人福祉施設遠賀静光園」民間移譲2014年平成26年4月1日 - 火葬施設天生園一部供用開始建物完成による)。 2015年平成27年2月19日 - 火葬施設天生園全面供用開始外構工事完了による)。

※この「沿革(遠賀郡消防本部含む)」の解説は、「遠賀・中間地域広域行政事務組合」の解説の一部です。
「沿革(遠賀郡消防本部含む)」を含む「遠賀・中間地域広域行政事務組合」の記事については、「遠賀・中間地域広域行政事務組合」の概要を参照ください。


沿革(全日制)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 02:37 UTC 版)

北海道岩見沢東高等学校」の記事における「沿革(全日制)」の解説

1922年3月9日 - 文部省告示134を以て北海道庁立岩見沢中学校設立認可1922年4月14日 - 岩見沢尋常高等小学校教室を仮校舎とし開校入学式挙行1923年3月26日 - 初代校舎木造2階1,450坪)新築移転(9東2 現在のみなみ公園)。 1947年11月1日 - 「北海道庁立」を「北海道立」に改称1948年4月1日 - 学制改革により「北海道立岩見沢高等学校」となる。 1949年9月16日 - 校舎出火し全焼当面市内高校校舎間借りして授業実施1949年10月5日 - 北海道教育委員会現地復興決定1950年4月1日 - 岩見沢市女子高校統合共学実施、「北海道岩見沢東高等学校」となる。岩高市女岩見沢高等女学校(現北海道岩見沢西高等学校)の3校が2校に再編。しかし市内公立高校再編問題解決せず2,3年生の授業は当分不可であった各校生徒校区により二分され、5月にようやく通常授業が可能となる。 1950年10月7日 - 復興祭第1回学校祭開催1951年9月23日 - 創立30周年2代目新校舎落成記念式典で、現校歌我がたましい故郷』(風巻景次郎作詞筒井秀武作曲披露1957年10月13日 - 創立35周年校舎増築落成記念式典(この日を開校記念日とする)。 1959年4月18日 - ウィーン合唱団鑑賞会1960年7月8日 - この年学校祭から市内仮装行列始まる。 1961年12月10日 - 創立40周年記念独立図書館落成記念式典1971年9月25日 - 第1回マラソン大会1972年1月22日 - この年からスキー授業開始1975年3月24日 - 生徒制服制度廃止要求対し学校側条件付き自由化提示制服条件付き自由化実施1976年12月10日 - 3代目新校舎落成現在地へ移転し(10月29日)、校舎落成記念式典挙行1981年10月12日 - 北海道教育委員会より「体力づくり実践優良校」表彰1982年11月24日 - 合唱部空知管内教育実践表彰受賞1983年12月22日 - みなみ公園にて「旧校舎跡の碑」序幕1987年2月6日 - 北海道教育委員会より、創意ある教育活動顕著な実績評価され北海道教育実践表彰受賞1987年10月14日 - 1学年合唱コンクール始まる。 1989年3月22日 - 吹奏楽局「岩見沢市教育実践奨励賞受賞1992年2月 - 合唱部岩見沢市教育実践奨励賞受賞1993年 - 校地内同窓会記念館「大地完成初代校歌土井晩翠作詞藤井吉作曲)の冒頭大地の胸に包まれて…」に由来同窓会名も「大地」。 1995年4月 - 1992年からの制服完全自由化要求職員会議可決制服完全自由化2002年 - 創立80周年記念式典シンポジウム旧校跡地記念碑除幕芸術鑑賞林家木久蔵招聘)。 2010年 - 校舎外壁工事が行われ、白と緑のデザインとなる。 2011年7月14日 - 1960年から約50年間('76、'77年移転当初廃止78年復活続いた仮装行列廃止行灯行列を初実施2012年9月1日 - 90周年記念講演および創立 全日制90周年 定時制70周年 記念式典挙行

※この「沿革(全日制)」の解説は、「北海道岩見沢東高等学校」の解説の一部です。
「沿革(全日制)」を含む「北海道岩見沢東高等学校」の記事については、「北海道岩見沢東高等学校」の概要を参照ください。


沿革(江戸時代以前)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 14:49 UTC 版)

名東区」の記事における「沿革(江戸時代以前)」の解説

この地域には、縄文・弥生時代より人が住んでいたと推測されている。松井町近辺より、鏃(やじり)、石槍石斧大量に出土しており、高間町からは甕棺かめかん)が発見されている。(瓶井(かめい)遺跡また、この地域は、古墳時代から鎌倉時代初めにかけて一大窯業生産地であった猿投窯)。区内各地古窯発掘されている。 律令制下名東区尾張国山田郡愛知郡属していたと言われるが、境界が明らかでなく正確なことは不明である。山田郡属する郷として、中嶋海部丹羽、春部、山田愛智、智多と「和名類聚抄」にある。山田郡太閤検地の際に春部郡愛智郡に分属して消滅した奈良時代名東区山田荘として「東大寺荘園文書目録」に掲載されている。西区守山区にも散在する形を取っている。山田荘1213年建保元年)には後鳥羽上皇寄進されている。 南北朝期には尾張守護土岐頼康支配し地方武士被官化していた。南北朝統一後越前守斯波義重尾張守護兼任することになり、斯波氏尾張支配150年続くことになる。ただし実質的に管理していたのは守護代織田氏であった

※この「沿革(江戸時代以前)」の解説は、「名東区」の解説の一部です。
「沿革(江戸時代以前)」を含む「名東区」の記事については、「名東区」の概要を参照ください。


沿革(定時制)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 02:37 UTC 版)

北海道岩見沢東高等学校」の記事における「沿革(定時制)」の解説

1940年4月30日 - 辰学第670指令により、岩見沢市夜間中学校設立認可1940年5月16日 - 岩見沢中学校において開校1945年4月1日 - 中等学校令により、岩見沢市中学校となる。 1948年4月1日 - 学制改革により、「岩見沢市高等学校」となる。 1950年4月1日 - 「北海道岩見沢鳩が丘高等学校」と改称1951年4月1日 - 北海道移管され、岩見沢東高等学校定時制課程として併置美流分校開設1953年4月1日 - 美流分校独立し、「北海道美流高等学校」となる。 1962年4月1日 - 北海道美流高等学校合併

※この「沿革(定時制)」の解説は、「北海道岩見沢東高等学校」の解説の一部です。
「沿革(定時制)」を含む「北海道岩見沢東高等学校」の記事については、「北海道岩見沢東高等学校」の概要を参照ください。


沿革(深川工場を含む)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 23:49 UTC 版)

深川車両基地」の記事における「沿革(深川工場を含む)」の解説

1965年昭和40年1月 - 深川車両基地建設工事着手1967年昭和42年9月14日 - 深川検車区発足1968年昭和43年4月1日 - 深川工場発足1981年昭和56年3月 - 深川工場車体更新修繕完成 1997年平成7年3月 - 行徳検車区より車輪転削業務移管2002年平成14年6月 - 行徳検車区より車両清掃移管2009年平成21年)度 - 行徳検車区統合し深川検車区行徳分室とする。

※この「沿革(深川工場を含む)」の解説は、「深川車両基地」の解説の一部です。
「沿革(深川工場を含む)」を含む「深川車両基地」の記事については、「深川車両基地」の概要を参照ください。


沿革(日本エアシステムとの合併前)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 07:57 UTC 版)

日本航空の歴史」の記事における「沿革(日本エアシステムとの合併前)」の解説

1951年昭和26年8月1日 - 第二次世界大戦後初の日本における民間航空会社として日本航空設立される1951年昭和26年10月25日 - 初の路線となる東京 - 大阪 - 福岡線マーチン202型機「もく星号」により開設1952年昭和27年10月25日 - ダグラスDC-4B型機により自主運航開始1953年昭和28年8月1日 - 日本航空株式会社法(昭和28年法律154号)公布同日施行1953年昭和28年10月1日 - 日本航空株式会社に基づき旧会社権利及び義務承継した特殊会社日本航空株式会社」を設立旧・日航空株式会社同日付で解散1954年昭和29年2月2日 - 初の国際線となる東京 - ウェーキ - ホノルル - サンフランシスコ線をダグラスDC-6機により開設1960年昭和35年8月12日 - 初のジェット機となるダグラスDC-8-32型機1番機FUJI」号が東京 - ホノルル - サンフランシスコ線に就航1961年昭和36年9月25日 - コンベア880型機が日本初国内線ジェット旅客便として東京-札幌線に就航1964年昭和39年4月15日 - 運輸省当時)による日東航空富士航空北日本航空政策合併により、日本国内航空(JDA)を設立1965年昭和40年1月20日 - 日本初の海外パックツアーであるジャルパック第一弾発売開始1967年昭和42年3月6日 - 世界一周線西回り線(東京 - 香港 - バンコク - ニューデリー - テヘラン - カイロ - ローマ - フランクフルトまたはパリ - ロンドン - ニューヨーク - サンフランシスコ - ホノルル - 東京開設翌日には東回り1番機出発岸信介元首相らを招待し世界一周記念旅行実施1968年昭和43年4月1日 - アメリカワシントン州のモーゼスレイクに運航乗員訓練センター開設1970年昭和45年2月2日 - 株式東京大阪名古屋の各証券取引所第一部上場1970年昭和45年7月1日 - ボーイング747型機が東京-ホノルル線に就航1971年昭和46年5月15日 - 日本国内航空JDA)及び東亜航空(TAW)が合併し東亜国内航空TDA)となる。 1972年昭和47年5月15日 - 沖縄返還に伴い、同路線同日から国際線から国内線移行1974年昭和49年4月21日 - 日本国政府による中華民国との国交断交処置対す中華民国当局日華路線停止措置により、日華路線休止するとともに台北FIR内の飛行中止1975年昭和50年8月8日 - 中華民国路線運航のための子会社ある日アジア航空株式会社JAA)を設立1978年昭和53年5月21日 - 前日新東京国際空港現・成国際空港開港を受け、開港後初便であるロサンゼルス発のダグラスDC-8貨物機到着国際線東京国際空港羽田空港)から新東京国際空港に完全移管1981年昭和56年4月28日 - 日本航空株式会社法の改正法が公布施行1985年昭和60年8月12日 - 日本航空123便が群馬県上野村御巣鷹の尾根墜落した単独機としては世界最悪死者数520名を出した墜落事故ボーイング747通称ジャンボ機)が墜落したため、世界で大きく報道された。一週間後に機体登録抹消日本航空123便墜落事故)。 1986年昭和61年7月20日 - 45/47体制廃止を受け、初の国内ローカル線である東京-鹿児島線開設1987年昭和62年11月18日 - 日本航空株式会社法を廃止する等の法律昭和62年法律92号)が施行され日本航空株式会社廃止完全民営化1988年昭和63年4月1日 - 東亜国内航空日本エアシステムJAS)に商号変更1991年平成3年1月10日 - ヤマト運輸日本通運などとともに国内貨物航空会社日本ユニバーサル航空設立1992年平成4年12月6日 - 新東京国際空港現成国際空港第2ターミナル供用開始を受け、使用ターミナル及びオペレイションセンターを第一ターミナル北ウイングから第2ターミナル移管1993年平成5年9月27日 - 東京国際空港羽田空港沖合展開に伴う西旅客ターミナルビルビッグバード)の供用開始を受け、使用ターミナル及びオペレイションセンターを旧ターミナルビルから西旅客ターミナルビル移管1995年平成7年2月14日 - 契約制客室乗務員自社採用実施発表1995年平成7年6月1日 - 日本の航空会社として初の自社ウェブサイト開設1996年平成8年7月27日 - 本社東京都品川区天王洲自社ビルJALビルディング」に移転2010年野村不動産売却、「野村不動産天王洲ビル」に改称し引き続きテナントとして入居2000年平成12年4月1日 - 旅客販売貨物事業整備3部門で社内カンパニー制導入2002年平成14年7月4日 - 貨物航空連合WOW加盟2002年平成14年10月2日 - 日本エアシステム(後の日本航空ジャパン)と経営統合し、同社との株式移転により持株会社株式会社日本航空システム(後の株式会社日本航空)を設立日本エアシステムと共にその完全子会社となる。

※この「沿革(日本エアシステムとの合併前)」の解説は、「日本航空の歴史」の解説の一部です。
「沿革(日本エアシステムとの合併前)」を含む「日本航空の歴史」の記事については、「日本航空の歴史」の概要を参照ください。


沿革(江戸 - 名古屋市編入前)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 14:49 UTC 版)

名東区」の記事における「沿革(江戸 - 名古屋市編入前)」の解説

現在の名東区大部分は、東春日井郡猪子石原愛知郡猪子石村藤森上社一色村下社高針であった。これらの々は水野代官所支配下にあった矢田川水系属す北部天白川水系属す南部分かれ、主要交通路山口街道中馬街道北部猪子石地区南部高針地区それぞれ東西通っていて、南北をつなぐ交通路近代まで貧弱であった。ただし中馬街道信濃名古屋物資交換を果たす上で重要な役割担った。また高針街道名古屋から飯田元善光寺参詣する道の一つでもあった。産業中心農業であり、米作りが主であった。しかし起伏激しさ乾燥した土地多さのため農業用水不足した。そのため各地ため池150箇所作られた。その中で区内最大なのが大代官勝野太郎左衛門良政指揮作られ牧野ヶ池である。すり鉢状地形利用し長さ240m、高さ9mの堤防村の男が、導水用の堤は女がと、上げて大工事で正保三年1646年春に完成した1810年頃の人口以下の通り高針: 960 上社: 497 下社: 347 一色: 220 猪子石: 922 藤森: 453 1878年明治11年):一色村下社合併し一社となる。 1889年明治22年12月藤森猪子石村東春日井郡猪子石原合併し猪子石村に、上社一社高針合併して高社村となる。 1906年明治39年5月10日猪子石村高社村合併し猪高村となる。村役場上社観音寺西堂借用1914年大正3年):村役場上社字丁田に作られる明治期入って名東区の主産業農業であり主な産物米・麦であったが、第二次大戦までは養蚕盛んに行われていた。最盛期大正初期30貫ほどの収量があったといわれる。しかし戦争影響による食糧増産化学繊維増加により養蚕業衰退した。また葉タバコ生産が盛んで、ほとんどの家で一反歩ほど栽培されていた。しかし葉タバコ栽培養蚕両立難しくタバコ政府専売となって煩雑な手続き増えたのを機会に、明治末期にはほとんど栽培されなくなったまた、高針地域亜炭産出し、その炭質は優秀と言われ鉱山局に重要鉱山として指定されたほどだった。また、高針から名古屋へ向かう街道亜炭運搬する荷馬車が行列し、「黒街道」と呼ばれた明治30年塀和孝三郎が採掘始めてから毎年出炭量が増加最盛期には年産3トン記録したが、エネルギー革命の波に押され昭和20年代採掘終わった。 現在では農地少なくなり、多く住宅地として整備されたが、元々地形的に緩やかな傾斜地帯が多く、かつての里山猪高緑地牧野が池緑地などの大規模な緑地公園として形を保持している。 1940年昭和15年):隣接天白村(現・天白区)や西枇杷島町(現・清須市)と連合して合併促進同盟会」を結成し合併促進要望書名古屋市提出する名古屋市議会にて時期尚早見送られる1953年昭和28年10月町村合併促進法が施行されこれを機に合併促進委員会設けて村民世論調査行い、全住民賛成背景1954年昭和29年10月30日村議会にて満場一致合併議決する名古屋市でも臨時市議会にて合併議決し続いて愛知県議会においても承認決議がされる1955年昭和30年4月5日愛知郡猪高村名古屋市千種区編入

※この「沿革(江戸 - 名古屋市編入前)」の解説は、「名東区」の解説の一部です。
「沿革(江戸 - 名古屋市編入前)」を含む「名東区」の記事については、「名東区」の概要を参照ください。


沿革(名古屋市編入後)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 14:49 UTC 版)

名東区」の記事における「沿革(名古屋市編入後)」の解説

1975年昭和50年2月1日千種区高町(旧猪高村。ただし当時宮根学区地元希望千種区残留)、昭和区一部梅森坂学区)が名東区として分区独立千種区高町時代より人口増加顕著であったが、名古屋市編入後、1969年には区の中心横断する形で名古屋市営地下鉄東山線開通し1990年代頃から交通の要衝である上社ジャンクション建設進行した事で南北への移動便利な土地柄となり、特に物流業中心に事業所開設する企業出現区内営業拠点を置く企業存在する。区の東部には東名高速道路名古屋インターチェンジがあり、名古屋の東の玄関口となっている。名古屋第二環状自動車道開通した際に上社南インターチェンジ新規開設され高架下を走る環状普通自動車二号線と共に知多半島方面及び東海市大府市など南部湾岸地域への交通アクセス飛躍的に向上し国道1号などの主要国道への所要時間短縮された。これらの影響もあり、名東区ベッドタウンとして大きく発展した住宅街としては、名古屋市営地下鉄一社駅上社駅中心として宅地開発進み、区の人口爆発的に増加した1980年代には、区内公立小学校新規開校相次いだ学齢期の子供を持つ子育て世代増加に伴い学習塾などの需要増大し地域的な特徴として個人経営の塾は少な反面首都圏関西圏から大規模展開している有名学習塾多く、主に一社駅藤が丘駅周辺大手学習塾多数立地する地区もある。 区内における全体的な治安良好で、千種区などと比べる緑地公園圧倒的に多いにも関わらず高速道や一国道などの交通インフラは高度に整備されている為、特に子育て世代高い人気がある。 公的機関として、上社地区北部区域管轄する名東警察署所在する他、丁田町交差点付近に国土交通省管理する中部地方整備局名古屋国道事務所がある。 名東区成立する際に前述宮根学区千種区残留した一方かつては昭和区一部であった梅森坂学区」(牧野が池周辺地区新たに編入され名東区として分区独立した。そのため、旧高町領域名東区区域完全に一致しているわけではなく北端宮根学区千種区残留同時に南端である梅森坂学区昭和区から離脱して新たに加わった事により、今よりも北に位置していた旧高町領域全体的に南方向へ移動した領域となり、名東区となっている。広大な緑地を持つ梅森坂地区編入により、面積の上からも旧高町より少し広くなっており、内水面国際的に小規模な湖に分類できる程の規模を持つ牧野が池が新たに加わった事により、区域全体対す水面積率大幅に上昇している。名東区成立後は、天白区植田地区との間で、区画整理道路合わせた軽微な境界変更が行われている。 かつては名古屋市営地下鉄藤が丘駅終着駅であった為、その先長久手市日進市など名東区以東都市西三河地方に向かうには自動車主な移動手段となっていたが、2005年隣接する長久手町(現・長久手市)から愛知万博へのアクセス路線として、藤が丘駅から八草駅を結ぶ愛知高速交通東部丘陵線リニモ)が開通した。これにより、愛知環状鉄道の駅でもある八草駅鉄路により接続され愛知環状鉄道経由JR中央本線高蔵寺駅名鉄豊田線豊田市駅などに移動する事が可能となり、公共交通機関選択肢増えJR東海名古屋鉄道主要幹線路線接続された。 名東区内から長久手市豊田市西部にかけては、2005年周辺地域開催され成功裏幕を閉じた愛知万博出展されていた各国パビリオン建築材再利用したレストランオブジェなどが点在している。 気候としては、他の愛知県周辺地域と同様で四季はっきりしている。冬期関ヶ原から吹き下ろす伊吹おろしにより風が強い日が多いが、ある程度起伏がある地域の為、尾北地方ほどの強風吹かない

※この「沿革(名古屋市編入後)」の解説は、「名東区」の解説の一部です。
「沿革(名古屋市編入後)」を含む「名東区」の記事については、「名東区」の概要を参照ください。


沿革(82系統含む)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 02:59 UTC 版)

神戸市バス松原営業所」の記事における「沿革(82系統含む)」の解説

かつては82系統とともに神戸市中心部循環運転していた。経路以下のとおりである。

※この「沿革(82系統含む)」の解説は、「神戸市バス松原営業所」の解説の一部です。
「沿革(82系統含む)」を含む「神戸市バス松原営業所」の記事については、「神戸市バス松原営業所」の概要を参照ください。


沿革 (西村)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 16:04 UTC 版)

グルメシティ北海道」の記事における「沿革 (西村)」の解説

1949年昭和24年11月1日 - 西村商店開業1965年昭和40年10月 - 商号を「ショッピングストアにしむら」に名称変更1971年昭和46年9月 - 「株式会社 美東スーパーストア」(本社:札幌市21条)と合併1972年昭和47年5月 - 社名を「西村株式会社」に名称変更1980年昭和55年1月 - 大手スーパーダイエーFC契約を結び同社系列会社となる。 1988年昭和63年9月 - 他会社運営していた北野店の営業権獲得1990年平成2年3月 - 「ニセコ商事株式会社」が運営していた倶知安岩内の2店の営業権獲得し合併1991年平成3年3月 - 「株式会社いんぼう」が運営する幌内店の営業権獲得北野・南大橋平岸青葉・南6条の5店を閉鎖1993年平成5年10月 - 当社清算手続開始11月1日 - 「北海道スーパーマーケットダイエー株式会社」に所有店舗経営権譲渡1994年平成6年2月 - 当社清算手続完了

※この「沿革 (西村)」の解説は、「グルメシティ北海道」の解説の一部です。
「沿革 (西村)」を含む「グルメシティ北海道」の記事については、「グルメシティ北海道」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「沿革」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

沿革

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 03:36 UTC 版)

名詞

沿 えんかく

  1. 物事移り変わり
  2. 会社など組織成長過程

関連語


「沿革」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



沿革と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット