郊外化とは? わかりやすく解説

郊外化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 06:14 UTC 版)

郊外化(こうがいか、英語: suburbanization)とは、都市化が進んだ結果、都市の周辺地域(郊外)において都市的要素と農村的要素が混在するようになるまでの変化プロセスのことである[1]


  1. ^ a b 藤塚 2016, p. 90.
  2. ^ 石川 2008, p. 2.
  3. ^ a b c d 山鹿 1989, p. 193.
  4. ^ 富田 1995, pp. 48–52.
  5. ^ 富田 1995, p. 48.
  6. ^ 富田 1995, p. 49.
  7. ^ 富田 1995, p. 50.
  8. ^ a b 富田 1995, pp. 51–52.
  9. ^ a b 多摩川誌|建設省関東地方建設局京浜工事事務所|昭和61年3月29日発行
  10. ^ 総合政策論集 第8巻 05 (PDF) 東北文化学園大学機関リポジトリ
  11. ^ a b コンパクトシティとは?新しい街づくりの事例から見るコンパクトシティのメリット” (日本語). 久留米工業大学 工学の今とこれから (2018年8月4日). 2021年6月23日閲覧。
  12. ^ a b c 土木計画学研究・論文集” (日本語). www.jstage.jst.go.jp. 2021年6月23日閲覧。
  13. ^ 土木計画学研究・論文集” (日本語). www.jstage.jst.go.jp. 2021年6月23日閲覧。


「郊外化」の続きの解説一覧

郊外化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 15:40 UTC 版)

京阪神」の記事における「郊外化」の解説

京阪神では、アメリカ合衆国の例倣ったインターアーバン都市電車路線建設が盛んとなった阪神電気鉄道本線1905年開業)を嚆矢とし、続く箕面有馬電気軌道後の阪急宝塚本線1910年開業)、阪神急行電鉄神戸本線1920年開業)ほかの各線の開通は、神戸北摂未開拓後背地であった近郊農村地帯への着目きっかけとなり、快適な住環境創造目的とする郊外住宅地開発が、鉄道沿線である風光明媚な六甲山斜面において進められた(阪神間モダニズム)。その時代の京阪神描写した文学作品代表例として、谷崎潤一郎の『細雪』が挙げられるまた、京都学び大阪稼ぎ神戸に住むことが関西人理想である、との言説谷崎潤一郎田辺聖子などが言及したとも言われている第二次世界大戦前後から阪神地域外でも、京阪神緩行線1934年開業)や阪急京都本線京阪本線中心とした京阪地域や、近鉄奈良線中心とした阪奈地域南海本線南海高野線中心とした泉州南河内地域でも積極的に行われていくようになったとりわけ京阪神では私鉄多くの路線敷設して鉄道会社中心となって沿線開発進んでいった。 昭和末期から平成期に入る頃になると通勤圏遠方ギリギリにまで拡大する傾向目立っている例えば、兵庫県丹波篠山市加古川市京都府園部町奈良県大淀町三重県青山町(現・伊賀市)、滋賀県近江八幡市高島市和歌山県橋本市までも拡大し、@media screen{.mw-parser-output .fix-domain{border-bottom:dashed 1px}}兵庫府民奈良府民滋賀府民三重府民和歌山府民という俗語登場した[要出典]。その後は、都心回帰傾向から通勤圏拡大弱まっている。

※この「郊外化」の解説は、「京阪神」の解説の一部です。
「郊外化」を含む「京阪神」の記事については、「京阪神」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「郊外化」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「郊外化」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「郊外化」の関連用語

郊外化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



郊外化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの郊外化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの京阪神 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS