ローマとは? わかりやすく解説

ローマ

作者マルグリット・デュラス

収載図書エクリール―書くこと彼方へ
出版社河出書房新社
刊行年月1994.7


ローマ

名前 RomaRohmerRomanaRome

ローマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/18 23:17 UTC 版)

ローマ: Roma: Rome)は、イタリア首都欧州有数の世界都市であり、ラツィオ州州都首都ローマ大都市首府でもある。


  1. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Total Resident Population on 1st January 2019 by sex and marital status” (英語). 2019年10月6日閲覧。
  2. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Popolazione residente - Roma(dettaglio loc. abitate) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2013年11月25日閲覧。
  3. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Superficie territoriale(Kmq) - Roma(dettaglio comunale) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2013年11月25日閲覧。
  4. ^ Diocese of Roma – Statistics”. 2020年8月26日閲覧。
  5. ^ Luoghi di incontro e di preghiera degli immigrati a Roma”. 2020年8月26日閲覧。
  6. ^ Roma prima città italiana per presenza Musulmana”. 2020年8月26日閲覧。
  7. ^ La comunità ebraica di Roma oggi al voto”. 2020年8月26日閲覧。
  8. ^ Demographia: World Urban Areas & Population Projections
  9. ^ 2014 Global Cities Index and Emerging Cities Outlook (2014年4月公表)
  10. ^ 2枚目(PDFのページ表記では1ページ)にある『Chart 1.』の12位。MasterCard Global Destination Cities Index (PDF)”. MasterCard. p. 2 (2012年). 2013年2月16日閲覧。 “Rome 7.8mn”
  11. ^ a b 青木正規著 皇帝たちの都ローマ ISBN 4-12-101100-7 1992年発行第1版 p162-p164
  12. ^ a b 考古学 - MSN エンカルタ 百科事典 ダイジェスト
  13. ^ a b ニュートン2003年9月号、pp.30-31、丘の上に数千人の集落を構えていたローマ
  14. ^ a b ニュートン2003年9月号、pp.32-33、先端技術を導入し、カピトリーノの丘の上に神殿をつくる
  15. ^ ニュートン2003年9月号、pp.34-35、滅亡の危機に追い込まれたローマは、七つの丘を囲う城壁をつくった
  16. ^ ニュートン2003年9月号、pp.36-37、共和制期、ローマの街は七つの丘一帯に広がっていた
  17. ^ ニュートン2003年9月号、pp.38-39、ローマから四方八方にのびる街道づくりにとりかかる
  18. ^ ニュートン2003年9月号、pp.40-41、山間部のきれいなわき水がローマの街を潤した
  19. ^ ニュートン2003年9月号、pp.42-43、地中海世界の政治的中心地となったフォロ・ロマーノ
  20. ^ ニュートン2003年9月号、pp.44-45、ローマ炎上!街の3分の1が灰と化す大惨事にみまわれた
  21. ^ ニュートン2003年9月号、pp.46-47、5万人が入れるコロッセオや巨大な神殿パンテオンが登場
  22. ^ a b ニュートン2003年9月号、pp.48-49、大帝国の本拠地ローマの街は、かくして完成した
  23. ^ 独軍、ローマを撤収(昭和18年6月6日 朝日新聞『昭和ニュース辞典第8巻 昭和17年/昭和20年』p408 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  24. ^ イタリア・ローマの「劣化」に抗議、市民が大規模デモ - CNN
  25. ^ ローマのインフラ老朽化に抗議、数千人がデモ 写真11枚 国際ニュース - AFPBB
  26. ^ Xinhua-Dow Jones International Financial Centers Development Index(2013) 2013年9月15日閲覧。
  27. ^ 前掲 (昭文社 2012, 別冊2、p.3)
  28. ^ 昭文社 『イタリア 2013』昭文社7、2012年、44頁。ISBN 978-4398269591。"ヴァチカン市国"。 
  29. ^ History 1980-2011: three decades of Compeed Golden Gala Archived 2012年6月17日, at the Wayback Machine. Diamond League-Rome.com. 2011年7月31日閲覧
  30. ^ ローマダービーを前にまた衝突 8名刺傷”. Goal.com (2013年4月9日). 2013年4月11日閲覧。



ローマ(イタリア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 16:21 UTC 版)

深夜特急」の記事における「ローマ(イタリア)」の解説

ローカルバス乗りついローマへヴァチカンピエタは、手を伸ばせば触れられる距離に置いてある

※この「ローマ(イタリア)」の解説は、「深夜特急」の解説の一部です。
「ローマ(イタリア)」を含む「深夜特急」の記事については、「深夜特急」の概要を参照ください。


ローマ(第1期)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 03:04 UTC 版)

クラウディオ・ラニエリ」の記事における「ローマ(第1期)」の解説

2009年9月2日開幕直後辞任したルチアーノ・スパレッティ後任として古巣であり出身地クラブでもあるASローマ監督に就任。実利優先堅実なサッカー導入しチーム上昇気流乗せることに成功優勝したインテル勝ち点2差の2位シーズン終えUEFAチャンピオンズリーグ出場権得た。しかし、翌シーズン一転して不振に陥りシーズン途中2011年2月20日辞任した

※この「ローマ(第1期)」の解説は、「クラウディオ・ラニエリ」の解説の一部です。
「ローマ(第1期)」を含む「クラウディオ・ラニエリ」の記事については、「クラウディオ・ラニエリ」の概要を参照ください。


ローマ(第2期)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 03:04 UTC 版)

クラウディオ・ラニエリ」の記事における「ローマ(第2期)」の解説

2019年3月8日解任されエウゼビオ・ディ・フランチェスコ後任としてASローマ監督に就2018-19シーズン終了まで監督務めた

※この「ローマ(第2期)」の解説は、「クラウディオ・ラニエリ」の解説の一部です。
「ローマ(第2期)」を含む「クラウディオ・ラニエリ」の記事については、「クラウディオ・ラニエリ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ローマ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ローマ」の例文・使い方・用例・文例




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ローマのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ローマのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのローマ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの深夜特急 (改訂履歴)、クラウディオ・ラニエリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのローマ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS