都市圏とは? わかりやすく解説

都市圏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/13 09:18 UTC 版)

都市圏(としけん)とは一般に、中心となる都市および、その影響を受ける地域(周辺地域、郊外)をひとまとめにした地域の集合体であり、行政区分を越えた広域的な社会・経済的な繋がりを持った地域区分のことを指す[1]


  1. ^ a b 日本の都市圏設定基準 (PDF) (東京大学都市経済学 金本良嗣研究室) 金本・徳岡「応用地域学研究」No.7, 1-15 (2002)
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 世界の諸都市と比較した東京の魅力 東京都都市整備局、2020年1月4日閲覧。
  3. ^ “雇用創出へ産官学で「統合戦略本部」 地方創生中間報告”. 日本経済新聞. (2014年10月31日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS31H0C_R31C14A0EAF000/ 
  4. ^ 「地域経済分析システム」の今後の運用について (PDF)”. まち・ひと・しごと創生本部. 2015年4月11日閲覧。
  5. ^ 平成26年度総合調査研究(地域経済の将来動向分析に関する調査研究) (Report). 経済産業省. (2015-07-24). https://www.data.go.jp/data/dataset/meti_20151013_0075. 
  6. ^ “拠点都市に交付税増額 総務省が連携中枢都市圏の支援策”. 日本経済新聞. (2015年1月28日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDE28H07_Y5A120C1000000/ 
  7. ^ “地方中枢拠点都市圏構想推進要綱の改正” (プレスリリース), 総務省, (2015年1月28日), https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01gyosei03_02000026.html 
  8. ^ 地方中枢都市圏(国土交通省 用語解説ページ)
  9. ^ 「都市的土地利用の整序・集約化と自然環境の再生・活用」に関する論点(案) 参考資料1 (PDF)国土交通省国土審議会 計画部会 第1回持続可能な国土管理専門委員会)の35ページの表を元に作成。
  10. ^ (PDF) 経済産業省の地域政策におけるエリア概念について. まち・ひと・しごと創生本部 基本政策検討チーム(第4回). (2014-10-07). p. 5. https://www.chisou.go.jp/sousei/meeting/kihonseisaku/h26-10-07/h26-10-07-s6.pdf#page=7 
  11. ^ (PDF) ローカル経済圏の「稼ぐ力」創出(事務局説明資料). 日本の「稼ぐ力」創出研究会(第6回). 経済産業省. (2014-10-07). p. 11. https://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/sansei/kaseguchikara/pdf/006_03_00.pdf#page=11 
  12. ^ 『アメリカ文化入門』三修社、2010年、36頁


「都市圏」の続きの解説一覧

都市圏(国土交通省の定義)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/08 02:07 UTC 版)

大牟田都市圏」の記事における「都市圏(国土交通省の定義)」の解説

詳細は都市圏(国土交通省の定義)を参照 大牟田市人口117,360人、昼夜人口比率は 104.5%であり、国土交通省の定義による都市の条件満たしている福岡県大牟田市 みやま市 熊本県荒尾市 玉名郡南関町 長洲町

※この「都市圏(国土交通省の定義)」の解説は、「大牟田都市圏」の解説の一部です。
「都市圏(国土交通省の定義)」を含む「大牟田都市圏」の記事については、「大牟田都市圏」の概要を参照ください。


都市圏(民力)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/22 14:33 UTC 版)

東信地方」の記事における「都市圏(民力)」の解説

朝日新聞社発行の「民力」で定義されている都市圏は以下の通り2015年現在)。 上田市都市圏 上田市 小県郡全域 埴科郡全域 小諸市都市圏 小諸市 軽井沢町北佐久郡御代田町北佐久郡佐久市都市圏 佐久市 立科町北佐久郡南佐久郡全域 東御市都市圏 東御市

※この「都市圏(民力)」の解説は、「東信地方」の解説の一部です。
「都市圏(民力)」を含む「東信地方」の記事については、「東信地方」の概要を参照ください。


都市圏(2000年時点)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/09 21:45 UTC 版)

都市圏 (国土交通省)」の記事における「都市圏(2000年時点)」の解説

下の設定基準2000年平成12年国勢調査基づく。国土交通省統計は都市圏を定義するものではなく、各都市圏の範囲や名称は統計結果ごとに異なる。一例として、2000年平成12年基準久留米市都市圏と佐賀市都市圏は、2005年平成17年基準では久留米市佐賀市都市圏になった

※この「都市圏(2000年時点)」の解説は、「都市圏 (国土交通省)」の解説の一部です。
「都市圏(2000年時点)」を含む「都市圏 (国土交通省)」の記事については、「都市圏 (国土交通省)」の概要を参照ください。


都市圏(2019年時点)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/09 21:45 UTC 版)

都市圏 (国土交通省)」の記事における「都市圏(2019年時点)」の解説

2020年までに65都市圏でパーソントリップ調査実施されている。カッコ内は都市圏の中心都市

※この「都市圏(2019年時点)」の解説は、「都市圏 (国土交通省)」の解説の一部です。
「都市圏(2019年時点)」を含む「都市圏 (国土交通省)」の記事については、「都市圏 (国土交通省)」の概要を参照ください。


都市圏(総務省による定義)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/07 17:27 UTC 版)

金沢都市圏」の記事における「都市圏(総務省による定義)」の解説

都市圏 (総務省)」も参照 設定されていない。 仮に金沢市中心都市として2005年国勢調査に基づき算すると、約105万人となる(2005年国勢調査基準

※この「都市圏(総務省による定義)」の解説は、「金沢都市圏」の解説の一部です。
「都市圏(総務省による定義)」を含む「金沢都市圏」の記事については、「金沢都市圏」の概要を参照ください。


都市圏(国土交通省)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/27 21:46 UTC 版)

南信地方」の記事における「都市圏(国土交通省)」の解説

国土交通省基準として定めている都市圏では以下の市町村含まれる2000年現在)。 飯田市都市圏 飯田市 下伊那郡売木村及び根羽村を除く) 上伊那郡中川村

※この「都市圏(国土交通省)」の解説は、「南信地方」の解説の一部です。
「都市圏(国土交通省)」を含む「南信地方」の記事については、「南信地方」の概要を参照ください。


都市圏(民力)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/27 21:46 UTC 版)

南信地方」の記事における「都市圏(民力)」の解説

朝日新聞社発行の「民力」で定義されている都市圏は以下の通り2015年現在)。 岡谷市都市圏 岡谷市 下諏訪町諏訪郡辰野町上伊那郡諏訪市都市圏 諏訪市 茅野市都市圏 茅野市 富士見町諏訪郡原村諏訪郡伊那市都市圏 伊那市 箕輪町上伊那郡南箕輪村上伊那郡駒ヶ根市都市圏 駒ヶ根市 飯島町上伊那郡中川村上伊那郡宮田村上伊那郡飯田市都市圏 飯田市 下伊那郡全域

※この「都市圏(民力)」の解説は、「南信地方」の解説の一部です。
「都市圏(民力)」を含む「南信地方」の記事については、「南信地方」の概要を参照ください。


都市圏(国土交通省)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/10 00:44 UTC 版)

中信地方」の記事における「都市圏(国土交通省)」の解説

国土交通省基準として定めている都市圏では以下の市町村含まれる2000年現在)。 松本市都市圏 松本市 塩尻市 大町市 岡谷市 諏訪市 南安曇郡全域 東筑摩郡坂井村を除く) 北安曇郡池田町松川村八坂村木曽郡楢川村木祖村

※この「都市圏(国土交通省)」の解説は、「中信地方」の解説の一部です。
「都市圏(国土交通省)」を含む「中信地方」の記事については、「中信地方」の概要を参照ください。


都市圏(民力)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/10 00:44 UTC 版)

中信地方」の記事における「都市圏(民力)」の解説

朝日新聞社発行の「民力」で定義されている都市圏は以下の通り2015年現在)。 松本市都市圏 松本市 筑北村東筑摩郡麻績村東筑摩郡山形村東筑摩郡朝日村東筑摩郡塩尻市都市圏 塩尻市 木祖村木曽郡大町市都市圏 大町市 白馬村北安曇郡小谷村北安曇郡安曇野市都市圏 安曇野市 池田町北安曇郡松川村北安曇郡生坂村東筑摩郡木曽地区 木曽町木曽郡上松町木曽郡王滝村木曽郡大桑村木曽郡) ※ 南木曽町岐阜県中津川市都市圏に含まれる

※この「都市圏(民力)」の解説は、「中信地方」の解説の一部です。
「都市圏(民力)」を含む「中信地方」の記事については、「中信地方」の概要を参照ください。


都市圏(国土交通省)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/13 07:11 UTC 版)

北信地方」の記事における「都市圏(国土交通省)」の解説

国土交通省基準として定めている都市圏では以下の市町村含まれる2000年現在)。 長野市都市圏 長野市 須坂市 更埴市 中野市 飯山市 上水内郡全域 上高井郡全域 埴科郡戸倉町下高井郡山ノ内町東筑摩郡坂井村

※この「都市圏(国土交通省)」の解説は、「北信地方」の解説の一部です。
「都市圏(国土交通省)」を含む「北信地方」の記事については、「北信地方」の概要を参照ください。


都市圏(民力)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/13 07:11 UTC 版)

北信地方」の記事における「都市圏(民力)」の解説

朝日新聞社発行の「民力」で定義されている都市圏は以下の通り2015年現在)。 長野市都市圏 長野市 上水内郡全域 小布施町上高井郡須坂市都市圏 須坂市 高山村上高井郡千曲市都市圏 千曲市 中野市都市圏 中野市 山ノ内町下高井郡飯山市都市圏 飯山市 下水内郡全域 木平村下高井郡野沢温泉村下高井郡

※この「都市圏(民力)」の解説は、「北信地方」の解説の一部です。
「都市圏(民力)」を含む「北信地方」の記事については、「北信地方」の概要を参照ください。


都市圏(国土交通省)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/22 14:33 UTC 版)

東信地方」の記事における「都市圏(国土交通省)」の解説

国土交通省基準として定めている都市圏では以下の市町村含まれる2000年現在)。 上田市都市圏 上田市 小諸市 佐久市 小県郡全域 北佐久郡立科町埴科郡坂城町更級郡上山田町

※この「都市圏(国土交通省)」の解説は、「東信地方」の解説の一部です。
「都市圏(国土交通省)」を含む「東信地方」の記事については、「東信地方」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「都市圏」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

都市圏

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 02:27 UTC 版)

名詞

  (としけん)

  1. 経済活動日常生活などで、中心となる都市と、密接関係を持つ地域

派生語


「都市圏」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「都市圏」の関連用語

都市圏のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



都市圏のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの都市圏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの大牟田都市圏 (改訂履歴)、東信地方 (改訂履歴)、都市圏 (国土交通省) (改訂履歴)、金沢都市圏 (改訂履歴)、南信地方 (改訂履歴)、中信地方 (改訂履歴)、北信地方 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの都市圏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS