メソポタミアとは?

メソポタミア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/15 03:52 UTC 版)

メソポタミアギリシャ語: Μεσοποταμίαラテン文字転写: Mesopotamia、ギリシャ語で「複数の河の間」)は、ティグリス川ユーフラテス川の間の沖積平野である。現在のイラクの一部にあたる。


  1. ^ 「都市の起源 古代の先進地域西アジアを掘る」p72 小泉龍人 講談社 2016年3月10日第1刷発行
  2. ^ 「都市国家の誕生」(世界史リブレット1)p1 前田徹 山川出版社 1996年6月25日1版1刷発行
  3. ^ 「データブック オブ・ザ・ワールド 2019年版 世界各国要覧と最新統計」p173 二宮書店 平成31年1月10日発行
  4. ^ 「図説メソポタミア文明」p14 前川和也編著 2011年12月30日初版発行
  5. ^ 『シュメル 人類最古の文明』, p. 4-8.
  6. ^ 『シュメル 人類最古の文明』, p. 8-13.
  7. ^ 『シュメル 人類最古の文明』, p. 14-15.
  8. ^ 「古代メソポタミア全史」p7-8 小林登志子 中公新書 2020年10月25日初版
  9. ^ 「文明の誕生」p63-64 小林登志子 中公新書 2015年6月25日発行
  10. ^ 「文明の誕生」p66-67 小林登志子 中公新書 2015年6月25日発行
  11. ^ 「文明の誕生」p71-72 小林登志子 中公新書 2015年6月25日発行
  12. ^ 「宇宙観5000年史 人類は宇宙をどうみてきたか」p8 中村士・岡村定矩 東京大学出版会 2011年12月26日初版
  13. ^ 「文明の誕生」p67 小林登志子 中公新書 2015年6月25日発行
  14. ^ 『シュメル 人類最古の文明』, p. 36-38.
  15. ^ 『シュメル 人類最古の文明』, p. 40.
  16. ^ 『シュメル 人類最古の文明』, p. 48-50.
  17. ^ 『シュメル 人類最古の文明』, p. 274-275.
  18. ^ 『シュメル 人類最古の文明』, p. 200-203.
  19. ^ 『シュメル 人類最古の文明』, p. 59-63.
  20. ^ 『シュメル 人類最古の文明』, p. 59.
  21. ^ 『シュメル 人類最古の文明』, p. 59-60.
  22. ^ 『シュメル 人類最古の文明』, p. 56-57.
  23. ^ 『シュメル 人類最古の文明』, p. 64.
  24. ^ 「都市国家の誕生」(世界史リブレット1)p69 前田徹 山川出版社 1996年6月25日1版1刷発行
  25. ^ 「都市国家の誕生」(世界史リブレット1)p68-69 前田徹 山川出版社 1996年6月25日1版1刷発行
  26. ^ 「都市国家の誕生」(世界史リブレット1)p70-72 前田徹 山川出版社 1996年6月25日1版1刷発行
  27. ^ 「文明の誕生」p83-86 小林登志子 中公新書 2015年6月25日発行
  28. ^ 「海を渡った人類の遙かな歴史 古代海洋民の航海」p225 ブライアン・フェイガン著 東郷えりか訳 河出書房新社 2018年2月20日初版発行
  29. ^ 「文明の誕生」p119-123 小林登志子 中公新書 2015年6月25日発行
  30. ^ 『人間の経済 II』, 第10章.
  31. ^ 「古代メソポタミア全史」p16-17 小林登志子 中公新書 2020年10月25日初版
  32. ^ 「都市の起源 古代の先進地域西アジアを掘る」p20-22 小泉龍人 講談社 2016年3月10日第1刷発行
  33. ^ 「文明の誕生」p4 小林登志子 中公新書 2015年6月25日発行
  34. ^ 「文明の誕生」p5 小林登志子 中公新書 2015年6月25日発行
  35. ^ 「文明の誕生」p10-11 小林登志子 中公新書 2015年6月25日発行
  36. ^ 『シュメル 人類最古の文明』, p. 18-19.
  37. ^ 「都市の起源 古代の先進地域西アジアを掘る」p190-192 小泉龍人 講談社 2016年3月10日第1刷発行
  38. ^ 「都市国家の誕生」(世界史リブレット1)p21-23 前田徹 山川出版社 1996年6月25日1版1刷発行
  39. ^ 「古代メソポタミア全史」p266 小林登志子 中公新書 2020年10月25日初版
  40. ^ 「都市の起源 古代の先進地域西アジアを掘る」p152-153 小泉龍人 講談社 2016年3月10日第1刷発行
  41. ^ 「都市の起源 古代の先進地域西アジアを掘る」p155 小泉龍人 講談社 2016年3月10日第1刷発行
  42. ^ 「文明の誕生」p116 小林登志子 中公新書 2015年6月25日発行
  43. ^ 「文明の誕生」p128 小林登志子 中公新書 2015年6月25日発行
  44. ^ 「都市の起源 古代の先進地域西アジアを掘る」p47 小泉龍人 講談社 2016年3月10日第1刷発行
  45. ^ 「都市の起源 古代の先進地域西アジアを掘る」p158 小泉龍人 講談社 2016年3月10日第1刷発行
  46. ^ 「文明の誕生」p158-161 小林登志子 中公新書 2015年6月25日発行
  47. ^ 「古代メソポタミア全史」p31 小林登志子 中公新書 2020年10月25日初版
  48. ^ 『石器時代の人々(上)』, p. 19-20.
  49. ^ 『石器時代の人々(上)』, p. 21.
  50. ^ 「古代メソポタミア全史」p51 小林登志子 中公新書 2020年10月25日初版
  51. ^ 「古代メソポタミア全史」p54 小林登志子 中公新書 2020年10月25日初版
  52. ^ 「古代メソポタミア全史」p60-62 小林登志子 中公新書 2020年10月25日初版
  53. ^ 「古代メソポタミア全史」p64 小林登志子 中公新書 2020年10月25日初版
  54. ^ 「古代メソポタミア全史」p64 小林登志子 中公新書 2020年10月25日初版
  55. ^ 「古代メソポタミア全史」p108-109 小林登志子 中公新書 2020年10月25日初版
  56. ^ 「古代メソポタミア全史」p110 小林登志子 中公新書 2020年10月25日初版
  57. ^ 「古代メソポタミア全史」p128-129 小林登志子 中公新書 2020年10月25日初版
  58. ^ 「古代メソポタミア全史」p136 小林登志子 中公新書 2020年10月25日初版
  59. ^ 「古代メソポタミア全史」p185 小林登志子 中公新書 2020年10月25日初版
  60. ^ 「古代メソポタミア全史」p243 小林登志子 中公新書 2020年10月25日初版
  61. ^ 「古代メソポタミア全史」p213 小林登志子 中公新書 2020年10月25日初版
  62. ^ 「古代メソポタミア全史」p226-227 小林登志子 中公新書 2020年10月25日初版
  63. ^ 「古代メソポタミア全史」p238 小林登志子 中公新書 2020年10月25日初版
  64. ^ 「古代メソポタミア全史」p239 小林登志子 中公新書 2020年10月25日初版
  65. ^ 「古代メソポタミア全史」p248-249 小林登志子 中公新書 2020年10月25日初版
  66. ^ 「古代メソポタミア全史」p253-254 小林登志子 中公新書 2020年10月25日初版
  67. ^ http://whc.unesco.org/ja/list/1130#top 「アッシュール(カラット・シェルカット)」 ユネスコ世界遺産センター 2021年3月14日閲覧
  68. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/3233947 「イラクの古代遺跡バビロンが世界遺産に、ユネスコ」AFPBB 2019年7月7日 2021年3月14日閲覧
  69. ^ http://whc.unesco.org/ja/list/278#top 「Babylon」 ユネスコ世界遺産センター 2021年3月14日閲覧
  70. ^ http://whc.unesco.org/ja/list/1481#top 「南イラクのアフワール:生物の避難所と古代メソポタミア都市景観の残影」ユネスコ世界遺産センター 2021年3月14日閲覧
  71. ^ https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/250/ 「イラク古代遺跡、略奪より放置が問題」ナショナルジオグラフィック 2008.08.12 2021年3月14日閲覧
  72. ^ https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/a/031500018/ 「最古の国際都市ウル、50年ぶり発掘再開」2016.03.16 2021年3月14日閲覧
  73. ^ https://www.afpbb.com/articles/-/3089902 「イラクのニムルド遺跡、ISが新たな破壊 衛星画像で確認」AFPBB 2016年6月10日 2021年3月14日閲覧
  74. ^ https://www.sankei.com/premium/news/150320/prm1503200005-n1.html 「【イスラム国】偶像敵視、資金源、注目…「イスラム国」はなぜメソポタミア遺跡を破壊するのか」産経新聞 2015.3.20 2021年3月14日閲覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「メソポタミア」の関連用語

メソポタミアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



メソポタミアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのメソポタミア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS