テクノロジーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > テクノロジーの意味・解説 

テクノロジー【technology】


テクノロジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/26 05:52 UTC 版)

テクノロジー英語: technology)とは「特定の分野における知識実用化[1]、「知識の実践的応用によって与えられる能力[2]、「科学的知識を個別領域における実際的目的のために工学的に応用する方法論」を指す概念[3]。科学的知識をもちいて開発された機械類や道具類を指すこともある[4]。また「エンジニアリング応用科学を扱う、知識の一部門」ともされる[4]。テクノロジーやテクニック(技術)語源古代ギリシア語テクネー」であり[5][6]、これは技術学術芸術知識エピステーメー[5][7]制作的な知識(ロゴス)・能力等をも指す[6]科学技術[3]科技[8][9]技術学[10]技学とも[11][12]


注釈

  1. ^ Stephen Monsma などにいたっては、この技術崇拝の考え方を、より高次の道徳的拠り所としての宗教の放棄に結び付けているのだという[53]

出典

  1. ^ 『Merriam-Webster』「technology … 1 a: the practical application of knowledge especially in a particular area」
  2. ^ 『Merriam-Webster』「technology … 1 b: a capability given by the practical application of knowledge」
  3. ^ a b c 『デジタル大辞泉』「テクノロジー」
  4. ^ a b c Oxford Dictionaries 「technology」[要文献特定詳細情報][要ページ番号]
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n 山崎 2021, p. 技術.
  6. ^ a b c d e f 樋笠 2021, p. テクネー.
  7. ^ a b c 加藤 2021, p. ギリシア哲学/用語.
  8. ^ a b 加藤一彦, 高阿田勉, 加村亮子, 小原弘道, 松平晏明「D232 PIV のキャビテーション流れへの応用」『日本流体力学会年会講演論文集』第2002巻、日本流体力学会、2002年、 316頁、 NAID 110003948108NDLJP:10921423。“加藤 一彦(都科技大) … Kazuhiko KATO* … *Department of Systems Engineering Science, Tokyo Metropolitan Institute of Technology
  9. ^ 吉澤剛「日本におけるテクノロジーアセスメント:概念と歴史の再構築」『社会技術研究論文集』第6巻、社会技術研究会、2009年、 46頁、 doi:10.3392/sociotechnica.6.42ISSN 1349-0184NAID 130000263194。“科学技術庁では … 学識経験者から参考意見を求めた.かねてから科学技術の長期計画の策定を意図していた科技庁が国家規模の広範な技術予測を実施することは意義がある,との意見が出された.”
  10. ^ a b 谷川原綾子, 辻真太朗, 福田晋久, 西本尚樹, 小笠原克彦「放射線技術学に関する用語集の日本語表記と意味記述に関する比較」『日本放射線技術学会雑誌』第72巻第3号、日本放射線技術学会、2016年、 203-208頁、 doi:10.6009/jjrt.2016_JSRT_72.3.203ISSN 0369-4305NAID 130005137455
  11. ^ a b 斎藤秀俊「技術科学大学に入学する高専生, 現在そして未来」『工学教育』第61巻第1号、日本工学教育協会、2013年、 61頁、 NAID 10031168641
  12. ^ a b 吉田喜一「S201046 高専50年の概史」『年次大会』第2013年次巻、日本機械学会、2013年、 3頁(S201046-3頁)、 doi:10.1299/jsmemecj.2013._s201046-1
  13. ^ a b Definition of technology”. Merriam-Webster. 2012年4月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年2月16日閲覧。
  14. ^ 『コンピューター用語辞典』「technology … 技術; テクノロジー」。『JST科学技術用語日英対訳辞書』「technology … テクノロジイ; 工芸学; 工芸; 科学技術; テクノロジ; 技術」
  15. ^ 山崎貞登「2A1-C4 社会的ニーズに応える近未来の科学教育課程開発の基本コンセプト:技術(Technology)教育の視点から」『日本科学教育学会年会論文集』第29巻、一般社団法人 日本科学教育学会、2005年、 65頁、 doi:10.1527/tjsai.24.541
  16. ^ 西山莉紗, 竹内広宜, 渡辺日出雄, 那須川哲哉「新技術が持つ特長に注目した技術調査支援ツール Technology Survey Assistance Tool Focusing on Their Advantages」『人工知能学会論文誌』第24巻第6号、一般社団法人 人工知能学会、2009年、 541頁、 doi:10.1527/tjsai.24.541
  17. ^ Technological progress is like an axe in the hands of a pathological criminal.
  18. ^ http://www.brainyquote.com/quotes/quotes/a/alberteins164554.html
  19. ^ Franklin, Ursula. “Real World of Technology”. House of Anansi Press. 2007年2月13日閲覧。
  20. ^ Stiegler, Bernard (1998). Technics and Time, 1: The Fault of Epimetheus. Stanford University Press. pp. 17, 82. ISBN 0-8047-3041-5 
  21. ^ Industry, Technology and the Global Marketplace: International Patenting Trends in Two New Technology Areas”. Science and Engineering Indicators 2002. National Science Foundation. 2015年8月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年5月7日閲覧。
  22. ^ Borgmann, Albert (2006). “Technology as a Cultural Force: For Alena and Griffin” (fee required). The Canadian Journal of Sociology 31 (3): 351–360. doi:10.1353/cjs.2006.0050. http://muse.jhu.edu/login?uri=/journals/canadian_journal_of_sociology/v031/31.3borgmann.html 2007年2月16日閲覧。. 
  23. ^ Macek, Jakub. “Defining Cyberculture”. 2007年5月25日閲覧。
  24. ^ a b 加藤 1994, p. 106.
  25. ^ a b 平田 2021, p. 錬金術.
  26. ^ Science”. Dictionary.com. 2007年2月17日閲覧。
  27. ^ George Wise, "Science and Technology", Osiris, 2nd Series, 1 (1985): 229-246.
  28. ^ David H. Guston, Between politics and science: Assuring the integrity and productivity of research (New York: Cambridge University Press, 2000).
  29. ^ a b c d e f 佐々木力『科学論入門』岩波新書、1996年[要ページ番号]
  30. ^ Mother of man – 3.2 million years ago”. BBC. 2008年5月17日閲覧。
  31. ^ Human Evolution”. History channel. 2008年4月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年5月17日閲覧。
  32. ^ Wade, Nicholas (2003年7月15日). “Early Voices: The Leap to Language”. The New York Times. 2008年5月17日閲覧。
  33. ^ Human Ancestors Hall: Homo sapiens”. Smithsonian Institution. 2007年12月8日閲覧。
  34. ^ Ancient 'tool factory' uncovered”. BBC News (1999年5月6日). 2007年2月18日閲覧。
  35. ^ Heinzelin, Jean de (April 1999). “Environment and Behavior of 2.5-Million-Year-Old Bouri Hominids”. Science 284 (5414): 625–629. doi:10.1126/science.284.5414.625. PMID 10213682. 
  36. ^ Plummer, Thomas (2004). Flaked Stones and Old Bones: Biological and Cultural Evolution at the Dawn of Technology. Yearbook of Physical Anthropology. 
  37. ^ Haviland, William A. (2004). Cultural Anthropology: The Human Challenge. The Thomson Corporation. p. 77. ISBN 0534624871 
  38. ^ Crump, Thomas (2001). A Brief History of Science. Constable & Robinson. p. 9. ISBN 1-84119-235-X 
  39. ^ Fossil Hominid Sites of Sterkfontein, Swartkrans, Kromdraai, and Environs”. UNESCO. 2007年3月10日閲覧。
  40. ^ History of Stone Age Man”. History World. 2007年2月13日閲覧。
  41. ^ James, Steven R. (February 1989). “Hominid Use of Fire in the Lower and Middle Pleistocene” (fee required). Current Anthropology 30 (1): 1–26. doi:10.1086/203705. http://links.jstor.org/sici?sici=0011-3204(198902)30%3A1%3C1%3AHUOFIT%3E2.0.CO%3B2-J. 
  42. ^ Stahl, Ann B. (1984). “Hominid dietary selection before fire” (fee required). Current Anthropology 25: 151–168. doi:10.1086/203106. http://links.jstor.org/sici?sici=0011-3204(198404)25%3A2%3C151%3AHDSBF%3E2.0.CO%3B2-E. 
  43. ^ O'Neil, Dennis. “Evolution of Modern Humans: Archaic Homo sapiens Culture”. Palomar College. 2007年3月31日閲覧。
  44. ^ Villa, Paola (1983). Terra Amata and the Middle Pleistocene archaeological record of southern France. Berkeley: University of California Press. p. 303. ISBN 0-520-09662-2 
  45. ^ Cordaux, Richard; Stoneking, Mark (2003). “South Asia, the Andamanese and the genetic evidence for an "early" human dispersal out of Africa” (PDF). American Journal of Human Genetics 72: 1586. doi:10.1086/375407. http://site.voila.fr/rcordaux/pdfs/04.pdf. 
  46. ^ The First Baby Boom: Skeletal Evidence Shows Abrupt Worldwide Increase In Birth Rate During Neolithic Period”. Science Daily (2006年1月4日). 2008年5月17日閲覧。
  47. ^ Sussman, Robert W.; Hall, Roberta L. (April 1972). “Child Transport, Family Size, and Increase in Human Population During the Neolithic”. Current Anthropology (University of Chicago Press) 13 (2): 258–267. doi:10.1086/201274. http://links.jstor.org/sici?sici=0011-3204(197204)13%3A2%3C258%3AACTFSA%3E2.0.CO%3B2-5 2008年5月17日閲覧。. 
  48. ^ Ferraro, Gary P. (2006年). “Cultural Anthropology: An Applied Perspective”. The Thomson Corporation. 2008年5月17日閲覧。
  49. ^ Patterson, Gordon M. (1992年). “The ESSENTIALS of Ancient History”. Research & Education Association. 2008年5月17日閲覧。
  50. ^ Cramb, Alan W. “A Short History of Metals”. Carnegie Mellon University. 2007年1月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年1月8日閲覧。
  51. ^ Chisholm, Hugh (1910). Encyclopædia Britannica. p. 708 https://books.google.co.jp/books?id=VANVAEjBG-QC&pg=PA708&lr=&as_brr=1&ei=fl2NR6ODGYbWiwGW8Zi_BA&redir_esc=y&hl=ja. 2008年5月17日閲覧 |title=は必須です。 (説明)
  52. ^ Slovenian Marsh Yields World's Oldest Wheel”. Ameriška Domovina (2003年3月27日). 2007年2月13日閲覧。
  53. ^ Monsma, Stephen V. (1986). Responsible Technology. Grand Rapids: W.B. Eerdmans Pub. Co 
  54. ^ a b c d 石川晃弘. “日本大百科全書(ニッポニカ) - 技術史観”. Kotobank. 小学館・朝日新聞・VOYAGE GROUP. 2018年11月20日閲覧。
  55. ^ Hughes, James (2002). Democratic Transhumanism 2.0. http://www.changesurfer.com/Acad/DemocraticTranshumanism.htm 2007年1月26日閲覧。. 
  56. ^ Lovitt, William (1977). “The Question Concerning Technology”. The Question Concerning Technology and Other Essays. Harper Torchbooks. pp. 3–35 
  57. ^ Sagan, Carl; Druyan, Ann; Leakey, Richard. “Chimpanzee Tool Use”. 2007年2月13日閲覧。
  58. ^ Rincon, Paul (2005年6月7日). “Sponging dolphins learn from mum.”. BBC News. 2007年2月13日閲覧。
  59. ^ Schmid, Randolph E. (2007年10月4日). “Crows use tools to find food”. MSNBC. 2008年5月17日閲覧。
  60. ^ Rutz, C.; Bluff, L.A.; Weir, A.A.S.; Kacelnik, A. (2007-10-04). “Video cameras on wild birds”. Science. 
  61. ^ Oakley, K. P. (1976). Man the Tool-Maker. University of Chicago Press. ISBN 978-0226612706 
  62. ^ McGrew, W. C (1992). Chimpanzee Material Culture. Cambridge u.a.: Cambridge University Press. ISBN 978-0521423717 
  63. ^ Boesch, Christophe; Boesch, Hedwige (1984). “Mental map in wild chimpanzees: An analysis of hammer transports for nut cracking” (fee required). Primates 25 (25): 160–170. doi:10.1007/BF02382388. http://www.springerlink.com/content/e7x6620732717288/. 
  64. ^ Nut-cracking monkeys find the right tool for the job, New Scientist, 15 January 2009



テクノロジー

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 01:52 UTC 版)

語源

名詞

テクノロジー

  1. 人間用い技術。特に科学技術のこと。

発音(?)

テ↗クノロジー

「テクノロジー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

テクノロジーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



テクノロジーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのテクノロジー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのテクノロジー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS