治世とは? わかりやすく解説

じ‐せい〔ヂ‐〕【治世】

読み方:じせい

⇒ちせい(治世)


ち‐せい【治世】

読み方:ちせい

よく治まっている世の中太平の世。「—安楽」⇔乱世

統治者として世を治めること。また、その期間。「徳川一五代の—」


治世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/27 06:27 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「治世」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「治世」を含むページの一覧/「治世」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「治世」が役に立つかも知れません。

関連項目



治世 (1578–1603)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/15 03:00 UTC 版)

アフマド・マンスール・ザハビー」の記事における「治世 (1578–1603)」の解説

ポルトガル王セバスティアンと、ムタワッキルと、アブドゥルマリク三人の王が戦死したマハザン川の戦い生き残ったアフマド・ブン・ムハマドッシャイフは、兄アブドゥルマリクからスルターン位を継承したものと認められたまた、この戦いで勝利を収めた威信により、「勝利者」(アル=マンスール)と呼ばれるようになったアフマド・マンスールは、戦勝国立場ポルトガル軍捕虜身代金交渉臨み莫大な金を得たこれにより彼はさらに、「黄金の人」(アッザハビー)とも呼ばれるようになった1578年から始まアフマド・マンスール・ザハビーの治世は、このように威信と富を最初から手にした好条件の中で出発したアフマド最初の事業は、潤沢な資金使った新宮殿造営だった。マラケシュ建てられ新宮殿は「驚異の城」を意味するカスラ=ル=バディーゥ」(バディー宮殿英語版))名づけられた。バディー宮殿には多くの文人集まり活発に文学学術的交流行ったそのような文人としては、アフマド・マッカリー・トリムサーニー(英語版)、アブドゥルアズィーズ・フィシュターリー(英語版)、イブン・カーディー・ミクニスィー(英語版)、マスフィウィーがいる。彼はまた、宮廷フランス人医者迎え入れた。アルヌ・ド・リル(フランス語版)は、1588年から1598年までスルターン主治医務めたド・リル後継として入ったオルレアン生まれのエチエンヌ・ユベール(フランス語版)は1600年まで主治医務めたアフマド・マンスール・ザハビー外交政策基調スペイン及びポルトガルへの対抗であったある手紙には、アンダルスイスラーム文化圏から見たイベリア半島呼び名)に攻め入って、同地キリスト教国スペインからムスリムの手奪い返すと書いている。また、そのためにキリスト教国手を結ぶともいとわず、イギリスフランス友好的であったアフマドは、1600年腹心のアブドゥルワーヒド・ブン・マスウード(英語版)をイングランドエリザベス1世女王宮廷派遣しスペインへの対抗目的とする同盟交渉に及んだ前出フランス人医師たちは、いずれも母国帰るコレージュ・ド・フランスアラビア語教えまた、サアド朝モロッコとの外交携わったアフマド・マンスール・ザハビーその人は、「イスラーム諸学に通じ、書を読むこと書くこと自然科学愛好者であった神秘主義思想家の書いたものを鑑定することができ、学術的な議論好んだとされるアフマド書いた1601年5月1日の手紙では、新世界モロッコ人の植民地作る野望について書いている。また、彼によれば、新大陸ではイスラーム広く信仰されるようになり、大洋挟んだ両岸からマフディー現れるはずであった

※この「治世 (1578–1603)」の解説は、「アフマド・マンスール・ザハビー」の解説の一部です。
「治世 (1578–1603)」を含む「アフマド・マンスール・ザハビー」の記事については、「アフマド・マンスール・ザハビー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「治世」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

治世

出典:『Wiktionary』 (2021/08/20 14:04 UTC 版)

名詞

ちせいじせい

  1. よく治まっ世の中
  2. 世の中治めること。また、治めた期間

発音(?)

ち↘せー
ち↗せ↘ー

「治世」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

治世のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



治世の意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの治世 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアフマド・マンスール・ザハビー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの治世 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS