PDFとは? わかりやすく解説

ピー‐ディー‐エフ【PDF】


PDF

フルスペル:Portable Document Format
読み方ピーディーエフ
別名:PDF形式Adobe PDF

PDFとは、Adobe Systems開発したテキスト画像を含む電子文書を扱う技術、およびファイル形式のことである。ファイルには拡張子として「.pdf」が付く。

PDFでは、テキスト画像ハイパーテキストといったマルチメディアを、同じ文書内で扱い所定のレイアウト再現することができる。WindowsMac OSUNIX各種のモバイル端末など、あらゆるプラットフォームサポートしている(マルチプラットフォームである)ため、コンピュータ環境依存せず、どんな環境閲覧しても、意図した通りの配置フォント文章再現できるという特徴がある

PDFはページ記述言語一種であるPostScriptのスーパーセット(上位セットとなっている。フォント情報PDFファイル中に含んでいるため、コンピュータインストールされていないフォントでも再現できるまた、拡大・縮小印刷などによってレイアウト可読性損なわれないという利点もある。

PDFは独自のレンダリング技術によってファイル再現する必要があるため、閲覧するためには専用アプリケーションソフト必要とするAdobe Systemsでは、閲覧専用ソフトウェアAdobe Reader」を無償配布しているため、閲覧は非常に容易である

閲覧環境依存しない文書形式という観点などから、PDFは電子文書配布形式として非常に広く普及している。官公庁企業発表する文書ファイル形式としても多く利用されている。2008年7月には、ISO 32000として国際標準化されている

PDF形式文書を作成するには、一般的にはAdobe Acrobatなどのソフトウェア用いられる。PDFの技術仕様公開されているため、アプリケーション印刷機能を利用してPDF形式出力するツールなども多数配布されている。OpenOffice.orgデフォルトPDF出力機能備えており、MicrosoftOffice 2007アドインインストールすることでPDF形式出力可能となる

ちなみに、PDFと同種の電子文書技術としては、MicrosoftXPSコードネームMetro」)などを挙げることができる。


参照リンク
Adobe Portable Document Format - (Adobe Systems
産業・技術のほかの用語一覧
印刷・DTP:  マイクロコンテンツ  見本出し  ノックアウト  PDF  Readee  ジャンプ率  印物

PDF 関数

導入

PHP の PDF 関数を使用すると、 Thomas Merz が作成して現在は » PDFlib GmbH がメンテナンスしている PDFlib ライブラリを使用した PDF ファイルが作成できるようになります。
本節のドキュメントは、PDFlib ライブラリで利用可能な関数の概要のみを 説明することを意図しており、完全なリファレンスではありません。 ここで扱う各関数の完全で詳細な説明については、PDFlib GmbH が配布する すべての PDFlib パッケージに含まれている PDFlib リファレンスマニュアルを 参照ください。このドキュメントは、PDFlib の機能に関する 概要を非常に良くまとめており、全ての関数に関する最新のドキュメントが 含まれています。
はじめの一歩としては、 PDFlib 配布パッケージに含まれるサンプルプログラムを眺めることをお勧めします。 このサンプルでは、基本的なテキスト、ベクター、グラフィックスの出力だけではなく、 PDF インポート機能 (PDI) のような高度な関数も扱っています。
PDFlib のほとんどの関数と PHP モジュール内の関数の名前とパラメータは共通になっています。 別途設定されていない限り、 全ての長さと座標は、Postscript のポイント数で計られます。通常、1 インチあたり 72 Postscript ポイントですが、これは出力解像度に依存します。 使用する座表系に関するより詳細な説明については、PDFlib の配布物に含まれる PDFlib リファレンスマニュアルを参照ください。
PDFlib のバージョン 6 では、PHP 4 用の関数指向の API に加えて PHP 5 用のオブジェクト指向の API も提供しています。 主な違いは以下のとおりです。
PHP 4 では、まず最初に以下のような関数コールによって PDF リソースを取得しなければなりませんでした。
$p = PDF_new().
この PDF リソースは、それ以降のすべての関数コールの 第一パラメータとして次のように使用されます。
PDF_begin_document($p, "", "").
しかし、PHP 5 では PDFlib オブジェクトは次のように作成します。
$p = new PDFlib().
このオブジェクトは、PDFlib API のすべての関数をメソッドとして 提供しています。たとえば次のようになります。
$p->begin_document("", "").
さらに、PHP 5 の新機能である例外についても PDFlib 6 以降でサポートしています。
詳細な情報は、以下のを参照ください。
注意: 外部 PDF ライブラリを使用しない、他のフリーな PDF ジェネレータに 関心がある場合には、 関連する FAQ を参照してください。

要件

PDFlib Lite はオープンソースで公開されていますが、 フリーで使用するためにはいくつかの条件があります。 PDFlib Lite は、PDFlib の機能の一部をサポートしています。詳細は PDFlib のウェブサイトを参照ください。 PDFlib の完全版は » http://www.pdflib.com/products/pdflib-family/ でダウンロード可能ですが、 商用する場合はライセンスを購入する必要があります。

古いバージョンの PDFlib に関する問題

2000 年 3 月 9 日以降のバージョンの PHP 4 では、3.0 より古いバージョンの PDFlib をサポートしていません。
PDFlib 4.0 以降は、PHP 4.3 以降でサポートされています。

インストール手順

この » PECL 拡張 モジュールは PHP にバンドルされていません。 この PECL 拡張モジュールをインストールする方法は、 マニュアルの PECL 拡張モジュールのインストール という章にあります。 新規リリース・ダウンロード・ソースファイル・管理者情報・CHANGELOG といった関連する情報については、次の場所にあります。 » http://pecl.php.net/package/pdflib.
PHP < 4.3.9 で以下の関数が動作するようにするには、 --with-pdflib[=DIR] を指定して PHP をコンパイルする必要があります。DIR は PDFlib のベースインストールディレクトリで、デフォルトは /usr/local です。

リソース型

リソース型は定義されていません。

廃止された PDFlib 関数についての注意

PHP 4.0.5 以降、PHPlib 用の PHP 拡張モジュールは、PDFlib GmbH から 正式にサポートされています。これにより、PDFlib リファレンスマニュアルに記述された全ての関数が PHP4 で全く同じ意味、 同じパラメータでサポートされています。しかし、PDFlib バージョン 5.0.4 以降ではすべてのパラメータを指定する必要があります。互換性を保つために PDFlib サポート関数ではまだ古い関数もサポートしていますが、上記の ように新しいバージョンに置換される予定です。PDFlib GmbH は、これらの 古い関数を使用した場合に生じた際に生じた問題に関してはサポートを 行いません。このドキュメントではそれらの関数については「古い関数」と 明記しており、かわりに使用する関数について説明しています。

多くの関数の使用法は簡単です。最も困難なのは、最初に pdf ドキュメントを作成する場合でしょう。次の例は、入門の際の 助けとなるはずです。この例は PHP 4 を対象に開発されており、 1 ページを有するファイル test.pdf が作成されます。 ドキュメントにはフィールドの内容についての情報が定義されており、 Helvetica-Bold フォントを読み込んで "Hello world! (says PHP)" というテキストを出力します。
例 1630. PHP 4 用の PDFlib での Hello World の例
<?php
$p = PDF_new();

/*  新しい PDF ファイルをオープンし、ディスク上に PDF を作成するためにファイル名を挿入します */
if (PDF_begin_document($p, "", "") == 0) {
   die("Error: " . PDF_get_errmsg($p));
}

PDF_set_info($p, "Creator", "hello.php");
PDF_set_info($p, "Author", "Rainer Schaaf");
PDF_set_info($p, "Title", "Hello world (PHP)!");

PDF_begin_page_ext($p, 595, 842, "");

$font = PDF_load_font($p, "Helvetica-Bold", "winansi", "");

PDF_setfont($p, $font, 24.0);
PDF_set_text_pos($p, 50, 700);
PDF_show($p, "Hello world!");
PDF_continue_text($p, "(says PHP)");
PDF_end_page_ext($p, "");

PDF_end_document($p, "");

$buf = PDF_get_buffer($p);
$len = strlen($buf);

header("Content-type: application/pdf");
header("Content-Length: $len");
header("Content-Disposition: inline; filename=hello.pdf");
print $buf;

PDF_delete($p);
?>


以下の例は PHP 5 用の PDFlib 配布物で使用するためのものです。PHP 5 の 新機能である例外処理やオブジェクトのカプセル化機能を使用しています。 この例では hello.pdf という名前の 1 ページの ファイルを作成します。 ドキュメントにはフィールドの内容についての情報が定義されており、 Helvetica-Bold フォントを読み込んで "Hello world! (says PHP)" というテキストを出力します。
例 1631. PHP 5 用の PDFlib での Hello World の例

<?php

try {
    $p = new PDFlib();

    /*  新しい PDF ファイルをオープンし、ディスク上に PDF を作成するためにファイル名を挿入します */
    if ($p->begin_document("", "") == 0) {
        die("Error: " . $p->get_errmsg());
    }

    $p->set_info("Creator", "hello.php");
    $p->set_info("Author", "Rainer Schaaf");
    $p->set_info("Title", "Hello world (PHP)!");

    $p->begin_page_ext(595, 842, "");

    $font = $p->load_font("Helvetica-Bold", "winansi", "");

    $p->setfont($font, 24.0);
    $p->set_text_pos(50, 700);
    $p->show("Hello world!");
    $p->continue_text("(says PHP)");
    $p->end_page_ext("");

    $p->end_document("");

    $buf = $p->get_buffer();
    $len = strlen($buf);

    header("Content-type: application/pdf");
    header("Content-Length: $len");
    header("Content-Disposition: inline; filename=hello.pdf");
    print $buf;
}
catch (PDFlibException $e) {
    die("PDFlib exception occurred in hello sample:\n" .
       "[" . $e->get_errnum() . "] " . $e->get_apiname() . ": " .
       $e->get_errmsg() . "\n");
}
catch (Exception $e) {
    die($e);
}
$p = 0;
?>

      


目次

PDF_activate_item — 構造体要素やその他の内容をアクティブにする
PDF_add_annotation — 注記を追加する [古い関数]
PDF_add_bookmark — ブックマークを現在のページに追加する [古い関数]
PDF_add_launchlink — 現在のページに起動用注記を追加する [古い関数]
PDF_add_locallink — 現在のページにリンク注記を追加する [古い関数]
PDF_add_nameddest — 移動先を作成する
PDF_add_note — 現在のページに注記を追加する [古い関数]
PDF_add_outline — 現在のページにブックマークを追加する [古い関数]
PDF_add_pdflink — 現在のページにリンク注記を追加する [古い関数]
PDF_add_thumbnail — 現在のページにサムネイルを追加する
PDF_add_weblink — 現在のページに Web リンクを追加する [古い関数]
PDF_arc — 反時計回りに円弧を描く
PDF_arcn — 時計回りに円弧を描く
PDF_attach_file — 現在のページに添付ファイルを追加する [古い関数]
PDF_begin_document — 新しい PDF ファイルを作成する
PDF_begin_font — Type 3 フォント定義を開始する
PDF_begin_glyph — Type 3 フォントのグリフ定義を開始する
PDF_begin_item — 構造体要素あるいはその他の内容をオープンする
PDF_begin_layer — レイヤーを開始する
PDF_begin_page_ext — 新規ページを開始する
PDF_begin_page — 新規ページを開始する [古い関数]
PDF_begin_pattern — パターン定義を開始する
PDF_begin_template — テンプレート定義を開始する
PDF_circle — 円を描く
PDF_clip — 現在のパスに切り取る
PDF_close_image — 画像を閉じる
PDF_close_pdi_page — ページハンドルを閉じる
PDF_close_pdi — PDF ドキュメント入力を閉じる
PDF_close — pdf ドキュメントを閉じる [古い関数]
PDF_closepath_fill_stroke — 現在のパスを閉じ、塗りつぶし、輪郭を描く
PDF_closepath_stroke — パスを閉じ、パスに沿って線を描く
PDF_closepath — 現在のパスを閉じる
PDF_concat — 行列を CTM に追加する
PDF_continue_text — 次の行にテキストを出力する
PDF_create_action — オブジェクトやイベントに対するアクションを作成する
PDF_create_annotation — 矩形の注記を作成する
PDF_create_bookmark — ブックマークを作成する
PDF_create_field — フォームフィールドを作成する
PDF_create_fieldgroup — フォームフィールドグループを作成する
PDF_create_gstate — 画像状態オブジェクトを作成する
PDF_create_pvf — PDFlib 仮想ファイルを作成する
PDF_create_textflow — textflow オブジェクトを作成する
PDF_curveto — ベジエ曲線を描く
PDF_define_layer — レイヤー定義を作成する
PDF_delete_pvf — PDFlib 仮想ファイルを削除する
PDF_delete_textflow — textflow オブジェクトを削除する
PDF_delete — PDFlib オブジェクトを削除する
PDF_encoding_set_char — グリフ名や Unicode 値を追加する
PDF_end_document — PDF ファイルを閉じる
PDF_end_font — Type 3 フォント定義を終了する
PDF_end_glyph — Type 3 フォントのグリフ定義を終了する
PDF_end_item — 構造体要素やその他の内容を閉じる
PDF_end_layer — すべてのアクティブなレイヤーを無効にする
PDF_end_page_ext — ページを終了する
PDF_end_page — ページを終了する
PDF_end_pattern — パターンを終了する
PDF_end_template — テンプレートを終了する
PDF_endpath — 現在のパスを終了する
PDF_fill_imageblock — 画像ブロックをさまざまなデータで塗りつぶす
PDF_fill_pdfblock — PDF ブロックをさまざまなデータで塗りつぶす
PDF_fill_stroke — パスを塗りつぶし、パスの輪郭を描く
PDF_fill_textblock — テキストブロックをさまざまなデータで塗りつぶす
PDF_fill — 現在のパスを塗りつぶす
PDF_findfont — 後で使用するフォントを準備する [古い関数]
PDF_fit_image — 画像やテンプレートを配置する
PDF_fit_pdi_page — インポートした PDF ページを配置する
PDF_fit_textflow — textflow を矩形領域に配置する
PDF_fit_textline — 1 行分のテキストを配置する
PDF_get_apiname — 成功しなかった API 関数の名前を取得する
PDF_get_buffer — PDF 出力バッファを取得する
PDF_get_errmsg — エラーテキストを取得する
PDF_get_errnum — エラー番号を取得する
PDF_get_font — フォントを取得する [古い関数]
PDF_get_fontname — フォント名を取得する [古い関数]
PDF_get_fontsize — フォント処理 [古い関数]
PDF_get_image_height — 画像の高さを取得する [古い関数]
PDF_get_image_width — 画像の幅を取得する [古い関数]
PDF_get_majorversion — メジャーバージョン番号を取得する [古い関数]
PDF_get_minorversion — マイナーバージョン番号を取得する [古い関数]
PDF_get_parameter — 文字列パラメータを取得する
PDF_get_pdi_parameter — PDI 文字列パラメータを取得する
PDF_get_pdi_value — 数値型の PDI パラメータを取得する
PDF_get_value — 数値型のパラメータを取得する
PDF_info_textflow — textflow の状態を問い合わせる
PDF_initgraphics — 描画状態をリセットする
PDF_lineto — 線を描く
PDF_load_font — フォントを検索し、準備する
PDF_load_iccprofile — ICC プロファイルを検索し、準備する
PDF_load_image — 画像ファイルをオープンする
PDF_makespotcolor — スポット色を作成する
PDF_moveto — 現在の位置を設定する
PDF_new — PDFlib オブジェクトを作成する
PDF_open_ccitt — raw CCITT イメージをオープンする [古い関数]
PDF_open_file — PDF ファイルを作成する [古い関数]
PDF_open_gif — GIF イメージをオープンする [古い関数]
PDF_open_image_file — ファイルからイメージを読み込む [古い関数]
PDF_open_image — イメージデータを使用する [古い関数]
PDF_open_jpeg — JPEG イメージをオープンする [古い関数]
PDF_open_memory_image — PHP のイメージ関数で作成されたイメージをオープンする [未サポート]
PDF_open_pdi_page — ページを準備する
PDF_open_pdi — PDF ファイルをオープンする
PDF_open_tiff — TIFF イメージをオープンする [古い関数]
PDF_place_image — イメージをページ上に置く [古い関数]
PDF_place_pdi_page — PDF ページを置く [古い関数]
PDF_process_pdi — インポートされた PDF ドキュメントを処理する
PDF_rect — 矩形を描く
PDF_restore — 描画状態を復元する
PDF_resume_page — ページを再開する
PDF_rotate — 座標系を回転する
PDF_save — 描画状態を保存する
PDF_scale — スケールを設定する
PDF_set_border_color — 注記の周りの境界色を設定する [古い関数]
PDF_set_border_dash — 注記の周りの境界の破線形式を設定する [古い関数]
PDF_set_border_style — 注記の周りの境界の形式を設定する [古い関数]
PDF_set_char_spacing — 文字間隔を設定する [古い関数]
PDF_set_duration — ページ間隔を設定する [古い関数]
PDF_set_gstate — 画像状態オブジェクトをアクティブにする
PDF_set_horiz_scaling — テキストの横方向倍率を設定する [古い関数]
PDF_set_info_author — ドキュメントの author フィールドを設定する [古い関数]
PDF_set_info_creator — ドキュメントの creator フィールドを設定する [古い関数]
PDF_set_info_keywords — ドキュメントの keyword フィールドを設定する [古い関数]
PDF_set_info_subject — ドキュメントの subject フィールドを設定する [古い関数]
PDF_set_info_title — ドキュメントの title フィールドを設定する [古い関数]
PDF_set_info — ドキュメント情報のフィールドを設定する
PDF_set_layer_dependency — レイヤー間の関係を定義する
PDF_set_leading — テキストの行間を設定する [古い関数]
PDF_set_parameter — 文字列パラメータを設定する
PDF_set_text_matrix — テキストの行列を設定する [古い関数]
PDF_set_text_pos — テキストの位置を設定する
PDF_set_text_rendering — テキストの描画方法を設定する [古い関数]
PDF_set_text_rise — テキストの傾きを設定する [古い関数]
PDF_set_value — 数値パラメータを設定する
PDF_set_word_spacing — 単語間の空白を設定する [古い関数]
PDF_setcolor — 塗りつぶし色および輪郭色を設定する
PDF_setdash — 破線パターンを設定する
PDF_setdashpattern — 破線パターンを設定する
PDF_setflat — 平面度を設定する
PDF_setfont — フォントを設定する
PDF_setgray_fill — 塗りつぶし色をグレーに設定する [古い関数]
PDF_setgray_stroke — 描画色をグレーに設定する [古い関数]
PDF_setgray — 色をグレーに設定する [古い関数]
PDF_setlinecap — linecap パラメータを設定する
PDF_setlinejoin — linejoin パラメータを設定する
PDF_setlinewidth — 線幅を設定する
pdf_setmatrix — 現在の変換行列を設定する
PDF_setmiterlimit — miter limit を設定する
PDF_setpolydash — 複雑な破線パターンを設定する [古い関数]
PDF_setrgbcolor_fill — 塗りつぶし RGB 色の値を設定する
PDF_setrgbcolor_stroke — 描画 RGB 色を設定する [古い関数]
PDF_setrgbcolor — 描画および塗りつぶし RGB 色を設定する [古い関数]
PDF_shading_pattern — シェーディングパターンを定義する
PDF_shading — 混色を定義する
PDF_shfill — シェーディングで領域を塗りつぶす
PDF_show_boxed — ボックスにテキストを出力する [古い関数]
PDF_show_xy — 指定した位置にテキストを出力する
PDF_show — 現在の位置にテキストを出力する
PDF_skew — 座標系を歪ませる
PDF_stringwidth — テキストの幅を返す
PDF_stroke — パスを描く
PDF_suspend_page — ページを停止する
PDF_translate — 座標系の原点を設定する
PDF_utf16_to_utf8 — 文字列を UTF-16 から UTF-8 に変換する
PDF_utf8_to_utf16 — 文字列を UTF-8 から UTF-16 に変換する

Portable Document Format

(PDF から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/21 05:54 UTC 版)

Portable Document Format(ポータブル・ドキュメント・フォーマット、PDF)は、デジタルデバイス上でアプリケーションOSハードウェアに依存せず文章や図版を表示するために開発され、ISO 32000[2]で国際標準化された電子文書ファイル形式である。 PostScriptをベースにAdobeが開発し、1993年にAdobe Acrobatで初めて採用された。


注釈

  1. ^ ただし、それ以前からフリーソフトウェアによる(日本語を含む)PDFの作成は可能であった。
  2. ^ ISO/IECのファストトラックは、既に標準化された既存の規格に基づき、通常よりも迅速に審議を行い国際標準化する方式。
  3. ^ 日本語を含んだLaTeXソース文書は扱えない。

出典

  1. ^ RFC 8118 - The application/pdf Media Type” (英語). 2017年3月20日閲覧。
  2. ^ ISO 32000-1:2008 Document management — Portable document format — Part 1: PDF 1.7”. 2021年3月22日閲覧。
  3. ^ Yoichi Yamashita(マイコミジャーナル) (2008年7月3日). “PDF 1.7がISO 32000-1として国際標準化”. 毎日コミュニケーションズ. オリジナルの2009年5月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090531115354/http://journal.mycom.co.jp/news/2008/07/03/004/ 2008年7月17日閲覧。 
  4. ^ 垣内郁栄(AtmarkIT) (2008年10月28日). “PDFのISO規格化で得たものと失ったもの:担当者が振り返るPDF1.7標準化の道のり”. ITMedia. http://www.itmedia.co.jp/im/articles/0810/28/news130.html 2014年5月19日閲覧。 
  5. ^ a b c d e ISO 32000-1:2008 - Document management – Portable document format – Part 1:PDF 1.7”. Iso.org (2008年7月1日). 2010年2月21日閲覧。
  6. ^ 吉田印刷所. “PDF形式の7つのメリット~なぜ印刷にはPDFが適しているのでしょうか?”. 特売プレス+吉田印刷所 DTPサポート情報Blog. 2017年3月13日閲覧。
  7. ^ The Camelot Project (PDF)” (英語). 2009年10月27日閲覧。
  8. ^ A CDE Definition - Common Ground” (英語). The Computer Desktop Encyclopedia. 2015年7月1日閲覧。
  9. ^ A CDE Definition - Farallon Replica” (英語). The Computer Desktop Encyclopedia. 2015年7月1日閲覧。
  10. ^ Laurens Leurs. “The history of PDF” (英語). 2007年9月19日閲覧。
  11. ^ Geschke, Charles, Driving Adobe:Co-founder Charles Geschke on Challenges, Change and Values, The Wharton School of the University of Pennsylvania, http://knowledge.wharton.upenn.edu/article.cfm?articleid=2038 
  12. ^ Duff Johnson. “The 8 most popular document formats on the web” (英語). 2014年3月2日閲覧。
  13. ^ Adobe Developer Connection:PDF Reference and Adobe Extensions to the PDF Specification” (英語). Adobe Systems. 2017年3月13日閲覧。
  14. ^ PDF compatibility levels”. 2011年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月17日閲覧。
  15. ^ R, Leonard, History of PDF Openness, Acrobat users, オリジナルの2007-10-14時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20071014010805/http://www.acrobatusers.com/blogs/leonardr/history-of-pdf-openness/ 
  16. ^ Portable Document Format Reference Manual, Adobe Systems Incorporated, (1993-06), http://acroeng.adobe.com/PDFReference/PDF%20Reference%201.0.pdf 2015年6月17日閲覧。 
  17. ^ a b (PDF) Portable Document Format Reference Manual Version 1.2, Adobe Systems Incorporated, (1996-11-12), オリジナルの2005-11-03時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20051103044315/http://www.pdf-tools.com/public/downloads/pdf-reference/pdfreference12.pdf 2015年6月17日閲覧。 
  18. ^ a b (PDF) PDF Reference Second edition – Adobe Portable Document Format Version 1.3, Adobe Systems Incorporated, (2000), http://partners.adobe.com/public/developer/en/pdf/PDFReference13.pdf 2015年6月17日閲覧。 
  19. ^ PDFリファレンス第2版 ISBN 4-89471-338-1
  20. ^ a b c d Adobe PDF Reference Archives”. Adobe Systems Incorporated. 2010年2月23日閲覧。
  21. ^ a b (PDF) PDF Reference Third edition – Adobe Portable Document Format Version 1.4, Adobe Systems Incorporated, (2001), http://partners.adobe.com/public/developer/en/pdf/PDFReference.pdf 2015年6月17日閲覧。 
  22. ^ Technical Note#5186 Acrobat JavaScript Object Specification Version 5.1, (2003), http://partners.adobe.com/public/developer/en/acrobat/sdk/5186AcroJS.pdf 
  23. ^ (PDF) PDF Reference fourth edition – Adobe Portable Document Format Version 1.5, Adobe Systems Incorporated, (2003), https://www.adobe.com/content/dam/Adobe/en/devnet/pdf/pdfs/pdf_reference_archives/PDFReference15_v6.pdf 2010年2月23日閲覧。 
  24. ^ Acrobat JavaScript Scripting Guide, Technical Note#5430, Version:Acrobat 6.0, (May 2003), http://www.pdfill.com/download/Acro6JSGuide.pdf 
  25. ^ (PDF) PDF Reference fifth edition – Adobe Portable Document Format Version 1.6, Adobe Systems Incorporated, (2004), http://partners.adobe.com/public/developer/en/pdf/PDFReference16.pdf 2015年6月17日閲覧。 
  26. ^ Acrobat JavaScript Scripting Reference, (2005-06-27), http://partners.adobe.com/public/developer/en/acrobat/sdk/AcroJS.pdf 
  27. ^ a b c Adobe Developer Connection:PDF Reference and Adobe Extensions to the PDF Specification”. Adobe Systems. 2010年12月13日閲覧。
  28. ^ (PDF) PDF Reference sixth edition – Adobe Portable Document Format Version 1.6, Adobe Systems Incorporated, (2006), http://wwwimages.adobe.com/www.adobe.com/content/dam/Adobe/en/devnet/pdf/pdfs/pdf_reference_1-7.pdf 2015年6月17日閲覧。 
  29. ^ JavaScript for Acrobat API Reference, Version 8, (April 2007), http://wwwimages.adobe.com/content/dam/Adobe/en/devnet/acrobat/pdfs/js_api_reference.pdf 
  30. ^ a b XML Forms Architecture (XFA) Specification Version 2.6, Adobe Systems Incorporated, (2008-01-25), http://partners.adobe.com/public/developer/en/xml/xfa_spec_2_6.pdf 2014年4月9日閲覧。 
  31. ^ a b Adobe Supplement to the ISO 32000 BaseVersion:1.7 ExtensionLevel:3, Adobe Systems Incorporated, (2008-06), http://wwwimages.adobe.com/www.adobe.com/content/dam/Adobe/en/devnet/acrobat/pdfs/adobe_supplement_iso32000.pdf 2014年4月9日閲覧。 
  32. ^ XML Forms Architecture (XFA) Specification Version 2.8, Adobe Systems Incorporated, (2008-10-23), http://partners.adobe.com/public/developer/en/xml/xfa_spec_2_8.pdf 2014年4月9日閲覧。 
  33. ^ Adobe Supplement to the ISO 32000 BaseVersion:1.7 ExtensionLevel:5, (2008-06), http://wwwimages.adobe.com/content/dam/Adobe/en/devnet/pdf/pdfs/adobe_supplement_iso32000_1.pdf 2015年6月17日閲覧。 
  34. ^ XML Forms Architecture (XFA) Specification Version 3.0, Adobe Systems Incorporated, (2009-03-12), http://partners.adobe.com/public/developer/en/xml/xfa_spec_3_0.pdf 2014年4月9日閲覧。 
  35. ^ XML Forms Architecture (XFA) Specification Version 3.1, Adobe Systems Incorporated, (2009-11-16), http://partners.adobe.com/public/developer/en/xml/xfa_spec_3_1.pdf 2014年4月9日閲覧。 
  36. ^ (PDF) PDFlib API Reference 8.0.2, http://www.pdflib.com/fileadmin/pdflib/pdf/manuals/PDFlib-8.0.2-API-reference-Windows.pdf 2011年3月7日閲覧, "1.7ext8 – PDF 1.7 extension level 8 requires Acrobat X" 
  37. ^ XML Forms Architecture (XFA) Specification Version 3.3, Adobe Systems Incorporated, (2012-01-09), http://partners.adobe.com/public/developer/en/xml/xfa_spec_3_3.pdf 2014年4月9日閲覧。 
  38. ^ PDFlib - PDF Security - Encryption Algorithms and Key Length, http://www.pdflib.com/knowledge-base/pdf-security/encryption/ 2012年9月26日閲覧。 
  39. ^ PDFlib - PDF Security - Security Recommendations, http://www.pdflib.com/knowledge-base/pdf-security/recommendations/ 2012年9月26日閲覧, "AES-256 according to PDF 1.7 Adobe Extension Level 3 (Acrobat 9) should be avoided because it contains a weakness in the password checking algorithm which facilitates brute-force attacks against the password. For this reason Acrobat X no longer offers Acrobat 9 encryption for protecting new documents (only for decrypting existing documents). In summary, AES-256 according to PDF 1.7 Adobe Extension Level 8/PDF 2.0 or AES-128 according to PDF 1.6/1.7 should be used, depending on whether or not Acrobat X is available. Passwords should be longer than 6 characters and should contain non-alphabetic characters." 
  40. ^ Adobe Supplement to ISO 32000-1, BaseVersion:1.7 ExtensionLevel:5, Adobe Systems Incorporated, (2009-06), p. 5, http://wwwimages.adobe.com/www.adobe.com/content/dam/Adobe/en/devnet/pdf/pdfs/adobe_supplement_iso32000_1.pdf 
  41. ^ [1]Implementation Guide for the Portable Document Format Healthcare
  42. ^ [2] ISO 14289 の販売ページ
  43. ^ バリアブルデータ印刷(Global Graphics Software社の解説)
  44. ^ ISO 16612-2:2010 - Graphic technology -- Variable data exchange -- Part 2:Using PDF/X-4 and PDF/X-5 (PDF/VT-1 and PDF/VT-2)”. 2014年9月22日閲覧。
  45. ^ ISO規格の制定手順”. 2014年5月9日閲覧。
  46. ^ ISO 32000-1:2008, Page 1, section "1 Scope"
  47. ^ a b ISO/CD 32000-2 - Document management -- Portable document format -- Part 2:PDF 2.0” (2013年7月26日). 2017年9月1日閲覧。
  48. ^ PDF Association (2017年8月3日). “ISO 32000, the PDF specification, updated to version 2.0”. 2017年9月1日閲覧。
  49. ^ Duff Johnson (PDF Association). “PDF 2.0:The worldwide standard for electronic documents has evolved”. 2017年9月1日閲覧。
  50. ^ ISO/NP 32000-2 - Document management -- Portable document format -- Part 2:PDF 2.0” (2009年10月6日). 2010年2月24日閲覧。
  51. ^ Duff Johnson. “ISO 32000-2 (under development)”. 2014年3月2日閲覧。
  52. ^ Leonard Rosenthol, Adobe Systems (2012年). “PDFと各種標準(英語)”. 2013年10月20日閲覧。
  53. ^ Dr. Matthew Hardy, Adobe Systems (2012年). “7分でわかるPDF標準(英語) – PDF (ISO 32000)”. 2013年10月20日閲覧。
  54. ^ ISO/TC 171/SC 2/WG 8 N 603 - Meeting Report, (2011-06-27), http://pdf.editme.com/files/pdfREF-meetings/ISO-TC171-SC2-WG8_N0603_SC2WG8_MtgRept_SLC.pdf, "XFA is not to be ISO standard just yet. ... The Committee urges Adobe Systems to submit the XFA Specification, XML Forms Architecture (XFA), to ISO for standardization ... The Committee is concerned about the stability of the XFA specification ... Part 2 will reference XFA 3.1(pdf.editme.com 会員限定)" 
  55. ^ partners.adobe.com - Developer Resources
  56. ^ 柳 英俊 (2010年12月6日). “サンドボックスで保護されたPDF閲覧機能を備える「Google Chrome」v8が正式公開”. 窓の杜. 2017年3月20日閲覧。
  57. ^ Lardinois, Frederic; iwatani (2013年2月20日). “Firefox 19がHTML5だけによるPDFビューワを搭載, Androidバージョンはテーマをサポート”. TechCrunch Japan. 2017年3月20日閲覧。
  58. ^ Adobe PDF Specifications PDF仕様書の一覧ページ(英語)
  59. ^ [3]
  60. ^ John Naughton (2010年4月18日). “AppleはiPadでAdobeとFlashに宣戦(英語記事)”. TechGuardian. 2014年5月9日閲覧。AppleがFlashを不安定でSafariブラウザがクラッシュする主要要因としてiPhoneから排除したこと、さらにAdobeがFlashをiOS用にコンバートするツールをCS5で提供したものに対しAppleが4日後に「中間変換/互換レイヤーの禁止」条項で応じた経緯が紹介されている。
  61. ^ a b Adobe Systems Incorporated (2008-07-01), Document Management – Portable Document Format – Part 1:PDF 1.7, First Edition, https://www.adobe.com/devnet/acrobat/pdfs/PDF32000_2008.pdf 2010年2月19日閲覧。 
  62. ^ Adobe Systems Incorporated (2007年10月15日). “Using Acrobat forms and form data on the web”. 2010年2月19日閲覧。
  63. ^ (PDF) XML Forms Data Format Specification, version 2, (September 2007), http://partners.adobe.com/public/developer/en/xml/xfdf_2.0.pdf 2010年2月19日閲覧。 
  64. ^ a b (PDF) FDF Data Exchange Specification, (2007-02-08), https://www.adobe.com/devnet/acrobat/pdfs/fdf_data_exchange.pdf 2010年2月19日閲覧。 
  65. ^ IANA Application Media Types - vnd.fdf, http://www.iana.org/assignments/media-types/application/ 2010年2月22日閲覧。 
  66. ^ Adobe PDF Print Engine 2
  67. ^ www.globalgraphics.com/products/jaws_rip/
  68. ^ Harlequin RIP
  69. ^ TeX Wiki PDFの作り方
  70. ^ さまざまなPDFの作成技術の概観 アンテナハウス PDF資料室
  71. ^ LibreOffice 7.1 Help PDF Export General”. 2021年3月22日閲覧。
  72. ^ LibreOffice 7.0: Release Notes, https://wiki.documentfoundation.org/ReleaseNotes/7.0#Accessibility_improvements 2021年3月22日閲覧。 
  73. ^ なぜいまだにわざわざ文書をPDFに変換して公開するのか?分からない | TechWave(テックウェーブ)
  74. ^ PDF:人間が消費するには不向き(Jakob Nielsen博士のAlertbox)



PDF

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/10 15:03 UTC 版)

中国人民解放軍陸軍航空兵」の記事における「PDF」の解説

PLA as organization version 2.0”. Defense Group Inc. (2012年). 2018年8月11日時点オリジナルよりアーカイブ2018年8月4日閲覧

※この「PDF」の解説は、「中国人民解放軍陸軍航空兵」の解説の一部です。
「PDF」を含む「中国人民解放軍陸軍航空兵」の記事については、「中国人民解放軍陸軍航空兵」の概要を参照ください。


PDF

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/11 05:47 UTC 版)

マジックナンバー (フォーマット識別子)」の記事における「PDF」の解説

ファイル先頭から5バイトが「%PDF-」となっているが、それにバージョン番号後続する

※この「PDF」の解説は、「マジックナンバー (フォーマット識別子)」の解説の一部です。
「PDF」を含む「マジックナンバー (フォーマット識別子)」の記事については、「マジックナンバー (フォーマット識別子)」の概要を参照ください。


PDF

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/15 07:33 UTC 版)

中国人民解放軍海軍陸戦隊」の記事における「PDF」の解説

PLA as organization version 2.0 (PDF)” (英語). Defense Group Inc. (2012年). 2018年8月11日時点オリジナルよりアーカイブ2018年8月4日閲覧Dennis J. Blasko, Roderick Lee (2019年). “The Chinese Navy’s Marine Corps, Part 1: Expansion and Reorganization (PDF)” (英語). The Jamestown Foundation. 2020年9月4日閲覧Peter A. Dutton, Isaac B. Kardon, Conor M. Kennedy (2020年). “China Maritime Report No. 6: Djibouti: China's First Overseas Strategic Strongpoint (PDF)” (英語). U.S. Naval War College China Maritime Studies Institute. 2020年9月4日閲覧

※この「PDF」の解説は、「中国人民解放軍海軍陸戦隊」の解説の一部です。
「PDF」を含む「中国人民解放軍海軍陸戦隊」の記事については、「中国人民解放軍海軍陸戦隊」の概要を参照ください。


PDF

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 16:56 UTC 版)

中国人民解放軍海軍航空兵」の記事における「PDF」の解説

PLA as organization version 2.0”. Defense Group Inc. (2012年). 2018年8月11日時点オリジナルよりアーカイブ2018年8月4日閲覧。 “PLA Naval Aviation Training and Operations (PDF)” (英語). 米国空軍大学中国航空宇宙研究所 (2017年12月20日). 2020年9月1日閲覧。 “The PLA’s Unmanned Aerial Systems (PDF)” (英語). 米国空軍大学中国航空宇宙研究所 (2019年8月8日). 2020年9月1日閲覧。 “PLA Aerospace Power:A Primer on Trends in China’s Military Air, Space, and Missile Forces 2nd Edition (PDF)” (英語). 米国空軍大学中国航空宇宙研究所 (2019年9月26日). 2020年9月1日閲覧

※この「PDF」の解説は、「中国人民解放軍海軍航空兵」の解説の一部です。
「PDF」を含む「中国人民解放軍海軍航空兵」の記事については、「中国人民解放軍海軍航空兵」の概要を参照ください。


PDF(a)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/01 20:09 UTC 版)

地球環境ファシリティ」の記事における「PDF(a)」の解説

プロジェクトプログラム案件整理段階上限2.5ドル

※この「PDF(a)」の解説は、「地球環境ファシリティ」の解説の一部です。
「PDF(a)」を含む「地球環境ファシリティ」の記事については、「地球環境ファシリティ」の概要を参照ください。


PDF(b)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/01 20:09 UTC 版)

地球環境ファシリティ」の記事における「PDF(b)」の解説

プロジェクト提案書作成するために必要な情報収集資金融資申請必要な資料の作成上限70ドル

※この「PDF(b)」の解説は、「地球環境ファシリティ」の解説の一部です。
「PDF(b)」を含む「地球環境ファシリティ」の記事については、「地球環境ファシリティ」の概要を参照ください。


PDF(c)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/01 20:09 UTC 版)

地球環境ファシリティ」の記事における「PDF(c)」の解説

大規模なプロジェクト案件整理のための調査費用等として。上限100万ドル

※この「PDF(c)」の解説は、「地球環境ファシリティ」の解説の一部です。
「PDF(c)」を含む「地球環境ファシリティ」の記事については、「地球環境ファシリティ」の概要を参照ください。


PDF

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 05:50 UTC 版)

中国人民解放軍空軍」の記事における「PDF」の解説

PLA as organization version 2.0”. Defense Group Inc. (2012年). 2018年8月11日時点オリジナルよりアーカイブ2018年8月4日閲覧。 “The PLA’s Unmanned Aerial Systems (PDF)” (英語). 米国空軍大学中国航空宇宙研究所 (2019年8月8日). 2020年9月1日閲覧。 ““Brigadization” of the PLA Air Force (PDF)” (英語). 米国空軍大学中国航空宇宙研究所 (2019年9月25日). 2020年9月1日閲覧。 “PLA Aerospace Power:A Primer on Trends in China’s Military Air, Space, and Missile Forces 2nd Edition (PDF)” (英語). 米国空軍大学中国航空宇宙研究所 (2019年9月26日). 2020年9月1日閲覧

※この「PDF」の解説は、「中国人民解放軍空軍」の解説の一部です。
「PDF」を含む「中国人民解放軍空軍」の記事については、「中国人民解放軍空軍」の概要を参照ください。


pdf

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/26 05:56 UTC 版)

拡張子」の記事における「pdf」の解説

PDF。アドビ開発した文書ファイルフォーマット

※この「pdf」の解説は、「拡張子」の解説の一部です。
「pdf」を含む「拡張子」の記事については、「拡張子」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「PDF」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「PDF」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

PDFのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



PDFのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
印刷関係用語集印刷関係用語集
Copyright (C) 2022 K'sBookshelf All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリPDFの記事を利用しております。
拡張子辞典拡張子辞典
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.pdfの記事を利用しております。
PHP Documentation GroupPHP Documentation Group
Copyright © 1997 - 2022 by the PHP Documentation Group.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのPortable Document Format (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの中国人民解放軍陸軍航空兵 (改訂履歴)、マジックナンバー (フォーマット識別子) (改訂履歴)、中国人民解放軍海軍陸戦隊 (改訂履歴)、中国人民解放軍海軍航空兵 (改訂履歴)、地球環境ファシリティ (改訂履歴)、中国人民解放軍空軍 (改訂履歴)、拡張子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS