交通とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 交通 > > 交通 > 交通の意味・解説 

こう‐つう〔カウ‐〕【交通】

読み方:こうつう

[名](スル)

人・乗り物などが行来すること。通行。「—のさまたげになる」「—止め

運輸機関・通機関により、人・物資などの輸送移動をすること。「—の要衝」「—の便がよい」「海上—」

人と人とのつきあい意思伝達


交通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/12 04:46 UTC 版)

交通(こうつう)とは、や物が物理的に行き交うこと[1]。経済目的の実現に基本的必然的に伴う経済的物理現象で様々な態様で連続的に発生している[2]。「交通」は広義には思想の場所的移動(通信)も含む概念である[3]。ただし、一般に「交通」という場合には通信を含まない語として使われる場合がほとんどであり、例えば学問上も交通工学交通経済学交通地理学といった学問領域は通信を対象に含めない。


  1. ^ a b c d e f g 峯岸邦夫編著『トコトンやさしい道路の本』日刊工業新聞社〈今日からモノ知りシリーズ〉、2018年10月24日、10 - 11頁。ISBN 978-4-526-07891-0 
  2. ^ 生田保夫「私的交通の意味」『流通経済大学論集』第14巻第1号、流通経済大学、1979年7月、48-72頁、ISSN 03850854NAID 1100071880492021年3月18日閲覧 <
  3. ^ a b c d e 靑野寿郎・保柳睦美監修『人文地理事典』 p.212 1951年 古今書院
  4. ^ a b c d 靑野寿郎・保柳睦美監修『人文地理事典』 p.213 1951年 古今書院
  5. ^ 「新版 交通とビジネス【改訂版】」(交通論おもしろゼミナール1)p5 澤喜司郎・上羽博人著 成山堂書店 平成24年6月28日改訂初版発行
  6. ^ 「地域交通の計画 政策と工学」p22-23 竹内伝史・川上洋司・磯部友彦・嶋田喜昭・三村泰広共著 鹿島出版会 2011年10月10日発行
  7. ^ 「地域交通の計画 政策と工学」p20 竹内伝史・川上洋司・磯部友彦・嶋田喜昭・三村泰広共著 鹿島出版会 2011年10月10日発行
  8. ^ a b 「交通工学総論」p10 高田邦道 成山堂書店 平成23年3月28日初版発行
  9. ^ 「交通工学総論」p11 高田邦道 成山堂書店 平成23年3月28日初版発行
  10. ^ 「新版 交通とビジネス【改訂版】」(交通論おもしろゼミナール1)p144 澤喜司郎・上羽博人著 成山堂書店 平成24年6月28日改訂初版発行
  11. ^ 「交通市場と社会資本の経済学」p108-109 杉山武彦監修 竹内健蔵・根本敏則・山内弘隆編 有斐閣 2010年10月1日初版第1刷発行
  12. ^ 「交通市場と社会資本の経済学」p68 杉山武彦監修 竹内健蔵・根本敏則・山内弘隆編 有斐閣 2010年10月1日初版第1刷発行
  13. ^ a b c 「交通工学総論」p10-11 高田邦道 成山堂書店 平成23年3月28日初版発行
  14. ^ 「交通市場と社会資本の経済学」p257-258 杉山武彦監修 竹内健蔵・根本敏則・山内弘隆編 有斐閣 2010年10月1日初版第1刷発行
  15. ^ 靑野寿郎・保柳睦美監修『人文地理事典』 p.266 1951年 古今書院
  16. ^ 「観光旅行と楽しい乗り物」(交通論おもしろゼミナール5)p107-111 澤喜司郎 成山堂書店 平成22年12月28日初版発行
  17. ^ 「物流ビジネスと輸送技術【改訂版】」(交通論おもしろゼミナール6)p27-30 澤喜司郎 成山堂書店 平成29年2月28日改訂初版発行
  18. ^ 「都市交通の世界史 出現するメトロポリスとバス・鉄道網の拡大」p8-13 小池滋・和久田康雄編 悠書館 2012年4月10日第1刷発行
  19. ^ 「図説 人類の歴史 別巻 古代の科学と技術 世界を創った70の大発明」p151 ブライアン・M・フェイガン編 西秋良宏監訳 朝倉書店 2012年5月30日初版第1刷
  20. ^ 「物流ビジネスと輸送技術【改訂版】」(交通論おもしろゼミナール6)p181-182 澤喜司郎 成山堂書店 平成29年2月28日改訂初版発行
  21. ^ 「物流ビジネスと輸送技術【改訂版】」(交通論おもしろゼミナール6)p233-234 澤喜司郎 成山堂書店 平成29年2月28日改訂初版発行
  22. ^ 「交通工学総論」p28-29 高田邦道 成山堂書店 平成23年3月28日初版発行
  23. ^ 「大帆船時代 快速帆船クリッパー物語」p194 杉浦昭典 中公新書 昭和54年6月25日発行
  24. ^ 「新版 交通とビジネス【改訂版】」(交通論おもしろゼミナール1)p138 澤喜司郎・上羽博人著 成山堂書店 平成24年6月28日改訂初版発行
  25. ^ 「新版 交通とビジネス【改訂版】」(交通論おもしろゼミナール1)p135 澤喜司郎・上羽博人著 成山堂書店 平成24年6月28日改訂初版発行
  26. ^ 「新版 交通とビジネス【改訂版】」(交通論おもしろゼミナール1)p138-140 澤喜司郎・上羽博人著 成山堂書店 平成24年6月28日改訂初版発行
  27. ^ 「地域交通の計画 政策と工学」p2-4 竹内伝史・川上洋司・磯部友彦・嶋田喜昭・三村泰広共著 鹿島出版会 2011年10月10日発行
  28. ^ 「最底辺の10億人 最も貧しい国々のために本当になすべきことは何か?」p92-96 ポール・コリアー 中谷和男訳 日経BP社 2008年6月30日第1版第1刷発行
  29. ^ 「グローバル時代のツーリズム」p93-95 呉羽正昭(「グローバリゼーション 縮小する世界」所収 矢ヶ﨑典隆・山下清海・加賀美雅弘編 朝倉書店 2018年3月5日初版第1刷)
  30. ^ https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-52217073 「【図表で見る】 封鎖される世界 新型ウイルス対策に各地で行動制限」BBC 2020年4月9日 2021年3月30日閲覧
  31. ^ 「エネルギーの未来 脱・炭素エネルギーに向けて」p33 馬奈木俊介編著 中央経済社 2019年3月10日第1版第1刷発行
  32. ^ 「エネルギーの未来 脱・炭素エネルギーに向けて」p8 馬奈木俊介編著 中央経済社 2019年3月10日第1版第1刷発行
  33. ^ 「地域交通の計画 政策と工学」p14-15 竹内伝史・川上洋司・磯部友彦・嶋田喜昭・三村泰広共著 鹿島出版会 2011年10月10日発行
  34. ^ 「地域交通の計画 政策と工学」p15-16 竹内伝史・川上洋司・磯部友彦・嶋田喜昭・三村泰広共著 鹿島出版会 2011年10月10日発行
  35. ^ 「地域交通の計画 政策と工学」p39-40 竹内伝史・川上洋司・磯部友彦・嶋田喜昭・三村泰広共著 鹿島出版会 2011年10月10日発行
  36. ^ 「都市の起源 古代の先進地域西アジアを掘る」p47 小泉龍人 講談社 2016年3月10日第1刷発行
  37. ^ 「文明の誕生」p93 小林登志子 中公新書 2015年6月25日発行
  38. ^ 「南太平洋を知るための58章 メラネシア ポリネシア」p52-54 吉岡政徳・石森大知編著 明石書店 2010年9月25日初版第1刷
  39. ^ 「大帆船時代 快速帆船クリッパー物語」p4 杉浦昭典 中公新書 昭和54年6月25日発行
  40. ^ 「図説 人類の歴史 別巻 古代の科学と技術 世界を創った70の大発明」p135 ブライアン・M・フェイガン編 西秋良宏監訳 朝倉書店 2012年5月30日初版第1刷
  41. ^ 「都市の起源 古代の先進地域西アジアを掘る」p158 小泉龍人 講談社 2016年3月10日第1刷発行
  42. ^ 「図説 人類の歴史 別巻 古代の科学と技術 世界を創った70の大発明」p137 ブライアン・M・フェイガン編 西秋良宏監訳 朝倉書店 2012年5月30日初版第1刷
  43. ^ 「図説 人類の歴史 別巻 古代の科学と技術 世界を創った70の大発明」p144-145 ブライアン・M・フェイガン編 西秋良宏監訳 朝倉書店 2012年5月30日初版第1刷
  44. ^ 「商業史」p172 石坂昭雄、壽永欣三郎、諸田實、山下幸夫著 有斐閣 1980年11月20日初版第1刷
  45. ^ 「エネルギーの物語 わたしたちにとってエネルギーとは何なのか」p117-119 マイケル・E・ウェバー著 柴田譲治訳 原書房 2020年7月22日第1刷
  46. ^ a b 「日本鉄道史 幕末・明治編」p2 老川慶喜 中公新書 2014年5月25日発行
  47. ^ 「鉄路17万マイルの興亡 鉄道から見た帝国主義」p3 クラレンス・B.デイヴィス, ケネス・E.ウィルバーン・Jr. 編著 原田勝正・多田博一監訳 日本経済評論社 1996年9月25日第1刷
  48. ^ 「世界一周の誕生――グローバリズムの起源」p46 園田英弘 文春新書 平成15年7月20日第1刷発行
  49. ^ 「アジアの海の大英帝国」p39 横井勝彦 講談社 2004年3月10日第1刷発行
  50. ^ 「アジアの海の大英帝国」p42 横井勝彦 講談社 2004年3月10日第1刷発行
  51. ^ 「都市交通の世界史 出現するメトロポリスとバス・鉄道網の拡大」p9-14 小池滋・和久田康雄編 悠書館 2012年4月10日第1刷発行
  52. ^ 「エネルギーの物語 わたしたちにとってエネルギーとは何なのか」p121-122 マイケル・E・ウェバー著 柴田譲治訳 原書房 2020年7月22日第1刷
  53. ^ 「エネルギーの物語 わたしたちにとってエネルギーとは何なのか」p128-129 マイケル・E・ウェバー著 柴田譲治訳 原書房 2020年7月22日第1刷
  54. ^ 「交通工学総論」p16 高田邦道 成山堂書店 平成23年3月28日初版発行
  55. ^ 「新版 交通とビジネス【改訂版】」(交通論おもしろゼミナール1)p71 澤喜司郎・上羽博人著 成山堂書店 平成24年6月28日改訂初版発行


「交通」の続きの解説一覧

交通(旧校舎)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/04 04:28 UTC 版)

京都産業大学附属中学校・高等学校」の記事における「交通(旧校舎)」の解説

京都市営地下鉄烏丸線鞍馬口駅 徒歩7分京阪電鉄出町柳駅 徒歩15分。 付近に相国寺などがある。

※この「交通(旧校舎)」の解説は、「京都産業大学附属中学校・高等学校」の解説の一部です。
「交通(旧校舎)」を含む「京都産業大学附属中学校・高等学校」の記事については、「京都産業大学附属中学校・高等学校」の概要を参照ください。


交通(1955年4月時点)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/10 20:57 UTC 版)

戸坂村」の記事における「交通(1955年4月時点)」の解説

鉄道 国鉄芸備線石ヶ原駅1930年4月25日開業1941年8月10日営業休止戸坂駅1916年4月25日開業

※この「交通(1955年4月時点)」の解説は、「戸坂村」の解説の一部です。
「交通(1955年4月時点)」を含む「戸坂村」の記事については、「戸坂村」の概要を参照ください。


交通(1929年4月時点)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 16:03 UTC 版)

仁保村 (広島県)」の記事における「交通(1929年4月時点)」の解説

鉄道 国有鉄道鉄道省宇品線丹那駅1898年5月1日開業国有鉄道山陽本線向洋駅1920年8月1日開業渡し船 合併時点では村域内には猿猴川をまたぐ橋梁けられておらず(仁保橋架設1964年)、現在の仁保二丁目バス停付近、および「柞木」・「仁保四丁目バス停中間地点付近の2カ所から対岸向洋に向かう渡船場存在していた。

※この「交通(1929年4月時点)」の解説は、「仁保村 (広島県)」の解説の一部です。
「交通(1929年4月時点)」を含む「仁保村 (広島県)」の記事については、「仁保村 (広島県)」の概要を参照ください。


交通 (宮ヶ瀬水の郷まで)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/08 05:18 UTC 版)

宮ヶ瀬湖」の記事における「交通 (宮ヶ瀬水の郷まで)」の解説

自家用車 国道412号半原小学校入口交差点から宮ヶ瀬方面へ。 路線バス 小田急小田原線本厚木駅から、神奈中バス・厚20、厚21 宮ヶ瀬行に乗車終点下車JR横浜線相模線京王相模原線橋本駅から、神奈中バス07 鳥居原ふれあいの館行に乗車終点下車県道64号線沿いに徒歩20分。宮ヶ瀬 - 鳥居原間は上記方法徒歩連絡可能。

※この「交通 (宮ヶ瀬水の郷まで)」の解説は、「宮ヶ瀬湖」の解説の一部です。
「交通 (宮ヶ瀬水の郷まで)」を含む「宮ヶ瀬湖」の記事については、「宮ヶ瀬湖」の概要を参照ください。


交通(バス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 17:39 UTC 版)

三萩野」の記事における「交通(バス)」の解説

三萩野バス停には小倉南区戸畑区八幡東区に向かう多く一般路線バスの他、昼行高速バス停車香春口三萩野駅併せ乗換地点して機能している。2番 - 7番の6か所にのりばが分かれこのうち4番 - 6番のりば隣接している特記なき限り西鉄バス北九州運行

※この「交通(バス)」の解説は、「三萩野」の解説の一部です。
「交通(バス)」を含む「三萩野」の記事については、「三萩野」の概要を参照ください。


交通(建て替え前)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/25 01:00 UTC 版)

北日ヶ窪団地」の記事における「交通(建て替え前)」の解説

六本木駅東京メトロ日比谷線都営地下鉄大江戸線)より徒歩約4分。 乃木坂駅東京メトロ千代田線)より徒歩11分。 東京都営バス01系統・渋88系統渋谷駅 - 新橋駅北口

※この「交通(建て替え前)」の解説は、「北日ヶ窪団地」の解説の一部です。
「交通(建て替え前)」を含む「北日ヶ窪団地」の記事については、「北日ヶ窪団地」の概要を参照ください。


交通(廃止直前)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 22:26 UTC 版)

東村 (福島県)」の記事における「交通(廃止直前)」の解説

村内鉄道存在せず国道通過していなかった。新白河駅白河駅車で30程度であり、福島交通新白河駅から磐城石川駅結んでいる。

※この「交通(廃止直前)」の解説は、「東村 (福島県)」の解説の一部です。
「交通(廃止直前)」を含む「東村 (福島県)」の記事については、「東村 (福島県)」の概要を参照ください。


交通(1931年4月時点)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/24 18:15 UTC 版)

松ヶ崎村 (京都府)」の記事における「交通(1931年4月時点)」の解説

1884年地図には南北岩倉通と大黒通が通り東西横断する細道があった。1905年高野川をわたる松ヶ崎完成し1908年には東西横断道路開通した1925年9月27日には京都電燈経営する叡山電鉄平坦線修学院駅松ヶ崎渡った先の修学院村開業した江戸明治期道路・橋拡張改良されながら、1931年京都市編入迎えた松ヶ崎域内には高野川宝ヶ池水源とする用水路張り巡らされており、稲作生活用水として利用されていた。

※この「交通(1931年4月時点)」の解説は、「松ヶ崎村 (京都府)」の解説の一部です。
「交通(1931年4月時点)」を含む「松ヶ崎村 (京都府)」の記事については、「松ヶ崎村 (京都府)」の概要を参照ください。


交通(Don Khong)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/23 23:27 UTC 版)

コーン島」の記事における「交通(Don Khong)」の解説

パクセーからバスでハートサイクンを経由しおよそ2時間半。Don Khong には空港コードIATA空港コード:KOG、ICAOコード:VLKG)があるが、飛行場実質的に使用されておらず、定期便のある最寄りの空港パクセー国際空港と言う事になる。

※この「交通(Don Khong)」の解説は、「コーン島」の解説の一部です。
「交通(Don Khong)」を含む「コーン島」の記事については、「コーン島」の概要を参照ください。


交通(Don Khon 及び Don Det)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/23 23:27 UTC 版)

コーン島」の記事における「交通(Don Khon 及び Don Det)」の解説

メコン川東岸小さな町ナカサンよりボートなどでアクセスできる。ナカサンまではパクセーチャンパーサックからバスなどを利用する。ナカサンからは、カンボジア国境や、クラチエプノンペンなどへのバスもある。

※この「交通(Don Khon 及び Don Det)」の解説は、「コーン島」の解説の一部です。
「交通(Don Khon 及び Don Det)」を含む「コーン島」の記事については、「コーン島」の概要を参照ください。


交通(1918年4月時点)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/12 09:26 UTC 版)

下鴨村」の記事における「交通(1918年4月時点)」の解説

道路 鞍馬街道 - 南端付近から北上して上賀茂に至る。現在の下鴨中通にほぼ相当。 松ヶ崎街道 - 鞍馬街道分岐して松ヶ崎に至る。

※この「交通(1918年4月時点)」の解説は、「下鴨村」の解説の一部です。
「交通(1918年4月時点)」を含む「下鴨村」の記事については、「下鴨村」の概要を参照ください。


交通(廃止直前)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/11 20:23 UTC 版)

大信村」の記事における「交通(廃止直前)」の解説

国道294号中心部南北走り、南隣の白河市接続する主要地方道福島県道58号矢吹天栄線東西接続する最寄りIC東北自動車道矢吹ICで、料金所などは矢吹町側にあるが、ランプ部分大信村かかっている。

※この「交通(廃止直前)」の解説は、「大信村」の解説の一部です。
「交通(廃止直前)」を含む「大信村」の記事については、「大信村」の概要を参照ください。


交通(3)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/16 09:29 UTC 版)

大阪市立小松小学校」の記事における「交通(3)」の解説

阪急京都線 相川駅 南東へ約700m。 阪急京都線 上新庄駅北東800m大阪メトロ今里筋線 瑞光四丁目駅

※この「交通(3)」の解説は、「大阪市立小松小学校」の解説の一部です。
「交通(3)」を含む「大阪市立小松小学校」の記事については、「大阪市立小松小学校」の概要を参照ください。


交通(1929年4月時点)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/10 19:35 UTC 版)

草津町 (広島県)」の記事における「交通(1929年4月時点)」の解説

鉄道 広島瓦斯電軌広島電鉄前身宮島線草津町駅1922年8月22日開業現在の草津」駅。 荒手駅 : 1923年4月6日開業現在の草津南」駅。

※この「交通(1929年4月時点)」の解説は、「草津町 (広島県)」の解説の一部です。
「交通(1929年4月時点)」を含む「草津町 (広島県)」の記事については、「草津町 (広島県)」の概要を参照ください。


交通(1929年4月時点)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/10 19:28 UTC 版)

矢賀村」の記事における「交通(1929年4月時点)」の解説

鉄道 芸備鉄道現在のJR芸備線矢賀駅1929年3月20日開業

※この「交通(1929年4月時点)」の解説は、「矢賀村」の解説の一部です。
「交通(1929年4月時点)」を含む「矢賀村」の記事については、「矢賀村」の概要を参照ください。


交通(1929年4月時点)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/10 19:31 UTC 版)

己斐町」の記事における「交通(1929年4月時点)」の解説

鉄道 国有鉄道鉄道省山陽本線己斐駅1897年9月25日開業現在の西広島駅広島瓦斯電軌現在の広島電鉄 / 広島電軌後身本線宮島線己斐駅1912年12月8日開業1922年8月22日草津方面延伸現在の広電西広島駅

※この「交通(1929年4月時点)」の解説は、「己斐町」の解説の一部です。
「交通(1929年4月時点)」を含む「己斐町」の記事については、「己斐町」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「交通」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

交通

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 10:56 UTC 版)

名詞

こうつう

  1. 人や乗り物物資などが行来すること。
  2. 人と人とがつきあうこと。意思通い合わせること。
  3. 物品授受

発音(?)

翻訳

関連語

類義語
1.の意味で)通行往来運輸輸送
(2.の意味で)交流

「交通」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



交通と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「交通」に関係したコラム

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「交通」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



交通のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの交通 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの京都産業大学附属中学校・高等学校 (改訂履歴)、戸坂村 (改訂履歴)、仁保村 (広島県) (改訂履歴)、宮ヶ瀬湖 (改訂履歴)、三萩野 (改訂履歴)、北日ヶ窪団地 (改訂履歴)、東村 (福島県) (改訂履歴)、松ヶ崎村 (京都府) (改訂履歴)、コーン島 (改訂履歴)、下鴨村 (改訂履歴)、大信村 (改訂履歴)、大阪市立小松小学校 (改訂履歴)、草津町 (広島県) (改訂履歴)、矢賀村 (改訂履歴)、己斐町 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの交通 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS