ジェームズ・ゴスリンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 技術者 > 技術者 > ソフトウェア作家 > ジェームズ・ゴスリンの意味・解説 

ジェームズ・ゴスリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/11/03 01:51 UTC 版)

ジェームズ・アーサー・ゴスリン(James Arthur Gosling、1955年5月19日 - )は、カナダ出身の計算機科学者である。オブジェクト指向プログラミング言語Javaの生みの親・リードデザイナーとして広く知られており、"Dr. Java"の異名を持つ[3]


  1. ^ a b I've moved again : On a New Road. Nighthacks.com. Retrieved on 2016-05-17.
  2. ^ a b ジェームズ・ゴスリン - Mathematics Genealogy Project
  3. ^ James Gosling - Computing History”. Computinghistory.org.uk. 2017年10月9日閲覧。
  4. ^ Archived copy”. 2015年6月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月13日閲覧。
  5. ^ Gosling, James (1983). Algebraic Constraints (PhD thesis). Carnegie Mellon University.
  6. ^ Phd Awards By Advisor. Cs.cmu.edu. Retrieved on 2013-07-17.
  7. ^ James Gosling mentioned a multiprocessor Unix in his statement during the US vs Microsoft Antitrust DOJ trial in 1998 DOJ/Antitrust”. Statement in MS Antitrust case. US DOJ. 2007年2月1日閲覧。
  8. ^ a b Guevin, Jennifer. (2010-04-10) Java co-creator James Gosi leaves Oracle. News.cnet.com. Retrieved on 2012-02-21.
  9. ^ a b Shankland, Stephen. (2011-03-28) Java founder James Gosling joins Google | Deep Tech – CNET News. News.cnet.com. Retrieved on 2012-02-21.
  10. ^ Darryl K. Taft. (2010-09-22) Java Creator James Gosling: Why I Quit Oracle. eWEEK.com
  11. ^ My attitude on Oracle v Google. Nighthacks.com. Retrieved on 2016-05-17.
  12. ^ Meltdown Averted”. Nighthacks.com. 2017年3月13日閲覧。
  13. ^ Next Step on the Road. Nighthacks.com. Retrieved on 2016-05-17.
  14. ^ Boeing to Acquire Liquid Robotics to Enhance Autonomous Seabed-to-Space Information Services” (2016年12月6日). 2020年4月27日閲覧。
  15. ^ Darrow, Barb (2017年5月23日). “Legendary Techie James Gosling Joins Amazon Web Services”. Fortune.com. 2018年3月23日閲覧。
  16. ^ Typesafe — Company: Team. Typesafe.com. Retrieved on 2012-02-21.
  17. ^ James Gosling and Bruno Souza Join Jelastic as Advisers. InfoQ.com. Retrieved on 2014-11-24.
  18. ^ Eucalyptus Archived 2013-04-25 at the Wayback Machine.. Eucalyptus.com Retrieved on 2013-04-22
  19. ^ UserGroupsatGoogle (2010年11月29日). “James Gosling on Apple, Apache, Google, Oracle and the Future of Java”. YouTube. 2018年1月20日閲覧。
  20. ^ Allman, E. (2004). “Interview: A Conversation with James Gosling”. Queue 2 (5): 24. doi:10.1145/1016998.1017013. 
  21. ^ Gosling, J. (1997). “The feel of Java”. Computer 30 (6): 53–57. doi:10.1109/2.587548. 
  22. ^ Sun Labs-The First Five Years: The First Fifty Technical Reports. A Commemorative Issue”. Ching-Chih Chang, Amy Hall, Jeanie Treichel. Sun Microsystems, Inc. (1998年). 2010年2月7日閲覧。
  23. ^ A Conversation with James Gosling”. ACM Queue. ACM (2004年8月31日). 2014年7月3日閲覧。 “At Sun he is best known for creating the original design of Java and implementing its original compiler and virtual machine.”
  24. ^ McMillan, W.W. (2011). “The soul of the virtual machine: Java's abIlIty to run on many dIfferent kInds of computers grew out of software devised decades before”. IEEE Spectrum 48 (7): 44–48. doi:10.1109/MSPEC.2011.5910448. 
  25. ^ NAE Members Directory – Dr. James Arthur Gosling”. NAE. 2011年3月29日閲覧。
  26. ^ Kernighan, Brian W; Pike, Rob (1984). The Unix Programming Environment. Prentice Hall. pp. 97-100. ISBN 0-13-937681-X. https://archive.org/details/unixprogramminge0000kern/page/97 
  27. ^ The 2002 Economist Innovation Award Winner Archived 2012-04-22 at the Wayback Machine..
  28. ^ Flame Award”. Usenix.org (2011年12月6日). 2018年1月20日閲覧。
  29. ^ Governor”. 2008年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月28日閲覧。. February 20, 2007
  30. ^ ACM Names Fellows for Computing Advances that Are Transforming Science and Society Archived 2014-07-22 at the Wayback Machine., Association for Computing Machinery, accessed 2013-12-10.
  31. ^ IEEE JOHN VON NEUMANN MEDAL : RECIPIENTS”. Ieee.org. 2018年1月20日閲覧。
  32. ^ Computer History Museum names James Gosling a 2019 Fellow
  33. ^ Bogan, Daniel (2010年11月11日). “Uses This: James Gosling” (英語). usesthis.com. 2021年12月18日閲覧。


「ジェームズ・ゴスリン」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ジェームズ・ゴスリン」の関連用語

ジェームズ・ゴスリンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ジェームズ・ゴスリンのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジェームズ・ゴスリン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS