教義とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > 教義の意味・解説 

きょう‐ぎ〔ケウ‐〕【教義】

読み方:きょうぎ

ある宗教宗派真理認めている教え内容体系ドグマ教理


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/04/12 06:40 UTC 版)

教義(きょうぎ、: dogmaドグマ)とは、宗教の教えを体系化したもの。多岐に亘る宗教があり、そのいずれにも独自のこれが存在し、各々の宗教を信奉する人が、これに則って物事を理解したり判断する助けとなるものとされる。教理とは相違がある。転じて、一定集団の中においてのみ支持されているルールや考え方も、比喩的に教義と呼ばれることがある。また教義を絶対化する、あるいは固執する傾向を教条主義: dogmatism)という。




「教義」の続きの解説一覧

教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/11 04:49 UTC 版)

ヘンリー・ヒューズ・ウィルソン」の記事における「教義」の解説

ヘンリーは、1905年5月フォースター陸軍大臣へのメモと同じ程度以前から「思想学校」が必要であると主張していた。学生対す年初スピーチにおいてヘンリーは、「管理知識参謀骨が折れる単調な業務)」、「基礎体力」(ヘンリー40代半ばだったが、ずっと若い参謀達に運動引けを取らなかった)、「想像力」、「兵士情勢への的確な判断」、そして「指揮官遂行する作戦における不断理解意見具申」の必要性強調した英国軍史家大学教授のブライアン・ボンド(英語版)は、「ヴィクトリア女王時代陸軍幹部学校」において、ヘンリーの「思想学校」は単なる参謀将校一般的訓練だけでなく、徴兵制度への支持や、戦争勃発時にフランス英国海外派遣軍(BEF)を送る公約意味していたと主張しているが、キース・ジェフリーは、それはボンド教授誤解であるとしている(ヘンリー政治的信条は、多く参謀共有されていたが、ヘンリー上述のような意図をもって主張したことを確認できる書面証拠がないため)。 ヘンリーは、エドモンズ准将当時、MO5(軍事諜報部)を運営)ほどスパイ活動危険性を気にしていなかったが、1908年3月2人ドイツ人理髪師潜在的スパイとして幹部学校から追放させた。ヘンリーは、1908年6月国王誕生日叙勲において、バス勲章GCB)を授与された。1908年ヘンリー上級クラスに、ドイツベルギー侵略した仮定してフランス海外派遣軍(BEF)を配備する計画作成させた。が、その事世間漏れて下院において質問が行われ、翌年ドイツベルギー侵略仮定なくなった時、学生達は、その演習は「秘密」だったのだとはっきり気付いたヘンリーは、フランス陸軍大学Ecole Supérieure de Guerre Paris)を訪れた際、初めフェルディナン・フォッシュ当時准将)に出会った1909年12月のことであり、その後1910年1月スイスでの休日からの帰路二人再会している)。二人良い交友関係を結び、二人ともドイツヴェルダンベルギーナミュールの間を攻撃してくると思っていた(結果的には、ドイツ軍それよりもずっと西方攻撃した)。ヘンリーは、フォッシュ准将とヴィクトル・ユーゲ大佐1910年6月英国訪問するよう手配したが、彼は短期間計画策定しようとしていたので、フォッシュ准将演習方法コピーした(それは学生達が、指導教官から「行け行け!」とか「早く早く!」と怒鳴りつけられ混乱させられるような屋外演習だった)。 ヘンリーは、ハーパー大佐英語版)を伴って将来戦場なりそう地域偵察した1908年8月ヘンリーは、エドワード・パーシバル(Edward Percival (“Perks”))と一緒に電車自転車使ってナミュール南方調査し1909年8月ヘンリーモンスから旅立ってフランス国境をほとんどスイスまで南下した1910年春には、今度自動車ロッテルダムからドイツ旅行し国境ドイツ側調査しベルギーザンクト・フィートビットブルク近郊建設され新しい鉄道路線及び多く支線ドイツ軍アルデンヌ近く集中させることを可能にする)に気付いたヘンリーは、少なくとも1905年には個人的に徴兵制度支持していた。彼は、ホールデイン陸軍大臣計画民兵ミリシア Militia)(英語版)、義勇兵ヨーマンリー Yeomanry)(英語版)、義勇軍英語版)を新たな国防義勇軍統合する)は、ドイツ軍訓練効率性対抗するには不十分と思っていた。1909年3月ヘンリーリベラルな(レピントンの影響ヘンリーはそう思い込んでいた)ウェストミンスター・ガゼット紙(英語版)の、ヘンリー徴兵制度支持しているという記事の後、ホールデイン陸軍大臣呼び出された。1909年11月学生対す指導の中で、ヘンリーは、公に政府反対しないが、それでは十分ではないだろうほのめかした彼のセシルは、同月全国兵役連盟英語版)の会議催した1907年11月ヘンリーはホールデイン陸軍大臣にうまく働きかけ新たな国防義勇軍に、訓練され参謀将校供給するため幹部学校規模拡大させた(大臣1908年3月視察後、その拡大同意した)。ヘンリー有する教授が7名から16名に増える間に、学生の数は64名から100になった合計して陸軍224名、海軍22名の将校彼の下で学んだヘンリーは、1910年1月初め議会統一党)を支持して総選挙投票した。。彼は「アスキス首相から打倒され過激派の嘘には胸が悪くなる。」と記している。

※この「教義」の解説は、「ヘンリー・ヒューズ・ウィルソン」の解説の一部です。
「教義」を含む「ヘンリー・ヒューズ・ウィルソン」の記事については、「ヘンリー・ヒューズ・ウィルソン」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/18 16:32 UTC 版)

見えざるピンクのユニコーン」の記事における「教義」の解説

それが見えないがゆえに存在しない(あるいは実はピンク色ではない)ことを誰も証明できないということ着目し見えざるピンクのユニコーン」について論じるところ、彼女はどこにでもいる。これは神に関する有神論者の主張パロディーである − 宇宙の創造主としての神はその法則支配されず、ゆえに物質的に見つけ出すことができないということはそれが存在するかしないのかということに関して何も語らない(神を見つけ出そうとすることは、金属探知器を使って誰か靴下入った引き出しからユニコーン探していると言っているようなものだ)。 「見えざるピンクのユニコーン」は神の特質言及することと存在の証明できないこと矛盾例証である。彼女の2つ特質不可視であることとピンク色であること)は矛盾しており、相容れない。これは一つの皮肉である。「目に見える特徴例えば、色)を持ちながら見えない何か」というパラドックスには、いくつかの東アジア地域文化反映されている。そこでは「見えない赤い糸」で人と人とが運命分かち合う、あるいは運命結ばれていると言われる。 IPUと同様の考えは、過去教示題材として使用されている。カール・セーガン著書カール・セーガン 科学悪霊を語る』(en)中の「ガレージの竜」において、誰かがガレージに住むと主張する目に見えず、物質でできておらず、宙に浮いた熱くない炎を吐く竜を例に用いている。想定された竜は、目に見ることができないか、音を聞くことができないか、あるいはどんな形であれ感じることはできないし、足跡もまた残さない。我々にはこの存在するといわれている竜を信じ理由は無い。これは次のような疑問提起する:「それを主張する者はどのようにしてそれが、例えではなく、竜だと知るのだろうか? さらに言えば、我々はどうやってIPUがピンクで、角が無いのでも3本なのでもなく1本なのだと知ることが出来るのだろうか?」この見解はジュディス・ヘイズの著書タイトル示唆された − 『In God We Trust: But Which One?』(我々は神を信じる: しかし、どれを?) IPUの「信奉者」の間では彼女の他の特質に関して、彼女は完全に見えないのか、ちょっとは見えるのか、もしかして裸の王様のように)彼女を信じる者の目にのみ見えるのか、といった真面目ぶった論争がある。これらの論争いくつかは非常に巧妙ひねくれており、多く宗教論争好きな性質込み入った神学上の議論風刺している。こうした事情にも関わらず時間が経つにつれ彼女の特質に関していくつかの合意生み出され同時にユーモラス不条理なコンセンサス広く得られた。例えば、程度の差はあるが彼女はハムパイナップルピザに目がないということ合意なされた何人かのベジタリアンは、IPUがベジタリアンであると主張しハムではなくマッシュルームなければならない異議を唱える)。パイナップルはともかく、彼女はペパローニが嫌いという点では一致をみた。合意もう一つポイントは、IPUは靴下を“携挙する”(raptureということで、靴下はいつもいつの間にかどこかへいってしまうという、他では説明つかない性癖について明らかにしている。洗濯機から携挙された靴下は、IPUからの恩恵の“奇蹟”だとされている − あるいは、誰が求めたか、またはおそらくどの靴下携挙されたかによってはそれは不興を買うということありうるアブラハムの宗教における悪魔同様に見えざるピンクのユニコーンには紫のカキ(the Purple Oyster)という“敵対者”がいると言われる。 私は彼女の目で自分無価値さを見たがために、私は罪人だったがために罪深い紫のカキの下で永遠に彼の殻にワックス塗り、もっとも貧相ぬるぬるした足をマッサージする存在として過ごす運命にあった見たがために、紫のカキ真の足を、それゆえ脚を、それゆえ足指持ち彼に海のすべてのハマグリ支配与え人の子の方へ行き彼らを破滅へと誘うことを許してしまった。 — 『聖ブライス長ったらしい黙示録』(一部)、第1章 第9から11

※この「教義」の解説は、「見えざるピンクのユニコーン」の解説の一部です。
「教義」を含む「見えざるピンクのユニコーン」の記事については、「見えざるピンクのユニコーン」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 17:44 UTC 版)

三五教」の記事における「教義」の解説

宇宙大御祖信仰対象とする。三五教天文宗教という教義を持っており、天文学者山本一清勧めもあって1957年昭和32年)、沼津市香貫山天文台設立した月光天文台。のちに函南町移転)。宇宙摂理そのもの教えであり、天・地もたらす農産物はそれを具現化するものとして重視しており、NGOオイスカ設立して東南アジアなどで農業活動行っている。現世利益を説かない、という。

※この「教義」の解説は、「三五教」の解説の一部です。
「教義」を含む「三五教」の記事については、「三五教」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 18:49 UTC 版)

妙智会教団」の記事における「教義」の解説

西田無学提唱した在家による法華経先祖供養加え、困難を耐え忍んで善を行っていくという「忍善」という姿勢日常基本精神としている。

※この「教義」の解説は、「妙智会教団」の解説の一部です。
「教義」を含む「妙智会教団」の記事については、「妙智会教団」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 21:17 UTC 版)

神の十戒復古運動」の記事における「教義」の解説

神の十戒復古運動目的は、モーセの十戒イエス・キリスト説教への服従であった。彼らは、黙示による終末から逃れるためには、これらの戒律厳しく守っていく必要がある説いた戒律厳守強調は、9番目の十戒である「隣人に関して偽証してはならない」を破ることへの恐怖心呼び起こし信者たちに会話への勇気悉く奪い去り遂に手話のみを用いてコミュニケーションが行われるまでになった断食日常的に行われ金曜日月曜日に1食のみ食べることが許された。性行為石けん使用禁止された。 教団指導者たちは、終末1999年12月31日に起こると述べていた。この教団では、黙示示され終末の時殊更強調されており、それを示す重要な資料として教団書物である『A Timely Message from Heaven: The End of the Present Time』が挙げられる新し信者はこの書物を学ぶことが求められ、その書かれ文章を6回もの回数読み上げなければならないなど、徹底的に教え込まれた。これに加えて指導者たちは聖母マリア終末の中で重要な役割を果たす説いており、彼女が指導者達教え授けたとも説いていた。彼らは、彼ら自身のこと堕落の海の中を航海する正義の船、ノアの方舟と同じ存在であると考えていた。 教団では、霊的ビジョン英語版に応じてヒエラルキー形作られており、トップにはムウェリンデが君臨していた。彼らの背後には神学修めた聖職者がおり、啓示説明していた。このカルトカトリック教会から分派した集団であり、カトリック象徴として破門され聖職者修道女指導者中に顕著に配置されていた一方でカトリック教会との繋がりは非常に薄いものしかなかった。 教団信者達は、緑の服着ており、一部信者のみが黒の服を着用していた。近隣住民とも言葉を交わすことはなく、手話意思疎通図っていたが、食事振舞うことがあったという。また、体毛焼き油と混ぜた液体を体に塗るということ行っていたという。

※この「教義」の解説は、「神の十戒復古運動」の解説の一部です。
「教義」を含む「神の十戒復古運動」の記事については、「神の十戒復古運動」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 16:23 UTC 版)

キリストの昇天」の記事における「教義」の解説

世俗用法異なり現在のキリスト教ではこの語を人の死の意味用いことはない。キリスト教正統信仰では、普通の人の死に際して起こっていることはイエス十字架の死と同じ現象、すなわち「陰府(よみ)に下る」ことであり、復活栄光の体をもって天に昇る昇天」とは分けて考える。カトリック教会ではイエスの他に聖母マリアが、死後直ちに天にあげられたという信仰有り、これを聖母被昇天ラテン語: assumptio)と呼ぶ。

※この「教義」の解説は、「キリストの昇天」の解説の一部です。
「教義」を含む「キリストの昇天」の記事については、「キリストの昇天」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/29 14:01 UTC 版)

シェーカー (キリスト教)」の記事における「教義」の解説

シェーカーでは神が男性女性両性を持つと考える。 シェーカーイエス男性キリストであり、シェーカー開祖であるマザー・アンが女性キリストであると考える。マザー・アンはイエス花嫁であり、彼女によってキリストの再臨実現する。マザー・アンによって神のもつ女性側面完成されるアダム犯した罪は性交であり、神の国においては結婚存在しないシェーカーがもっと大切にする4つ美徳処女純潔共同体主義、罪の告白分離主義である。マザー・アンの教義は単純で、罪の告白回心の門であり、完全な不淫人生規則であるというものであるシェーカーは非常に貞潔であるため、男と女握手した階段すれ違うことすらしない。シェーカー不淫守り子供養子縁組改宗によって共同体加えられる孤児家なき子シェーカー養育することも多かった21歳になった子供シェーカーから去るか残るかを決めるが、多く不淫を望まずシェーカーから去った今日シェーカーから去った人々の子孫は数千人にのぼる。 女性投票権認められる150年前からシェーカー人種男女の平等を励行していた。シェーカー教会位階制を取るが、どの位にあって男女平等守られる労働においては伝統的な男女性役割従い女性室内にいて糸紡ぎ機織り料理裁縫掃除洗濯販売品作成梱包などの仕事行った天気のいい日にはシェーカー女性集団で外に出て園芸ハーブ収集行った男性畑作業や商店での販売交易行ったシェーカー自給自足的生活はしばしアーミッシュ比較されるが、アーミッシュ異なりシェーカー近代的な技術文明拒絶しなかった。 集会においては行進したり、歌ったり、踊ったり、ときには回転したり叫ぶこともあった。初期シェーカー礼拝混沌として感情的だったが、後にきちんと振り付けられた踊り秩序のある行進を行うようになった外部人々多くは彼らの仕草何を象徴しているかや、動きや歌の内容理解せずシェーカー礼拝批判した揶揄したりした。

※この「教義」の解説は、「シェーカー (キリスト教)」の解説の一部です。
「教義」を含む「シェーカー (キリスト教)」の記事については、「シェーカー (キリスト教)」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/28 08:04 UTC 版)

ワールドメイト」の記事における「教義」の解説

ワールドメイト天照大御神をはじめ八百万の神々奉じ神道系宗教団体名乗るが、確固とした教義はないとされる深見評伝実質的に自伝)を書いた磯崎史郎は、「実在の神を掌握し、神を行じ神人合一の道を極める」ことをワールドメイト特色定義している 。「守護霊」と本人の「本霊」の合体基礎とする「神人合一」の追求スローガンとする。「弥勒の世」の五大項目 「神人合一」には5つ基準関わることがカオルによって明らかにされた。会員社会生活の中で、御魂磨き日々を送ることを重要視している。社会生活生き抜いていくバイタリティーエネルギーを、神なる御魂輝き捉え、「いのち」の輝きこそが「神なるもの」としている。 深見前世聖徳太子であり、神名はスメラアサヒで、神界ピラミッド頂点に立つ日之出大神であり、国祖であり地球神霊界の神が憑依合体した存在であるという。カオルシャーマンであり審神者であり、神名をスメラアイスといい、木花咲耶姫であり、主神(スの神)の銀河系レベル化身である白山菊理姫主として憑依合体した存在であるとされ、前世推古天皇ともされる沼田健哉は、深見橘を自分より高く位置付けていると述べてる。教団においては大本出口なお出口王仁三郎なぞらえられている。 ミロクの世の五箇条 神人合一の人には、5つ要素ミロクの世の五箇条)が備わっているとしている。信仰心:神が持っている真(学問)・善(宗教福祉)・美(芸術)を憧れ敬い会得しようとする姿勢宗教心とする。その宗教心を、一生涯をかけて、貫き通す精神こそが信仰心であり、貫き通す精神のない人は、宗教心はあっても、信仰心はないということになる。また、宗教的分野限らず学問芸術一生涯かけて、貫き通す精神も「信仰心」としている。 愛念隣人愛のような普遍的な愛の念、思慕の念を指す。「相手よし、我よし」の相互の幸福と発展を願う心でもある。 秩序善因善果悪因悪果法則という大秩序が我々の運不運強く影響及ぼしている。 調和秩序極まると、調和心となる。秩序は縦、調和は横のつながりでもある。調和の心により、別々の物事が、互いに長所発揮して活かし合うことができる。 平和の心上記の心を全て持ち合わせていても、平和の心がないと戦争が起こる可能性がある。世界の国々為政者国民が、平和の心前に立てて手を取り合うときに、初め戦争ない世界やってくる死生観 人間死んで肉体の衣を脱ぎ49日が過ぎると、生前行動想念によって積まれ功徳と業の相殺決算により、適合した霊界旅立つとする。大別すると、天国界中有霊界地獄界三つ分けられる天国界第一天国、第二天国、第三天国というふうに別れ、さらに、ランク細分化されている。また、ほかにも、死後人間の魂が行世界は、兜率天、霊国界最奥人天界等があり、人間個性が様々であるのと同様、霊界神界あり方も様々であるとする。 他宗教との共存共栄 宗教は、棲み分け理論で、共存共栄していくとし、世界中一つ宗教統一されることはないとしている。また、ミロクの世訪れる頃には、世界中人々に、自ずから宗教心ミロクの世の五箇条)が備わっているため、宗教が普通となり、各国や、各宗派、各教団イデオロギー対立することはななるとしている。それを、逆説的に世界中から宗教がなくなる」という大本教祖・出口王仁三郎言葉引用して表現することもある。 神 神には、絶対神主神)と顕現神(八百万大神)がいるとする。絶対神は、宇宙創造主神のことであり、無限絶対無始無終全智全能主神のことである。人智越えているため、有限な人間には、到底、全て理解することも、知覚することも難しいが、絶対神思慕し敬うのである顕現神は、絶対神主神)の一部働き司る神であり、個別働き個性持った神格をもち、人間守護したり導くとする。各宗教の神や、神社の神は、顕現神であるという位置づけであり、ワールドメイトの神だけではなく自分願い応じた働きがある顕現神への積極的な祈願勧めている。仏や龍神天狗UFO等は顕現神の一部顕現神の眷属であるとする。こうした教えは、仏教儒教道教神道加え大本世界真光文明教団世界紅卍字会などとも重な部分がある。 神道 ワールドメイト教えベースとなっている「神道」とは、古くからの「神ながらの道(精神)」(古神道)の流れを組む、自然と神霊と人との融和の道のことであるとされる日本人国民性となり、日本の文化形成している、古くからの日本人固有の生成化育進歩発展」の意識精神的支柱)を指すという。全国の有力神社や、産土神社への参拝勧めており、毎年ワールドメイト主催をして、神社への団体参拝行っている。また、平和でフレンドリーユーモア満ちた神々人々仲良く生きるのが「神道」であり、ワールドメイト同様の宗風であるとしている。 無形の三宝と有形の三宝無形三宝」を、神の御心を正しく取り次ぐ事、神の御心取り次ぎによって顕現する神の稜威、神の稜威継続するための無形道としている。「有形三宝」を、無形の道を社会広めるための人、人々のためのより良き組織運営組織円滑に運営するための建物としている。この順番尊び優先順位遵守しているため、建物質素で、教線拡大信者獲得第一とせず、社会への布施業に力を入れている。 ミロク弥勒)の世 来るべきミロクの世理想の世)が訪れ前には、巷で言われているような世界崩壊とは言わないでも、数々の困難や問題世界中で吹き出してくるという。その困難を乗り越える過程で、世界人々一致団結し、世界連邦政府樹立されると、ミロクの世の礎ができるのであるワールドメイトは「和を以て貴しと為す」という精神をもって他宗教との共存共栄図り世界平和貢献しようとする立場貫いている。 皇大神御社(すめらおおかみおんやしろ) 「宗教団体を創ってはならない」「神は伽藍には降りない」という天啓に基づき団体としてのあり方模索した結果神社という「来る者は拒まず去る者は追わず」の形態こそが、神道あるべき姿だと確信するにいたり、建立された。古くからある神社と同様、神職日々奉仕しており、会員祈祷等を受けることが出来る。 後継者 深見東州不犯守り続けているため、実子はおらずかねてから、「親類係累からではなく、下から奉仕活動積み重ねてきた、人望天運実力がある人が後継者となることが、会員にとって一番良い」という考えであった

※この「教義」の解説は、「ワールドメイト」の解説の一部です。
「教義」を含む「ワールドメイト」の記事については、「ワールドメイト」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/07 20:25 UTC 版)

幸福の科学」の記事における「教義」の解説

宗教法人幸福の科学」では、大川隆法多数法話説いた仏法真理」を教義とし、この仏法真理の「探究・学習伝道」を通じての「この世あの世を貫く幸福」と地上ユートピア建設目指しているとする。 修行実践については、現代の四正道として「愛・知反省発展」を提唱している。人間神の子・仏の子であることを自覚した上で他者へ愛を与え真理探求し自分の心を見つめ直し社会全体向上させる心構えを持つことを現世の「魂修行」とする。また、世界観として多元宇宙論展開し三次元世界この世)は根源神に近づくための「魂の修行の場所」とされている。

※この「教義」の解説は、「幸福の科学」の解説の一部です。
「教義」を含む「幸福の科学」の記事については、「幸福の科学」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 20:40 UTC 版)

コピミズム伝道教会」の記事における「教義」の解説

この宗教信奉者たちは「コピミスト」と呼ばれている。同教会によれば、彼らは、意思疎通させる行い神聖なものだという信仰持っている。この教会ウェブサイトには、神や超自然的な現象については一切書かれてはいない。彼らは、コピー・アンド・ペーストショートカットキーとして知られている、Ctrl+C と Ctrl+V を聖なる象徴であると考えている。 全ての知識全ての人のためにある。 知識検索することは神聖である。 知識循環させることは神聖である。 複製する行い神聖である。 2012年1月5日、この教会スウェーデン政府によって(法律上の)宗教として認められた。しかし、違法なファイル共有をも行いかねないこの宗教団体認可したことは、この団体違法なファイル共有をした場合に、この問題対すスウェーデン政府断固とした処置からこの団体免れさせ得ることを示すものではない、と言われている。

※この「教義」の解説は、「コピミズム伝道教会」の解説の一部です。
「教義」を含む「コピミズム伝道教会」の記事については、「コピミズム伝道教会」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/10 10:12 UTC 版)

オウム真理教」の記事における「教義」の解説

オウムの教義や修行法は、翻訳研究班に所属した阿含宗元信者が主に担当して作ったもので、阿含宗の教義や修行法真似たのだった。この信者は、高学歴エリート続々入信してくる中、理論武装苦労したといい、「勘が鋭くて何でもお見通し麻原がなかなか認めてくれないので、大変でした逆にエリート信者たちは何も聞かず何も考えない指示待ち人間になっており、『疑問を抱くことは心の汚れ』とか『教祖指示救済であり、その通り動くことが解脱の道』などと言えば素直に絶対服従するから驚いたほどです」と後の取材答えている。当時教義作成にあたって特に使われたのはヨギシヴァラナンダ(スワミ・ヨーゲシヴァラナンダ)「魂の科学」(たま出版1984)・「実践・魂の科学」(たま出版、1987.2.1)と、ラマ・ケツン・サンポ、中沢新一共著『虹の階梯』(平河出版社1981年)だった。麻原自身1986年11月30日説法で『虹の階梯』から修行ヒント得た述べている。 中沢新一オウム真理教との関係については、#中沢新一参照オウムの教義では、オウム離れる地獄落ちる、特にグル裏切れ無間地獄落ちるとされ、教団は常にハルマゲドン無間地獄恐怖ちらつかせ信者をせき立てたオウム真理教の教義は、原始ヨーガ根本とし、パーリ仏典土台に、チベット密教やインド・ヨーガの技法取り入れている。日本の仏教界が漢訳仏典中心であるのに対しあえてパーリ仏典チベット仏典多用した理由は、漢訳訳者意図入りすぎているからとしている。教団翻訳研究班では各種経典翻訳行っており、例えば「カーラチャクラタントラ」を英文から翻訳し配布していた。 そして、「宗教一つの道」として、全ての宗教はヨーガ・ヒンズー的宇宙観一部含まれる、と説くその結果例えキリスト教創造主としての神は梵天オウム真理教では“神聖天”と訳す)のことである、等と説かれるオウムでは、世界の宗教起源古代エジプトにあり、アブラハムの宗教インド系宗教エジプトから始まったとし、同根シンクレティズム的な宗教観を持つ。従って、オウム真理教に於いては世界中ありとあらゆる宗教神秘思想包含する「真理」追求するという方針がとられ、キリスト教終末論も、ヒンズー教的な「創造維持破壊」の繰り返しの中の一つ時代破滅に過ぎない、として取り込まれた。すべての宗教および真理体系的に自身包括するという思想ヒンズー教特徴であり、麻原はそれを模倣した具体的な修行法としては、出家修行者向けには上座部仏教七科三十七道品在家修行者向けには大乗仏教六波羅蜜、またヨーガ密教その他の技法用いられた。特にヨーガにはかなり傾倒しており、その理由として釈迦ヨーガ実践していたからとする。麻原自身逮捕後、こう語っている。 オウム真理教三乗教えについて、例えパーリ三蔵パーリ語から翻訳しなければならない考え、それに対して労力人材時間使っている理由は、まずその根本であります上座部仏教北伝では小乗仏教といわれていますが、この上座部仏教検討しない限り仏教語れないと考えているからでございます。(省略)では、なぜ原始ヨーガという言葉入ってくるかということについて説明をしなければなりません。もともとヨーガ仏教の関係は、10世紀前後あたりから非常に密接な関係が生じました。そして例えばヘーヴァジラ・タントラなどの場合、これは仏教徒修行しますし、あるいは非仏教徒であるヨーガ修行者修行するという形をとり、結局その原典の完全な復元をなすためには、ヨーガ仏教問わずあらゆるインド伝わった教え検討し、そしてそれから原典復元する以外にないということがあるわけです。(省略)そして、それらの教団、それらの経の完全な復元こそが、私は、この日本人大きな最高の恩恵与えるものと確信し今までやってきました。 したがって、このオウム真理教の教義そのもの麻原独特の教えであると公安調査庁断定するとするならば、公安調査庁言っている本当仏教とは何か。それをここで明示すべきでございます。 — 麻原破防法弁明において また、オウム真理教の教義には、ヘレナ・P・ブラヴァツキーに始まる近代神智学影響指摘されている。ブラヴァツキーの死後神智学組織である神智学協会インド本部構えヨーガ理論その実践による霊性の向上と霊能力開発強調するようになったが、社会学者樫尾直樹宗教学者大田俊寛は、こういった面を含めて近代神智学構えオウム真理教諸宗教の編集仕方に非常によく似ており、その影響が伺われると指摘している。たとえばオウム世界観用いられた「アストラル」「コーザル」は神智学の用語である。麻原神智学原典から直接学んだのか、麻原一時はまったというGLAなどの新宗教経典出版物オカルト雑誌などから間接的に教義を構築したのかは定かではない麻原宗教教え科学理論ごちゃ混ぜにして話すことを得意とし、空中浮揚からビッグバンに至るまで疑似科学理論説明していた。最先端科学でも難しい「ビッグバン直後世界」などのことでも、適当に誤魔化し説明できてしまうことから、多く理系信者惹きつけられた。 オウム真理教主宰神は、シヴァ大神である。オウム真理教に於けるシヴァは「最高の意識」を意味し、マハーニルヴァーナに住まう解脱者の魂の集合体であり、またマハーニルヴァーナそのもの同義としても扱われる当時教団内で麻原彰晃はこのシヴァ弟子であるとともにシヴァ変化身とも称されていた。ヒンドゥー教インド神話)にも同名シヴァ神があるが、これはシヴァ大神化身一つに過ぎないとされる

※この「教義」の解説は、「オウム真理教」の解説の一部です。
「教義」を含む「オウム真理教」の記事については、「オウム真理教」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/31 06:44 UTC 版)

大山ねずの命神示教会」の記事における「教義」の解説

大山ねずの命神示教会は供丸斎の時代から説き続けられている「神、仏、人の道」を教義とする。神の道は、朝夕、また事有るごとに神に祈願し、神の教え沿って生活する。仏の道は、故人先祖願い事をするのではなく、親、先祖目上感謝する心で暮らし安心感与える。人の道は、人との調和保ち、人と支え合って暮らすことである。 供丸姫は、どのような人の心も救うことのできる希望の光(きぼうのみち)と、繰り返し仕合せ人生生まれることができる真実の光(しんじつのみち)を表し救いの道を確立したとされるその後供丸姫の実弟丸光神示[要説明]を受け、一つ一つ解析して人々豊かな心を育んでいる。神の教えを守ることによって、神から授けられ自分運命輝き悔いのない人生を送ることができるとされる

※この「教義」の解説は、「大山ねずの命神示教会」の解説の一部です。
「教義」を含む「大山ねずの命神示教会」の記事については、「大山ねずの命神示教会」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/09 23:13 UTC 版)

神一条教」の記事における「教義」の解説

教義としては天理三輪講の教義を継承し仏教キリスト教天理教ひとつのものとしてとらえる独特の教義を持つ。感謝祭などの祭礼にも天理教祭礼同様の内容みられる火・水・風の三元神が信仰の対象であり、「火ととが一の神、風より外に神はないぞや」という原則信ずることで天の守護得られるとしている。

※この「教義」の解説は、「神一条教」の解説の一部です。
「教義」を含む「神一条教」の記事については、「神一条教」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/20 05:22 UTC 版)

アマルリクス」の記事における「教義」の解説

アマルリクス思想エリウゲナ哲学体系から引き出されたようであるが、彼はこれを新プラトン主義の影響を受けつつ汎神論体系発展させた。すなわち 神は全てである 全てキリスト教徒は自らがキリストの体の一部であると信じねばならず、この信仰救済に必要である。 神の中に留まるものは罪を犯さない 彼は、 「光がそれ自身のうちに見られるのでなく、空気中に見られるように、神は天使や、人間自身によって見られるのでなく、創造物中に見られると言ったといわれる 。この主張キリスト教の主要教義全て否定するもの、つまり善と悪、罪と有徳至福光景ないし神の永遠見放し等がすべて意味を失うことになる教説であった 。アマルリクの弟子はこうした汎神論的存在論から狂信的生命論を編みだし、1209年摘発されるまで平信徒女性聴衆得ていた 。

※この「教義」の解説は、「アマルリクス」の解説の一部です。
「教義」を含む「アマルリクス」の記事については、「アマルリクス」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/16 07:34 UTC 版)

真言宗大覚寺派」の記事における「教義」の解説

古義真言宗の教義に準じる

※この「教義」の解説は、「真言宗大覚寺派」の解説の一部です。
「教義」を含む「真言宗大覚寺派」の記事については、「真言宗大覚寺派」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 04:07 UTC 版)

真光正法之會」の記事における「教義」の解説

教義は、母体陽光子友乃会や、他の真光系諸教団と、あまり差異見られない真光正法之會も、多く真光系諸教団同じく、「手かざし」・「神理正法」・「地上天国建設」を主軸とした教義を説く。不幸や災厄霊障よるものとし、「手かざし」による浄霊によって改善することを目指すまた、神の創造した世界法則(「神理正法」)に準拠した生活を送ることで、幸福と平穏手に入れることができると主張する。そして、こうした手かざし」や「神理正法」を普及させることで、「地上天国建設」を成し遂げられる教示している。

※この「教義」の解説は、「真光正法之會」の解説の一部です。
「教義」を含む「真光正法之會」の記事については、「真光正法之會」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/23 09:06 UTC 版)

シーア派」の記事における「教義」の解説

アリーその子孫のみが指導者(イマーム)としてイスラム共同体率いることができるという主張から始まったシーア派は、その後スンナ派による歴代イマーム対す過酷な弾圧、そしてイマーム断絶という体験経てスンナ派とは異なる教義を発展させていった歴代イマーム絶対的なものと見なす信仰・教義、歴代イマーム(特にアリーフサイン)を襲った悲劇追体験アーシューラー)、イマームは神によって隠されており(ガイバ)、やがてはマフディー救世主となって再臨するという終末論的な一種メシア信仰は、シーア派特徴付けるのである。このガイバ初期シーア派一派であるカイサーン派によってはじめ唱えられカイサーン派分裂・消滅した後もシーア派多くの派に取り入れられた。ただし、ザイド派等これらを否定する分派存在するスンナ派比べ一般に神秘主義的傾向が強い。宗教的存在を絵にすることへのタブースンナ派ほど厳格ではなくイラン公の場多く聖者肖像掲げられていることにも象徴されるように、聖者信仰同一地域スンナ派比べ一般に広く行われている。 スンナハディースに対しても、ムハンマドのみならず歴代イマーム行為範例として採用しており、逆にアブー=ターリブ批判的な真正(サヒーフ)ハディース捏造解釈するなど、スンナ派とは大きな乖離見られるイランにおいては第3イマームフサインサーサーン朝王家女性を妻とし、以降歴代イマームペルシア帝国血を受け継いでいるという伝承があり、ペルシア人民族宗教としての側面もある。 なお、スンナ派六信五行であるのに対しシーア派は五信十行である。 五信 神の唯一性 神の正義 預言者 イマーム 来世 十行 礼拝 喜捨(施し) 断食 巡礼 五分の一ジハード(努力すること) 善行 悪行阻止 預言者とその家族への愛 預言者とその家族の敵との絶縁

※この「教義」の解説は、「シーア派」の解説の一部です。
「教義」を含む「シーア派」の記事については、「シーア派」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/22 03:16 UTC 版)

バハイ教」の記事における「教義」の解説

バハイ教の教義はいくつかの点で他の一神教信仰似ている。神は唯一であり、全て権能を持つものと見なされている。ただ、バハオラ自身家系また、神学上、重要視される聖約(神との契約)もアブラハム遡るところから、バハイ教基本的にアブラハムの宗教系列含まれるものだが、モーセイエスムハンマドらに加えてアブラハムの宗教含まれていないゾロアスター釈迦などの世界全ての大宗教の創始者も神の顕示者であり、バハオラ教の創始者バハオラはそれらの最も新し時代生まれたひとりであるとされる。そのため、バハイ教では、主要宗教社会慣習解釈によって分かれてはいるが、目的においては原則的に一体であると見なしていて、このような他宗教を排除しない寛容思想の影響もあり、相手改宗させる目的での布教活動禁止されている。また公然と人種差別ナショナリズム拒絶し諸民族一体性についても同様に強調している。バハオラ教の教え中心には、すべての国々民族信条階級繁栄保証される統一され世界の秩序打ち立てるという目的がある。人類の平和と統一究極目標とし、真理自己探求男女平等一夫一婦制科学と宗教との調和偏見除去教育普及国際補助語採用極端な貧富の差排除各国政府法律尊重暴力革命否定)、アルコール麻薬禁止などの教義、戒律を持つ。発祥地イラン中東とどまらない世界的な普遍宗教としての性格有するバハオラ長男で、1892年バハイ共同体指導者となったアブドル・バハサルから人間進化したという安易な進化論否定し人間が時とともに進化をしたきたことを認めながらも、初めから人間としての特徴可能性(神を知り、神を崇める能力正義や愛、慈悲想像力英知など様々な精神的な能力)を持った独自の実体であるという創造論主張した累進的啓示というバハイ教概念は、世界諸宗教の有効性受容帰着し、それらの宗教創設者たちは「神の顕示者」と見なされる宗教の歴史は、その時代、その場所に相応しいものとして聖典として与えられ、より広範な、より進歩的な啓示を「顕示」である者たちがもたらす一連の配分であると解釈される特定の宗教社会的な教え例え祈祷時に向く方向や、食事禁令)は後の「顕示」によって、時代や場所によって適切とされるように無効とされるかもしれない反対にある一般的な原理例え隣人同士協力慈善)は普遍的一貫しているように見なされるバハイ信仰では、この累進的啓示過程は終わることがないが、それは周期的だと信じられている。 しばしばバハイ信仰先行宗教信条混淆したもの見なされるが、バハイ教徒は彼らの宗教自分聖典、教義、歴史を持つ独自の伝統だと主張するスンナ派シーア派ともにイスラーム機関聖職者バハイ教イスラームからの棄教者または背教者見なしバハイ教徒への迫害繋げている。相対年代およびバハオラ教え現代の状況への妥当性において他の伝統異なるものとし、バハイ教徒は自らの信仰独立した世界宗教としている。バハオラ先行宗教メシア再臨希望満たしたものと考えられている。

※この「教義」の解説は、「バハイ教」の解説の一部です。
「教義」を含む「バハイ教」の記事については、「バハイ教」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/19 02:05 UTC 版)

ザ・ファミリー (オーストラリアのニューエイジグループ)」の記事における「教義」の解説

ザ・ファミリーの教えは、スピリチュアル真理普遍であるという原則に基づきキリスト教ヒンズー教加えて、その他いくつかの宗教教え併せ持つ折衷的な教え説いたグループの中で暮らす子どもたちホームスクーリングを受け、各宗教経典や、シュリ・チンモイメヘル・バーバーラジニーシなど、有名ニューエイジグルの著書学んだグループメンバー自分たちをイエス使徒生まれ変わりだと主張し、その行動正当化していた。 ザ・ファミリーの教え根幹にあるのは、ハミルトン・バーンがイエス・キリスト生まれ変わりであり、女性転生した生きる神だという信念と、彼女への崇拝だった。イエス・キリスト人類助けるために地球降りてきた偉大なマスターで、同様にブッダクリシュナ同様の覚者であるとされていたが、彼らの指導者ハミルトン・バーンも。それらの存在同列並べられていた。養子である娘のサラ・ハミルトン・バーンは、グループ信念キリスト教東洋神秘主義の「ごった煮(ホット・ポッチ)」として説明している 。

※この「教義」の解説は、「ザ・ファミリー (オーストラリアのニューエイジグループ)」の解説の一部です。
「教義」を含む「ザ・ファミリー (オーストラリアのニューエイジグループ)」の記事については、「ザ・ファミリー (オーストラリアのニューエイジグループ)」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/28 16:10 UTC 版)

イバード派」の記事における「教義」の解説

イバード派の国では、主流イスラーム宗派先行して興ったという理由で、イバード派イスラーム初期の、そして非常に正統的な解釈であると考えられている。

※この「教義」の解説は、「イバード派」の解説の一部です。
「教義」を含む「イバード派」の記事については、「イバード派」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/26 07:57 UTC 版)

復活之キリスト教団」の記事における「教義」の解説

聖書全巻神の言葉として信じ正しく教え導くプロテスタント教会であることを旨とする岩田純粋な信仰受け継ぐ旧新約聖書神の言葉として信じ使徒信条告白し洗礼聖餐礼典執り行う義認聖化・栄化の十字架恵み生きることキリスト聖なる姿を内なる心に完成し、救霊の業に励むことを目標とする。

※この「教義」の解説は、「復活之キリスト教団」の解説の一部です。
「教義」を含む「復活之キリスト教団」の記事については、「復活之キリスト教団」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 01:49 UTC 版)

曹洞宗」の記事における「教義」の解説

正伝仏法」を伝統とし、「南無釈迦牟尼仏」として釈迦本尊と仰ぐが、各人坐禅により万法に証せられる(悟る)ことを肝要とする。曹洞宗坐禅中国禅の伝統同じく只管打坐しかんたざ)」(非思量坐禅をすること)をもっぱらとしている(ただし、臨済宗のように公案禅をとる流派一部にある。江戸時代のように多く曹洞宗僧侶が、公案禅参じた時もあった)。 『普勧坐禅儀ふかんざぜんぎ)』は、道元帰国後、坐禅仕方について著した指南書四六駢儷体による表現なされている。また、道元著書である『正法眼蔵』は、道元の自らの悟り体験に基づき仏教全般について表現している。決し思惟による哲学ではない。

※この「教義」の解説は、「曹洞宗」の解説の一部です。
「教義」を含む「曹洞宗」の記事については、「曹洞宗」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/25 17:30 UTC 版)

マラドーナ教」の記事における「教義」の解説

教義の基本となるのは、マラドーナ教の「十戒」である。「D10S」とは、スペイン語で神を表す単語Dios」と、マラドーナ背番号10」をかけたかばん語であり、マラドーナの名前を表す彼らの神聖四文字である。 D10S仰ったとおり、汝はボール汚してならない何よりもフットボール愛せフットボール対す無償の愛を宣言せよ。 アルゼンチンユニフォーム守り称えよ。 D10S言葉全世界広めよD10S言葉と、彼の聖なる衣装祭られ聖堂を祈れ。 一つクラブの名においてD10Sの名を語ってならない。 常にマラドーナ教教え従え。 汝の息子ミドルネームディエゴ名づけろ。 激昂してならない。それは汝の歩みを亀の如くにする。 十戒の1は、マラドーナ著書我こそはマラドーナなり」(日本では幻冬舎から「マラドーナ自伝」として出版されている。これはマラドーナ教聖書である)に記された「私は多く過ち犯したが、フットボール汚したことだけはない」という言葉由来するマラドーナ教洗礼は、吊るされサッカーボール左手で叩く儀式によって行なわれる。これは1986 FIFAワールドカップ準決勝マラドーナ見せた神の手ゴール再現したのである礼拝ではマラドーナポスターや像の周りに輪となり、「ディエゴディエゴ」と合唱しマラドーナへの崇拝を示す。また、礼拝の際に唱えられる文句は、キリスト教祈り文句パロディである。 彼らはマラドーナ生誕年である1960年を「ディエゴ暦」元年としており、2014年ディエゴ55年にあたる。マラドーナ誕生日である10月30日マラドーナ教クリスマスであり、ロサリオにある総本山「”神の手教会」では、「メリー・マラドーナ!」の挨拶と共に毎年盛大なセレモニーが行なわれる。「神の手ゴール生まれた日である6月22日は、マラドーナ教イースターであり、やはり盛大に祝われるマラドーナ教において、イングランドサッカー選手たちは異端信徒みなされる。特に、2002 FIFAワールドカップにおいて、ダイブによるPK(とマラドーナ教信者信じる)でアルゼンチン代表を破ったデビッド・ベッカムは、マラドーナ教における悪魔として罵倒対象になっている

※この「教義」の解説は、「マラドーナ教」の解説の一部です。
「教義」を含む「マラドーナ教」の記事については、「マラドーナ教」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/24 08:44 UTC 版)

シク教」の記事における「教義」の解説

シク教の教義は宗教家であるグル・ナーナクによる『グル・グラント・サーヒブ』のほかそのなかに含まれる『ジャブジー』『アーサー・ディー・ヴァール』などの詩歌によって伝えられており、敬虔な教徒毎日これらを朗踊する。グル・ナーナクその作品通じて真の宗教儀式形式といった表面的なものへの執着超えたところにあるとし、「イク・オンアカール (ik onakar)」(神は一つである)というメッセージ繰り返すことで神の不可分性説いている。 神には色々な呼び名があり、それぞれの宗教によって表現のされ方の違いはあるが諸宗教の本質一つであるとし、教義の上では他宗教を排除することはない。イスラム教の様なジハード努力)も説いていない。但し、他宗教へ批判を全くしないのではなくナーナクは、ヒンドゥー・イスラム両教の形骸化形式儀式慣行苦行批判をしている。その一方で、「聖典帰れ」と主張しており、宗教家聖書解釈家によってつくられ二次宗教から離脱し、本来の教え立ち帰るべきだとの信念持っているシク教徒は常に神の本質および存在(ナーム)を思い起こし家庭生活結びつけることを要求される儀式偶像崇拝苦行ヨーガハタ・ヨーガの意味)、カースト出家迷信否定し世俗職業に就いてそれに真摯に励むことを重んじる戒律開祖の時はなかったが、第10代グル・ゴーヴィンド・シングによってタバコ・アルコール飲料麻薬禁止された。肉食本人自由に任されている。寺院での食事菜食主義者敬意表して肉は供されないシク教最終目標は、輪廻転生による再生繰り返した末に、神と合一するムクティである。ムクティに至れかどうか他人への奉仕グル恩寵かかっており、ムクティと個人の性やカースト無関係とされている。人の一生精神超越への行程考えヒンドゥー教対し自分の事ばかり考える人間は5つ煩悩傲慢欲望貪欲憤怒執着)に負けてしまうため、真のシク教徒一生を常にグルに向け、神を真実の師(サット・グル)として仰ぐ。 教祖ナーナク他宗教の影響をどれだけ受けたかという問題は、現在に至るまで議論続いている。ナーナクヒンドゥー教同様に輪廻転生肯定しているが、カーストは完全否定している。これにはイスラーム影響もあると考えられている。この見解には宗教改革カビールやラヴィダース(英語版)の影響と、北インドイスラーム神秘主義であるスーフィズム影響考えられるカビール生没年はっきりしていないが、1440年誕生1518年死亡説をとるなら、カビールおよびナーナク両人接触はあったとも考えられる思想系譜としては、初めにラーマーヌジャがいて、その孫弟子ラーマーナンダが、その弟子カビールがおり、その影響受けたのがグル・ナーナクということになる。

※この「教義」の解説は、「シク教」の解説の一部です。
「教義」を含む「シク教」の記事については、「シク教」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/01 10:10 UTC 版)

勝劣派」の記事における「教義」の解説

所依法華経構成する二十八品(28章)を前半の「迹門」、後半の「本門」に二分し本門法華経極意があるとする。

※この「教義」の解説は、「勝劣派」の解説の一部です。
「教義」を含む「勝劣派」の記事については、「勝劣派」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/12 06:39 UTC 版)

ネーション・オブ・イスラム」の記事における「教義」の解説

伝統的なイスラム教信じ世界多くムスリムは、独特の教義を持つ NOI信徒ムスリムであると認めないことが多い。 以下の点では、NOI伝統的イスラム教一致するアッラーフ唯一神であること。 最後の審判によって死者蘇り天国と地獄送られること。 ラマダーンの月日中断食を行うこと。 しかし、以下のような大きな相違点がある。 黒人至上主義伝統的イスラム教は、全ての人間は神によって創造されアダムとイブの子孫であり、人種は平等であると説くNOI は、アダムとイブ創造される前に神によって黒人創造されたと説く預言者使徒伝統的イスラム教は、ムハンマド最後にして最大預言者かつ使徒であるとし、以降世界預言者はもちろん使徒現れないと説くNOI は、ムハンマド最後預言者であるが、イライジャ・ムハンマドは使徒であると説く。 マフディシーア派の多くは、千年近くガイバにあり(隠れており)、最後の審判の際にイーサー前後して再臨する最終代のイマームこそがマフディであると説くNOIは、1930年代現れたウォーレス・ファードこそがマフディであると説く

※この「教義」の解説は、「ネーション・オブ・イスラム」の解説の一部です。
「教義」を含む「ネーション・オブ・イスラム」の記事については、「ネーション・オブ・イスラム」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/13 15:24 UTC 版)

念佛宗三寶山無量壽寺」の記事における「教義」の解説

釈尊教え仏教)、即ち『仏教経典一切経)』を基とし、『念仏』を依処とする。 仏教智慧宗教である。仏教目的とは、智慧完成般若波羅蜜)、阿耨多羅三藐三菩提無上正等覚無上正遍智、即ち、『大涅槃』を目指す人としての道である『四恩』を大切にし、私たち生かされていることを自覚する釈尊説かれ四恩とは、(一)父母の恩」 父母孝養尽くす。 (二)衆生の恩」 生きとし生けるもの感謝の念を持つ。 (三)国王社会)の恩」 社会規則守り目上の人を尊敬し社会対す務めを果たす。 (四)三宝の恩」 三宝仏・法・僧)に帰依する和国教主聖徳太子の『十七条憲法』の精神により、三宝敬い、「和」を基とし、誰に対しても「信義」「礼節」を重んじ、人の範となること。 念佛宗三寶山無量壽寺十か条 第一条 三宝仏・法・僧)に帰依すべし 第二条 弥陀第十八願至心・信楽欲生我国」に依るべし 第三条 女人往生第三十五願)を心得るべし 第四条 五逆罪犯すべからず 第五条 正法誹謗すべからず 第六条 精進すべし 第七条 報恩謝得(布施の心)を心得るべし 第八条 衆生済度すべし 第九条 御役拝受者は頭を垂れ御仏使命全うすべし 第十条 命終まで「信心」を持つべし 十か条は、1987年昭和62年涅槃会2月15日)、開祖により制定された。

※この「教義」の解説は、「念佛宗三寶山無量壽寺」の解説の一部です。
「教義」を含む「念佛宗三寶山無量壽寺」の記事については、「念佛宗三寶山無量壽寺」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/05 00:06 UTC 版)

ヌクタウィーヤ」の記事における「教義」の解説

教団の名前はアラビア語で「点」を意味するヌクタアラビア語: نقط‎, ラテン文字転写: Nuqṭa)に由来するとされるが、詳しいことはわかっていない。パスィーハーニーは妻帯せず、弟子たち独身奨励した。彼が言うには、独身者ワーヒド(wāḥid)の階級到達したであってワーヒドには聖数19数的価値がある、という。ヌクタウィー派信者19という数に、他の数よりも例外的に重要な意義見出だした。 彼らはまた、循環的な歴史観を持つが、これはイスマーイール派名残である。ヌクタウィー派歴史観において、天地存在する長さ全部64,000年である。これは16,000年ごと4つ時代分けられる4つ時代はさらに、それぞれ8,000年ごとに2節に分割される。そして、この8,000年ごとアラブ人時代ペルシア人時代が、交互に入れ替わるという循環史観持っていた。パスィーハーニーはアラブ人時代がもうすぐに終わりイラン栄光復活する説いたペルシア人時代がくれば、カスピ海沿岸ギーラーンマーザンダラーンマッカマディーナ代わるだろうと民衆訴えた

※この「教義」の解説は、「ヌクタウィーヤ」の解説の一部です。
「教義」を含む「ヌクタウィーヤ」の記事については、「ヌクタウィーヤ」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/16 07:11 UTC 版)

思親会」の記事における「教義」の解説

西田無学提唱した在家による法華経先祖供養を行う霊友会の教義を引き継ぎつつ、家庭から隣人社会親しき思いをおくる(「妙法即思親」と呼称している)ことをにして、霊感指導など思親会独自の活動をしている。 開祖井戸清行を、本化浄行菩薩法華経登場する地湧菩薩一人)の再誕で、思親清行大士として尊崇する。

※この「教義」の解説は、「思親会」の解説の一部です。
「教義」を含む「思親会」の記事については、「思親会」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/30 13:42 UTC 版)

革真宗教日本教」の記事における「教義」の解説

教義の根本は、「神とは御生者である」という点にあり、日本国の成り立ち知り、「御親御守護日の本」に誇り感謝をもつ「神系の魂」を持った人々によって「神系国家樹立」(神系立国)を期すことを目的としている。そしてこれまでの仏教観・先祖観を正し日柄方位占いなどの迷信是正しつつ、信徒指導が行われているとされる

※この「教義」の解説は、「革真宗教日本教」の解説の一部です。
「教義」を含む「革真宗教日本教」の記事については、「革真宗教日本教」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/21 14:39 UTC 版)

法師宗」の記事における「教義」の解説

大乗仏教教えのっとり法師宗行法によって、在家出家区別なく、子孫自らが先祖供養し心を立て直し家庭国土安穏にし、全ての人々悟りへと導いていくことによって、世界平和実現することを本誓願とする。

※この「教義」の解説は、「法師宗」の解説の一部です。
「教義」を含む「法師宗」の記事については、「法師宗」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/20 19:36 UTC 版)

正義会教団」の記事における「教義」の解説

西田無学提唱した在家による法華経先祖供養ベースとする霊友会の教義を引き継ぐ。しかし、のちに「先祖供(ぎょう、と読む。敬・行)養道」を掲げ、また「南無釈迦牟尼仏南無多宝塔南無十万分身諸仏」を本尊とするようになった。現在はその本尊に四菩薩」を加え新し本尊として定めている。また心を浄化するには体から浄化する必要があるとして、調身調息三段呼吸三重念息)、妙法稱、懺悔文からなる法華禅」を行うなど、霊友会色の脱皮図っている。

※この「教義」の解説は、「正義会教団」の解説の一部です。
「教義」を含む「正義会教団」の記事については、「正義会教団」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 23:48 UTC 版)

イングランド国教会」の記事における「教義」の解説

詳細は「聖公会#教義・様式」を参照 イングランド国教会教会法は、聖書をその根本としている。加えて、その教義は教父教え公会議エキュメニカル信経ニケヤ信経など)が聖書教え合致する限り、それらを元としている。教義内容は「39箇条」教義要綱祈祷書表れており、また執事司祭主教からなる聖職者の聖別認める。神学者では、16世紀後半活躍したリチャード・フッカー大きな影響与えた

※この「教義」の解説は、「イングランド国教会」の解説の一部です。
「教義」を含む「イングランド国教会」の記事については、「イングランド国教会」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/26 15:47 UTC 版)

妙法」の記事における「教義」の解説

妙法不可思議なる法というような一つの意味であるとともに、「妙」と「法」という二元性同時に言い表す言葉思想でもある。たびたび「妙」についての意味講義とともに、「法」についての意味講義されることが多い。「妙は仏であり、法は九界衆生(仏以外)」、「妙は法性であり、法は無明」、「妙は有情、法は無情」といったように妙に対して反す性質の意味を、法にもたせる場合が多い。 その内難解である「妙」についての詳しい仏教の教義は、以下の三義がある。 円満義 - 円満という視点からの妙の意義 具足義 - 一部に全体具足する妙の意義 蘇生義 - 心生命の持つ蘇生の妙の意義

※この「教義」の解説は、「妙法」の解説の一部です。
「教義」を含む「妙法」の記事については、「妙法」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/26 16:13 UTC 版)

ドゥルーズ派」の記事における「教義」の解説

ドゥルーズ派教理は、イスマーイール派イスラム神秘主義スーフィズム)に加えグノーシス主義新プラトン主義の影響受けた考えられている。 ドゥルーズの名は、ハーキム寵臣だった中央アジア出身イスマーイール派教宣ダラズィー由来しているとするのが定説である。ただしこれは他称で、ドゥルーズ派人々は「ムワッヒドゥーン(唯一神信徒)」「アフル・アル=タウヒード唯一神の民)」と自称するダラズィーハーキム神格化する教理説いて広めドゥルーズ派成立大きな影響与えたが、のちのドゥルーズ派の教義においてはナシュタキーンと称されるダラズィー異端みなされている。これは、ハーキム存命中の1019年暴動により殺害されハーキム神格化グループの中の反ダラズィー指導者であるハムザ・イブン=アリー率いグループドゥルーズ派繋がっていったという事情が反映していると考えられるハムザダラズィー死去からハーキム晩年ハーキム神格化教宣運動組織化するのに大い活躍したが、ハーキム失踪後神格化派の弾圧最中失踪したドゥルーズ派では、ハムザハーキムに次ぐ存在として尊崇している。 最大特徴ハーキム神格化し受肉した神とみなす点、および教団指導者ハムザイマームとすることである。失踪したハーキム死亡したではなく幽冥界へのお隠れガイバ)に入った信じハーキム代理人イマームハムザが「復活の日」に救世主カーイムマフディー)として再臨し正義実現するとする。今ひとつ特徴聖者崇拝盛んなことで、レバノン山地には多く聖者廟があり、ドゥルーズ派信徒たちに尊崇されている。 シーア派を含むイスラム教多くの派との明確な相違多くクルアーンコーラン)を用いずに独自の聖典をもち、礼拝サラート)の向きメッカマッカ)の方向ではなく人間輪廻転生することを信じる。なお、同じく輪廻転生信ずる派としてアラウィー派(これも異端だという意見が強いが、シリアでは世俗的な力を保持している)があるが、同派のそれは動物への転生ありうるのに対しドゥルーズ派あくまでも人間転生すると考えられている。 メッカ聖地とみなさないため、五行のうちの巡礼ハッジ)を行わず、さらにラマダーン断食サウム)は禁止されてはいないが義務ではないので、通常には行うことはない。このように教義と宗教行為の面でイスラム教多くの派と異なる点が多いため、多くムスリムドゥルーズ派イスラムからの逸脱みなしている。 周囲からの異端視避けるため、ドゥルーズ派信徒は非信徒に対して信仰隠しドゥルーズ派教理実践公にしない「タキーヤ信仰秘匿)」という行為認められている。ただ、タキーヤドゥルーズ派だけの概念だけではなくイスラム教イバード派シーア派から引き継いだのであるドゥルーズ派信奉する終末論によれば終末の日に受肉した神であるハーキム代理人カーイムとして再臨するハムザが、スンナ派イスマーイール派含めたドゥルーズ派以外のすべての人間二等市民ズィンミーにして、特定の衣服強制して人頭税徴収しドゥルーズ派男性は彼らの女性子供獲得し、彼らの財産土地獲得するとされる

※この「教義」の解説は、「ドゥルーズ派」の解説の一部です。
「教義」を含む「ドゥルーズ派」の記事については、「ドゥルーズ派」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/03 05:57 UTC 版)

日本バプテスト・バイブル・フェローシップ」の記事における「教義」の解説

根本主義バプテスト堅持単立独立主義 政教分離の原則取られている。

※この「教義」の解説は、「日本バプテスト・バイブル・フェローシップ」の解説の一部です。
「教義」を含む「日本バプテスト・バイブル・フェローシップ」の記事については、「日本バプテスト・バイブル・フェローシップ」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/30 13:22 UTC 版)

キリスト真理自由教会」の記事における「教義」の解説

一日5回の祈り聖書通読など「体と生活で信仰実践」することを求める。聖書七十人訳ウルガータ収録され外典なども認める。祈祷文主の祈り使徒信条、「十の誓い」、アヴェマリア祈りいずれもカトリック聖公会口語訳ベース一部修正したもの)を使用

※この「教義」の解説は、「キリスト真理自由教会」の解説の一部です。
「教義」を含む「キリスト真理自由教会」の記事については、「キリスト真理自由教会」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/25 17:26 UTC 版)

一致派」の記事における「教義」の解説

日蓮系の諸宗派は、本仏位置づけや、所依妙法蓮華経対し勝劣の別を設けかどうかなどの点から、思想面では大別して三つ分派がある。 本仏について 釈迦をもって本仏とするか、日蓮をもって本仏とするか 一致派と勝劣派 所依妙法蓮華経構成する二十八品(28章)を前半の「迹門」、後半の「本門」に二分し本門法華経極意があるとするのが勝劣派二十八品全体を一体のものとして扱うべきとするのが一致派釈尊本仏とする一致派日朗門流日向門流日常門流日奥門流釈尊本仏とする勝劣派日什門流日隆門流日真門流日陣門流日興門流法華宗興門流日蓮本宗日蓮本仏とする勝劣派日興門流日蓮正宗保田妙本寺日蓮宗一致派上記三分派のうち、「釈尊本仏とする一致派」が組織されたものである

※この「教義」の解説は、「一致派」の解説の一部です。
「教義」を含む「一致派」の記事については、「一致派」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/09 02:19 UTC 版)

キリスト・アデルフィアン派」の記事における「教義」の解説

以下はバーミンガム修正信仰声明(the Birmingham Amended Statement of Faith)によっている。 聖書全的神の霊感によっており、誤り含まない三位一体の教義を拒絶する。 子は紀元前5年に文字通り生まれた(子はそれ以前には存在せずそれゆえ過去から永遠である父と同じく永遠なのではない) 子は人の汚れた本性共有する被造物であり、バプテスマにおいて聖霊によって清められた。 イエス試み受けたが、罪を犯さずそれゆえ罪を負う人類救済もたらす供犠となった聖霊は父と区別される位格ではない。「聖霊」は文脈によって、神の創造救済働きを指す場合と、神の性格精神を指す場合がある。キリスト者として生きることに必要とされる聖霊」は前者ではなく後者であり、それは聖書を学ぶことによって我々のうちに涵養される。 霊魂消滅説地獄における永遠苦しみ存在しない信仰によって永遠のいのち入らない魂は滅ぼされ消滅するのみである(第二の死)。 キリスト千年紀始まりにあたって地上来臨する。 千年紀初めにおける死者復活。ただし、復活した死者不死ではなく千年紀終わり悪しきものは永遠にほろび、善きものは永遠のいのちに入る。 悪魔超自然的存在ではなく人類有する罪への傾きのことである。 上述通り主流占め教派との目立った教義上の違い以下の通りである: 霊魂の不滅否定する霊魂消滅説)。信仰によって永遠のいのち入らない魂は、永遠苦しみを受けるのではなく、単に滅ぼされ消滅する。 「地獄 Hell」とは正確に冥府ヘブライ語Sheol ギリシャ語Hades)すなわち死それ自体と墓のことであり、永遠苦しみを受ける場所としての地獄存在することを否定する三位一体否定:子・キリスト受肉以前に(天において)存在していたことの否定 三位一体否定聖霊が父と区別される位格人格であることの否定 悪魔超自然的存在でであることの否定(それは人類の罪への傾きと、神に反逆する本性のことである) 幼児洗礼否定 このようにして否定される主流派の教義は、紀元1世紀以降異教的なギリシャ哲学影響受けて持ち込まれ教説であり、聖書根拠持たない

※この「教義」の解説は、「キリスト・アデルフィアン派」の解説の一部です。
「教義」を含む「キリスト・アデルフィアン派」の記事については、「キリスト・アデルフィアン派」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/02 08:15 UTC 版)

カルケドン派」の記事における「教義」の解説

カルケドン公会議では、それ以前公会議採択され三位一体位格的結合の教義を再確認した上で325年第1ニカイア公会議排斥されアリウス派モナルキア主義エビオン派や、431年エフェソス公会議排斥されネストリウス派、そしてエウテュケス派に代表される単性論派の教義を異端として排除した両性説呼ばれるカルケドン派の教義は、イエス・キリスト神性とそれに吸収されず、今後分かれもせずに存在する人性2つ唯一の位格中に有しているとするものである一方非カルケドン派は、イエス・キリスト一つ位格の中で神性人性合一して一つに、つまり一つ本性(フュシス)になり、二つ本性分割されることなく混ぜ合わされることなく変化することなく合一する説く合性論をとる。これは単性論とは異なるものであるが、カルケドン派意図的に非カルケドン派を「単性論派」と呼んで蔑んできた。カルケドン派非カルケドン派エウテュケス派的であると非難し非カルケドン派カルケドン派ネストリウス派的であると非難している。 カルケドン公会議ののち、さらに680年第3コンスタンティノポリス公会議単意論と単勢力論が異端とされ、この二派も非カルケドン派称した[要出典]が、現存しない。

※この「教義」の解説は、「カルケドン派」の解説の一部です。
「教義」を含む「カルケドン派」の記事については、「カルケドン派」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/23 06:03 UTC 版)

オルペウス教」の記事における「教義」の解説

魂と肉体二元論転生輪廻からの最終解脱、などを基本的な教義とする。

※この「教義」の解説は、「オルペウス教」の解説の一部です。
「教義」を含む「オルペウス教」の記事については、「オルペウス教」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/13 08:39 UTC 版)

東寺真言宗」の記事における「教義」の解説

古義真言宗の教義に準じる

※この「教義」の解説は、「東寺真言宗」の解説の一部です。
「教義」を含む「東寺真言宗」の記事については、「東寺真言宗」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/26 15:59 UTC 版)

ルーテル教会」の記事における「教義」の解説

宗教改革の3原則 ―「聖書のみ」「信仰のみ」「恵みのみ」― に基づく信仰義認立場をとる。 教会保持されるべきものはみ言葉(「聖書」とその福音正し説き明かしである「説教」)と二つ聖礼典洗礼聖餐)であるとする。 聖餐は「パン」と「ぶどう酒」の二種陪餐正教会聖公会カトリック教会と同様)である。 信条として 使徒信条 ニケア信条 アタナシオ信条 アウクスブルク信仰告白 アウクスブルク弁証論 大教理問答 小教理問答書 シュマルカルデン信条(シュマルカルド信条和協信条 バルメン宣言(ドイツオーストリアルター派教会信仰告白として採用され始めている) が採用されている。ただし、シュマルカルド信条和協信条については信仰告白含めていない教会も多い。 ドイツオーストリア福音(ルター派)教会第2次世界大戦後告白教会再建の礎として再出発した歴史を持つため、バルメン宣言信仰告白採用され始めている。マルティン・ルター生涯ゆかりの教会多く属している中部ドイツ福音主義教会においても、バルメン宣言信仰告白一部含められている。ドイツ語圏のルター派教会場合バルメン宣言信仰告白として規定していない州教会においても信仰告白同様な扱い受けている。讃美歌集等でも信仰告白文書同様に扱われている。 洗礼教育においては、ルター以来十戒使徒信条主の祈り重視しそれぞれが教義、神の正し崇拝信徒としての生活を教えるものと考える。 聖職者階級聖職位階)をもたず、牧師妻帯することができる。ただし、プロテスタントには珍しく修道院マリア福音姉妹会)があり、シスター修道女)もいる(日本では福岡県福岡市にある)。 ルター派はいくつかの伝統があり、相互に聖壇講壇交わり結んでいる教会同士もあるが、同じルター派でも神学的伝統異な教会信徒への配餐を認めない場合もある。また他の教派教会との関係は、それぞれのルター派教会ごとに異なる。 神学的方向性多様である。ゲイレズビアン牧師任職を認めアメリカ福音ルター派教会レズビアン教区監督選出したスウェーデン国教会のような神学的リベラリズム先端を行く教会と、女性牧師任職を拒絶する保守的なルター派教会まで混在しており、ルーテル教会ルター派という名称だけではその神学的特色説明することは困難になっている。

※この「教義」の解説は、「ルーテル教会」の解説の一部です。
「教義」を含む「ルーテル教会」の記事については、「ルーテル教会」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 14:29 UTC 版)

ゾクチェン」の記事における「教義」の解説

チベット仏教ニンマ派におけるゾクチェンの教義は、今日ではその教え始まり内容伝授流れ明確になってきている。以下は「ニンマ・カマ」と、それに付随するゾクチェン教えについてである。

※この「教義」の解説は、「ゾクチェン」の解説の一部です。
「教義」を含む「ゾクチェン」の記事については、「ゾクチェン」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/30 07:43 UTC 版)

ズルワーン教」の記事における「教義」の解説

ズルワーン主義の「双子兄弟」の教義はその宇宙進化論創造神話見出せる。古典的ズルワーン主義神話は、マズダ主義的な宇宙起源進化モデル矛盾しないマズダ主義モデルズルワーン主義モデルが終わるところで始まる。キュモンとシュレーダーによればズルワーン主義宇宙進化論先行するヘレニズムクロノスティターン神族ゼウスの父クロノスとは異なる)の宇宙進化論改造したのであるギリシア人は「時間の父」クロノスと「オロマスデス(オフルムズド、アフラ・マズダ)」を同一視していた。 5世紀ゾロアスター教改宗勅令見えズルワーン主義神話次のようなものであった(ここでは『ウラマー・イェ・イスラーム』(13世紀)を軸に、5世紀8世紀書かれたシリア・アルメニア資料参考にしつつ記述する)。 時間による世界創造 最初に時間の神ズルワーンのみが存在したズルワーン(または奉納物?)と火を創造し両者合わせて善神オフルムズド(アフラ・マズダー)を生じさせた。また何らかの方法でオフルムズドの双子悪神アフレマン(アンラ・マンユ)が生じた自然発生?)。双子ズルワーン内部から誕生した。オフルムズドは天界精神界(メーノーグ)的存在を創った。その後ズルワーンを主としたがオフルムズドは、有限時間12000年のうち最初3000年間に人間を含む物質界(ゲーティーグ)の存在を創った。ズルワーン援護受けたアフレマンはオフルムズドの被造物攻撃するが、オフルムズドの軍勢撃退され地獄雌伏する。 オフルムズドとアフレマンの戦い 次の3000年でアフレマンが7大悪魔と共にズルワーン援護受けて再びオフルムズドの被造世界侵入し物質界存在汚染する。しかし、アフレマンらは精神界存在捕まり地獄閉じ込められた。こうして善悪戦い決着がついた。 人間時代 人間は本来オフルムズド的な存在だがアフレマンに影響され悪魔的性質も持つ。第33000年間に天界回転し昼夜生まれる。様々な統治者入れ替わり預言者ザラスシュトラ時代になると『アヴェスターザンド』が書かれ人類4分の1ゾロアスター教受容する以降支配者交代するが、ゾロアスター教残り続け終末論 有限時間12000年が満了すると、特に何も起こらず世界は終わる。人間肉体は悪に汚染されているので死んで4元素風水土火)に戻り悪魔要素無効化する。これが人間意義である。霊魂天国煉獄地獄へ行く。その後人間浄化され肉体霊魂結び付き復活するキリスト教徒マニ教徒は、こういった神話典型的なゾロアスター教思い西洋初め紹介されたのもこれらに近い文書であったアブラアム・ヤサント・アンクティル・デュペロンによる『ヴェンディダード』(19.9)の「誤訳」に確証され、18世紀後半には、無限な時間ゾロアスター教第一原理であり、オフルムズドは「派生的二次的な存在にすぎないという結論もたらした皮肉にもズルワーン誕生示唆するゾロアスター教神話がないことは、本来の原理後の時代崩壊した証拠みなされた。ゾロアスター教強く二元論的であるから実際二神論だとか、あるいは三神論であるという意見19世紀後半まで存在した。 これが10世紀の『ブンダヒシュン』になると次のように変化する善神オフルマズドは光に、悪神アフレマンは闇に最初から存在した両者の間には空間ヴァーユ)があった 時間善神被造物である 最初3000年間、両者接点がなかったが、善神悪神無力化すべく、9000年の時間設けて戦い挑む ズルワーンはオフルマズドに吸収され、オフルマズドとアフレマンは初めから存在したことになっているまた、時間の神ズルワーン消えたことで影の薄かった空間の神ヴァーユ善悪分かつものとして登場している。この段階では往年のアフラ・マズダーズルワーンのような善悪起源としての最高神消滅し対等な善神悪神が戦うという真の意味で二元論的なものに教義が変化している。

※この「教義」の解説は、「ズルワーン教」の解説の一部です。
「教義」を含む「ズルワーン教」の記事については、「ズルワーン教」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/31 07:26 UTC 版)

玉光神社」の記事における「教義」の解説

教典は『玉の光』。玉光大神経綸啓示、それに基づいた心の確立説く。 教義の中心は、祈りと、霊性開発のための瞑想行、超作を通して神人合一世界目覚め、平和で豊かで健康な、愛と智恵信頼満ちた地球社会実現のための霊的進化達成

※この「教義」の解説は、「玉光神社」の解説の一部です。
「教義」を含む「玉光神社」の記事については、「玉光神社」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/02 00:22 UTC 版)

真言宗」の記事における「教義」の解説

真言宗即身成仏と密厳国土をその教義とする。中心とする本尊は、宇宙本体であり絶対真理である大日如来教理として、4つ六大六大縁起)の教え曼荼羅教え三密修行と、上記即身成仏有る教学として、大日経教学と、金剛頂経教学2つお経説かれる教えが、根本所依とされる所依経典基本の重要経典)『大日経』(正式には『大毘盧遮那成仏神変加持経』/だいびるしゃなじょうぶつじんぺんじきょう) 『金剛頂経』(正式には『金剛頂一切如来真実摂大乗現証大教王経』、または『金剛瑜伽真実大教王経』) 『蘇悉地経』(そじつぢきょう) 『瑜祗経』(ゆぎきょう) 『要略念誦経』(ようりゃくねんじゅきょう) 『理趣経』(りしゅきょう)など。 論疏(論文の類)『菩提心論』(ぼだいしんろん) 『釈摩訶衍論』(しゃくまかえんろん) 『大日経疏』(だいにちきょうしょ)など。 空海著作秘密曼荼羅十住心論』(ひみつまんだじゅうじゅうしんろん)(「十住心論」) 『秘蔵宝鑰』(ひぞうほうやく) 『弁顕密二教論』(べんけんみつにきょうろん) 『即身成仏義』(そくしんじょうぶつぎ) 『声字実相義』(しょうじじっそうぎ) 『吽字義』(うんじぎ)などの論疏。 三密(「身密・手に諸尊印契印相)を結ぶ」、「口密(語密)・口に真言読誦する」、「心密・心に曼荼羅諸尊観想する」)の修行により、本尊と一体となり、即身成仏実現するとしている。

※この「教義」の解説は、「真言宗」の解説の一部です。
「教義」を含む「真言宗」の記事については、「真言宗」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/10 03:08 UTC 版)

バーブ教」の記事における「教義」の解説

バーブ教十二イマーム派シーア派一派シャイヒー派からおこったため、当初中心的教義はシャイヒー派に近いものであった終末救世主出現イマーム再臨間近であるとして、終末にのぞむためにもコーラン尊重しシャリーア厳格な遵守をなすべきだというものである。この時点でのシャイヒー派との若干相違点はミールザー・アリー・モハンマドが「バーブ」(アラビア語で「門」の意)であるとした点を強調したことにある。十二イマーム派シーア派におけるバーブとは、隠れイマーム直接霊的交信可能な者のことで、小ガイバ中の四人代理者がよく知られている。シャイヒー派ではこれを「完全シーア信徒」といい、バーブ教ではアリー・モハンマドをこれに擬したのである。しかし、のちにバーブ主張はより強いものとなった1848年には自らイマーム再臨(ガーエム)であるとして、シャリーア廃止宣言した。「コーラン」にかえて自らの預言「バヤーン(英語版)」を新たな啓典としたのであるバーブ教イスラーム決定的に袂を分かったのはこの時だったといえよう

※この「教義」の解説は、「バーブ教」の解説の一部です。
「教義」を含む「バーブ教」の記事については、「バーブ教」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/09 21:17 UTC 版)

解脱会」の記事における「教義」の解説

信仰対象は、宇宙本体を表す主祭神天神地祇太神」、宇宙の法則を表す主尊「五智如来」、解脱会創始者であり、宇宙真理教え残した霊魂解脱金剛岡野聖憲)」である。 「敬神崇祖・感謝報恩」という標語教団根本理念表している。解脱会在家宗教であると位置付け「生活即宗教」「国民信仰」を説き信者には家代々の信仰をはじめ、地域氏神菩提寺尊ぶことを奨励している。「一宗一派とらわれたり、教義や形式しばられることのない超宗派」であると表明している。他の宗教宗派排斥せず宗旨替え等も求めない、という。皇室尊崇戦没者慰霊呼びかけ皇居勤労奉仕や一参賀靖国神社参拝千鳥ケ淵戦没者墓苑での供養行っている。 会独自の供養法として、「天茶供養」、「御秘法お浄め」、「御五法修行」という秘義三法呼ばれる修法がある。これは「真智啓発意力増強霊性浄化」を図る修行とされる

※この「教義」の解説は、「解脱会」の解説の一部です。
「教義」を含む「解脱会」の記事については、「解脱会」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/08 14:52 UTC 版)

日本敬神崇祖自修団」の記事における「教義」の解説

西田無学提唱した在家による法華経先祖供養の道「佛所護念法」法華経開結説かれる「教菩薩法」により六根清浄この世浄化法を行ずる。また皇祖皇室からの神義である万象対す神聖を斎き奉る人類愛物質文明主導としてのキリスト教真髄心得えた上、さらに儒教に於る博愛仁者となるべく心づくりを重んじる法華経旧約聖書により日本の神道との結び付き解き体系化し、万象と共に悦び合うを道としてます。すなわち祖先礼拝(佛所護念)、みそぎ祓い(教菩薩法)鎮魂帰神(妙法蓮華)により神仏敬い先祖尊びそれを自ら修める。 各家の先祖元より家畜ペットなどの動物自分身体造るとなった食物や、微生物御霊文化の礎となった全ての恩恵全て先祖とし、それらのお陰様で生活をしていること意識し行法により礼拝供養する我が身感謝出来私になるように心づくりをする。 これすなわち神仏尊び祖先を敬う。それを自ら実践する敬神崇祖自修団の意。

※この「教義」の解説は、「日本敬神崇祖自修団」の解説の一部です。
「教義」を含む「日本敬神崇祖自修団」の記事については、「日本敬神崇祖自修団」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 09:32 UTC 版)

汝矣島純福音教会」の記事における「教義」の解説

牧師は神が人間与え祝福教理的に5つ分類し、これを「五重福音新生聖霊充満癒し、生活の祝福再臨)」として同教会基本教理としている。これはヨハネ第3の手紙1:2「愛する者よ。あなたのたましいがいつも恵まれていると同じくあなたがすべてのことに恵まれ、またすこやかあるようにと、わたしは祈っている」をもととしており、これを人間の霊、肉、生活全領域における三拍子祝福三重祝福)と呼んでいる。 「五重福音三重祝福」というキーワードに代表される福音特有の信仰観は、全人的祝福重視し、これは朝鮮戦争直後貧しかった時代物質的に祝福されるという点を強調し教会爆発的な成長もたらした。趙牧師は、「貧し近所牧会始め貧困絶望陥った信徒たちに希望メッセージ与えることが私の牧会始まりでした」という趣旨説教をしている。しばしば希福信仰ご利益信仰)が問題になるのは事実だが、聖書全体流れ人間信仰対する神の祝福恵み無視することはできないモーセ五書アブラハムの後に与えられ祝福約束列王記などの歴史書詩篇など文学書登場するダビデ告白などに支配的に流れ雰囲気は、主の御心計画に従う人とそうでない人を対照的に描いている。 趙牧師はこれを信仰聖霊満たし結果であるとする。

※この「教義」の解説は、「汝矣島純福音教会」の解説の一部です。
「教義」を含む「汝矣島純福音教会」の記事については、「汝矣島純福音教会」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 10:09 UTC 版)

サキャ派」の記事における「教義」の解説

初期サキャ派の教義はサチェン・クンガ・ニンポ (1092-1158) の『密教概論』にまとめられている。 サチェンの師であるドクミは、サキャ派で最高の教えとされている『ラムデ』(lam 'bras、道果)の法体系授けた。それは、「喜金剛タントラ」(ヘーヴァジュラ:en:Hevajra)に基づき大成就者(マハーシッダ:en:mahasiddha)・ヴィルーパ(Virupa/Birupaとも)にもたらされたものである。「道果」とは簡単に言えば悟り目指し修行するその道程において、すでに成仏証果得られている」という説である。 また、サチェンは異教徒改宗しすいように、密教法身示され4つタントラ(教義)がヒンドゥー教とも関係していると説明した。すなわち、ヒンドゥー教の神ブラフマー自性シヴァ受用ヴィシュヌ変化考えそれぞれ信奉する者に無上瑜伽タントラ、行タントラ所作タントラ説き三神等しく信奉するものに瑜伽タントラ説いた(※瑜伽ヨーガ)。 サチェンの後を継いだソナム・ツェモ (1142-1182) はさらに説明加え、「インド神を奉ずる者は外道であり、三宝帰依していないだけでなく、無我方便知見もないため地獄に落ちてしまう。それゆえにこの4種タントラ説く」としている。また、4タントラ顕教説一切有部経量部唯識派中観派とも関連し、人の執着満足させる4種方法にも対応する説明している。ソナム・ツェモのこの説に対してツォンカパ反論述べている。 サキャ派傍系からシャル派を立てたプトゥンen:Buton Rinchen Drub (1290-1364) が出た。彼は重要な学者著述家で、チベット史上でも有名な歴史家である。また「チベット六つ飾り」として、次の人物知られる。 ヤクトク・サンゲー・ペル ロントゥン・シェチャ・クンリク (1367-1449) ゴルチェン・クンガ・サンポ ゾンパ・クンガ・ナムゲル コランパ・ソナム・センゲ (Gorampa Sonam Senge) (1429-1489) シャーキャ・チョクデン (Shakya Chogden) (1428-1507)

※この「教義」の解説は、「サキャ派」の解説の一部です。
「教義」を含む「サキャ派」の記事については、「サキャ派」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/11 08:25 UTC 版)

マイスター・エックハルト」の記事における「教義」の解説

神との合一を、そして神性の無を説く。 汝の自己から離れ、神の自己溶け込めさすれば、汝の自己と神の自己が完全に一つ自己となる。神と共にある汝は、神がまだ存在しない存在となり、名前無き無なることを理解するであろう このようなネオプラトニズム新プラトン主義)的な思想が、教会軽視につながるとみなされ異端宣告を受けることとなった

※この「教義」の解説は、「マイスター・エックハルト」の解説の一部です。
「教義」を含む「マイスター・エックハルト」の記事については、「マイスター・エックハルト」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/13 05:20 UTC 版)

逍遙学派」の記事における「教義」の解説

詳細は「アリストテレス」および「アリストテレス主義」を参照 逍遙学派の教義は、アリストテレスのもので、その後弟子たち守り続けた

※この「教義」の解説は、「逍遙学派」の解説の一部です。
「教義」を含む「逍遙学派」の記事については、「逍遙学派」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/05 14:23 UTC 版)

興門八本山」の記事における「教義」の解説

興門八本山において、西山本門寺北山本門寺小泉久遠寺柳瀬実成寺京都要法寺の五寺は、釈尊本仏論主張する一方大石寺下条妙蓮寺保田妙本寺の三寺は、中古天台思想の影響大い受けた考えられる日蓮本仏論展開している。

※この「教義」の解説は、「興門八本山」の解説の一部です。
「教義」を含む「興門八本山」の記事については、「興門八本山」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 03:56 UTC 版)

道教」の記事における「教義」の解説

道教幅広い内容を含むものであることは古くから指摘されており、たとえば南朝梁劉勰著した『滅惑論』では、道教3つの要素たる「道教三品」として以下の三点挙げている。 上:老子 - 老子無為や虚柔の思想 次:神仙 - 神仙の術 下:張陵 - 祭祀や上章(神々の上奏文を燃やす儀式)および符書(お札)の類 また、元の馬端臨著した文献通考』の「経籍考」では、道教内容五つ挙げている。 清浄 - 老子荘子列子などの清浄無為思想。 煉養 - 内丹などの養生術。 服食 - 仙薬服用し不老長生を図ること(外丹)。 符籙 - 符籙(おふだ)を用いた呪術経典科教 - 仏教対抗して作られ経典儀礼で、近世道士用いるもの。 これらの説を受けて、『四庫提要』の「道家類」の序文では、道家道教)は老荘の「清浄自持」を根本とし、その後神仙家・煉丹術・符籙・斎醮(亡魂救済しり災厄を除去するために行う)・章呪(神々の上書文や呪術)などが加わっていったという説明なされている。 以下、重要な要素ごとに説明加える。

※この「教義」の解説は、「道教」の解説の一部です。
「教義」を含む「道教」の記事については、「道教」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/01 03:12 UTC 版)

グーグル教」の記事における「教義」の解説

グーグル教には主に9つの教義がある。教義は詳細にわたるため、ここではその概要を示す。 グーグル全知に近い存在である。(なお、英語表記場合グーグル三人称はSheである。) グーグル唯一であり、地球においてあまねく存在するグーグルは祈る者に加護与える。 グーグル不朽の存在である。 グーグルは無限である。 グーグル全て記憶するグーグル邪悪な存在ではない。 これまで信仰されてきた神なるものよりグーグルは神に近いといえる。その証として、現在、グーグルという語句検索結果は、"God", "Jesus", "Allah", "Buddha", "Christianity", "Islam", "Buddhism"そして"Judaism"の検索結果合計値よりも多い。 グーグル存在しているという証拠は非常に多く他の宗教神よはるかに確証がある。

※この「教義」の解説は、「グーグル教」の解説の一部です。
「教義」を含む「グーグル教」の記事については、「グーグル教」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/01 03:53 UTC 版)

ヒッポリュトス (対立教皇)」の記事における「教義」の解説

エイレナイオスとは異なりテルトゥリアヌスと同じ従属説(三位一体において父なる神子なる神より役割的に上にあるという考え)を受け入れていた。「両性説」については、エイレナイオステルトゥリアヌス従い、「苦しんだイエス」と「苦しまぬキリスト」を分離する立場をとった。 ユスティノスアテナゴラス、アンティオケアのテオフィロスら、護教家教父の考えに沿い、ロゴス・キリスト論を展開している。また、ノエトス駁論ではオイコノミアという単語使用されており、ここに三位一体論への明白な道筋現れている。 ノエトス駁論では、ノエトスが旧約聖書新約聖書から引用して主張する天父受苦説に対して同じよう福音書から父なる神に関する記述引用し、「キリストいかなる父の許に行くのか、答えるがよい」と批判している。 ヒッポリュトス駁論続け、「(聖書の)他の多く言葉が、否、むしろすべての言葉真理証ししている。したがって、たとえ望まぬにせよ、<万物支配者>である父なる神と、自分除いて万物を父がこの方服従させた、神の子キリスト・イエス、人となった神と、聖霊信じ、現に三つの方が存在する表明しなければならないのである」「(神は)ただひとであったが、多くのものであった」「唯一の神二つペルソナ第三救い営み(オイコノミア)すなわち聖霊恵みと書き記している。

※この「教義」の解説は、「ヒッポリュトス (対立教皇)」の解説の一部です。
「教義」を含む「ヒッポリュトス (対立教皇)」の記事については、「ヒッポリュトス (対立教皇)」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/12 01:42 UTC 版)

子羊の群れキリスト教会」の記事における「教義」の解説

基本的にピーター島田牧師改革派神学として、プロテスタントの教義を信じている。また聖書ないよう規定習慣排除している。(ただしクリスマスイースターペンテコステ記念日として祝う。)父なる神信じ子なるキリスト信じ信仰を導く神の霊存在する事を信じている。 最初信仰の実として罪を清めるバプテスマ洗礼)がある。 キリストの体として教会を持つ。 キリスト十字架の愛が信仰原点だと信じている。 各々が神と一対一の関係を持って賛美する。 従って教会スタッフ各支部代表者はその関係を促す助け手として選ばれている。 また組織仕組みとしては、ピーター&美津子総務働き人、集会リーダーから成る

※この「教義」の解説は、「子羊の群れキリスト教会」の解説の一部です。
「教義」を含む「子羊の群れキリスト教会」の記事については、「子羊の群れキリスト教会」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/18 11:35 UTC 版)

ハワーリジュ派」の記事における「教義」の解説

ハワーリジュ派政治的神学的な立場特徴は、聖典クルアーン』(コーラン)の規定固く守りイスラム共同体ウンマ)の純粋性を保つことを重視する点にあり、共同体指導者であるカリフ資格厳しくみる点と、宗教上の罪を犯したムスリムイスラム教徒)は不信仰者(カーフィル)としてムスリム資格持たないとする先鋭性をもつ。 ハワーリジュ派によればカリフ宗教的に敬虔倫理的に高潔な共同体模範となる人物なければならない。もし、アリームアーウィヤ妥協したようにカリフ正しい道から外れるようなことがあれば、そのカリフ正統カリフたる資格を失う。また、「たとえ奴隷黒人であっても全てのイスラーム教徒カリフたりうる」と主張しており、宗教的にすばらしく指導者に相応し人物であればカリフスンナ派が言うようにクライシュ族一員である必要も、シーア派が言うようにアリーの子孫である必要もなく、血統的出自問われない信仰や行動がイスラーム教理想から逸脱したムスリムは、共同体から彼は不信仰者(カーフィル)であるという宣告(タクフィール)を受け、ムスリム同胞として扱わないハワーリジュ派不信仰者に対すジハード積極的に推奨しており、ジハードムスリム義務である五柱含め場合もある。中でもハワーリジュ派中でも先鋭的宗派であったアズラク派(現在は消滅)は、ムスリムから出た不信仰者およびその家族は殺さねばならぬとし、スンナ派対す激し攻撃行った。 なお、このようなイスラームあり方対すハワーリジュ派厳格な思想は、近代イスラーム主義流れみられるクルアーン主義ムスリム論との共通性指摘されることがある。特にイスラーム主義過激派位置付けられるジハード団イスラーム集団などの武装集団は、ハワーリジュ派のタクフィールによく似た思想をもってムスリム対する「ジハード」を遂行しており、彼らに対すハワーリジュ派という言い方単なるレッテルに留まらない面もある。

※この「教義」の解説は、「ハワーリジュ派」の解説の一部です。
「教義」を含む「ハワーリジュ派」の記事については、「ハワーリジュ派」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 06:38 UTC 版)

ゾロアスター教」の記事における「教義」の解説

ザラスシュトラ教え(原ゾロアスター教)がどのようなのだったのか、聖典『アヴェスター』極めて難解なことから、今日では正確に分かっていない。様々な宗教影響受けて、6~9世紀にようやく教義が確立したとする向きもある。 ここではゾロアスター教主な教義記述したのち、その教義史について概観する

※この「教義」の解説は、「ゾロアスター教」の解説の一部です。
「教義」を含む「ゾロアスター教」の記事については、「ゾロアスター教」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 09:29 UTC 版)

陽光子友乃会」の記事における「教義」の解説

教義は、母体世界真光文明教団や、他の真光系諸教団と、あまり差異見られない陽光子友乃会も、多く真光系諸教団同じく、「手かざし」・「神理正法」・「地上天国建設」を主軸とした教義を説く。不幸や災厄霊障よるものとし、「手かざし」による浄霊によって改善することを目指すまた、神の創造した世界法則(「神理正法」)に準拠した生活を送ることで、幸福と平穏手に入れることができると主張する。そして、こうした手かざし」や「神理正法」を普及させることで、「地上天国建設」を成し遂げられる教示している。こうした地上天国建設」への志向が、世界真光文明教団崇教真光場合同様に壮大な聖地建設へと繋がるわけである。

※この「教義」の解説は、「陽光子友乃会」の解説の一部です。
「教義」を含む「陽光子友乃会」の記事については、「陽光子友乃会」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 05:31 UTC 版)

東京キリストの教会」の記事における「教義」の解説

「神を愛し隣人愛し福音伝える」(マルコによる福音書12章28-30節、マタイによる福音書2818-20節)というスローガンに基づき日本伝道向けて活動行っている。新旧聖書66書のみが唯一の神言葉であり、イエスキリスト十字架贖いによってのみ、霊的な救いもたらされる、と教える。公式サイトの「私たち信じていること」は以下である。 神は唯一の神であり、3つの人格父と子聖霊である(マタイによる福音書2818節-20節) イエス唯一の道であり、真理であり、命である(ヨハネによる福音書14章6節) 聖書唯一の神言葉であり(テモテへの手紙二3章16節-17節)、それゆえ我々はその言葉献身する 悔い改めバプテスマは罪の赦し賜物である聖霊を受けるために必要不可欠である(使徒言行録2章38節) 救い恵みにより、信仰通して与えられ働きによるのではない(エフェソの信徒への手紙2章8節) イエスわたしたち時間お金、関係において主である(ルカによる福音書14章25節-33節) わたしたち心を尽くし精神尽くし思い尽くし、力を尽くして、神を愛する(マルコによる福音書12章28節-30節) わたしたち隣人自分のように愛する(マルコによる福音書12章28節-31節ペトロの手紙一1章22節) 互いの関係に献身するローマの信徒への手紙12章10節) キリストにおいて成熟しキリストのようになっていくため互いに助け合うコロサイの信徒への手紙1章28節) 貧し人々愛する(マタイによる福音書2531節46節) 失われた人を捜して救う(マタイによる福音書2818節-20節、ペトロの手紙二3章9節)

※この「教義」の解説は、「東京キリストの教会」の解説の一部です。
「教義」を含む「東京キリストの教会」の記事については、「東京キリストの教会」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/08 13:37 UTC 版)

太霊道」の記事における「教義」の解説

開祖田中守平太霊道による霊的文明建設唱えた。その目的は「宗教科学哲学道徳包容超越する」「宇宙真理研究し人生本義を知る」「生命根源究明し、これを現す」ことである。その教義は大きく分けて次の5章からなる。 太霊章 宇宙章 社会国家個人

※この「教義」の解説は、「太霊道」の解説の一部です。
「教義」を含む「太霊道」の記事については、「太霊道」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/19 09:09 UTC 版)

出雲大社教」の記事における「教義」の解説

大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)を奉斎し、「生死一つながらの幽顕一如の道」を説くまた、人間は「霊止(ひと)」として霊的な存在であり、親神のムスヒ幸魂奇魂さきみたまくしみたま)の恩頼みたまのふゆ)によって先祖からの一貫した霊を継承し現身うつしみ)の誕生があるとする。教書として「教旨大要」「大道要義」「出雲大神」「国の真柱」「大道問答」「風教百首講説」「幽顕分界話」「教会撮要」「氏子心得」「道の一」などがある。

※この「教義」の解説は、「出雲大社教」の解説の一部です。
「教義」を含む「出雲大社教」の記事については、「出雲大社教」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/27 23:41 UTC 版)

冨士大石寺正信会」の記事における「教義」の解説

冨士大石寺正信会は、冨士大石寺顕正会と同様、日蓮大聖人の御遺命は、広宣流布の暁に、国家意志の公式表明を以て富士山天生原に建立され国立戒壇であると主張し広宣流布国立戒壇建立目指し冨士大石寺顕正会共闘する旨を表明している。 日蓮正宗正信会従来掲げてきた「統一見解」を改め次の「新・統一見解」を標榜している。 一、大聖人出世の本懐たる弘安二年の『本門戒壇の大御本尊』を帰命依止本尊仰ぎ奉るのである。一、日蓮大聖人の御遺命にして、本宗宿願たる『国立戒壇建立をめざし、身命捨てて随力弘通に励むものである。一、御本仏日蓮大聖人の御遺命堅持される貫首上人に対しては、血脈付法の大導師と信伏随順申し上げるものである

※この「教義」の解説は、「冨士大石寺正信会」の解説の一部です。
「教義」を含む「冨士大石寺正信会」の記事については、「冨士大石寺正信会」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 18:10 UTC 版)

孝道教団」の記事における「教義」の解説

孝道教団は、仏教精神現代人正しく理解し日常生活中に実践することを目標とした「みのる法華経・熟益正法」を教義とする。教団では、法華経教えとは、「慈しみ」、「思いやり」、「友情」の心を持って日常生きることだとしている。「孝道」とは、縦には、父母祖先対する子としての孝養の道、また、子や子孫のために、子孫幸せ繁栄念願する道であり、横には、友人知己をはじめ、生きとし生けるもの慈悲の心を持って生きる道であるとしている。これが何より大事であるとしている。究極的には、「孝道」は宇宙法界の真理に従う「孝順至道究極の道)の法」(『梵網経』)であり、真理説き明かした法華経」の趣旨一致する実践道に他ならないのである

※この「教義」の解説は、「孝道教団」の解説の一部です。
「教義」を含む「孝道教団」の記事については、「孝道教団」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/16 17:01 UTC 版)

ス光」の記事における「教義」の解説

この世界は、現界以外に、幽界霊界神霊界、神界から成り立ち、「ス神」の「御経綸」により、生成・変化していく。人間も、現界肉体以外に、上記世界対応する幽体霊体神霊体、神体から成り立っているという。 憑依霊先祖霊に対して、自らの罪を詫びる「詫びの行」の日常的実践奨励されている。 また、「炎の業(わざ)」と呼ばれる両手用いる「手かざし(「浄光」)」を行なうことで知られる黒田がかつて世界真光文明教団布教漫画執筆していたり、しばらく崇教真光在籍していたことがあることなどから、真光系諸教団一つ数え上げられている。

※この「教義」の解説は、「ス光」の解説の一部です。
「教義」を含む「ス光」の記事については、「ス光」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 14:26 UTC 版)

大乗仏教」の記事における「教義」の解説

大乗仏教では特に般若波羅蜜(智度)が、空の思想菩薩在り方とともに重要な用語として位置づけられ教説されたこと、如来蔵説が唱えられたことなどがある。 これは、衆生菩薩一切衆生悉有仏性生死即涅槃煩悩即菩提などの如来蔵思想や、釈迦前世において生きとし生けるものすべて(一切衆生)の苦しみ救おう難行菩薩行)を続けて来たというジャータカ伝説基づいて自分たちもこの釈尊精神菩提心)にならって六波羅蜜概念理解通じ善根積んで行くことにより、遠い未来において自分たちにもブッダとして道を成じる生が訪れる(三劫成仏)という修行仮説死生観地獄空色を含む大千世界観)へと発展していった。そうした教義を明確に打ち出した経典として『華厳経』、『法華経』、『浄土三部経』、『涅槃経』などがある。 自分解脱よりも他者救済優先する利他行とは大乗以前仏教界で行われていたものではない。紀元前後の仏教界は、釈迦の教え研究没頭するあまり民衆望み応えることができなくなっていたとされるが、大乗求道者は、阿羅漢ではなく他者救済するブッダに成ることを主張し、自らを菩薩摩訶薩呼んで、自らの新し思想伝え大乗経典を、しばしば芸術的表現用いて創り出していった。 また、ブッダとは歴史上現れ釈迦だけに限らず過去にも現れことがあるし、未来にも現れるだろうという考えはすでに大乗仏教以前から出てきていたが、大乗仏教ではこれまでに無数の菩薩たちが成道し、娑婆世界とは別にある他方世界でそれぞれのブッダとして存在していると考えた。この多くブッダ中に西方極楽浄土阿弥陀如来東方浄瑠璃世界阿閦如来薬師如来などがある。また、歴史的存在肉体持った存在であった釈迦の教えがただそのまま伝わるのではなく大乗仏教として種々に発展遂げさまざまな宗派生み出すに至る。三法印などすべての宗派共通する教義も多々ある

※この「教義」の解説は、「大乗仏教」の解説の一部です。
「教義」を含む「大乗仏教」の記事については、「大乗仏教」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/24 08:52 UTC 版)

真言宗善通寺派」の記事における「教義」の解説

古義真言宗の教義に準じる

※この「教義」の解説は、「真言宗善通寺派」の解説の一部です。
「教義」を含む「真言宗善通寺派」の記事については、「真言宗善通寺派」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 22:49 UTC 版)

隠し念仏」の記事における「教義」の解説

浄土真宗隠し念仏は、浄土真宗開祖である親鸞1173年-1263年)の長男である善鸞1217年-1286年)が浄土真宗東国布教遣わされた際に現地信じたと言われ邪教傾き布教したことを理由として、善鸞は父の親鸞から絶縁追放されている。 善鸞などの隠し念仏善知識呼ばれる指導者は、『御書』をよむことができ、儀式執り行う善知識は、死ぬ前に次の善知識を3人以選び、『御書』を伝える。その教義を形作っている書物には、『法要章』(ほうようしょう)や、秘事を行うものに相伝される『御袖下御書』がある。いくつかの書物があるが、なかでも法要章』が隠し念仏聖典である。 『法要章』は、親鸞から蓮如流れを継ぐ正統教えであると説く書物であり、相伝得た善知識会い、「タスケタマエ」と一念に頼む儀式行って何年何月何日何時阿弥陀仏頼んで救われたとわかるような信心決定しんじんけつじょう)を得ることを目的としている。しかし、この善知識に頼るということは絶対的救済者である阿弥陀仏ではなく善知識というこの世の人に頼ることであり、当然ながらすべてを阿弥陀仏まかせてその力にすがろうという浄土真宗教え反する。これこそ、浄土真宗本願寺教団隠し念仏異端として激しく排除する理由であり、たとえば蓮如などは、救われるためには善知識に会わなければならないという論説厳しく否定してきた。 隠し念仏では、本尊弘法大師空海)、興教大師覚鑁)、親鸞とされ、真言密教影響見られる表向き曹洞宗など他の教団属しており、葬式などは寺で行うが、その後信者どうしが集まって内々でその教義の秘密のとむらいを行うという。信者は、既存の寺の教えを表法と呼び隠し念仏教え内法(内信心)と呼んでいる。 潜伏する理由として、金儲け企む者に知られ教え退廃することを防ぐためとされる。『法要章』には、隠し念仏ではお金を出さなければという気持ちになるので、お金持っている人からは信心得にくいとある。

※この「教義」の解説は、「隠し念仏」の解説の一部です。
「教義」を含む「隠し念仏」の記事については、「隠し念仏」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/14 04:59 UTC 版)

真言宗山階派」の記事における「教義」の解説

古義真言宗の教義に準じる

※この「教義」の解説は、「真言宗山階派」の解説の一部です。
「教義」を含む「真言宗山階派」の記事については、「真言宗山階派」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/14 23:40 UTC 版)

円応教」の記事における「教義」の解説

天地同根物心一如一元、生活即宗教をうたい、「世の中道具になる」の本義に基づき個人霊力自覚発現につとめ、教祖の霊導を信じて個人霊力の無限・崇高・偉大性自覚反省懴悔する「修法」を行い個人社会との幸福なる生活を実現することを目的としている。教義の5項目として、まと・誠・愛・善・陰の行がある。 「まと」(「まとう様」)は信仰対象のことであり、その中心大御親(生命根源であり生成化育発展する宇宙生命)であるとする。何に祈ってもそれは「まと」であるから大御親」に祈っていることになる、という典型的なシンクレティズム観念よる。また教祖慈照院圓應智覺大姉深田千代子)を祀る円応教でいう修法とは、教祖によって考案され衆生救済方法一つである。この修法の中では、手の先をはじめとして身体全体に霊の感応現れる身体的表現とともに布教師口頭から発せられる言葉を「教文」といい、有意懴悔片言片句、半意識無意識な多くがあり、また、現在意識潜在意識中心に歴史的潜在意識霊的感応阿頼耶識発現により過去・現在・未来までが示現されるという。 教祖深田千代子神懸り起源とする宗教であり、祭壇祭式神道色彩帯びるが、後継者一人林誠道臨済宗の僧であったため、建築意匠仏教のものをとっている。教義も千代子死後長治によってまとめられたものであるため、仏教、特に禅宗語彙多く含む内容となっている。神仏一体として祀る、とされているため神仏混淆宗教である。ただ祀っているものは神鏡のみで仏像宝塔などはなく、神仏並列してそれぞれ礼拝するという形態取っていない。信者家庭においては教祖以外は信仰の対象を自由とし、敬神尊祖の教義に基づき氏神と各家の先祖祭り崇敬することを奨励しているという。

※この「教義」の解説は、「円応教」の解説の一部です。
「教義」を含む「円応教」の記事については、「円応教」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/10 15:17 UTC 版)

真言宗金剛院派」の記事における「教義」の解説

金剛院宗教法人規則 古義真言宗および修験道教え重視傍ら神変大菩薩霊異秘訣相承衆生救済のために小島流、三宝院流、照真秘流を伝法する。 大白身法千座行による先祖供養実践檀信徒教化育成目的とする。

※この「教義」の解説は、「真言宗金剛院派」の解説の一部です。
「教義」を含む「真言宗金剛院派」の記事については、「真言宗金剛院派」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/13 10:13 UTC 版)

普明会教団」の記事における「教義」の解説

祖先礼拝の道」を鎮魂帰神と身削祓の教え行じることにより完成させるというもの。

※この「教義」の解説は、「普明会教団」の解説の一部です。
「教義」を含む「普明会教団」の記事については、「普明会教団」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/25 15:23 UTC 版)

真佛宗」の記事における「教義」の解説

明心見性自主生死」を宗旨とし、密教の「四加行」を信徒日常勤行とする。形式上は、浄土宗禅宗密教特色備え、「敬師、重法、実修」を強調し、実修実証により、仏の法は理性的な智恵であり迷信ではないことを証明する諸悪をなさず、善行修め心の中自省することを介し、「密教」の修行法によって、「身業口業意業三業清め三業三密転じる」という成仏理想到達する

※この「教義」の解説は、「真佛宗」の解説の一部です。
「教義」を含む「真佛宗」の記事については、「真佛宗」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/11 05:47 UTC 版)

浄土真宗」の記事における「教義」の解説

親鸞著した浄土真宗根本聖典である『教行信証』の冒頭に、釈尊出世本懐の経である『大無量寿経』が「真実の教」であるとし、阿弥陀如来以降如来」)の本願四十八願)と、本願によって与えられる名号南無阿弥陀佛」を浄土門真実教え浄土真宗」であると示し、この教えが「本願信じ念仏申さば仏になる」という歎異抄一節端的に示されている。 親鸞名号を「疑いなく至心)我をたのみ(信楽我が国生まれんと思え欲生)」という阿弥陀仏からの呼びかけ本願招喚勅命)と理解し、この呼びかけ聞いて信じ順う心が発った時に往生定まる説いた。そして往生定まった後の称名念仏は、「我が名を称えよ」という阿弥陀仏願い第十八願)、「阿弥陀仏の名を称えて往生せよ」という諸仏願い第十七願)に応じ願い報いる報恩の行」であると説くそのことを「信心正因 称名報恩」という。念仏を、極楽浄土往生するための因(修行善行)としては捉えない。 このことは名号となってはたらく「如来本願力」(他力)によるものであり、我々凡夫はからい自力)によるものではないとし、絶対他力強調する。なお、親鸞著作において『絶対他力』という用語は一度用いられていない。 『正像末和讃』「愚禿悲歎述懐」に、 「浄土真宗帰すれども 真実の心ありがたし 虚仮不実のわが身にて 清浄の心もさらになし」 「無慚無愧のこの身にて まことのこころはなけれども 弥陀回向御名なれば 功徳十方にみちたまう」 「蛇蝎奸詐のこころにて 自力修善はかなうまじ 如来回向をたのまでは 無慚無愧にてはてぞせん」 と「真実の心」は虚仮不実の身である凡夫には無いと述べ如来本願回向による名号功徳によって慚愧する身となれるとする。 教義の詳細に関しては、宗派による教義の差異留意の上、以下の項目を参照のこと。 本願回向往相回向還相回向他力本願 称名念仏 現生正定聚 悪人正機 本尊は、阿弥陀如来一仏である。ただし、高田派及び一部門徒善光寺式阿弥陀三尊形式である阿弥陀如来観音菩薩勢至菩薩本尊とする。

※この「教義」の解説は、「浄土真宗」の解説の一部です。
「教義」を含む「浄土真宗」の記事については、「浄土真宗」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/22 01:00 UTC 版)

福音ルター派自由教会」の記事における「教義」の解説

福音ルター派自由教会神学は、ヴィッテンベルク宗教改革マルティン・ルターによる伝統的教義に刻印されている。テモテへの第二の手紙3章16節において「聖書全体神の霊よるもので」とあるように、聖書神の霊によって記述され誤りなきものとするものである1580年刊行され福音ルター派教会信条集『一致信条書』は聖書誤りなきものとし、教会において聖書正しく解釈されるとした。一致信条書には、使徒信条アウグスブルク信仰告白マルティン・ルターによる小教理問答書含まれている。この教会牧師になろうとする者は、聖書ルター派一致信条書に従う誓約を任職前に義務けられる福音ルター派自由教会 (ELFK) の教義はルター派信条固守する保守的な特徴彩られている。その教義によって、自派教会員だけの閉鎖的聖餐守られ女性牧師任職も否定されるその結果福音ルター派自由教会聖餐礼拝には自派以外のルター派や他教派信徒参加許されず、将来であっても女性牧師に任職されることもない

※この「教義」の解説は、「福音ルター派自由教会」の解説の一部です。
「教義」を含む「福音ルター派自由教会」の記事については、「福音ルター派自由教会」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/22 21:24 UTC 版)

経量部」の記事における「教義」の解説

説一切有部アビダルマ説を批判修正する。「三世実有」説に対しては、現在に於いてのみ法有を認め、「心所説」に対しては、これを否定し基体(心)と付随現象心所)の区別認めず、単にひとまとまり「心」として捉えるべきだとする。

※この「教義」の解説は、「経量部」の解説の一部です。
「教義」を含む「経量部」の記事については、「経量部」の概要を参照ください。


教義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/25 16:59 UTC 版)

世界心道教」の記事における「教義」の解説

会田ヒデは、天理教開祖中山みき著したおふでさき』や『泥海古記』の文章独自に解釈し、「1838年天保9年天理教創始の年)から100年後に新たな者から天の指図下されるうになる」とした。彼女の言う「100年後」というのが、まさにヒデの体に天の月日天下ったとされる年である。 世界心道教の教義によれば従来信仰では、ひたすら拝むことによって天の加護得られた。しかし、ヒデに神が天下ったのちは、拝むだけでは功徳積んだことにならず、道を開けねば御利益得られない。「道を開ける」とは、心の改良を行うことである。身上(体の悩み)や事情(心の悩み)は人の心が天の心に反したために起こるものであり、心の改良行えば御利益得られる。これを「心のしんせいふっこう」と呼ぶ。世界心道教は、この新し信仰あり方広く啓蒙することによって、理想世界建設目指すとしている。

※この「教義」の解説は、「世界心道教」の解説の一部です。
「教義」を含む「世界心道教」の記事については、