TBSラジオとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > TBSラジオの意味・解説 

TBSラジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/29 15:03 UTC 版)

株式会社TBSラジオ(ティービーエスラジオ、: TBS Radio, Inc.)は、東京放送ホールディングス(TBSHD)の連結子会社で、関東広域圏放送対象地域とする中波放送(AMラジオ放送)事業を行っている特定地上基幹放送事業者である。




注釈

  1. ^ 各TBS制作番組宛の郵便番号は従前通りラジオ・テレビ共通で「107-8066」。
  2. ^ 2016年11月30日現在、企業情報のページでは「株式会社TBSラジオ」の略称を「TBSラジオ」としている。TBS R&C時代はそれが略称としても機能していたが現社名では社名そのもののため略称としての意味をなしていない。
  3. ^ TBSグループの放送持株会社移行時点では既にTBS放送センターに入居済み。
  4. ^ DeNAへの球団譲渡に伴い、2011年12月発行号限りで終了。同号および翌2012年2月発行号での終了案内は行われなかった。
  5. ^ TBSHD・TBSテレビと異なりフォントはほぼ同じ。
  6. ^ なお、中継撤退後もJRN系列局への裏送り制作は2018年以降も継続している。
  7. ^ 在京局以外ではラジオ大阪が2007年に、JRNの系列局ではTBSと同時にRBC iラジオも撤退している(但し、2018年以降も沖縄開催の公式戦・オープン戦は自社で制作・放送している)。
  8. ^ この聴取可能エリアに関しては、同局の番組『安住紳一郎の日曜天国』で、年1回「リスナー確認調査」という企画で、エンターテインメント化した形で聴取者にも理解できるようになっている。
  9. ^ この日は、日本初の民間放送のラジオ放送の予備免許が全国の16局に対して一斉に交付された。その内の1局である。
  10. ^ 毎日新聞東京本社は1966年(昭和41年)にここを離れて東京都千代田区一ツ橋1-1-1の現本社ビルに移転。当時のニュースは毎日・朝日読売全国紙最大手3社の出資があったため、この3社による曜日ごとのローテーションでニュースを提供していた。
  11. ^ かつて、東日天文館が所在していたフロアーの一角をスタジオとして改装した。
  12. ^ 日本国との平和条約が締結され占領が解除されたのは月末の28日なので、この時点ではまだ「在日米軍」ではない。
  13. ^ ステレオ放送の最初の番組は「TBSポップスベスト10」、提供スポンサーはYKKで、最初に放送されたステレオCMは同社の「補助スキーゴーゴー」だった。
  14. ^ ラジオ分社化の時点ではテレビ番組制作会社のTBSエンタテインメント。この3年後(2004年同日)にTBSライブとTBSスポーツを合併してTBSテレビに社名変更。
  15. ^ チャンネル92、FM YOKOHAMABAY FM78ラジオNIKKEIと共同。
  16. ^ ただし、テレビの「朝の情報番組(はなまるマーケットいっぷく!白熱ライブ ビビット)」及び選挙特番や改編期特番などでは、現在でも「(番組名等)@best.tbs.co.jp」が使用されている。地方局向けの「ドライバーズ・リクエスト」では、その後も、2009年3月まで「dr@best.tbs.co.jp」が使用されていたが、同年4月から「dr@tbs.co.jp」へ変更された。
  17. ^ サイマル放送開始当初の放送時間帯は月-土曜日は6:00から27:00まで、日曜日は6:00から25:00に限られた。
  18. ^ 日曜日深夜 1:00 - 5:00はメンテナンスのため、放送休止。
  19. ^ NHKとアール・エフ・ラジオ日本は従来からモノラルのまま。
  20. ^ 4時の時報までは通常通り放送し、そのあとはクラシックなどの音楽を放送、4:59にジャンクション音源を流して日曜の編成に入っていく流れであった。そのため「放送をお休みする」などのアナウンスは一切なかった。
  21. ^ 元はpodcasting954で使用していたドメイン名。
  22. ^ 同様にTBSテレビは「東京テレビ」(東京放送テレビ)としていたが、こちらは「Tokyo Broadcasting System Television, Inc.」というTBSテレビの英文社名に形を変えて残っている。
  23. ^ ニッポン放送の交通情報でパーソナリティが「首都高の○○さん」と呼び掛けている担当キャスターと同じである。TBSから警視庁・各県警に派遣しているキャスターと異なり男性も出演。
  24. ^ 必ず[44]警視庁→神奈川→埼玉→千葉の順に放送する。最後になる千葉のキャスターは「◯◯さん(パーソナリティ名)さんどうぞ」などとスタジオに返すこともある[45]
  25. ^ 森本毅郎・スタンバイ!』内で7:10頃に放送する交通情報のようにBGMなしになる場合もある(同番組ではBGMが入る交通情報もある)。
  26. ^ ネット局では独自に放送エリアの交通情報(局によっては天気予報なども)を流すため、BGMのみをネット局に送る。
  27. ^ 20時台の交通情報廃止に伴う時間割変更
  28. ^ 土曜朝番が6:45-13:00、土曜午後が13:00-19:30、日曜朝番が6:45-12:00、午後が13:00-17:00 2019年4月に土曜20時台の交通情報は廃止。
  29. ^ ただし、TBSラジオ以外へのネットのある番組(2018年4月時点では、久米宏 ラジオなんですけど爆笑問題の日曜サンデーの13時台・14時台が該当)では、出演しない
  30. ^ 他の予告のある時報を使用する放送局(NHKニッポン放送など)よりは予告は1秒短い。これは現在の音楽がついたものも同様である。
  31. ^ TBSラジオが主催・運営するコミュニティ・サークル
  32. ^ 分社化前はこの間に「東京放送」とアナウンスしていた。
  33. ^ 放送開始時と同様、分社化前はこの間に「東京放送」とアナウンスしていた。
  34. ^ 堀井アナ時代は、「周波数954kHz、出力100kWでお送りいたしました」。
  35. ^ 言い回しは「J、O、K、R。こちらは、TBSラジオです。周波数954kHz、出力100kWで試験電波を送信いたします。」

出典

  1. ^ a b c 第19期決算公告、2018年(平成30年)6月21日付「官報」(号外第134号)78頁。
  2. ^ TBSラジオは、おかげさまで連続首位を14年10ヶ月間継続! 株式会社TBSラジオ 2016年5月23日
  3. ^ TBSラジオ 10月聴取率調査でもトップ 2期連続単独首位 男女35才〜49才でも平日平均、土曜、週平均でトップ - TBSラジオ&コミュニケーションズ 編成局編成部 2001年11月7日
  4. ^ TBSラジオのフリーマガジン『TBSラジオPRESS』
  5. ^ 954プレスメール - archive.isによるウェブアーカイブ
  6. ^ 2010年(平成22年)春改編では新規リスナーを獲得すべく、改編率約32%とする2010年2月 石原社長 定例記者会見概要 (PDF) TBSテレビ総務局広報部 2010年2月24日
  7. ^ TBSラジオ プロ野球中継から撤退「多様なニーズに応える」と社長 - 『デイリースポーツオンライン』2017年11月29日付
  8. ^ TBSラジオ、プロ野球中継撤退を発表「リスナーの皆様、長年ありがとうございました」 - 『スポーツ報知』電子版 2017年11月29日15時24分付
  9. ^ “TBSラジオ プロ野球中継を終了「レギュラー番組を新設、新しいリスナー定着を目指す」”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年11月29日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/11/29/kiji/20171129s00001173169000c.html 2017年11月29日閲覧。 
  10. ^ TBSラジオ、ナイター中継終了へ 来年から新番組 - 『nikkansports,com』(日刊スポーツ電子版)2017年11月29日19時11分付
  11. ^ “TBSラジオ、個人調査率100期連続トップを達成 「伊集院光とらじおと」など好調”. スポーツ報知. (2018年3月28日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180328-OHT1T50125.html 2018年3月29日閲覧。 
  12. ^ “【祝】 おかげさまで、100期連続16年8ヶ月間 個人聴取率No.1!”. TBSラジオ. (2018年3月29日). https://www.tbsradio.jp/237281 2018年3月29日閲覧。 
  13. ^ a b “TBSラジオ“スペシャルウィーク”12月からやめます ラジコのデータ活用へ”. デイリースポーツ. (2018年11月28日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/11/28/0011858762.shtml 2018年11月30日閲覧。 
  14. ^ TBSラジオのCMについて(TBSラジオ営業情報)
  15. ^ 総務省 無線局免許状等情報
  16. ^ 災害対策・難聴対策のためのFM補完中継局の予備免許取得〜TBSラジオがFMラジオでも聴けるようになります! TBSラジオ
  17. ^ AMラジオをFM波で聴ける「FM補完放送」、ニッポン放送など3局が今秋〜今冬に本放送開始,Phile-web,2015年1月14日
  18. ^ a b c 在京AM3局の「ワイドFM」12月開始予定 TBS、文化放送、ニッポン放送,産業経済新聞社,2015年9月8日
  19. ^ a b 在京ラジオ3局 ワイドFMは12月7日開始,スポーツニッポン,2015年11月17日
  20. ^ 総務省 電波利用ホームページ 無線局免許状等情報
  21. ^ a b c TBSラジオ954 AMラジオ放送モノラル化について - TBSラジオ トピックス&ニュース
  22. ^ 2017年3月で放送終了
  23. ^ J:COMテレビでTBSラジオ、文化放送、ニッポン放送が聴ける!! 〜コミュニティチャンネルでAMラジオを同時再放送 関東約441万世帯に〜 TBSラジオ
  24. ^ 唯二郎「実録 浪曲史」より。作者の唯二郎は、元NHK演芸プロデューサー。
  25. ^ 高橋モータース@dcp (2013年5月6日). “TBSのロゴに描かれている"あの物体"はナニ!? -広報さんに聞いてみた”. マイナビニュース. マイナビ. 2015年1月1日閲覧。
  26. ^ TBSラジオデジタル
  27. ^ TBS、デジタルラジオ事業などをホールディングス傘下に(Impress Watch - ケータイ Watch)
  28. ^ 『ラジオ:ネットで同時放送 在京、在阪13局が本格参入』 - 毎日新聞 2010年(平成22年)2月13日[リンク切れ]
  29. ^ 『在京・在阪の民放13局が3月からネット配信解禁へ』 - CNET Japan 2010年2月15日
  30. ^ 新会社radikoを12月1日に設立、IPサイマルラジオ放送が本格始動 - 朝日新聞 2010年(平成22年)11月25日
  31. ^ 株式会社radikoが12月1日発足、区域の拡大や新局の参加を2011年春までに - NIKKEI BP 2010年11月25日
  32. ^ AMラジオ3局にFM補完中継局の予備免許。FM放送が可能に,AV Watch,2014年9月2日
  33. ^ 関東広域AMラジオ3社のFM補完中継局に予備免許,総務省関東総合通信局,2014年9月2日
  34. ^ 対応ラジオやエリアは? 関東広域AM3社がFM補完放送を説明,AV Watch,2014年9月3日
  35. ^ TBSラジオ&コミュニケーションズ 新ロゴマーク決定 - TBSラジオ ニュース&トピックス
  36. ^ V-Low 受信対策センター(東京地区)
  37. ^ 在京AM3局の「ワイドFM」12月7日開局 スカイツリーから合同特番,産経ニュース,2015年11月17日
  38. ^ 東証への開示のお知らせ 東京放送ホールディングス 2016年3月10日
  39. ^ TBSラジオ、ポッドキャスト終了 10年超の歴史に幕 「収益化のめどが立たないため」,ITmedia,2016年6月6日
  40. ^ “TBSラジオ 野球中継完全撤退、他局重複が理由”. Sponichi Annex. (2017年11月30日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/11/30/kiji/20171129s00041000358000c.html?feature=related 2017年12月10日閲覧。 
  41. ^ “TBSラジオ、プロ野球中継から撤退 来春から新レギュラー番組スタート”. ORICON NEWS. (2017年11月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2101478/full/ 2017年12月11日閲覧。 
  42. ^ ラジオ読本2017(洋泉社)p.122 - 129 「ラジオを聴いているだけじゃわからない!スタジオ超見学」
  43. ^ 別冊TV Bros. TBSラジオ全力特集』(2018年4月14日発行)pp.114
  44. ^ なお、2017年度に放送されていた都市型生活情報ラジオ 興味Rでは変則的な順番で放送されることも多かった。
  45. ^ 室井昌也『交通情報の女たち』 p.129 - 130 論創社 ISBN 978-4-8460-1385-1
  46. ^ 阿南京子さん中咽頭がん治療 ラジオ交通情報で人気 - 日刊スポーツ、2015年7月31日
  47. ^ “ケイアール”と言っているように聞かせる。文化放送の「QRソング」を用いた時報に倣ったようだが未詳
  48. ^ 2世代前の『BATTLE TALK RADIO アクセス』時代からネット局ではよく聴かれた現象。ネット局によっては23時の時報を流さないが、TBSラジオのスタジオのスピーカから流れる時報音が出演者のマイクを通じて乗ってしまうため。
  49. ^ 「龍角散から11時です」 TBSラジオ、時報ばら売り - 朝日新聞デジタル2013年10月5日(全文表示は会員登録が必要)
  50. ^ NIFTY-ServeのFRADIO(NIFTY ラジオハウス)内「AM放送会議室」での1994年9月23日00時13分付け、高林徹TBSラジオ編成制作局放送部技術デスク(当時)の投稿による。
  51. ^ NIFTY-ServeのFRADIO(NIFTY ラジオハウス)内「AM放送会議室」での1995年8月4日18時24分付け、伊藤アキラ本人の投稿による。
  52. ^ 【竹ガム1発解決】♪エーフエームキューマルゴー♪って歌ってるの誰!?
  53. ^ TBSラジオ「たまむすび」生出演でした!
  54. ^ 関連情報:TBSテレビコールサイン変更、TBSラジオ免許人変更モニター




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「TBSラジオ」の関連用語

TBSラジオのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



TBSラジオのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのTBSラジオ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS