古代都市とは? わかりやすく解説

古代都市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/16 17:33 UTC 版)

古代都市』(こだいとし、フランス語: La Cité antique)は、1864年ストラスブールで出版された、フランス歴史家フュステル・ド・クーランジュの最も有名な著作。著者は、デカルト的アプローチに依りながら[1]古代の歴史家や詩人たちが遺した古代についてテキストに基づいて、古代ギリシア古代ローマの社会における最初期の諸制度の起源を分析している。


  1. ^ 後年フュステルは、「ジュール・シモン (Jules Simon) がデカルトの『方法序説』を30年ほど前に説明してくれたことが、私のすべての著作の始まりで、私は彼が手ほどきをしてくれたデカルト的懐疑の方法を歴史に応用してみたのである」と述べている。 (J. W. Thompson, A History of Historical Writing, vol. 2, New York: Macmillan, 1942, p. 363)


「古代都市」の続きの解説一覧

古代都市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/10 02:30 UTC 版)

エスナ」の記事における「古代都市」の解説

ラトポリス」という地名ナイルパーチ学名 Lates niloticus関係が深いナイルパーチナイル川にすむ52種の魚の中で最も大きく古代にはこの近辺多数生息していた。彫刻題材としてもよく見られ女神ネイト象徴1つとして、王権神性を表す卵形の盾または環で囲んで描かれることが多かった生贄として捧げられLates niloticus は町の西にある墓地埋葬された。 ラトポリス守護神は、クヌムネイトと彼らの子である Hak の3だったと見られているエスナ神殿はこの3柱の神々捧げられたもので、その建築美しさ壮大さ特筆値する建材には赤みがかった砂岩使われており、6本のが4列並んだポルチコそれぞれの柱の柱頭ハス葉形で、しかもごとに柱頭形状微妙に異なる。 エスナから南に12キロメートルほど行ったところにほぼ同時代神殿見つかっているが、その上に町があるため発掘調査されていないエスナから北に2キロメートルほど行ったところにラトポリスの3柱の守護神小神殿がある(現在は el-Dayr というになっている)。その近くにプトレマイオス3世時代紀元前246年-221年)の黄道十二星座小神殿もあった。しかし後者建物19世紀新たな運河建設する際に取り壊された。エスナ神殿19世紀中ごろ中に充満していた土や屑を取り除かれ、綿の倉庫として使われていた。 神殿入口脇柱現状土台部分)はトトメス2世エジプト第18王朝)のものだが、それ以外部分全てプトレマイオス朝ローマ帝国時代ものであるプトレマイオス3世上エジプト多くの神殿修復している。ラトポリス神殿の壁にもその姿描かれており、その後ろでライオンプトレマイオス3世の敵に襲いかかろうとしている。プトレマイオス5世の名も戸口刻まれている。遺跡大きさ印象的だが、その彫刻ヒエログリフエジプト美術衰退しつつあったことを示している西側の壁にはプトレマイオス6世プトレマイオス8世レリーフがある。中央に1つだけ入口ある様式はエドフ神殿に似ている。この現在の姿再建されたのはクラウディウス帝の治世41年-54年以降のことで、ウェスパシアヌス帝のころに完成したウェスパシアヌス帝の名や肩書き入口奉納銘に刻まれている。入口天井にはやや大きな黄道十二宮図がある。皇帝ゲタの名もヒエログリフ書かれているが、部分的に兄で暗殺者カラカラ消している。それでもこの神殿書かれ最後の皇帝の名であり、読みやすいローマ人たちは神殿の再建にあたって従来神殿基礎部分から除去した見られている埠頭神殿を結ぶ儀礼用の道はこのころにはなくなっていたと見られる埠頭にはマルクス・アウレリウス・アントニヌスカルトゥーシュがある。 町の西にある墓地には Lates niloticusナイルパーチ)が埋葬されているまた、エジプト中王国時代から末期王朝までの人間の墓もある。

※この「古代都市」の解説は、「エスナ」の解説の一部です。
「古代都市」を含む「エスナ」の記事については、「エスナ」の概要を参照ください。


古代都市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/25 16:20 UTC 版)

セウトポリス」の記事における「古代都市」の解説

セウトポリス古代ギリシア的ないわゆるポリスではなくあくまでもセウテス3世とその宮廷在所として建設された。彼の宮殿は、サモトラケ神々カベイロス祀る神殿役割果たしていた。街のほとんどは王国政治的な施設占められており、トラキア人ギリシア人からなる大部分住民街の外暮らしていた。紀元前281年にはケルト人の強掠を受けたセウテス3世宮殿特殊な役割から、彼が祭祀であったことがわかる。彼はオドリュサイトラキア人における、カベイリを祀る最高位祭司でもあった。この区域には、ディオニューソスもしくはサバジオス聖所もあった。 セウトポリス墓地には、蜂窩状墳墓墳丘墓みられるこうした墳墓上層階級人物のものとみられ、中にはとともに埋葬された例もある。より下流の人々は火葬されたうえで、ささやかな墓地葬られた。

※この「古代都市」の解説は、「セウトポリス」の解説の一部です。
「古代都市」を含む「セウトポリス」の記事については、「セウトポリス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「古代都市」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「古代都市」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

古代都市のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



古代都市のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの古代都市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのエスナ (改訂履歴)、セウトポリス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS