シェアとは? わかりやすく解説

シェア【share】

読み方:しぇあ

[名](スル)

分けること。分配分担。「利益投資額に応じて―する」

共同でもつこと。共有。「ルーム―」「情報を―する」

市場占有率」に同じ。


シェア

別名:占有共有
【英】share, sharing

シェアとは、一般的に分担する」、「共有する」といった意味の英語である。IT用語としては、製品やサービス市場占有率のこと、または、コンピュータ資源コンテンツなどを複数利用者共有すること、という2つの意味用いられている。

市場占有率としてのシェアは、ある市場における一定の間において対象の企業、あるいは、製品やサービスなどの売り上げ高販売数量、ユーザー数などの指標が、市場の中で占めている割合のことである。カタカナで単に「シェア」と言った場合こちらの意味で用いられることが多い。

または、コンピュータネットワークWebなどにおいて、何らかのリソースコンテンツ複数利用者が共に利用することも、シェアと呼ばれる。こちらは「共有」と表記されることが比較的多い。例えば、共有ディスク共有ファイル共有ディレクトリ共有プリンタなどといった用法や、ファイル共有ソフト動画共有サイトといった用法の例がある。


シェア share

全体 ★★★☆ 60歳以上 ★★☆☆

凡例

  1. 占有率
  2. 分かち合う 分け合う
  1. 発泡酒ビール合計消費量のうち発泡酒シェア占有率3割程度とみられる
  2. 生きること喜び音楽喜びシェアし分かち合ってもらいに,何度でも通いたい思っている

    保育園送迎など子育てしんどい部分もきちんと妻とシェアし分け合ってきた生活者としての言葉が,なにより説得力を持つからだ。
意味説明
  1. 商品市場全体に占め割合
  2. 一つのものを分かち合い共有すること。また,一つのものを何人か分けること。

1. 市場占有率  2. 共有する 分担する 分配する

  1. トップシェア = 市場占有率第一位
  2. ワークシェアリング仕事の分かち合い

シェア

名前 ScherShereSchärShareSheaShearSher

シェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/01 02:37 UTC 版)

シェアシェアーシェーア




「シェア」の続きの解説一覧

シェア!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/27 06:22 UTC 版)

シェア!』は、福島放送2021年10月4日から放送を開始した夕方ワイド番組である。


注釈

  1. ^ a b c d e 『福島まるごとライブ ヨジデス』から続投。
  2. ^ 『ふくしまスーパーJチャンネル』から続投。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 【シェア!】KFBで10月4日(月)から新番組スタート!”. YouTube. 2021年9月6日閲覧。
  2. ^ a b @share_kfb (2021年9月6日). "KFB福島放送・10月4日スタートの新番組「シェア!」" (ツイート). Twitterより2021年9月6日閲覧
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m 新番組「シェア!」のお知らせ (2021年09月06日)”. KFB福島放送. 2021年9月7日閲覧。
  4. ^ a b c d e 超県民参加型テレビ シェア”. 2021年9月6日閲覧。
  5. ^ 18:40頃の関東地方の天気予報も差し替え無しでそのまま放送した。
  6. ^ a b c d @share_kfb (2021年9月6日). "MCは、ご覧の4人が務めます🎤" (ツイート). Twitterより2021年9月6日閲覧


「シェア!」の続きの解説一覧

シェア(allyの場合)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/16 14:42 UTC 版)

ally (SNS)」の記事における「シェア(allyの場合)」の解説

ユーザーから投稿され500文字以内文章のことで、同時に写真または画像位置情報GPS機能)を取得し投稿することができる機能

※この「シェア(allyの場合)」の解説は、「ally (SNS)」の解説の一部です。
「シェア(allyの場合)」を含む「ally (SNS)」の記事については、「ally (SNS)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「シェア」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「シェア」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



シェアと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「シェア」に関係したコラム

  • FXで取引される通貨ペアの種類と一覧

    FX(外国為替証拠金取引)で取引される通貨ペアは、日本においては米ドル/円をはじめとする円を基軸通貨とした通貨ペアが主に取引されています。 USD/JPY・・・米ドル/円 EUR/JPY・・・ユーロ/...

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

  • ETFの銘柄の取引単位は

    ETFの取引単位は銘柄により異なります。ETFの場合、取引単位は10株単位や100株単位であることが多いようです。また、価格が1万円前後の銘柄は1株単位、100円前後の銘柄は1,000株単位が多いよう...

  • ETFの銘柄一覧

    ETFの銘柄数は2012年9月の時点で約140あります。そして、いずれの銘柄にも価格の連動となる対象の商品があります。ここでは、ETFの銘柄をジャンルごとに紹介します。表の「コード」は株式コード、「市...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シェア」の関連用語

シェアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



シェアのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリシェアの記事を利用しております。
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2022 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2022 The National Institute for Japanese Language
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシェア (改訂履歴)、シェア! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのally (SNS) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS