大分朝日放送とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 大分朝日放送の意味・解説 

大分朝日放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/06 15:29 UTC 版)

大分朝日放送株式会社(おおいたあさひほうそう、Oita Asahi Broadcasting Co., Ltd.)は、大分県放送対象地域とし、テレビジョン放送事業を行っている特定地上基幹放送事業者である。




  1. ^ 官報号外第135号 2018年6月22日 112頁
  2. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2015』 コーケン出版、2015年11月20日、452頁。
  3. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑'92』 コーケン出版、1992年11月、476頁。
  4. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2003』 コーケン出版、2003年11月、482頁。
  5. ^ a b 大分朝日放送 代表取締役社長
  6. ^ 九州・山口地区では、OABと同じテレビ朝日系列の山口朝日放送(yab)と同日に開局した。
  7. ^ 開局直前時点では前者がスーパーモーニング、後者がザ・ニュースキャスター
  8. ^ 当局以外の平成新局でデジタル完全移行後もカバーできていないのは北海道のテレビ北海道愛媛県あいテレビ愛媛朝日テレビがある。
  9. ^ 市町村別ロードマップではアナログ・デジタルとも完全視聴不可となっている世帯は7370世帯と1500世帯程度のNHK・OBSに比べて約4倍、2000世帯程度のTOSに比べても約3.5倍もあり、特に西国東郡の香々地町と大田村では受信できる世帯が全世帯の半数以下にとどまっている。(ただし、地方自治体や総務省の支援で開局する可能性はある。)
  10. ^ 出力が1W以下のデジタル中継局では設置されていないところが多く、OABが設置されていない中継局の一つである佐伯蒲江テレビ中継局(3W)ではデジタル放送に完全移行した現在でも未開局である。
  11. ^ [『ワイド!スクランブル・第1部』(テレビ朝日制作。大分朝日放送では月 - 木曜10:30 - 12:00・金曜11:45 - 12:00)のローカル枠1枠目(11:40 - 11:45)の差し替えを行使して放送。
  12. ^ OAB開局時は『ザ・ニュースキャスター』の途中から。
  13. ^ OAB開局時は『GS美神』の終盤から。
  14. ^ 腸捻転時代OBSで放送されていた。
  15. ^ ただしTOSでは、1980年代半ばの半年間のみの放送だった。
  16. ^ OAB開局時は『さすらい刑事旅情編VI』から。
  17. ^ OAB開局時は『特捜ロボ ジャンパーソン』の終盤から。
  18. ^ ただし、OBSでは自社制作番組『パッチワーク30』の1コーナーとして放送されていた。さらに途中で放送を打ち切った為、直接移行とはならなかった。
  19. ^ OBSでは1993年3月に放送を打ち切ったため、直接移行とはならなかった。
  20. ^ 第1作TOSで放送された。
  21. ^ OAB開局時は『五星戦隊ダイレンジャー』の終盤から。
  22. ^ OAB開局時は『勇者特急マイトガイン』の終盤から。ただし、OBSでは『伝説の勇者ダ・ガーン』の途中で放送を打ち切った為、直接移行とはならなかった。
  23. ^ OAB開局時は『暴れん坊将軍V』の終盤から。
  24. ^ 朝日放送テレビのコールサインが変わります (PDF)”. 朝日放送 (2018年3月30日). 2018年3月30日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「大分朝日放送」の関連用語

大分朝日放送のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大分朝日放送のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大分朝日放送 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS