帰路とは? わかりやすく解説

き‐ろ【帰路】

読み方:きろ

帰り道帰途。「―につく」

[補説] 書名別項。→帰路


きろ【帰路】

読み方:きろ

立原正秋小説昭和55年1980刊行の、著者最晩年作品


帰路

作者ダシール・ハメット

収載図書ブラック・マスク英雄たち 1
出版社国書刊行会
刊行年月1986.4
シリーズ名ブラック・マスク世界

収載図書ブラッド・マネー
出版社河出書房新社
刊行年月1988.3
シリーズ名河出文庫


帰路

作者森村誠一

収載図書死を描く影絵
出版社光文社
刊行年月1991.5

収載図書死を描く影絵
出版社光文社
刊行年月1994.3
シリーズ名カッパ・ノベルス

収載図書死を描く影絵
出版社光文社
刊行年月1998.3
シリーズ名光文社文庫

収載図書死を描く影絵
出版社講談社
刊行年月2003.9
シリーズ名講談社文庫


帰路

作者押野康之

収載図書ゆきのまち幻想文学賞小品集 7
出版社NTTメディアスコープ
刊行年月1997.11


帰路

作者立原正秋

収載図書たびびと・帰路 新訂版
出版社角川書店
刊行年月1998.2
シリーズ名立原正秋全集


帰路

作者星新一

収載図書星新一ショートショートセレクション 11 ピーターパンの島
出版社理論社
刊行年月2003.7


帰路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/16 17:13 UTC 版)

津軽藩士殉難事件」の記事における「帰路」の解説

6月26日残り17名は千歳丸乗り込み、いよいよ帰路につくシャリ出帆して北海道オホーツク海岸を北上し宗谷岬を廻って7月2日利尻島上陸。ここで生存者たちは、干物ではない新鮮な魚を7ヶ月ぶりで口にした。3日滞在したのちに出港し北海道日本海沿岸南下するものの、船は積丹半島神威岬沖で悪風阻まれて舵を損傷やむなく忍路まで引き返して上陸した以降は海路での旅をあきらめ陸路向かことにする。高島会所アイヌとの交易施設)で数日過ごし7月16日出立して石狩川河口から丸木舟遡り、さらに千歳川遡って千歳会所宿泊石狩低地分水嶺越えて美々川下り勇払会所宿泊アイヌ馬子が操る馬で旅を続け20日白老22日室蘭26日長万部、そして8月1日函館到着する8月5日松前到着。翌6日には、去る6月損傷した千歳丸修理成り松前入津したとの知らせを受ける10日の朝、一行千歳丸乗り込んで津軽海峡越え昼過ぎには三馬屋(三厩村)に上陸陸路数日の旅を続けたのち、8月15日待望弘前城下にたどり着いた

※この「帰路」の解説は、「津軽藩士殉難事件」の解説の一部です。
「帰路」を含む「津軽藩士殉難事件」の記事については、「津軽藩士殉難事件」の概要を参照ください。


帰路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 01:05 UTC 版)

ヴァスコ・ダ・ガマ」の記事における「帰路」の解説

出発こそしたが、貿易風都合よく吹いてくれなかった。艦隊インド西海岸北上し到着したカナノール王国良好な接触持ったそこから沖合い進み9月15日にはピジョン諸島20日にはアンジェディヴァ諸島到着した。ここでヴァスコらは遭遇した8隻の船隊攻撃し座礁させるなど退けた。この船隊はカレクトからヴァスコらを追跡して来たものと判明した他にもインド中部のバフマーン王国派遣した偵察隊とも接触し指揮官捕えてポルトガルまで連行した一行諸島出発したのは10月5日だったが、貿易風季節ではなかったため往路26日ところを復路89日もかかった。すでに出発から約30名が死亡していた一行は、この行程中に壊血病などでさらに30名を亡くした艦隊1499年1月2日アフリカ東海岸にたどり着くと南下し海賊退けながら9日マリンディ到着した一行数日休息取り11日出発したが、乗組員減少から3隻の維持難しくなり、近郊海岸サン・ラファエル号を諦めて焼却処分し、以後艦隊は2隻編成となった27日出発し2月1日にはモザンビーク3月20日には喜望峰越え4月25日ギニア海岸至った。ここで2隻は別行動取り報告のためにニコラウ・コエリョのベリオ先にポルトガル向かった同船7月10日リスボン帰着した。 サン・ガブリエル号はヴェルデ岬諸島サンティアゴ島到着した。ここでヴァスコは艦の指揮権書記のジョアン・デ・サに任せ帰国するよう指示した。これは、兄パウロ重態陥っていたためでありヴァスコ雇ったキャラベル船で兄を伴いカナリア諸島向かった。しかしパウロ当地亡くなり葬られた。ヴァスコカナリア諸島出発したのは8月29日。しかし9月のいつリスボン到着したかははっきりしない史料によって差があるが、出発時147名のうち帰国した者は55名に過ぎなかった。

※この「帰路」の解説は、「ヴァスコ・ダ・ガマ」の解説の一部です。
「帰路」を含む「ヴァスコ・ダ・ガマ」の記事については、「ヴァスコ・ダ・ガマ」の概要を参照ください。


帰路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 22:04 UTC 版)

エンデバー (帆船)」の記事における「帰路」の解説

エンデバー号はいくつかの港に寄港した後、1771年7月11日帰還したクックエンデバー号第1回航海は、地理学だけでなく操船術航海術発展多くの知識もたらした歴史的快挙であった。この航海クック航海中の経度正確に計算した歴史上最初の船長となったクッククロノメーター1760年代発展した複雑な計算式用いて経度計算していた。 1772年クック正式に海尉艦長昇任し、レゾルーション号を率いて更に2度航海行ない南極から北極まで航行し、さらにポスト・キャプテン(勅任艦長正規軍艦の艦長)に昇進最後に1779年ハワイ諸島への帰路、彼らとハワイ先住民との間の互い文化に対する互い誤解によって、4人の部下とともに落命した。

※この「帰路」の解説は、「エンデバー (帆船)」の解説の一部です。
「帰路」を含む「エンデバー (帆船)」の記事については、「エンデバー (帆船)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「帰路」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

帰路

出典:『Wiktionary』 (2021/07/16 10:37 UTC 版)

発音(?)

き↘ろ

名詞

(きろ)

  1. 帰り道[1]。家に帰るために通る道。

関連語

翻訳


「帰路」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「帰路」の関連用語

帰路のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



帰路のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの津軽藩士殉難事件 (改訂履歴)、ヴァスコ・ダ・ガマ (改訂履歴)、エンデバー (帆船) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの帰路 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS