津軽海峡とは? わかりやすく解説

つがる‐かいきょう〔‐カイケフ〕【津軽海峡】


津軽海峡


津軽海峡

作者島崎藤村

収載図書島崎藤村北村透谷
出版社筑摩書房
刊行年月2002.12
シリーズ名明治文学

収載図書島崎藤村短編集 第1巻 緑葉集旧主人
出版社郷土出版社
刊行年月2003.4


津軽海峡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/19 00:20 UTC 版)

座標: 北緯41度30分30秒 東経140度40分0秒 / 北緯41.50833度 東経140.66667度 / 41.50833; 140.66667


注釈

  1. ^ 1988年昭和63年)3月13日事務次官等会議において、公海下約4.7kmは青森県東津軽郡三厩村(現・外ヶ浜町)、約5kmは北海道松前郡福島町に編入されることとなった。外ヶ浜町の青函トンネル記念館には、三厩村と福島町の境界を示す標識が展示されている。
  2. ^ 領海法で「特定海域」と定め、国際法上の概念とは異なる。
  3. ^ 国道4号国道5号はどちらも津軽海峡の海上区間を含んでおらず、またこれらの起終点もフェリー乗り場などの港湾に到達していない。
  4. ^ 海峡内の公海または排他的経済水域に航路が確埼されているため、国連海洋法条約における通過通航権の規定は適用されない。

出典

  1. ^ a b “【正論】津軽海峡を全面領海にして守れ 東海大学教授・山田吉彦”. 産経新聞. (2013年11月5日). オリジナルの2017年6月20日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/PTTgV 2017年6月20日閲覧。 
  2. ^ 日本の領海等概念図”. 海上保安庁海洋情報部. 2017年6月20日閲覧。
  3. ^ 安田喜憲『世界史の中の縄文文化』、雄山閣出版、1987年、90-91頁。
  4. ^ 十二方面海域を防禦海面に指定(昭和16年12月9日 朝日新聞(夕刊))『昭和ニュース辞典第7巻 昭和14年-昭和16年』p64 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  5. ^ “核通過優先で5海峡の領海制限 元外務次官証言”. 47NEWS. 共同通信社. (2009年6月21日). オリジナルの2009年6月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090628203901/http://www.47news.jp/CN/200906/CN2009062101000321.html 2021年11月10日閲覧。 
  6. ^ “米の核持ち込み「密約あった」 村田元次官実名で証言”. 西日本新聞. (2009年6月21日). オリジナルの2009年6月28日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2009-0628-0723-47/www.nishinippon.co.jp/nnp/item/105228 2021年11月10日閲覧。 
  7. ^ “衆議院議員鈴木宗男君提出政府による我が国の領海幅設定と一九六〇年の日米安全保障条約改定に際したいわゆる「核持ち込み密約」との関連性等に関する再質問に対する答弁書”. (2009年7月10日). https://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b171627.htm 2021年11月10日閲覧。 
  8. ^ 第1部 国際軍事情勢”. 防衛省 情報検索サービス. 防衛省. 2021年11月10日閲覧。
  9. ^ 第1部 世界の軍事情勢”. 防衛省 情報検索サービス. 防衛省. 2021年11月10日閲覧。
  10. ^ 5 海洋における活動”. 防衛省 情報検索サービス. 防衛省. 2021年11月10日閲覧。
  11. ^ 防衛省・自衛隊:防衛大臣記者会見|令和3年10月26日(火)11:14~11:27”. 防衛省・自衛隊. 2021年11月10日閲覧。
  12. ^ ロシア海軍10隻、津軽海峡通過 ウクライナ侵攻と呼応か―防衛省(2022年03月11日)
  13. ^ ロシア軍艦の宗谷海峡・津軽海峡通過、岸防衛相「ウクライナ侵略の動きと呼応」(2022年3月15日)
  14. ^ 『昭和スポーツ列伝』文藝春秋、文藝春秋〈文春文庫 ビジュアル版〉、1992年7月10日、168頁。ISBN 4-16-811818-5
  15. ^ 午後は○○おもいッきりテレビ|きょうは何の日”. 2012年6月10日閲覧。
  16. ^ Tsugaru Channel Swimming Association (TCSA) 津軽海峡遠泳協会
  17. ^ 世界7海峡横断の男性「津軽は最も過酷だった」[リンク切れ] 読売新聞 2012年7月18日閲覧
  18. ^ “73歳男性、津軽海峡泳いで横断 最高齢記録・広島市在住の○○さん”. 産経新聞. (2016年9月7日). http://www.sankei.com/west/news/160907/wst1609070076-n1.html 2017年6月21日閲覧。 
  19. ^ 73歳津軽海峡泳いで横断 最高齢記録日本経済新聞(2016年9月7日)2020年3月1日閲覧


「津軽海峡」の続きの解説一覧

「津軽海峡」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



津軽海峡と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「津軽海峡」の関連用語

津軽海峡のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



津軽海峡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
気象庁気象庁
©2022 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの津軽海峡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS