無害通航権とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > 無害 > 無害通航権の意味・解説 

無害通航権

読み方:むがいつうこうけん
別名:無害通航
英語:Right of Innocent Passage

国連海洋法において規定されている船舶権利のうち、無害航行を行う限りにおいては船舶他国領海内を航行できるとする権利のこと。

無害通航権の規定において、船舶沿岸国の平和、秩序、および安全を脅かすことがない限りにおいて(not prejudicial to the peace, good order or security of the coastal state)、他国領海を自由に通航できるとされる

海洋法では、武力行使武力による威嚇兵器使用した演習、あるいは漁獲活動などを行う場合には無害ではない航行と見なし、領海内で外国船がこうし活動従事している場合には、これを阻止するために必要な措置講じることができるとも規定している。

関連サイト
UNITED NATIONS CONVENTION ON THE LAW OF THE SEA
国連海洋法条約

むがい‐つうこうけん〔‐ツウカウケン〕【無害通航権】

外国船舶が、沿岸国の平和・秩序・安全を害さないかぎり、その国の領海を自由に通航できる権利潜水艦潜航は含まれない。→通過通航権


無害通航権

読み方むがいつうこうけん
【英】: right of innocent passage

すべての国の船舶は、領海において無害通航権を享受する。これは、国際交通利益のために領海を持つ国に課されている領域制限である。
無害通航というのは、沿岸国の平和、秩序または安全を害しない継続的かつ迅速な通航指し潜水艦海面上を航行して国旗を掲げなければならない。無害通航権の制度は、沿岸国の利益国際航行利益とのバランスの上認められるのであるそのため沿岸国は、一定の事項について無害通航にかかわる法令制定し、また、航行の安全のために航路帯と分離通航方式使用要求することができる。沿岸国は、外国船舶の無害通航妨害てはならないが、同時に、無害でない通航防止するために必要な措置領海内でとることができる。外国船舶は、領海通航するだけで料金徴収されることはない。外国船舶は、沿岸国の領海通航する以上、沿岸国の管轄権服することになるが、航行中の船舶関連して民事刑事裁判権が行使されると、航行にとって重大な障害になる。そのため通航中の外国船に対して沿岸国が民事刑事裁判権行使するのを、一定の場合を除いて制限している。なお、軍艦と非商業用の政府船舶に対しては、沿岸国の裁判権免除される。軍艦沿岸国の規則遵守しなかった場合には、領海から直ち退去するよう要求することができる。

無害通航

(無害通航権 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/14 04:37 UTC 版)

無害通航(むがいつうこう、英語: Innocent passage)とは、沿岸国の平和秩序安全を害さないことを条件として、沿岸国に事前に通告をすることなく沿岸国の領海を他国船舶が通航することであり、内陸国を含めすべての船舶は他国の領海において無害通航権を有する[1][2]。一方で領海の沿岸国は、自国の領海内において主権に基づき領海使用の条件を定めたり航行を規制することができるが、他国の無害通航を妨害する結果とならないように一定の国際義務が課される[3]。1958年に採択された領海条約第14条4項では、無害通航とは「沿岸国の平和、秩序又は安全を害しない」航行と定義され[3]、1982年の国連海洋法条約の第19条第1項では、前記領海条約第14条第4項で定められた無害性に関する定義が踏襲されたほか、国連海洋法条約第19条第2項では無害とみなされない活動が具体的に列挙された[4]


  1. ^ 「無害通航権」、『国際法辞典』、326頁。
  2. ^ a b c d e f g 山本(2003)、366-367頁。
  3. ^ a b 山本(2003)、368-369頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 杉原(2008)、126-129頁。
  5. ^ 領海及び接続水域に関する条約”. データベース「世界と日本」. 東京大学東洋文化研究所田中明彦研究室. 2015年3月29日閲覧。
  6. ^ 海洋法に関する国際連合条約”. データベース「世界と日本」. 東京大学東洋文化研究所田中明彦研究室. 2015年3月29日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g 山本(2003)、367-371頁。
  8. ^ a b 小寺(2006)、256頁。
  9. ^ a b 山本(2003)、372-374頁。
  10. ^ 杉原(2008)、126-129頁より、米ソの「無害通航の統一解釈」の日本語訳を引用。1989 USA-USSR Joint Statement with Attached Uniform Interpretation of Rules of International Law Governing Innocent Passage, Article 2. "All ships, including warships, regardless of cargo, armament or means of propulsion, enjoy the right of innocent passage through the territorial sea in accordance with international law, for which neither prior notification nor authorization is required."
  11. ^ 「旗国」、『国際法辞典』、60頁。
  12. ^ a b c d e 山本(2003)、371-372頁。
  13. ^ a b c d e f g 杉原(2008)、135-136頁。
  14. ^ a b 杉原(2008)、135頁。
  15. ^ 浦野起央『地図と年表で見る 日本の領土問題』、2014年、28頁。


「無害通航」の続きの解説一覧



無害通航権と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「無害通航権」の関連用語

無害通航権のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



無害通航権のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2020 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの無害通航 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS