学問の自由とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 権利 > 自由 > 学問の自由の意味・解説 

がくもん‐の‐じゆう〔‐ジイウ〕【学問の自由】

読み方:がくもんのじゆう

学問研究研究成果発表討論教授・学習などに関して政治宗教経済などいっさい外的権力からの干渉制限圧迫を受けることなく活動しうること。日本国憲法第23条に「学問の自由は、これを保障する」と規定されている。


学問の自由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/07/07 08:21 UTC 版)

学問の自由(がくもんのじゆう、: academic freedom)は、自由権の一種であり、研究・講義などの、真理探究のための活動において、他者からの干渉や制限を受けない自由[1]


  1. ^ a b c "学問の自由". 日本大百科全書. コトバンクより2022年4月6日閲覧
  2. ^ a b c d 樋口陽一 et al. 1997, p. 117.
  3. ^ 有倉遼吉他編『基本法コンメンタール憲法第3版』日本評論社、1986年、99頁。ISBN 4-535-40151-9 
  4. ^ 樋口陽一 et al. 1997, pp. 117–118.
  5. ^ 酒井吉栄『学問の自由・大学の自治研究』評論社、1979年、132頁。 
  6. ^ a b c d e f g h 樋口陽一 et al. 1997, p. 118.
  7. ^ 片山, 等「「学問の自由」,「大学の自治」と大学内部の法関係 (1)」『比較法制研究』第27巻、國士舘大學比較法制研究所、2016年2月1日、4頁、ISSN 0385-8030 
  8. ^ a b "学問の自由". ブリタニカ国際大百科事典. コトバンクより2022年4月6日閲覧
  9. ^ a b 樋口陽一 et al. 1997, p. 120.
  10. ^ a b 樋口陽一 et al. 1997, pp. 120–121.
  11. ^ "大学の自治". デジタル大辞泉. コトバンクより2022年4月6日閲覧
  12. ^ "大学の自治". ブリタニカ国際大百科事典. コトバンクより2022年4月6日閲覧
  13. ^ a b "大学の自治". 日本大百科全書. コトバンクより2022年4月6日閲覧
  14. ^ 宮沢俊義『天皇機関説事件(下)』有斐閣、1970年、564頁。 
  15. ^ a b c d e 樋口陽一 et al. 1997, p. 119.
  16. ^ a b c 樋口陽一 et al. 1997, p. 126.
  17. ^ a b c d 樋口陽一 et al. 1997, p. 122.
  18. ^ a b 樋口陽一 et al. 1997, p. 124.
  19. ^ 樋口陽一 et al. 1997, pp. 124–125.
  20. ^ a b "リヒテルズ直子オランダの学校教育1 大原則としての『教育の自由』" (Mailing list). 2011年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月7日閲覧
  21. ^ 阿倍謹也『大学論』日本エディタースクール出版部、1999年。ISBN 978-4888882927 
  22. ^ a b c 樋口陽一 et al. 1997, p. 127.
  23. ^ 伊ケ崎暁生『学問の自由と大学の自治』三省堂、2001年、6頁。ISBN 4385321647国立国会図書館書誌ID:000003027967 
  24. ^ 小池聖一『日本における大学の自治と政策』現代史料出版、2021年、5頁。ISBN 9784877853648国立国会図書館書誌ID:031209383 
  25. ^ 伊ケ崎暁生『大学の自治の歴史』新日本出版社〈新日本新書〉、1965年、10頁。doi:10.11501/9544949NDLJP:9544949https://ndlsearch.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001070402。"国立国会図書館デジタルコレクション"。 
  26. ^ a b 樋口陽一 et al. 1997, p. 128.
  27. ^ (個人情報漏えい)早稲田大学江沢民講演会名簿提出事件”. 牧野総合法律事務所. 2010年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月14日閲覧。
  28. ^ a b c d 樋口陽一 et al. 1997, p. 129.
  29. ^ 橋本公亘「大学の自治」『公法研究』第29巻、有斐閣、1967年、61-62頁。 
  30. ^ a b 樋口陽一 et al. 1997, p. 130.


「学問の自由」の続きの解説一覧

学問の自由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 14:24 UTC 版)

同志社大学」の記事における「学問の自由」の解説

建学の精神キリスト教基づいており、キリスト教え建学の精神反することは研究および教育の場で制限を受けると考えられている。同志社教育理念として、「キリスト教主義」「自由主義」「国際主義」が掲げられているが、前提建学精神としてキリスト教精神に基づく「良心」である。

※この「学問の自由」の解説は、「同志社大学」の解説の一部です。
「学問の自由」を含む「同志社大学」の記事については、「同志社大学」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「学問の自由」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「学問の自由」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



学問の自由と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「学問の自由」の関連用語

学問の自由のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



学問の自由のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの学問の自由 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの同志社大学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS