Google_Chromeとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > Google_Chromeの意味・解説 

グーグル‐クローム【Google Chrome】

《「グーグルクロム」とも》米国グーグル社が開発したオープンソースのブラウザーソフト。タブブラウザー機能をもち、セキュリティー面の強化もなされている。閲覧頻度が高いウェブサイトサムネイル表示するほか、URL検索語句入力検索語句履歴候補表示する多機能ツールバーがある。


Google Chrome

読み方グーグルクローム
別名:Chromeちょろめ

Google Chromeとは、Google開発したオープンソースWebブラウザの名称である。2008年9月3日ベータ版初め公開された。

Google Chromeは、単なるWebブラウザではなくWebページWebアプリケーションに対応した最新の「プラットフォーム」として開発されたと言われるそのためWebサイトWebアプリケーションを快適に閲覧利用できるように、シンプルさ、堅牢さ、高速さなどに特化されている。

従来タブブラウザは、複数タブ表示一つCPUプロセス実行していた。これに対して、Google Chromeは、個々タブにおいて独立したプロセス生成し、別個実行する方式採用している。Google Chromeが持つタスクマネージャで各タブプロセス計測し、場合によっては強制終了できる。このため、あるタブクラッシュした場合でも、当該タブ終了させることで、Webブラウザ全体影響与えることなく対処することができる。

Google Chromeでは、「アプリケーションウィンドウ」と呼ばれるWebアプリケーション利用するための専用ウィンドウ用意されている。アプリケーションウィンドウは、タブブラウザとしてのGoogle Chromeとは独立して開きその中では、タブアドレスバー表示されない。また、アプリケーションショートカットと呼ばれるショートカットアイコンを作成し、デスクトップスタートメニューなどに設置することができる。これによって、Webメール始めとするWebアプリケーションを、あたかもデスクトップアプリケーション起動して操作するような感覚で、利用することができる。

Google Chromeでは、レンダリングエンジンとしてオープンソースソフトウェアOSS)のWebkit採用されている。Webkitは、AppleMac OS標準搭載されているWebブラウザSafariや、Googleモバイル端末向けのプラットフォームとして提供しているAndroidなどで採用されている。また、JavaScript実行エンジンとしては、独自に開発された「V8」が採用されている。なお、Google ChromeもOSSとしてソースコード公開される。

Google Chromeのベータ版は、世界100ヵ国以上、数十言語において一斉に公開された。ベータ版当初Windows XPWindows Vistaのみに対応しているが、Mac OSLinuxに対応するバージョン開発が進められているという。


参照リンク
Google Chrome
ブラウザでの新たな試み - (Google Japan Blog

Google Chrome

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/03 00:37 UTC 版)

Google Chrome(グーグル・クローム)は、Google社が開発したクロスプラットフォームウェブブラウザである。2008年にMicrosoft Windows用に最初にリリースされ、その後LinuxmacOSiOSAndroidに移植された。このブラウザはChromebookノートパソコン)やChromeboxデスクトップパソコン)に使われているChrome OSの主要構成要素でもあり、そのウェブアプリの基礎にもなっている。




  1. ^ https://chromereleases.googleblog.com/2020/07/stable-channel-update-for-desktop_27.html; 出版日: 27 7月 2020; 閲覧日: 28 7月 2020.
  2. ^ Chromium (Google Chrome)”. Ohloh.net. 2012年2月8日閲覧。
  3. ^ Chromium coding style”. Google Open Source. 2017年3月29日閲覧。
  4. ^ Lextrait, Vincent (2010年1月). “The Programming Languages Beacon, v10.0”. 2012年5月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年3月14日閲覧。
  5. ^ Nyquist, Tommy (2020年1月14日). “PSA: Android KitKat will soon be deprecated in the Chromium code base”. Google Groups. 2020年6月6日閲覧。
  6. ^ Chrome for iOS”. 2020年6月16日閲覧。
  7. ^ Supported languages”. Google Play Console Help. 2015年12月18日閲覧。
  8. ^ Google Chrome and Chrome OS Additional Terms of Service (Google)
  9. ^ Google going its own way, forking WebKit rendering engine (arstechnica, 2013)
  10. ^ Desktop Browser Market Share Worldwide (June 2018 - Mar 2020 Edit Chart Data)
  11. ^ Browser Market Share Worldwide (June 2018 - Mar 2020 Edit Chart Data)
  12. ^ Google Chromeが検索プロバイダに送信するデータ、Chromiumがある真の理由 (1) Google Chrome = Chromium + GoogleUpdate + RLZ | マイナビニュース
  13. ^ Google Chrome ReleasesGoogle Japan Blog: ChromeにGoogle Chrome Releasesの翻訳が提供されている)
  14. ^ Google Chrome、1日で1%のシェア獲得 - ITmedia News
  15. ^ 「Google Chrome」、米国では200万人がダウンロード--ニールセン、公開1週間の数値を発表:マーケティング - CNET Japan
  16. ^ 進化を続ける Chrome。より速くなった新バージョンを提供します Google Japan Blog 2010年5月26日
  17. ^ Top 5 Desktop, Tablet & Console Browsers from Jan 2012 to Apr 2016|StatCounter Global Stats”. 2016年6月24日閲覧。
  18. ^ “ブラウザーのシェア、グーグル「クローム」が首位に”. 日本経済新聞. (2016年5月3日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASGN03H0M_T00C16A5000000/ 2018年8月23日閲覧。 
  19. ^ “Google Safe Browsing”. Google. (2018年8月23日). https://safebrowsing.google.com/ 2018年8月23日閲覧。 
  20. ^ Google Chromeに携わったキラ星のような開発者たち:コミックから読み解く - builder by ZDNet Japan
  21. ^ “「Chrome 68」公開、HTTPサイトに「保護されていません」の警告を開始”. CNET Japan. (2018年7月25日). https://japan.cnet.com/article/35122977/ 2018年8月24日閲覧。 
  22. ^ ブラウザバージョン移行状況、Chromeは理想的な状況
  23. ^ Flashを統合した「Google Chrome」最新安定版、脆弱性の修正も
  24. ^ Chromium Development Calendar and Release Info (The Chromium Projects)
  25. ^ Google、6週間毎にChromeの新バージョンを提供へ
  26. ^ “「Chrome for Android」正式版が公開”. ケータイ Watch. (2012年6月28日). http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20120628_543470.html 2012年6月29日閲覧。 
  27. ^ 帯域幅の管理
  28. ^ モバイル向けFlash終了でHTML5大勝利!と安心していられない理由
  29. ^ “Google、iOSアプリの「Chrome」と「Google Drive」をリリース”. (2012年6月29日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1206/29/news030.html 2012年6月29日閲覧。 
  30. ^ “Googleが「Chrome for iOS」公開、注目の速度はSafariより遅い”. INTERNET Watch. (2012年6月29日). http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120629_543634.html 2012年6月29日閲覧。 
  31. ^ 「WKWebView」採用で:iOS版Chromeブラウザ、バージョン48で大幅高速化・安定化
  32. ^ iOS版「Chrome」がついにWKWebViewに対応、飛躍的に安定・高速化
  33. ^ “Google、IEを“Chrome並みに”改良するプラグイン「Chrome Frame」リリース”. ITmedia News. (2009年9月23日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0909/23/news010.html 2012年5月16日閲覧。 
  34. ^ “Microsoft、IEを「Chrome化」するGoogleプラグインを非難”. ITmedia News. (2009年9月25日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0909/25/news072.html 2012年5月16日閲覧。 
  35. ^ Chromium Blog: Retiring Chrome Frame
  36. ^ Chromiumブログ https://blog.chromium.org/2020/01/moving-forward-from-chrome-apps.html
  37. ^ “PCブラウザシェアの推移(日本国内・世界)2018年7月版”. やるぞう. (2018年8月5日). https://yaruzou.net/browser-share 2018年8月23日閲覧。 
  38. ^ Early Access Release Channels - The Chromium Projects
  39. ^ 2017年8月から共存できるようになった。Run multiple versions of Chrome side-by-side chromium blog


「Google Chrome」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Google_Chrome」の関連用語

Google_Chromeのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Google_Chromeのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリGoogle Chromeの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのGoogle Chrome (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS