エフエム鹿児島とは?

エフエム鹿児島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/05 09:18 UTC 版)

株式会社エフエム鹿児島(エフエムかごしま)は、鹿児島県放送対象地域として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。愛称は「μFM」(ミューエフエム)。JFN系列でFMQリーグにも加盟している。




  1. ^ 南日本放送(MBCラジオ)は配信を行っている
  2. ^ 4月3日から全国どこからでも「radiko」でミューエフエムが聴ける”. エフエム鹿児島 (2017年4月3日). 2017年4月6日閲覧。
  3. ^ (改)タイムテーブルと集落紹介番組のお知らせ♪ エフエムたつごう公式ブログ、2014年6月24日。
  4. ^ 鹿児島本局の移転について エフエム鹿児島公式ウェブサイト。
  5. ^ 4月3日から全国どこからでも「radiko」でミューエフエムが聴ける エフエム鹿児島 ミューエフエム
  6. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2015』コーケン出版、2015年11月20日、461頁。
  7. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2003』コーケン出版、2003年11月、494-495頁。
  8. ^ MBC城山アナログテレビ送信所時代のERPは6kWだった。
  9. ^ 2012年 あけましておめでとうございます。 エフエム鹿児島公式ウェブサイト。2007年初頭にも公式サイト上にその旨が記載されていた。
  10. ^ あさcafeに内包
  11. ^ 2017年4月放送開始
  12. ^ ヘヴィー・ローテーションのこと。2006年12月からはHYPER Bran'μ Songも登場
  13. ^ 17時台のJFNC制作のニュース番組終了のために制作された。 「ミューウエーヴBANG!」の放送時間を1時間繰り上げたため。1年で終了。
  14. ^ 2010年4月スタートのμFMとFMYの共同制作番組。パーソナリティーはありまゆき(鹿児島担当)と伊藤愛(山口担当)。2011年春に九州新幹線が全線開業するのに合わせて放送される観光情報番組。FMYでは「おじゃったもんせ!薩摩 よいとこツーリスト〜ラジオで薩長同盟〜」のタイトルで放送される。
  15. ^ "Sodopp"は鹿児島のインディーズバンド
  16. ^ 南九州ファミリーマート提供、エフエム宮崎との2局ネット。
  17. ^ フリーアナウンサー→エフエム鹿児島嘱託アナウンサー→フリーアナウンサー→カラーコーディネーター
  18. ^ 鹿児島テレビ放送アナウンサー→エフエム鹿児島嘱託アナウンサー→フリーアナウンサー
  19. ^ 退社後 NHK広島放送局キャスター。エフエム鹿児島は嘱託採用だった。
  20. ^ 日本道路交通情報センター道路交通情報キャスター(九段センター・首都高速センター)→エフエム鹿児島嘱託アナウンサー→エフエム青森アナウンサー→エフエムしみず番組契約パーソナリティ→フリー→株式会社SBSメディアビジョン企画開発部期間限定契約社員→TOKAIケーブルネットワーク放送制作部→フリー
  21. ^ 退社後、関西地区でフリーアナウンサーとして活躍
  22. ^ 退社後、関西地区でフリーアナウンサーとして活躍
  23. ^ 現在 東京のエス・オー・プロモーション所属
  24. ^ 元鹿児島テレビ放送アナウンサー、現在「山下のりこ」名で、東京の「オールアウト」所属
  25. ^ 南日本放送アナウンサー、現在南日本放送パーソナリティ
  26. ^ 静岡エフエム放送(K-MIX)→FM鹿児島→現在ハワイKZOOパーソナリティDJ
  27. ^ エフエム群馬番組契約パーソナリティ
  28. ^ 現在名古屋のNTB所属


「エフエム鹿児島」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エフエム鹿児島」の関連用語

エフエム鹿児島のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



エフエム鹿児島のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエフエム鹿児島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS