ローマ教皇庁とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ローマ教皇庁の意味・解説 

ローマ‐きょうこうちょう〔‐ケウクワウチヤウ〕【ローマ教皇庁】

読み方:ろーまきょうこうちょう

教皇庁

「ローマ教皇庁」に似た言葉

ローマ教皇庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/15 14:57 UTC 版)

ローマ教皇庁(ローマきょうこうちょう、ラテン語: Curia Romana)は、使徒ペトロに由来するとされる使徒継承教会の首長としての地位の継承者として存続するカトリック教会聖座使徒座)の(統治)機関のこと(Can. 360 CIC 1983)。また、ローマ教皇の下に全世界のカトリック教会を統率する組織であり、国際法上の主権実体として外交使節の派遣や大使館の設置も行う(バチカン市国基本法第二条)。現在の所在地はローマバチカンであり、バチカン市国という世界最小の主権国家の中に置かれている。


注釈

  1. ^ 国務省というとアメリカに見られるように外務省のイメージが強いが、バチカンでは日本の内閣府相当である。ただし外務省相当の職務も担当している。
  2. ^ a b 2016年9月1日付けで再編され、信徒・家庭・いのちの部署英語版となった(邦訳は暫定である)。
  3. ^ a b c d 2017年1月1日付けで再編され、人間開発のための部署英語版となった(邦訳は暫定である)。

出典

  1. ^ a b 「ローマ法王」「ローマ教皇」という二つの呼称について”. カトリック中央協議会. 2018年4月23日閲覧。
  2. ^ 第196回国会 予算委員会 第9号 国会会議録
  3. ^ 外務省、「ローマ教皇」に呼称変更 安倍首相と25日に会談” (日本語). 毎日新聞. 2019年11月24日閲覧。
  4. ^ 【記者会見】大鷹外務報道官会見記録” (日本語). 外務省. 2019年11月24日閲覧。
  5. ^ 「法王」と「教皇」 | ことば(放送用語) - 放送現場の疑問・視聴者の疑問 | NHK放送文化研究所”. 2013年2月27日閲覧。
  6. ^ 【お知らせ】今後は「ローマ教皇」とお伝えします”. NHK (2019年11月22日). 2019年11月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年11月22日閲覧。
  7. ^ “ローマ教皇、26日まで滞在し長崎や広島訪問…核廃絶へメッセージ”. 読売新聞. (2019年11月22日). https://www.yomiuri.co.jp/world/20191122-OYT1T50231/ 2019年11月22日閲覧。 
  8. ^ “「ローマ法王」が「ローマ教皇」に変更 政府発表で割れるメディアの対応”. J-CAST. (2019年11月22日). https://www.j-cast.com/2019/11/22373392.html 2019年11月23日閲覧。 
  9. ^ バチカンの組織”. カトリック中央協議会. 2018年12月12日閲覧。


「ローマ教皇庁」の続きの解説一覧

ローマ教皇庁(後のバチカン市国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 07:37 UTC 版)

第二次世界大戦の背景」の記事における「ローマ教皇庁(後のバチカン市国)」の解説

1861年イタリア王国成立以来教皇領失ったローマ教皇庁は、世俗国家からの宗教国家への脱皮打ち出してきた。第1次世界大戦後の『ヴェルサイユ体制に関しては「平和のようなもの」(ピウス11世)と批判的であったムッソリーニ政権誕生するラテラノ条約を結び長年対立解消バチカン市国となった主権国家となった教皇庁各国との外交活発に行う一方社会主義政権非難する一方でドイツ中央党を通じてドイツのナチス党接近した。そしてドイツ国内カトリック保護カトリック信徒ナチス忠誠認めライヒスコンコルダート締結されることになる。その後ナチスユダヤ人などに対する人種差別政策を行うとそれを非難した日本の皇太子裕仁親王バチカン訪れた際にはそれを歓迎し日本との国交樹立模索したが、日本国内での「キリスト教アレルギー」の世論のなかで立ち消えとなった。なお、日本1942年昭和天皇判断バチカン国交を結ぶことになる(『昭和天皇独白録』)。

※この「ローマ教皇庁(後のバチカン市国)」の解説は、「第二次世界大戦の背景」の解説の一部です。
「ローマ教皇庁(後のバチカン市国)」を含む「第二次世界大戦の背景」の記事については、「第二次世界大戦の背景」の概要を参照ください。


ローマ教皇庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/02 19:36 UTC 版)

国務長官」の記事における「ローマ教皇庁」の解説

国務長官 (バチカン市国)(英語版イタリア語版)(Cardinal Secretary of State) ローマ教皇庁の国務事務局英語版イタリア語版)の長官 このページ曖昧さ回避のためのページです。一つ語句複数の意味職能有する場合水先案内のために、異な用法を一覧にしてあります。お探しの用語に一番近い記事選んで下さい。このページリンクしているページ見つけたら、リンクを適切な目に張り替え下さい

※この「ローマ教皇庁」の解説は、「国務長官」の解説の一部です。
「ローマ教皇庁」を含む「国務長官」の記事については、「国務長官」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ローマ教皇庁」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ローマ教皇庁」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ローマ教皇庁のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ローマ教皇庁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのローマ教皇庁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの第二次世界大戦の背景 (改訂履歴)、国務長官 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS