オラクルマスターとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 役職 > マスター > オラクルマスターの意味・解説 

オラクルマスター

資格区分 民間資格
資格概要取得方法 データベース分野世界で高い評価を受けるオラクル製品に関し、その技術力認定する制度がオラクルマスターです。オラクルマスターには、データベース運用管理者向けのものと、アプリケーション開発者向けのものがあります前者では、修得した技術知識レベル基づいてBronze初級)、Silver中級)、Gold上級)、Platinum最上級)の4段階設けられています。後者同様にレベル別に資格が設定されています。 データベース市場でのオラクル製品シェアは高く、それだけに実務経験のある有資格者一定の評価を得られます。Gold上の資格を取得するのがお勧めです。
受験資格 制限なし
受験料 1科目1万5750円
合格率 公表
試験日程 随時実施
試験会場 全国各地のアール・プロメトリック社公認試験会場実施
問い合わせ先 日本オラクル社( http://www.oracle.com/education/lang/jp/certification/)

*受験に関する問い合わせ先 アール・プロメトリック社( http://it.prometric-jp.com/)


ORACLE MASTER

読み方:オラクルマスター

ORACLE MASTERとは、Oracleが行っている認定資格制度のことである。全世界39超える人口認定資格保有している。

認定パス呼ばれる資格種類には、大きく分けてDatabase」、「Middleware」、「Applications」の3種類がある。この中でレベル目的によって資格細分化されている。Databaseは、主にデータベース管理者向けの認定パスで、セットアップチューニングなど、データベース管理者として必要な技術を身につけていることを証明するものであるMiddlewareは、主にWeb管理者アプリケーション開発者向けの認定パスで、製品としてはApplication Serverなどが対象となる。Applicationsは、各基幹系システムコンサルタント向けの認定パスで、製品としてはE-business Suite対象となっている。

最近では、Linux環境Oracleソフトウェア管理する技術者認定する資格として、Database中でもLinux特化した認定パス登場している。


参照リンク
オラクル認定資格制度 - (日本オラクル

オラクルマスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/30 15:15 UTC 版)

オラクルマスター (ORACLE MASTER) とは、日本オラクル社が定めるデータベース認定試験のことである。情報処理ベンダー資格の中では比較的ポピュラーで知名度もあり、関連書籍も数多く出版されている。2003年10月の制度改定以後は、日本国外で実施されている Oracle Certification Program (OCP) との連携が取られるようになった。






「オラクルマスター」の続きの解説一覧



オラクルマスターと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オラクルマスター」の関連用語

オラクルマスターのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オラクルマスターのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
フジスタッフフジスタッフ
Copyright © Fuji Staff, Inc. All rights reserved.
フジスタッフ資格大辞典
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリORACLE MASTERの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオラクルマスター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS