Javaとは? わかりやすく解説

ジャバ【Java】


ジャバ【Java】

読み方:じゃば

ジャワ


ジャワ【Java】

読み方:じゃわ

《「ジャバ」とも》インドネシア共和国中心をなす島。17世紀からオランダ領有第二次大戦中日本軍占領したジャワ原人発見地面積121000平方キロ

[補説] 「爪哇」とも書く。


Java

読み方ジャバ
別名:Java言語

Javaとは、Sun Microsystemsによって開発されオブジェクト指向サポートする汎用のプログラミング言語の名称である。

Javaの特徴WORA中間言語方式

Javaの最大の特徴としてWORAWrite Once, Run Anywhere)、すなわち「一度書けばどこでも動く」と端的に表現される汎用性の高さを挙げることができる。Javaで記述されプログラムソースコードは、コンパイラによって、ネイティブコードではなくバイトコードよばれる中間言語生成される。そのバイトコードは、各マシンインストールされたJava仮想マシンJava VM)と呼ばれる実行環境の上動作するようになっているこのためJava仮想マシン導入されていればどのようなアーキテクチャシステムでも同じJavaプログラム実行させることが可能となっている。

Jsvaは、コンパイル経て実行されるという意味ではコンパイラ型言語ともいえるが、いわゆるコンパイラ型言語とは区別する意味で「中間言語方式」と分類されることが多い。

Javaプログラムソースコードには、拡張子として「.java」が付く。Javaコンパイラによって生成され中間言語であるバイトコードは、拡張子を「.class」とするクラスファイルに格納される。コンパイルクラス単位行われ一つクラス対応して一つクラスファイル生成されるプログラムの実行時、Java仮想マシンはこのクラスファイルバイトコード)を読み込む

Javaの特徴構文

Javaの構文は、C言語C++似通っている部分多くまた、全体的な言語機能としてはC++に近いといわれている。JavaをC++比較すると、C++バグなど問題の原因なりそう要素いくつかが、Javaからは除外されている。例えば、ポインタ変数多重継承プログラマによるメモリ管理マクロプリプロセッサ)などがJavaでは省かれている。他方C++言語機能レベル持たない要素いくつかは、Javaで独自にサポートされている。例えば、インターフェーススレッドイテレータなどが使用可能になっている

クラス単一継承インターフェース情報隠蔽多態性ポリモーフィズム)、例外スレッドなどの機能は、Javaの言語レベルサポートされている。特に、単一継承のみを用いシンプルなオブジェクト指向モデルインターフェース概念積極取り込みモジュラリティ高めパッケージ概念アーキテクチャ異なマシンでも実行できるポータビリティ、といった要素は、アプリケーション開発用の言語としての高い評価繋がっている一方で厳密なリアルタイム性プログラマによるメモリ管理利用リソース最小化ネイティブ実行速度などが要求される分野では、他の言語の方がより適すとされる

Javaの特徴開発環境実行環境

Javaプログラムは、特定の開発環境によって開発されまた、特定の実行環境によって実行されるSun MicrosystemsがJava向けに提供しいるソフトウェア開発キットSDK)は、JDK(Java SDK)と呼ばれるJDK2007年GPLライセンスによるオープンソースソフトウェアOSSとなったまた、統合開発環境IDE)としては、OSSであるEclipseや、Sun MicrosystemsNetBeansなどがある。

Javaの実行環境JREJava Runtime Environment)と呼ばれるSun Microsystems提供するJava2(Javaバージョン2)では、規模用途によって異なるいくつかの開発環境提供されている。最も広範に用いられる標準的な開発環境であるJ2SE(Java 2 Standard Edition)や、主に企業向けのサーバーシステムに用いられるJ2EE(Java 2 Enterprise Edition)、比較小規模な組み込み用途用いられるJ2MEJava 2 Micro Edition)などがある。

また、Javaは、オブジェクト指向性質活かしてモジュラリティ優れた膨大なライブラリ群や特定用途向けのアプリケーションフレームワークを持っている。携帯電話アプリケーションGUIデスクトップアプリケーション、サーバーサイドのWebアプリケーション果ては企業主たる業務支え基幹システムに至るまで、非常に広い分野カバーすることができる。また、実務用途他にも先進的な概念具現化する実験場的な扱われ方もし、デザインパターンアスペクト指向アプリケーションフレームワークアジャイル開発テスト駆動開発モデル駆動サービス指向アーキテクチャなどの実験的な実践の場としても活用されている。

Javaの歴史

Javaは元々、Sun Microsystemsジェームズ・ゴスリンJames Gosling)らが推進していたセットトップボックス向けのポータブルプログラムに関する研究開発成果物である。当初はOak」と命名されたが、1995年ホワイトペーパーにおいて、Javaとして正式発表された。正式版のJavaバージョン1.01996年発表されている。

当初はクライアントWebブラウザ)側で動くポータブルプログラムであるJavaアプレット注目集めたその後サーバー側で実行されるWebアプリケーション構築適した言語であるという認識徐々に浸透していった。現在ではエンタープライズ向けのサーバーサイド技術としてJavaは代表的な地位占めるまでになっている

時代とともにJavaの機能仕様にも追加改良加えられている。ジェネリックプログラミングなどのような当初は持っていなかったいくつかの高度な機能取り込まれまた、中間言語方式難点であった実行速度遅さは、実行時必要な部分をネイティブコンパイルしてから実行するHotSpot技術などによってある程度克服されている。

2006年以降、JavaはGPLライセンス基づオープンソースソフトウェアとして提供されている。Javaは、様々なプラットフォームにおいて最も多く用いられている言語の一つとなっている。


参照リンク
Javaテクノロジ
Sun Developer Connection
java.com
プログラミングのほかの用語一覧
Java:  パーソナルJava  J2SE 5.0  Jakartaプロジェクト  Java  Java RMI  JavaScript  JDBC

.java


Java

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/25 20:20 UTC 版)

カテゴリ / テンプレート


  1. ^ 買収前はサン・マイクロシステムズによって。
  2. ^ 日本でのみ行われている[30]
  3. ^ 日本以外での Oracle Certified Associate, Java SE 8 Programmer に対応。
  4. ^ 日本以外での Oracle Certified Professional, Java SE 8 Programmer に対応。
  1. ^ Chaudhary, Harry H. (2014年7月28日). “Cracking The Java Programming Interview :: 2000+ Java Interview Que/Ans”. 2016年5月29日閲覧。
  2. ^ The Java Language Environment” (1996年5月). 2014年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月6日閲覧。
  3. ^ The Java Language Specification, 2nd Edition”. 2011年8月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年2月8日閲覧。
  4. ^ The A-Z of Programming Languages: Modula-3”. Computerworld.com.au. 2009年1月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月9日閲覧。
  5. ^ Patrick Naughton cites Objective-C as a strong influence on the design of the Java programming language, stating that notable direct derivatives include Java interfaces (derived from Objective-C's protocol) and primitive wrapper classes. [1] Java Was Strongly Influenced by Objective-C - ウェイバックマシン(2011年7月13日アーカイブ分)
  6. ^ What is Java and why do I need it?” (英語). 2019年1月閲覧。
  7. ^ 1.2 Design Goals of the Java™ Programming Language”. オラクル (1999年1月1日). 2013年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月14日閲覧。
  8. ^ Write once, run anywhere?”. Computer Weekly (2002年5月2日). 2009年7月27日閲覧。
  9. ^ a b Chan (2019年1月22日). “The 10 most popular programming languages, according to the 'Facebook for programmers'”. Business Insider. 2019年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月29日閲覧。
  10. ^ JavaOne 2013 Review: Java Takes on the Internet of Things”. www.oracle.com. 2016年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月19日閲覧。
  11. ^ Why should I uninstall older versions of Java from my system?”. オラクル. 2016年9月9日閲覧。
  12. ^ a b Java Software | オラクル”. www.oracle.com. 2019年10月19日閲覧。
  13. ^ 広辞苑 第六版
  14. ^ JAVASOFT SHIPS JAVA 1.0”. sun.com. 2007年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年2月5日閲覧。
  15. ^ Chander, Sharat. “Introducing Java SE 11”. oracle.com. 2018年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月26日閲覧。
  16. ^ The Arrival of Java 15!”. Oracle (2020年9月15日). 2020年9月15日閲覧。
  17. ^ オラクル、Java 17をリリース”. Oracle (2021年9月17日). 2021年9月30日閲覧。
  18. ^ オラクル、Java 18を発表”. Oracle (2022年3月22日). 2022年3月23日閲覧。
  19. ^ オラクル、Java 19をリリース”. Oracle (2022年9月21日). 2022年9月21日閲覧。
  20. ^ Opening Up Java EE - An Update” (英語). オラクル (2017年9月12日). 2019年3月10日閲覧。
  21. ^ EE4J、EclipseファウンデーションがオープンソースJava EEを準備” (日本語). InfoQ (2017年11月16日). 2019年3月10日閲覧。
  22. ^ Java EE は Jakarta EE となる” (日本語). InfoQ (2018年3月5日). 2019年3月10日閲覧。
  23. ^ 星 暁雄=日経BP Javaプロジェクト (2003年10月31日). “EclipseとWebSphere Studioはどう違うのか | 日経 xTECH(クロステック)”. 日経 xTECH(クロステック). Nikkei Business Publications, Inc.. 2019年11月17日閲覧。
  24. ^ Sun Microsystems, Inc (2007年5月8日). “Sun Fulfills Promise of Open and Free Java Technology and Releases Java SE Platform to OpenJDK Community”. 2009年9月16日閲覧。
  25. ^ http://www.excelsior-usa.com/jet.html
  26. ^ オラクル Java SE 認定資格パス 概要”. 2019年3月7日閲覧。
  27. ^ オラクル Java EE and Web Services 認定資格パス 概要”. 2019年3月7日閲覧。
  28. ^ Java Foundations Certified Junior Associate (novice-level certification)”. 2019年3月10日閲覧。
  29. ^ 認定試験一覧”. 2019年3月7日閲覧。
  30. ^ Java資格が大幅リニューアル。Bronze/Silver/Goldが登場”. 2019年3月7日閲覧。



「Java」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

Javaのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Javaのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリJavaの記事を利用しております。
拡張子辞典拡張子辞典
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.javaの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのJava (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS