轆轤とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 工芸 > 轆轤 > 轆轤の意味・解説 

ろく‐ろ【××轤】

円形陶磁器成形するときに用いる台。上部円盤陶土をのせて、回転させながら種々の形を作り出す轆轤台

轆轤鉋(ろくろがんな)」の略。

重い物の上げ下ろし用い滑車

車井戸釣瓶(つるべ)を上下するための滑車

の上端で骨の先を集めて、傘の開閉用い仕掛け


ろく‐ろ【轆轤】

〔名〕 (回転運動をする機械総称

円形陶器作る回転円盤台上陶土を置き、円盤ごと旋回させながら手で種々の形を作る手轆轤蹴轆轤機械轆轤がある。轆轤台

日葡辞書(1603‐04)「Rocuroni(ロクロニ) カケテ ヒク

② 物を引き寄せたり、または吊したりするのに用い滑車。地に据えつけて、縄の端を重い物に結び、軸に取りつけた柄を押して軸を回転させ、縄を巻いて引くもの。まんりき。しゃち。神楽桟

正倉院文書‐(年月日欠)造石山院所用度帳「油壱伍升参合〈略〉六呂柒工波気拭料」

浮世草子日本永代蔵(1688)二「大綱つけて轆轤(ロクロ)にまきて、磯に引あげけるに」〔墨子‐備穴〕

③ (「絞車」とも書く) 大型和船の艫(とも)やぐら内部左右に設けて、帆・伝馬船・碇・重量荷物などの上下ろし用い船具。巻胴・轆轤棒・轆轤座身縄、しゃじき棒、飛などからなり今日ウインチに相当する。神楽桟

轆轤&wc3;の画像

参天台五台山記(1072‐73)八「即曳船未三点三十奔牛左右轆轤合十六水牛曳越已了」

④ 「ろくろがな轆轤鉋)」の略。

正倉院文書天平一〇年(738筑後国正税帳「貢上造轆轤雑工参人」

(5) 車井戸で、縄を掛けて釣瓶(つるべ)を上下させる滑車

*豩集(1420)暁井轆轤「梧桐井上轆轤頭、誰引百尺

俳諧筑波(1638)一「すぢりもぢれる心むつかし あげをろしろくろのわるきつるべなは〈日如〉」〔世説新語‐排調〕

(6) 傘の柄の上端に取りつけ、傘の骨を集め開閉できるようにする仕掛け

建内記嘉吉三年1443七月紙背(某書状)「於河原大風に被吹損之間、遣唐笠骨・ろくろ等なをさせ候」

(7) ミシンはずみ車のこと。

東京繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉二「輾々(〈注〉がらがら)轆轤を転ずる者は洋服裁縫(〈注〉したて)也」

(8) 木工旋盤のこと。

(9)ろくろし轆轤師)」の略。

三代格‐四・大同四年(809)八月二八日「木工二人 轆轤一人


くる‐まき【搯巻・轆轤】

〔名〕 (「ぐるまき」とも)

① 重いものを、引いたり揚げたりするのに用い滑車

くるまき&wc1;〈大山寺縁起絵巻〉の画像

太平記14C後)三六「又柱立已に訖り、棟木を揚んとしけるに、搯巻(クルマキ)の綱に信濃皮むき千束入べしと、番匠色を出せり」

② (滑車用いるところから) =くるまいど車井戸

浄瑠璃北条時頼記(1726)四「鼻毛くるまきかへるは汝が性念見ん為」


轆轤

読み方:ロクロ(rokuro)

回転運動をする器械


轆轤

読み方:ロクロクrokuroku

車が音を立てて走るさま


轆轤

読み方:ロクロ(rokuro)

5世紀後半から須恵器の製作に用いられた道具


轆轤

読み方:ろくろ

広くさまざまな回転する道具指しますが、やきものに使うろくろは陶土を載せて回転させながら陶器成形していく台、木工芸に使うろくろは、回転する軸の先端刃物をつけて木をけずったりえぐったりする道具指します。

轆轤

読み方ロクロ

陶磁器成形用の施盤(回転円盤)。うろくり(空転)が語源とされる。回転方向は、日本では殆どが右回り中国欧米では左回り

轆轤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/03 04:53 UTC 版)

轆轤(ろくろ)は、回転する構造を持つ各種の装置。


  1. ^ a b c d 池田勝, 池田正男, 古今(こきん)用語撰」『らん:纜』 2002年 57巻 p.22-29, doi:10.14856/ran.57.0_22, 2020年6月17日閲覧。
  2. ^ 収蔵品データベース 百万塔(奈良国立博物館サイト)
  3. ^ ロクロ作業


「轆轤」の続きの解説一覧

轆轤

出典:『Wiktionary』 (2021/06/26 08:03 UTC 版)

名詞

  (ろくろ 異体字表記:轆䡎)

  1. 回転運動利用する装置総称
    1. 円形陶磁器木工品、金工品を成形するときに使用する轆轤台
    2. 轆轤鉋」の
    3. 重いのの上下ろし使用する滑車万力
    4. 車井戸の上部の横木取り付け、縄をかけて釣瓶つるべ上下するための滑車
    5. 大型和船ともやぐらの内部に付け、帆、荷物いかりなどの上下ろし用い船具
  2. 唐傘中央の部分の骨を束ねている所で唐傘開閉使用する仕掛け

発音(?)

ろ↗くろろ↘くろろ↗くろ↘

類義語

関連語

複合語: 轆轤鉋轆轤木轆轤錐轆轤首轆轤座轆轤細工轆轤師轆轤台、轆轤っ首、轆轤縄轆轤袴轆轤挽き轆轤目、毛轆轤、手轆轤

翻訳




轆轤と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「轆轤」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
98% |||||

5
98% |||||

6
98% |||||

7
98% |||||


9
72% |||||


轆轤のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



轆轤のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
伝統的工芸品産業振興協会伝統的工芸品産業振興協会
Copyright (C) 2022 (財)伝統的工芸品産業振興協会 All rights reserved.
陶芸三昧陶芸三昧
Copyright 2022 TOUGEIZANMAI All rights reserved.
陶芸三昧陶芸用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの轆轤 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの轆轤 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS